友 が みな 我 より えらく 見える 日 よ。 『友がみな我よりえらく見える日は』

#11: 「友がみな我よりえらく見える日は」|たかこ|note

友 が みな 我 より えらく 見える 日 よ

[スコープ] 真生(SHINSEI)2015年 no. 299 「と花」 近藤典彦 第四回 鉄砲百合 友がみなわれよりえらく見ゆる日よ 花を買ひ来て 妻としたしむ• 作歌は1910年(明治43)10月。 『一握の砂』所収。 若い人から今もっとも共感を得ている啄木の歌、といえばこの歌かもしれません。 一読して意が通じ、心にしみます。 ところが、この分かりやすいはずの歌には、一行目て誤解があります。 友はみな出世しているのに、自分だけは…と。 そうではないのです。 自分自身の問題で落ち込んだので、友がみな「えらく」(すぐれて)見える、というのです。 この歌は1910年のある時期落ち込んだことがあって、そのころの自分をふりかえって詠んだものです。 さて、そのとき啄木はどうしたか。 「花」を買いました。 これが何の花なのか。 考えた人はの限り一人もいません。 わたくしも啄木の別の歌から、漠然と赤い花を連想していました。 今回初めて調べました。 分かった、百合の花です。 1902年(明治35)10月末、啄木は盛岡中学を退学し、「世界の大詩人」になるべく上京しました。 月々の仕送りもない、心細い冬の日々が始まります。 11月8日堀合節子(後の啄木夫人)からの手紙が届きます。 封筒にある差し出し人は「百合子」。 啄木は「ああ、わが恋しの白百合の花よ」と日記に。 30日には節子の写真が届き、それを枕許に飾って寝ます。 「朝めさむれば、枕頭に匂ふ白百合のみ姿あり」(日記) (以下割愛 ・節子との情熱の三夜 ・1908年6月23日「紫陽花と白い鉄砲百合を」買う ・1909年4月ごろ、啄木は白百合を見つけ、すぐに買う(この白百合に籠もる意味は…) <真生流機関誌「真生(SHINSEI)」2015年 no.

次の

「私」が生きる人生。─『友がみな 我より えらく 見える日は』(上原隆:幻冬社アウトロー文庫)

友 が みな 我 より えらく 見える 日 よ

Posted by ブクログ 2012年01月10日 本のタイトルを見て迷わず手に取った。 私も常日頃から周りへの劣等感に押しつぶされそうになっていたからだ。 私はこの自分の気持ちを代弁したかのようなタイトルの本がどんな内容か知りたくなった。 この本に登場するのは、ホームレス、離婚経験者、不登校児、鬱病患者、リストラ経験者など、世間一般で言う「負け組」の人 々である。 しかし彼らは周りへの劣等感を持ちながらも、自分自身の誇りを決して見失っていなかった。 その姿がとてもかっこよく見えた。 私はこれからも劣等感を消すことはできないかもしれない。 しかし、彼らのように劣等感さえも自分の生成物として受け止める力を養い、自分らしい生き方を見つけていきたいと思った。 素晴らしい本でした。 ありがとうございます。 人が傷つき、自尊心を回復しようともがい ている時、私の心は強く共鳴する。 過去に他社から刊行された作品の 文庫版。 事故で失明した人から会社の嫌がらせでリ ストラに追い込まれた人達まで、苦境であっ ても時分を失わないように生きている人達が 記録されています。 上記の引用は、あとがきでの一節。 気持ちが落ち込んだり、誇りを失いそうに なった時に、それを取り戻そうとすることが、 人であることの証明の一つ、なのかもしれま せんね。 題名は石川啄木の「一握の砂」の一節から とられているようです。 石川啄木を読んだ事 がありませんが、その気にさせる良い一節が 引用されています。 ーーーーー.

次の

友がみなわれよりえらく見ゆる日よ その1: 近藤典彦「石川啄木伝」

友 が みな 我 より えらく 見える 日 よ

上原隆の 「友がみな我よりえらく見える日は」を読み、という作家に興味を感じた。 1972年受賞作品の 「オキナワの少年」(右写真は、映画用ポスター)を読んでみる。 まず、会話の言葉がオキナワの日常語なのか、意味がよくわからなくてつまずいた。 かといってこれを標準語にしたら作品として成立しない。 地域色の強い作品を読むには、この読みにくさを我慢しなければならない。 作品の時代背景はいつなのだろうか。 作者のは(1938年)生まれ、自伝的な作品とすれば、少年の年齢は12歳から14歳くらいだろうか。 そのままの年齢に移行してみると、時代背景は昭和25年から昭和27年くらいになる。 いずれにしても、戦後まもないオキナワが作品の舞台だ。 アメリカの兵隊は性欲に飢えている。 少年の家は、アメリカ兵を相手する女性に、「仕事」の場所を提供している。 場所がふさがっていると、少年の寝床まで「仕事」の場に使われる。 少年の寝床には、女と精液の匂いが消えない。 少年の願いは、この島を脱け出すことだ。 島を脱出して、のように、どこか島へ漂流したいと考えている。 「オキナワの少年」は、少年が小さな船で島を脱出しようと試みるところで終わる……。 同じ本に収録されている 「島でさようなら」も、自伝的作品で、「オキナワの少年」の続編といってもいい。 高校生になった少年は、を読み、深い感化を受け、高校を中退してしまう。 家にいて本ばかり読んでいる少年を家族が許すはずがない。 少年の心は、誰からも理解されない。 やがて、少年はもう1度この島を離れる決意をする。 の文章が大量に引用されているが、説得力があって、少年がなぜ島を去ろうと決意したか、簡潔な説明になっている。 この世の中の仕組みがどれほど不合理であるか。 社会はある富裕な階級の特権が、法律と警察組織によって保護されている。 学校は、その不公平な社会秩序を維持するために子供たちに「社会秩序を守るための良識」を植え付ける。 そのことをから教えられた少年は、惰性的な生活を変革する。 しかし、周囲に理解を求めるのは絶望的だ。 少年の深い孤独が描かれる。 少年は、純粋に生きようとする。 一部の階級のための、「飼いならされた社会人」を育成する高校をやめてしまう。 「」の暮らしが少年の理想だが、それを少年の周囲も、オキナワも許してはくれない。 「本土」にいけばどうだろうか。 少年が選択した道は、とてもリスクが大きいように思われる。 平均的で、ただ安定した生活だけを望む青年たちに、「オキナワの少年」、「島でさようなら」の主人公の、自爆的ともいえる生き方はどう映るのだろうか。 ぼくは、を読んでみたくなった。 beatle001.

次の