原爆 ドーム もともと。 原爆ドームとは

広島と長崎

原爆 ドーム もともと

今では、見られなくなっている 昔の姿を、お楽しみください。 広島市・原爆ドーム 広島を訪れた人の多くが訪れる、負の 世界遺産「 原爆ドーム」ですが、現在の原爆ドームは、1989年に、2回目の大補修が行われた後の、原爆ドームです。 (1989年の大補修後の現在の原爆ドーム) しっかりと補強され、3年ごとに、点検もされていることから、結構、綺麗で、「悲惨さ」が伝わってこない感じもしますね。 (2009年、点検中の原爆ドーム) 私が、子供の頃には、写生大会で、大補修前の原爆ドームの絵を描かされていましたから、少し印象が違うのも仕方がないところかもしれません。 1989年(平成元年)の大補修の前には、1967年(昭和42年)に最初の大補修がされています。 1967年の補修工事 (広島市民球場の照明塔が鉄塔式です。 ) ですから、私の記憶にある原爆ドームは、1966年に永久保存されることが決まった後、翌年に大補修された後の原爆ドームということになりますね。 原爆ドームは、元々は、1915年(大正4年)に、 広島県物産陳列館として、建設されたもので、チェコ人のヤン・レッツェル氏の設計です。 被爆当時は、広島県産業奨励館として、美術展などが行われていました。 広島県産業奨励館と呼ばれていた被爆前の建物 1945年8月6日に投下された原爆 しかし、1945年8月6日、原爆ドームの上空、580mのところで、原子爆弾が炸裂し、一瞬のうちに、下のような状況になったわけです。 その後、周辺が整備されて、バスが側を通ったり、貸しボートが出来たりしました。 (昭和28年の原爆ドーム) (昭和31年の原爆ドーム) 私の記憶には、このような貸しボートがあったのを、鮮明に覚えていますし、恋人たちのデートスポットでもありました。 羨ましくて、見てるだけでしたが・・・・・(笑) 昭和34年頃の原爆ドームと周辺のバラック住宅 私の記憶している原爆ドームの画像はないものか?と、ネットで調べましたが、当時は、白黒フィルムが主流で、カラーフィルムは、高かった頃で、デジカメもなかったわけで、中々、これぞと思う画像を発見することが出来ませんでした。 そして、やっと見つけたのが、下の写真で、恐らく、 昭和43年頃の原爆ドーム だと思います。 昭和31年の時のものと比べると、護岸の整備がされていることに気が付きます。 カラー写真を、スキャンしたものと思いますが、桜の木に葉がつき始めていますので、初夏の頃でしょうね。 貸しボートと原爆ドーム 今では、貸しボートは、すっかり見なくなりましたので、20年ほどのものでしょうか?良く見えませんが、原爆ドームも、89年の大補修の前のような気がします。 画像の年代を判別するには、川の状況が見えていれば、護岸の改修が、どんどん良くなっていますので、わかりますし、遠景に見える広島市民球場の照明塔を見れば、時代がわかります。 広島市民球場が出来たのが、昭和32年で、鉄塔式の照明塔が、ポール式の新しい照明塔に変わったのが、1987年(昭和62年)です。 近年の原爆ドーム 1989年の大補修後は、ポール式の照明塔になっていますので、年代の考証の参考にしてください。 (記 : 2011年1月22日) Copyright C ともさんの「残しておきたい昔の姿」 All Rights Reserved.

次の

広島平和記念公園のアクセス・見どころなどまとめ

原爆 ドーム もともと

8月6日は広島に原子爆弾が投下された日ですが、そのときの被爆建造物として有名なのが「原爆ドーム」です。 ぜひ外国人にも英語で紹介してあげましょう。 ということで、原爆ドームおよび原爆にまつわる情報を英語で説明する際に役立つ表現をまとめました。 知識の整理とともにご活用ください。 それでは順に見ていきましょう! An atomic bomb was dropped on Hiroshima on August 6, 1945. (1945年8月6日、広島に原子爆弾が投下されました。 ) atomic bomb は「原子爆弾」という意味です。 A-bomb でも同じ意味になります。 (その原子爆弾のコードネームは「リトルボーイ」でした。 ) 「リトルボーイ」の大きさは、長さ約3m、直径約70cm、重さ約4t、です。 この模型が広島平和記念資料館に展示されています。 というこで、これを英語にしておきましょう。 (「リトルボーイ」の模型が平和記念資料館に展示されています。 ) display は「~を展示する」という意味です。 It was the first nuclear weapon used in human history. (人類史上初めて使用された核兵器でした。 ) nuclear weapon は「核兵器」という意味です。 この文は used が weapon を後ろから修飾している形です。 The official name of the Atomic Bomb Dome is the Hiroshima Peace Memorial. (原爆ドームの正式名称は「広島平和記念碑」です。 ) official は「正式な」という意味です。 The Atomic Bomb Dome serves as a memorial to tell of the horrors of nuclear weapons. (原爆ドームは、核兵器の恐ろしさを伝える、記念碑としての役割を果たしています。 ) 語句の意味は次のとおり。 serve as ~「~としての役割を果たす」 tell of ~「~を伝える」 horror「恐怖」 Originally the Atomic Bomb Dome was built as the building to exhibit various products of Hiroshima. (もともと、原爆ドームは、広島の様々な物産を展示するための建物として建てられました。 ) 語句の意味は次のとおり。 originally「最初は、もともと」 exhibit「~を展示する」 various「様々な」 product「製品」 The Atomic Bomb Dome is designated as a World Cultural Heritage site. (原爆ドームは世界文化遺産に登録されています。 この文では〇に該当する the Atomic Bomb Dome が主語になっているため、受動態の形になっています。 World Cultural Heritage site は「世界文化遺産」ですが、単に「世界遺産」と言いたいのであれば、World Heritage site とします。 ちなみに、「世界自然遺産」は World Natural Heritage site です。 (二度とそのような悲劇が起こらないことを願って、原爆ドームは「負の世界遺産」とも呼ばれています。 ) 語句の意味は次のとおり。 negative「否定的な」 in the hope of ~「~を願って」 prevent ~ from …「~が・・・するのを防ぐ」 tragedy「悲劇」 happen「起こる、発生する」 ただ、この「負の世界遺産」というのは日本国内だけの言葉であり、ユネスコが定義したわけではないようです。 スポンサーリンク The Atomic Bomb Dome was not completely destroyed because the bomb exploded almost directly above the building. (爆弾がほぼ真上で爆発したため、原爆ドームは全壊しませんでした。 ) 語句の意味は次のとおり。 completely「完全に」 destroy「~を破壊する」 explode「爆発する」 directly「まっすぐに」 above「~の上に」 ちなみに、爆発したのは原爆ドームの南東約150m、上空約600mの地点です。 原爆の威力を考えますと、ほぼ真上と言えますね。 これも補足説明として英語にしておきましょう。 The explosion was about 150 meters southeast of the building and about 600 meters above. (爆発は、建物の南東約150m、上空約600mの地点でした。 ) 原爆ドームは今なお、その姿を残しています。 ということで、次の文です。 The Atomic Bomb Dome stands almost exactly as it did right after the atomic bombing. (原爆ドームは、原爆投下直後の姿をほぼ正確に保っています。 ) exactly は「正確に、ちょうど」という意味です。 文中の did は stand を受けていますが、過去を表しますので do ではなく did になっています。 この as の使い方は少し難しいですが、便利なのでぜひ覚えておきたいですね。 次のように表現してもよいと思います。 The Atomic Bomb Dome has almost exactly maintained its original shape until now. (原爆ドームは、現在まで、元の姿をほぼ正確に保っています。 ) 語句の意味は次のとおり。 maintain「~を維持する」 original「最初の、元の」 shape「外形、形状」 もっとシンプルに説明したいのであれば、修飾語句を取り除いてしまって The Dome has maintained its original shape. (ドームは元の姿を保っています。 ) としても、問題ないと思います。 The Atomic Bomb Dome is part of the Peace Memorial Park. (原爆ドームは、平和記念公園の一部です。 ) part of ~ で「~の一部」という意味です。 元安川を挟んではいますが、原爆ドームは平和記念公園の一部と考えられるようです。 Every year on August 6, the Peace Memorial Ceremony is held in the Peace Memorial Park. (毎年8月6日、平和記念式典が平和記念公園で行われます。 ) hold は「(会・式などを)行う、開催する」という意味です。 People observe a minute of silence at 8:15 a. , the time of the atomic bombing. (原爆投下時刻である午前8時15分に、人々は1分間の黙とうを捧げます。 (原子爆弾により、約90,000人が即死しました。 ) instantly は「すぐに、即座に」という意味です。 Many people have suffered from radiation-related diseases. (たくさんの人が放射能関連の病気で苦しんできました。 ) 語句の意味は次のとおり。 suffer from ~「~に苦しむ」 radiation「放射能」 -related「~関連の」 disease「病気」 次のように言い換えることもできます。 Many people have suffered from diseases caused by radiation. cause は「~を引き起こす」という意味です。 Belongings left by the victims are displayed in the Peace Memorial Museum. (犠牲者の遺品が平和記念資料館に展示されています。 ) belongings は「所有物、所持品」という意味ですが、この意味では常に複数形で使います。 victim は「犠牲者、被害者」という意味です。 遺品の中には「8時15分で止まった時計」もあります。 ということで、これも英語にしておきましょう。 Among them are the watch stopped at 8:15. (その中には、8時15分で止まった時計もあります。 ) この文は倒置です。 元の文は The watch stopped at 8:15 are among them. ですが、among them という前置詞句が文頭に出ると、主語と動詞の順序が入れ替わります。 これを文法用語で「倒置」といいます。 なぜ倒置するのかといいますと、聞き手にとって新しい情報を最初に持ってくると唐突だからです。 次の2つの文を見てください。 (A)8時15分で止まった時計がその中にあります。 (B)その中に8時15分で止まった時計があります。 「8時15分で止まった時計」が展示されていることを、聞き手は知らない(という前提で話している)わけですので、(A)のようにいきなり文頭で登場するのは不自然に感じます。 それに対して(B)のように、「その中に」という、前文を受ける言葉を最初に持ってくることで、聞き手は「その中に何があるんだろう?」と待ち受けて聞くことができます。 こちらのほうが自然ですよね。 単にニュアンスの違いですが、「倒置」はよく使われる表現方法ですので、覚えておくと便利です。 時計の針が一瞬で止まるわけですから、原爆の凄まじさがわかります。 ということで、これも補足説明です。 It shows how strong the impact of the atomic bomb was. (原爆の衝撃の大きさを物語っています。 ) show は「~を示す」、impact は「衝撃」という意味です。 It shows の後は how+形容詞+主語+be動詞 (主語がいかに「形容詞」であるか) という構文になっています。 普通の疑問文ですと how+形容詞+be動詞+主語? となりますが、 これ全体が動詞(ここではshows)の目的語になると、be動詞+主語 が倒置して、主語+be動詞 という形になります。 これもよく使われる表現ですので、この際に覚えておきましょう! President Obama visited the Peace Memorial Park in 2016 and gave a speech. (オバマ大統領が、2016年に平和記念公園を訪れ、スピーチを行いました。 ) give a speech で「スピーチ(演説)を行う」という意味です。 この時のオバマ大統領の広島訪問は、アメリカの現職大統領としては初めてのことでした。 ということで、これを補足説明しておきましょう。 He was the first-time visitor to Hiroshima as an incumbent U. President. (彼はアメリカの現職大統領として初めて広島を訪れた人でした。 ) first-time visitor で「初めて訪れた人」、incumbent は「現職の」という意味です。 また、 This is a historic event for both Japan and the U. (これは日本とアメリカの双方にとって歴史的な出来事です。 ) とも言えますね。 historic は「歴史上重要な」という意味です。 The Atomic Bomb Dome reminds us of the importance of peace. (原爆ドームは私たちに平和の重要性を再認識させてくれます。 ) remind 人 of ~ で「人に~を再認識させる(思い出させる)」、importance は「重要性」という意味です。 次のように表現することもできます。 We realize the importance of peace every time we see the Atomic Bomb Dome. (私たちは、原爆ドームを見るたびに、平和の重要性を実感します。 ) realize は「~を実感する」、every time S V で「SがVするたびに」という意味です。 以上ですが、いかがでしたでしょうか? 私たちの日常生活の中ではほとんど使うことのない語句や表現がたくさん出てきました。 こういったものはその場で考えてすぐに出てくるものではありません。 覚えておくものです。 このテーマについてご自身が使える表現をストックしておいて、いつでも話せる状態にしておくことが大事だと思います。 そして、そのために、今回ご紹介した英文が少しでも参考になれば幸いです!.

次の

原爆ドーム「前身」 完成前年の予想図 広島県物産陳列館

原爆 ドーム もともと

突然ですが、みなさんは「 原爆ドーム」を見たことはありますか? 原爆ドームは、平和の大切さを世界に訴えるシンボルとして1996年に世界遺産登録されました。 日本人にとってはもちろんのこと、世界中の人にも大きな影響力をもつ建築物として、重宝されています。 多くの方が、教科書などで原爆ドームを目にしたことがあると思いますが、実際にその姿を見た経験のある方はそう多くはないのではないでしょうか。 今回は、そんな原爆ドームの姿をストリートビューで見に行きたいと思います。 また、普段は柵で囲まれているので中に入ることはできませんが、ストリートビューでは原爆ドームの中に入ることができます。 内側の魅力まで探りに行きましょう。 観光地のシンボル 原爆ドームは、広島県広島市に位置し、広島城や平和記念資料館が立ち並ぶ観光エリアの中でも、ひと際その存在感を発揮しています。 すぐ近くには、その名がついている「原爆ドーム駅」があるため、大変アクセスのよい場所となっています。 原爆ドームって 原爆ドームの歴史 広島県物産陳列館 現:原爆ドーム は、大正4年に完成しました。 今から100年ほど前の話です。 当時の広島は、日露戦争の影響により近代工業が発達し、経済が活性化していました。 この経済的発展に伴い軍需品のさらなる開発や、既存商品の品質向上、販路の拡大などが活性化していき、拠点作りが求められたため、建設が開始されました。 当時には珍しいヨーロッパ調の建築物は広島に住む人々を驚かせると同時に、多くの人々を惹きつけました。 物産陳列館の役割は、広島県内の物産のみならず、他府県からの参考品の収集や陳列、さらには取引の紹介に関する新聞・雑誌の閲覧、図案調製等でした。 また、陳列館としての役割のみならず、会場自体を提供することで博物館や美術館の役割も果たしました。 原爆ドームと呼ばれる理由 現在は原爆ドームと呼ばれているこの建物ですが、誕生当時の「広島県物産陳列館」から、1921年には「広島県立商品陳列所」へ、さらにその12年後の1933年には「広島県産業奨励館」へと改称されています。 そして戦後、産業奨励館の残骸を見て、いつしか市民が「原爆ドーム」と呼ぶようになりました。 1996年に原爆ドームは世界遺産登録され、時代を越えた核兵器の根絶と永遠に続く平和の大切さを世界へ訴えるシンボルになっています。 もともと、鉄骨を使用した煉瓦造の建築で、今でもその面影を垣間見ることができます。 周りには黒い柵が張られており、市民や観光客が勝手に立ち入ることのないよう厳重に注意されているようです。 原爆ドームの左側には「元安川」が流れており、穏やかな雰囲気が辺りを包み込んでいます。 原爆ドームの中へ 普段は入場出来ない原爆ドームの中へ、いざストリートビューを通して入ってみましょう。 内側の芝生の面積もとても広く、普段、どれほど離れたところから原爆ドームを眺めていたかということが分かります。 それにしても、近くで見ると迫力が違いますね。 建物の外側には、煉瓦の残骸が散らばっています。 黒い柱によって支えられている内部からは、原爆ドーム保存に向けた取り組みを垣間見ることが出来ます。 被爆後、被害を受けたままの姿で維持されてきましたが、雨や風などにさらされることで建物が劣化し倒壊する恐れがあったため、1967年に初めての保存工事が行われました。 その後、数回に渡って行われている工事は、全て世界中の人からの協力で集められた募金によって行われています。 このことは、人々の平和への想いと原爆ドームが果たしている役割の大きさを改めて感じさせてくれますね。 この広場の壁は灰色になっている部分も多いですが赤色が残っている部分もあり、当時の面影を感じさせてくれます。 それにしても、この煉瓦の量が尋常ではありません。 崩れ落ちた大量の煉瓦が、原爆の被害の様子を物語っているかのようです。 第二次世界大戦中に戦争に動員された学生と、原爆の犠牲者を含めた約1万人の学徒の霊を祀っているものです。 動員学徒慰霊碑の他にも、平和記念公園の中には様々な記念碑があるので、是非上のストリートビューで探索してみてください。 前広島市長からのメッセージ 動画では、ストリートビュー撮影時の様子と秋葉忠利前広島市長から頂いたメッセージを紹介しています。 今回は原爆ドームの周りを二輪自転車で撮影していることに加え、その自転車が街中を走っている様子を見ることもできるので、是非ご覧ください。 最後に 戦争を経験した人々が少なくなってしまった今、この原爆ドームが後世に残す影響力はこれからも大きくあり続けると思います。 また、普段見ることのできない内部を見ることが、平和への想いをより一層強化するきっかけとなっていることを願います。

次の