引越し 見積もり。 おすすめはコレ!引越し見積もり予約サイト6つ比較してみた。使いやすさナンバー1はコレ!

引越し見積もりの注意点と値引き交渉のコツ

引越し 見積もり

訪問見積もりのメリット 実際に荷物の大きさ・量を見てもらえる 営業担当に家の中に入ってもらって、どんな荷物があるのか、大きさや量はどれくらいかを実際に見てもらうので、見積もりがスムーズに行きますし、後日必要な分の段ボールを届けてもらえます。 最適な値段を提示してもらえる 実際に荷物を見てもらうことで、必要な人員数やトラックの大きさが決められますので、その場で最適な値段を提示してもらえます。 たいていの業者はこの時「他の業者と比較してみてください」と言って帰ります。 依頼者は他社の見積もりも取ることを前提に訪問するわけです。 見積もり書を書いてもらえる 見積もりを行ったその場で、契約書に当たる「見積もり書」を作成してもらえます。 見積もり書があれば、後々になっていろいろな理由をつけて値上げされる、というようなことを防げます。 訪問見積もりのデメリット ある程度は時間を取らなければならない 訪問見積もりにはそれなりに時間がかかります。 単身の引越しの場合は10分程度で終わることもありますが、家族で引越すとなると、見積もりに1時間以上かかることはざらにある話です。 「仕事が忙しくでなかなか時間が取れない!」という人には悩ましい話ですが、中には夜遅くでも訪問してくれる業者もあるので、相談するのがよいでしょう。 知らない人を家に上げなければならない もちろん営業担当は赤の他人。 知らない家に上げるのには抵抗がある人もいるかもしれません。 しかし、営業担当にしてみれば、1日に何件も回っているわけですから、例え家の中が散らかっていようとさほど気にしてはいないのです。 断りを入れなければならない せっかく複数の業者が訪問してくれても、最後に頼めるのは1社のみ。 それ以外の業者には断りを入れなければなりません。 なかなか心苦しいことではありますが、仕方のないことなのです。 電話で見積もりする 業者との電話で見積もりを取ってもらう方法です。 次のようなメリットがあります。 電話見積もりのデメリット 電話見積もりはデメリットのほうが大きい感は否めません。 そもそも電話では見積もってくれない 多くの業者は、電話見積もりは単身者の引越しに限っています。 単身者の荷物の量はだいたい相場が決まっているからなのですが、家族での引越しとなると、家庭によって荷物の量は大きく違ってきます。 それ故、多くの業者は、家族での引越しの場合は電話見積もりは受け付けません。 長電話になる 電話見積もりの場合、名前や現住所、引越し先の住所等のほかに、どんな荷物がどれくらいあるのかを全て伝えなければなりません。 これを電話で行うと短くても15分、長ければ30分はかかると身構えておく必要があります。 もちろん複数の業者に電話で見積もる場合、その分時間がかかります。 段ボールは自分で用意しなければいけない業者も 電話見積もりでは、段ボールは自分で用意しなければならないこともあるようです。 とはいっても、私自身が引越しの際に電話見積もりを使った際には後日段ボールを届けてもらえましたが……。 こればかりは業者によりけりのようです。 料金が高くなる 電話見積もりの場合、訪問見積もりよりも高い料金が提示されます。 引越し当日になって「見積もりの時に言っていなかったんだけどこれも……」というように荷物が増えてトラックに載せきれない、ということを防ぐため、電話見積もりでは申告した分よりもあらかじめ荷物の量が多めに設定されるからです。 情報がうまく伝達されないことも 見積もりの際にはきちんと伝えたのに、業者から「こんなに荷物があるなんて聞いていない」と言われるという具合に、こちらが電話で伝えた情報と、引越し当日に業者が把握している情報に食い違いが生じている、ということがあります。 電話での見積もりではままあるトラブルと言われています。 見積もりサイト経由で依頼する 見積もりサイトを使うデメリット 便利な見積もりサイトですが、デメリットもあります。 サイトによって見積もり価格がバラバラのことも 同じ条件を入力しても、見積もりサイトAと見積もりサイトBでは同じ会社でも見積もり価格が異なるということがあります。 複数の見積もりサイトでさらに比較するのが良いでしょう。 業者からの電話が止まない 詳しくは後述します。 見積もりの注意点 見積もりの注意点は、どのようなものがあるでしょうか。 見積もりで失敗しないためには 見積もりで失敗しないために心得ておくべきことをリストアップしました。 引越し日がおおよそ決まってから見積もる 見積もりは、引越しの日時が決まってからか、複数の日にちが挙げられるようになってからにしましょう。 見積もりの際に「日時はいつでもいい」などと伝えてしまうと、業者は困ってしまいます。 平日なのか土日なのか、また3月下旬~4月上旬の引越し繁忙期と重なるのか等で料金は変動します。 「いつでもいい」と言われると適切な値段が出せず、一番高い見積もり料金を提示しなければならないことになってしまいます。 荷物の詳細をしっかり伝える 上でも書いたことですが、後々トラブルになることを防ぐためにも、運んでもらう荷物は全て伝えましょう。 申告漏れならまだしも、見積もりの際に「これは自分で運びます」と伝えたのに当日「運べ」と言っても、業者は運んでくれないか、運んでくれても割増料金が付きます。 引越し先の周辺の道路は? 見積もりの前に、引越し先の物件の周辺の道路の大きさを確認しておきましょう。 それなりの道幅のある道路でないとトラックが入れず、少し離れたところで荷物を降ろして運ぶ、ということになります。 事前に把握して伝えれば問題ありませんが、当日にこういう状況になれば割増料金がかかります。 訪問見積もりは1社ずつ 訪問見積もりの際は1社ずつ行いましょう。 「時間がないからとめて入って見積もってもらおう」と同じ時間で複数の業者を呼んで見積もりをお願いするというのは、業者にも悪い印象を与えてしまうのでやめましょう。 「安かろう悪かろう」にならないようにするためには? 引越しの際の出費は大きいものですから、なるべく安い業者を選ぼうとするのは当然の心理ですよね。 安い業者を選ぶ際の注意点としては、いかなる見積もりの方法であれ、 「複数の業者と比較する」ということです。 最初の1社目の営業マンが「今この場で契約してくれたらもっと安くしますよ!」と言ってきても、そこは心を強く持って「他と比較してみます」と宣言しましょう。 昔から「安物買いの銭失い」という言い回しもあるように、安さにはなにか裏があるはずです。 1番安い業者を選んだら作業が雑で、家具に傷が付いてしまった、なんていう話はよく聞きます。 もしかしたら、数千円高いけど口コミはとても良い業者があるかも知れません。 見積もりサイト上の口コミ等を参照し、本当に安くて質が高い業者なのか、他の業者と比較しながら確かめましょう。 まとめ 引越しの見積もりのあれこれについて見てまいりました。

次の

引越し見積もりの注意点と値引き交渉のコツ

引越し 見積もり

単身向けのお引越 迷ったらコレ!お得で便利なアートのパックをご利用ください 多くのお客さまのお引越しをお手伝いしてきた、アート引越センターの知識と経験から生まれた引越しパックです。 お引越しの大型家具などの梱包からセッティングまでの 基本作業をまとめた標準的なお引越しコースです。 荷造り・荷解きをお客さまに行っていただくかどうかで、コースが分かれます。 学生の方のためのお得なプランです。 入学にも就職にも帰郷にもぴったりのお手軽なパックです。 「女性の声から生まれたレディースパックなら、安心してまかせられる」と好評です。 女性スタッフだけでおこなう、これまでにない女性のための、女性によるお引越しです。 60歳以上のお客さまのお引越しには「暮しの整理士」が お客さまのご相談内容にもとづいて整理・整頓などをアドバイスいたします。 また、お部屋の模様替え、インテリアのご相談などについてもアドバイスいたします。 ご家族向けのお引越 二人以上のお引越しならこちら!お客さまにぴったりなパックをお選びください 条件別のパックで迷うなら、まずは「おまかせパック」を確認してみてください• お引越しの大型家具などの梱包からセッティングまでの 基本作業をまとめた標準的なお引越しコースです。 荷造り・荷解きをお客さまに行っていただくかどうかで、コースが分かれます。 60歳以上のお客さまのお引越しには「暮しの整理士」が お客さまのご相談内容にもとづいて整理・整頓などをアドバイスいたします。 また、お部屋の模様替え、インテリアのご相談などについてもアドバイスいたします。 2020年6月 グループ情報 2020年6月 グループ情報 2020年6月 グループ情報 2020年5月 グループ情報 2020年5月 グループ情報 2020年2月 CM・タイアップ 2020年2月 お知らせ 2020年2月 アニメーション 2020年2月 アニメーション 2019年12月 グループ情報 2019年12月 グループ情報 2019年10月 お知らせ 2019年10月 お知らせ 2019年10月 CM・タイアップ 2019年8月 グループ情報 2019年7月 キャンペーン デザインリニューアル!ご成約でもれなくもらえる!ミッキーマウス90周年記念デザイン アートオリジナルボトルをプレゼントは、ご好評のうちに終了いたしました! 2019年5月 グループ情報 2019年4月 キャンペーン 大好評につき第3弾!ご成約でもれなくもらえる!ミッキーマウス90周年記念デザイン アートオリジナルボトルをプレゼントは、ご好評のうちに終了いたしました! 2019年3月 キャンペーン 第2弾!ミッキーマウス90周年記念デザイン アートオリジナルボトルプレゼントは、ご好評のうちに終了いたしました! 2019年2月 CM・タイアップ 2019年2月 お知らせ 2019年2月 アニメーション 2019年2月 お知らせ 2018年12月 グループ情報 2018年12月 お知らせ 2018年10月 CM・タイアップ 2018年10月 お知らせ 2018年10月 お知らせ 2018年4月 キャンペーン 2017年9月 CM・タイアップ 2017年8月 CM・タイアップ 2017年6月 CM・タイアップ 2016年12月 グループ情報 2016年9月 グループ情報.

次の

【楽天引越し】引っ越し・引越 見積もりで100ポイントプレゼント

引越し 見積もり

引越し見積もりの値切り交渉をするならまずは一括見積もりをしよう 引っ越しの料金を少しでも安くしたい人は、引越し侍の一括見積もりサービスの利用をおすすめします。 見積もり料金を安くするためには、複数の引っ越し業者の見積もり料金を比較しなければいけないからです。 引越しの見積もり料金には定価がなく、同じ条件でも引越し業者によって金額に大きな差が出てしまいます。 実際に見積もりを取ると、「A社では3万円」「B社では5万円」「C社では6. 5万円」と、提示される料金に2倍以上の差が出ることもあります。 一括見積もりサービスを利用すれば、一度に複数の引越し業者へ見積もり依頼ができるため、一番安い業者を見つけることができるのです! さらに、引っ越し一括見積もりサービスを利用した後、次の2つのテクニックを活用することで、見積もり料金をさらに安くすることができます。 じっくり交渉して少しでも値切る• 手っ取り早くお得な引っ越し業者を決める ここからは、上記の2つのテクニックについて詳しく説明していますので、ぜひ参考にしてください。 じっくり交渉して引越し見積もりを値切るテクニック じっくり交渉して、引越しの見積もり金額を値切る場合、見積もりは必ず3社以上から取りましょう。 見積もりを依頼する引越し業者が2社もしくは1社しかない場合、情報が少ないのでじっくり交渉できないからです。 見積もり後に金額を値切るテクニックとしては、大きく以下の3つが挙げられます。 交渉するため、契約したい引越し業者の見積もりの順番は最後にする• 訪問見積もりで値引きなどをされ、即決を迫られても断る• 引越し見積もりを比較して値引き交渉する 契約したい業者の引越し見積もりの順番は最後にする じっくり交渉できる時間的な余裕がある場合は、契約ようと検討している業者の見積もりを、最後に設定してください。 他の業者の見積もりを取った後に本命の業者と交渉することで、より確実に値引きをすることが可能です。 しかし、契約したい引越し業者の見積もりの順番は最後なので、絶対に断りましょう。 「すべての業者の見積もり料金を見てから決めます」とキッパリ断れるのであればよいですが、中には気が引けてしまう人や、それでも食い下がってくる引越し業者もいます。 即決を求められたら「今日は代理で訪問見積もりに立ち会っているだけ」という設定にしてしまいましょう。 引越し見積もりを比較して値引き交渉する 引越しの見積もり交渉で、最も簡単な方法は、見積もり後に他社の金額を公開してしまうことです。 この方法を使う場合は、必ず2社以上の引越し業者に見積もりを依頼しましょう。 しかし、この方法を使ったからと言って、100%安くなるとは限りません。 たとえば、A社は引越し作業員がアルバイトでB者はすべて正社員だった場合は、B社の見積もりはどうしてもA社のよりも高くなってしまいます。 それでもB社で値引きしてもらいたいときは、引越しの無料サービスを増やしてもらえないか交渉しましょう。 引越し見積もりの値引き交渉に使えるテクニック・例文 まずは料金交渉の具体的な例文を紹介します。 A社が30,000円だったので、それより安くできないですか?• 御社にお願いしたいと思いますが、他者が格安なので少し迷っています……• 会社の規定で30,000円までは引越し料金の補助がでるので、30,000円以内に抑えられないでしょうか? 引越し業者も先の見えない交渉は嫌います。 そのため、具体的な金額を提示して、その金額であれば契約する意思を示すようにしましょう。 業者が提示する見積もりが安いか判断するために、引越しの相場を前もってチェックしておきましょう。 引越し費用や料金の相場についてはを参考にしてください。 もし、値下げが難航するようであれば、次に紹介する無料サービスを増やす交渉も有効です。 無料のサービスを増やしてもらう 引越し費用を安くするもう一つの方法が無料のサービスを増やしてもらうことです。 例として、以下が挙げられます。 テレビの配線などの電気工事• 無料ダンボールの上限を増やしてもらう• 耐震グッズ• 荷物の殺虫サービス 上記の様に、通常であれば有料のサービスを無料にしてもらえることがあります。 この中から実施してほしいサービスを選んで提案してみましょう。 直接、引越しの見積もり金額を下げることはできなくても、引越し費用の総額を安くすることが可能です。 てっとり早く引越し見積もりを値切るテクニック じっくり比較している時間のない方にはこちらの交渉テクニックがおすすめです。 てっとり早く引越し見積りを値切るテクニックは2つです。 契約したい引越し業者の訪問見積もりの順番を3社目に• 即決で引越し見積りの値引き交渉する 契約したい業者の引越し見積もりの順番は3社目に てっとり早く引越しの見積もりを安くしたいのであれば、希望する引越し業者の見積もりを3番目に取ってください。 3社でも見積もりを取るのが面倒であれば、2社だけでもOKです。 ただし、契約したい業者の見積もりを1社目に設定するのだけは止めましょう。 3社であれば半日で訪問見積もりができますので、たとえ時間がなくても3社は比較することをおすすめします。 概算の料金や口コミを参考にして、一番契約したいと思った業者の予定を中心に、残り2業者の予定を組んでください。 即決で引越し見積もりの値引き交渉する 引越しの見積もり料金を提示されても、引越し業者の言い値では決めないようにしましょう。 引越し業者から即決価格を提示することもありますが、1社目や2社目の見積もり料金を参考に即決価格をこちらから提案して交渉するようにしましょう。 引越し見積もりの値引き交渉の成功率と金額データ 見積もりの値引き交渉を行った方たちの成功率を、引越し侍が独自に調査したデータを紹介します。 このことから、 料金を安くしたい場合は予算金額について引越し業者に相談してみると良いでしょう。 引越し見積もりを値引き交渉した際の金額 値下げ交渉によって見積もり料金をいくら安くする事ができたのか、同県内の引っ越しに条件を絞り込んで調査した結果を紹介します。 0%)」の回答数が最も多くなりました。 次いで「50,000円以上(16. 7%)」「5,000円未満(12. 0%)」「15,000円以上~20,000円未満(11. 6%)」…の順です。 この結果から、 見積もり料金の値下げ額は2万円未満である場合が54. 5%であるとがわかりました。 引越し見積もりの値引きデータからわかる交渉のコツ 引越し見積もり時の値段交渉では9割以上の人が値下げに成功しています。 多くの方が値下げ交渉をしているため、話を切り出すことで引越し業者の機嫌が悪くなることはなく安く引越しができる可能性が高まります。 また、今回の見積もり時の値下げに関してのアンケートでは回答を頂いた方から以下のアドバイスが寄せられましたので紹介します。 <アンケート調査をした方から寄せられた値下げのコツ>• 「相見積もり前提なので、出揃ってから決めます!」と最初から断っておく。 「即決したらこの価格で!」と言われても迷うようなら、「相見積もりなので、それまで待てないなら他社にします。 」とキッパリと言おう!• 何社か相見積を貰うと安くなるのと、特に土日や繁忙期は早めに見積をした方が希望日にトラックを抑えやすい。 一より午後にするなど、安くする方法はないか担当者に聞くと安くする提案をして貰えると思う。 相見積もりは必要です。 1社目の会社に対しても、相見積もりをすることを話したら安くしてもらえました。 引越しの見積もり料金を値切るときの注意 見積もり料金を値切るときに絶対にやってはいけないことがあります。 それは、引越し業者に正確な情報を伝えず、見積もり料金を安くしようとする行為です。 具体的に言うと、次のような行為があげられます。 持って行く予定の荷物の大きさや数を実際より少なく見せる• オプション料金がかかるサービスが必須なのに、必要と申告しない 上記のような行為を行うと、見積もり料金と実際の金額に差が出てしまい、結果的に費用が高くなってしまう可能性があります。 基本的に、引越し業者が出してくれた見積もり金額と、実際に支払う引っ越し料金に差が出ることはほとんどありません。 ただし、上述したように、見積もり書を正確に作成できないと、実際に支払う金額が見積もり金額を上回ってしまいます。 また、オプションサービスは種類によって、事前に準備しておかなければいけない道具などがあります。 そのため、必要なオプションサービスを申告しないと準備が出来ず、結局引越しそのものができなくなってしまう、という事態も考えられます。 引越しの見積もりを値引きすることは重要ですが、見積もり金額より実際に支払う金額が高くなってしまえば、値引きした努力が無駄になってしまいます。 引越し業者に迷惑をかけることにもなりかねないので、必ず正確な情報を引越し業者に伝えましょう。 引越し見積もりの値切り方法まとめ 引越しの料金を抑える交渉テクニックで一番大切なのは、訪問見積もりの順番です。 じっくり見積りを交渉したい場合でも、てっとり早く決めたい場合でも契約する可能性の高い引越し業者の訪問見積もりの順番を最初にするのは避けましょう。 適切な順番で見積もりを依頼し、交渉することで引越し費用が安くできます。 また交渉が苦手な方でも、引越し料金は安くすることができますので、こちらの記事も参考にしてください。

次の