上 白石 萌 音 ぶす。 上白石萌音_百度百科

上白石萌音

上 白石 萌 音 ぶす

上白石萌音の趣味は?? 読書 音楽を聴くこと 歌うこと 踊ること 資格 英語検定二級 スペイン語検定6級 上白石萌音は帰国子女?? 父親の職業が日本語教師ということで、 2006年からの3年間メキシコで暮らしていたようです。 メキシコの公用語であるスペイン語が話せるのも納得ですね。 資格をとるほどなのも凄いですね!!! 上白石萌音 デビューのきっかけは?? 子供の頃から歌ったり踊ったりすることが好きで 小学1年生の頃から鹿児島市内にある「マリアミュージカルアカデミー」に通っていた。 中学1年生の時に先生の勧めを受けて妹の萌歌と共に… 2011年第7回 「東宝シンデレラオーディション」を受け、 見事審査員特別賞を受賞した。 妹の萌歌がグランプリに輝いている。 この時、2人とも東宝芸能へ所属した。 上白石萌音の妹は?? 2歳年下の妹 上白石 萌歌 かみしらいし もか 性格も、全然違うって思うこともあれば 考えることが似すぎていて驚くこともある どっちなんだろうねぇ、、自分たちもよくわからないんですが 名前が紛らわしくてみなさんを混乱させてしまってるのは知ってます。 笑 本当に名前似すぎてますよね…。 と、ブログに書き記しています。 苗字は当たり前に同じですが、萌音と萌歌。 一文字しか違わず双子ちゃんのようですよね~。 上白石萌音の高校は?? 実践学園高校ではないかと言われています。 偏差値 58-61 「口コミ」 身だしなみに厳しい。 MARCHへの進学率が有数。 校庭が狭い。 プールがない。 学習館という自習専用棟がある。 やる気のある生徒には先生も全力サポートしてくれる。 上白石萌音の大学は?? 明治大学 国際日本学部 ではないかと言われています… 現在現役大学2年生です。 偏差値 60 大学に行くことは小さい頃からずっと当たり前に持っていた目標。 だから、仕事しながらも夢を叶えるために行っているんだとか。 上白石萌音の代表作は?? 2011年 HOMEMADE家族 「スターとライト」PVに妹の萌歌と共に映像作品に初主演。 2012年 ミュージカル 「王様と私」初舞台 長編アニメ映画 「おおかみこどもの雨と雪」毛野役で声優デビュー。 2014年 映画 「舞妓はレディ」 800名を超えるオーディション参加者の中から選ばれ主人公の舞妓見習い 西郷春子役で初主演を務めた。 2014年 「見えない雲」で舞台初出演 2015年 「赤毛のアン」 主役 アン・シャーリー役 2016年 「君の名は。 」ヒロイン 宮水三葉の声を演じた カバーミニアルバム 「chouchou」をリリースし歌手デビュー 2017年 「ホクサイと飯さえあれば」 山田文子役でドラマ初主演。 2011 カルピス「ほっとシリーズ」 君の名は。 日本における 興行収入は250億円を突破し歴代4位。 世界においては、3. 55億ドルにも及び 日本映画歴代1位を獲得している。 1回のみならず、2回、3回…と映画館へあしを運ぶ人も多かった「君の名は。 大好きな大好きな映画を こんなに沢山の方に観ていただけて ただただ幸せです。 本当に本当にありがとうございます!! これからも沢山愛してください。 と、ブログで喜びを綴っている。 まとめ 1月3日に「君の名は。 」地上波初放送されます。 もう何回も見ている人がほとんどでしょうが、何回観ても飽きない映画なのでまた観たいですね!!! 筆者はバッチリ録画予約もしてあります。 三葉の声を演じる 上白石萌音さんは声優のみならず、舞台にドラマに歌手に…と多方面で大活躍しています。 まだ19歳と若いので、これから先、大女優としてどのように育っていくのか楽しみですね~。

次の

專訪丨上白石萌音:想成為花椒一樣的女演員

上 白石 萌 音 ぶす

もくじ• 経歴・プロフィールの詳細 2011年の「東宝シンデレラ」オーディションで、当時としては史上最年少の 10歳でグランプリを受賞(萌音も審査員特別賞を受賞)。 同年 9月からティーン向けファッション誌「ピチレモン」の専属モデルとなる。 同年 11月の映画「空色物語 虹とシマウマ」で主演として女優デビュー。 2013年の「幽かな彼女」で連続ドラマ初レギュラー。 以降も「金田一少年の事件簿 R」や「銭の戦争」、「フラジャイル」などのドラマに出演。 「金メダル男」や「ハルチカ」、「羊と鋼の森」などの映画にも出演。 2015年に「ス・マ・イ・ル」で歌手デビューしている。 上白石萌歌の学歴~ 出身大学の詳細 スポンサードリンク 出身大学: 明治学院大学 社会学部 偏差値57(中の上) 上白石萌歌さんは高校卒業後は、明治学院大学に進学しています。 当初はお姉さんの上白石萌音さんと同じく明治大学に進学したとの憶測が目立っていましたが、どうやら間違いのようです。 ちなみに上白石さんは進学先の大学を明らかにしていませんが、インターネット上やツイッターにはこの大学へ在籍したという情報が多数存在します。 上白石萌音 右 明治大学 萌歌 左 明治学院大学 なぜ普通に忙しい中それなりに難しいとこ入れるんだ??? — たよちゃん tayochandayo ちなみに、萌歌ちゃんは明治学院大学の社会学部。 偏差値は57. 姉妹揃ってほんとに頭がよくて最高の姉妹よね。 りんも、上白石姉妹を見習わなきゃ。 大学での勉強については次のようにインタビューでコメントしています。 「大学では文系の学部に所属していて、今のお仕事に直結するような芸術理論の勉強をはじめ、語学や社会学など、興味のある講義を受けています。 高校の頃から政治経済や倫理などの社会科の科目が好きだったので、文系学部を選びました」 社会学部は政治や経済、語学や法律など、幅広いジャンルを横断的に浅く広く学べることから、この学部を選んで進学したようです。 また高校時代までは事務所の寮で母親と萌音さんの3人暮らしをしていましたが、大学進学を機に母親が実家の鹿児島市に戻って萌音さんと2人暮らしをはじめています。 お姉さんの萌音さんと同居して生活していますが、映画の制作発表会では萌音さんが休日になかなか起きないことを突っ込んでいました。 ちなみに2人は同居しているだけあって2020年のコロナ禍の際には、インスタライブでスピッツの「チェリー」の見事な「ハモリ」を披露して「ステイホーム」を呼び掛けています。 他にも単独でインスタライブに登場したこともありました。 なおトーク番組「おしゃれイズム」に出演した際には上白石姉妹の2人暮らしも紹介されており、その際には萌歌さんの料理をする姿も収録されています。 大学進学後は活動の幅を広げて、数多くの作品に出演しています。 大学1年生の時には、萌音さんと初共演となる映画「羊と鋼の森」に出演しています。 また大学1年生の時に主役の声を担当したアニメ映画「未来のミライ」がカンヌ映画祭に選出されて、上白石さんも公開上映に参加しています。 (左は監督の細田守) 加えて大学1年生の3月には吉沢亮さんや中川大志さん、平手友梨奈さんや芳根京子さんらとともに日本アカデミー賞新人賞を受賞しています。 さらに上白石さんは歌手としても活動しており、2019年に発表した「パプリカ」が大きな話題になっています。 ちなみにこの番組でも萌音さんと共演したことがありました。 この番組のアシスタントは後にブレイクした本田翼さんや波瑠さんらも務めており、今後も楽しみですね。 スポンサードリンク 上白石萌歌の学歴~出身高校の詳細 出身高校:東京都 実践学園高校 偏差値 58~ 61 上白石萌歌さんの出身校は、私立の共学校の実践学園高校です。 この高校は東京の中野区にあり部活動が盛んで、卓球部やバスケットボール部などが全国大会の常連として知られています。 名称が実践女子大学やその系列の実践女子中学校・高校と似ていますが、別の学校法人です。 また同校には特別進学コース(偏差値61)と文理進学コース(同58)の2つのコースが設置されていますが、上白石さんがどちらのコースに在籍したかは不明です。 (高校時代のショット) ちなみに上白石さんは出身高校を明らかにしていませんが、インターネット上やツイッターにはこの高校に在籍した情報が複数あります。 今夜は実践OGの上白石萌歌の「未来のミライ」の放送もあるし 見てみるかな・・・ — イチロウ sagaminoheart なおお姉さんの上白石萌音もこの高校に通学していました。 上白石さんは高校進学時には既に芸能活動をしていましたが、進学校に進んだ理由を次のようにインタビューで明らかにしています。 「勉強も、お仕事も、どちらも中途半端にしたくないという気持ちがとても強かったため、進学校に進むことにしました」 また仕事もおこなっていたので学業との両立も大変でしたが、あえて厳しい環境を選んで正解だったとも答えています。 「当然のように、定期試験や単位取得などは非常に厳しかったですが、敢えてその環境を選んで正解だったなと思えるくらい、勉強もお仕事も頑張れたので、妥協しなくて良かったなと感じています」 このあたりからは上白石さんの高い向学心も窺えます。 なお高校時代は部活動はおこなっていませんでした。 また高校時代は親友と呼べるほど仲のいい友達ができ、お互いに助け合っていましたとも振り返っています。 「高校時代にはすごく良い友達と出会うこともでき、進路に迷った時に真剣に相談に乗ってもらったり、逆に自分が友達の相談を受けたりとお互いに助け合っていました」 ただし高校時代はたびたび宿題に追われていることをインタビューで明らかにしており、学業と仕事の両立は「とても大変だった」と話しています。 また高校1年生の時には1stシングル「ス・マ・イ・ル」で歌手デビューを果たしています。 趣味は歌と話しミュージカルの舞台でも活躍する上白石さんですが、歌も非常に上手です。 そして高校2年生の時にはお姉さんの上白石萌音さんから引き継ぐ形で、ミュージカル「赤毛のアン」に主演しています。 (赤毛のアン・左はさくらまや) また高校2年生の時には映画「ハルチカ」にも出演していますが、やはり学業との両立も考えて、高校時代はそれほど多くの作品に出演していません。 この中学校は系列の高校に併設されており、高校へは一般受験ではなく内部進学で進んでいます。 なおインターネット上には上白石さんが東京の他の中学校に通学していたという情報もありますが、そうなると前記の高校には高校受験をして入学する必要がありますが、インタビューなどでも高校受験についてはいっさい触れていないので内部進学したと考えるのが自然でしょう。 上白石さんは当初は地元鹿児島市の鹿児島市立皇徳寺中学校に通学していましたが、姉の萌音さんが高校進学を機に上京したので、中学2年生に上がるタイミングでこの学校に編入しています。 なお上京したばかりの際には電車の乗り間違えなどしたことをインタビューで述べています。 「3年前に鹿児島から東京に引っ越してきて、環境が変わったのが一番大きいです。 最初はいっぱい電車を乗り間違えて、逆方向に行っちゃったり。 今も人混みはあまり慣れていません」 また渋谷のスクランブル交差点にも驚いたそうです。 「戦争をしているのかと思いました 笑。 今は私も歩くスピードが速くなってきました」 中学時代には女優活動を本格化させて、「幽かな彼女」や「金田一少年の事件簿N」などのテレビドラマに出演しています。 なお中学時代も部活動はおこなっていませんでした。 スポンサードリンク 上白石萌歌の学歴~出身小学校の詳細 出身小学校:鹿児島県 鹿児島市立皇徳寺小学校 上白石萌歌さんの出身小学校は、地元鹿児島市内の公立校の皇徳寺小学校です。 父親は社会科の教師をしており、母親は元音楽教師のピアノの先生という家庭に育っています。 名前の「萌歌」はお母さんが音楽にちなんだ漢字をつけたいと希望したことが由来です。 上白石さんは子供の頃は活発だった姉とは正反対に、人前に出るのは苦手な少女でした。 「当時の私は、人前に出るのが苦手で、いつも母の陰に隠れているような子供でした。 おしゃべりもあまり上手ではなかったですね。 友達はいましたけど、どちらかというと一人でいるほうが好きでした」 幼少期からタップダンスやクラシックバレエを習っていたほか、ミュージカルのレッスンも受けています。 小学校1年生から3年生の頃までは、父親がメキシコに転勤し現地の日本人学校の日本語の担当教師になったことから、メキシコで過ごしています。 (メキシコ時代) メキシコ時代はアートに刺激されたとインタビューで述べています。 「メキシコは、何もかもがカラフルで、街にアートがあふれていて、見るものすべてが子供心にすごく刺さったのだと思います。 「この絵は強烈だな」とか「怖いな」とか、そういうことを感じた経験が今に生きてきて、いい時間を過ごさせてもらっていたのだと思っています」 10歳の時に「東宝シンデレラ」のグランプリに輝いて芸能界入りを果たしています。 おしゃれイズム。 『上白石萌音 萌歌姉妹』 東宝シンデレラオーディションで グランプリと審査員特別賞だって。 二人とも出来上がり過ぎですね😆 史上初の快挙だって、だよね😆 — みついし。 akisuke3214 このオーディションには姉の萌音さんが東京観光を兼ねてダメもとで応募していますが、萌歌さんも姉が受けるならとついでに応募しています。 「最初は、姉だけが受ける予定だったのですが、ふと気になって、応募要項の年齢制限のところを見てみたら、 10歳から応募可能となっていたため、姉が受けるなら私も受けてみようと思いました。 まさかそこから芸能界との接点ができ、今の自分につながっていくとは、当時は全く思っていませんでした」 ただしオーディションが進むにつれて女優に憧れていったことをインタビューで話しています。 また同じ年にはこのオーディションの受賞者が主演した映画「空色物語」が製作されています。 オーディションに合格した際のことを次のようにインタビューで話しています。 「私はよくわからなくて『無』になっていた感じでした。 「小学生、中学生の頃は、出身地である鹿児島で過ごしていました。 「東宝シンデレラ」オーディションのグランプリを獲得した小学 5年生の頃からは、鹿児島と東京を行ったり来たりの生活で結構大変でした。 でも、環境が変わるたびに、色々な友達に出会えたので、それはとても良かったと思います」 またオーディションを合格した年にローティーン向けファッション誌「ピチレモン」の専属モデルにも起用されています。 「ピチレモン」時代は福原遥さんや関根莉子さんらとともに、同誌の看板モデルになっています。 以上が上白石萌歌さんの学歴や学生時代のエピソードなどのまとめです。 子役時代から演技力には定評があり、このところは話題作のテレビドラマや映画などに立て続けに起用されています。 (義母と娘のブルース・2018年 左は井之脇海) また歌唱力には定評もあり CDデビューも果たしたほか、ミュージカルの舞台にも主演として起用されることが多くなっています。 加えて2019年からは「adieu」名義で本格的に音楽活動も開始しています。 さらに演技力を磨けば、女優として大ブレイクを果たす可能性も秘めており、さらなる大きな飛躍にも期待が高まります。 スポンサードリンク ここまでお読みいただきありがとうございました。 ご質問やご意見などがございましたら、お手数をおかけしますがページ上の「お問い合わせ」よりお願いいたします。 また出身校や偏差値情報などのリサーチには万全を期しているつもりですが誤りなどがあった場合はご指摘していただけると幸いです。 なお返信はあるだけ早くおこなうようにしていますが、数日かかる場合があることをご了承ください。 このところ当サイトのページが警告音とともに「 Windowsセキュリティシステムが破損しています」とのページに切り替わることが稀にあります。 このような表示はすべて詐欺なので、「更新」や「続行」、「こちらをクリック」などのボタンは絶対に押さないでください。 万が一、そのような表示が現れた場合にはページをいったん閉じてから再開してください(クリックさえしなければ実害はありません)。 なお当サイトはグーグル社提供の広告ユニットを使用していますが、そのような詐欺広告はグーグル社のチェックをかいくぐって表示されています。 現状では当サイトでブロックすることができないことをご了承ください(いずれグーグル社に対策されると思われます).

次の

上白石萌音_百度百科

上 白石 萌 音 ぶす

google. jp 上白石萌音(かみしらいし もね)さんといえば、「平成のオードリー・ヘップバーン」と称されるほど、演技力・歌唱力が素晴らしいので、第38回日本アカデミー賞新人俳優賞獲得された、最近人気急上昇中の女優さんですね。 しかし、余談ではありますが筆者が、この人の名前を見た瞬間に感じたのは、 世界の珍名さん、奇名さんの番組です。 これは、筆者の独断んと偏見なので、気にしないで下さいね。 (笑い)余談は、さておき 上白石萌音さんは、2011年開催の第7回『 東宝『シンデレラオーディション』で審査員特別賞を受賞し 、グランプリを受賞されたんですね。 2歳下の妹さんで、 上白石萌歌(かみしらいし もか)とともに東宝芸能へ所属していて同年のNHK大河ドラマ『江〜姫たちの戦国〜』で女優としてデビューしました。 上白石萌音さんは、歌唱力も素晴らしいですね。 翌2012年にはミュージカル『王様と私』で初舞台、を踏むことになりました。 そして、2014年公開の映画『舞妓はレディ』で 800名を超えるオーディション参加者の中から見事に、 主人公に選ばれて、舞妓見習い・春子役を演じ、映画初主演を果たすなど、 ミュージカル仕立ての同作において監督の周防正行から、冒頭に紹介した 「平成のオードリー・ヘップバーン」と称されたと言う訳ですね。 今回は 人気急上昇中の上白石萌音さんの可愛い画像や妹の萌歌さんをはじめ、映画『君の名は』の声優としての話題などをお伝えしますね。 ^^; 目次• google. 生年月日: 1998年1月27日• 出身地:鹿児島県 鹿児島市• 身 長:152 cm• 職 業:女優・歌手• ジャンル:映画・舞台・テレビドラマ• 活動期間: 2011年 —• 著名な家族:上白石萌歌(妹)• 事務所:東宝芸能• 公式サイト:公式プロフィール• 主な作品• テレビドラマ:『江〜姫たちの戦国〜』最終話• 劇場アニメ:『君の名は。 舞台:『みえない雲』・『ミュージカル 赤毛のアン』 エピソード、2006年から3年間、メキシコで生活をしていたという。 google. jp 2歳下の妹(上白石萌歌)も女優さんですね、第7回『東宝「シンデレラ」オーディション』で、萌音は審査員特別賞だったが、 グランプリは妹の萌歌が受賞したのだ、というのですが、姉妹が揃って受賞出来るというのもすごく、ラッキーなことですよね。 趣味は、読書、音楽を聴くこと、歌うこと 踊ること。 特技は英語検定2級、スペイン語検定6級、リコーダー演奏。 大学1年 在学中 上白石萌歌のプロフィール• 本 名:上白石 萌歌(かみしらいし もか)• 生年月日: 2000年2月28日• 出身地:鹿児島県 鹿児島市• 身 長:161cm• 職 業:女優• ジャンル:映画・テレビドラマ• 活動期間: 2011年 —• 著名な家族:上白石萌音(姉)• 事務所:東宝芸能 上白石萌音が神木隆之介と共に『君の名は』の声を演じる 最近話題のアニメーション映画!新海真監督の映画 『君の名は。 』なんですが・・。 上白石萌音さんと神木隆之介さんが声で主演を務めるこの映画は今年8月に公開されました。 google. jp 上白石萌音さんが 声優を務めるこの『君の名は。 』は、新海映画監督の3年ぶり、7作目の最新作だそうですね。 その『君の名は。 』のはというと…その時は、 千年ぶりとなる彗星の来訪を一か月後に控えた日本、 どんな事態が起きるのかと、戦々恐々の物知りや学者たち。 そんなことにはあまり影響のない山深い田舎町に暮らす 女子高生・三葉(上白石萌音)は憂鬱な毎日を過ごしていました。 町長である 父の選挙運動に、家系の神社の古き風習。 小さい狭い町で、周囲の目が余計に気になる年頃だけに、 都会への憧れを強くするばかり。 『来世は東京のイケメン男子にしてくださーい!!!』と切実なお祈りをしていました。 google. jp そんなある日、 自分が男の子になる夢を見る三葉さん。 見覚えのない部屋、見知らぬ友人、目の前に 広がるのは東京の街並み。 念願だった都会での生活を思いっきり満喫する三葉さん。 場面は変わって、 一方、東京で暮らす男子高校生、瀧(神木隆之介)も奇妙な夢を見ました。 行ったこともない山奥の町で、 自分が女子高校生になっているのだ。 google. jp 繰り返される 不思議な夢。 そして、明らかに抜け落ちている、記憶と時間。 ようやく、ある時二人は気付く。 』 幾度も入れ替わる 身体とその生活に戸惑いながらも、現実を少しずつ受け止める瀧と三葉。 残された お互いのメモを通して、時にケンカし、時に相手の人生を楽しみながら、状況を乗り切っていくという。 しかし、 気持ちが打ち解けてきた矢先、突然入れ替わりが 途切れてしまう。 入れ替わりながら、同時に自分たちが特別に 繋がっていたことに気付いた瀧は、三葉に会いに行こうと決心しますね。 google. jp 『まだ会ったことのない君を、これから俺は探しに行く。 』辿り着いた先には、意外な事実が待ち受けていました。 出会うことのない 二人の出逢いに、今、運命の歯車が、動き出します・・・・。 前振りは、このくらいで、続きが気になる アニメ映画『君の名は。 』ですね『君の名は。 』はもちろん、上白石萌音さん、『舞妓はレディ』や最近では『ちはやふる』にも出演され、将来が 期待されている女優さんですよね。 姉妹が揃って活躍できると良いですね!! 最後まで読んで頂いて 有り難う御座いますもし宜しければコメントなど 頂ければ幸いです.

次の