サラリーマン番長2 設定6 データ。 【稼働日記】サラリーマン番長2の推定6ツモ!実践データも掲載!【AT直撃が鍵!?】

『押忍!サラリーマン番長2』見どころ特集 〜挙動が異なる設定5は要注目〜

サラリーマン番長2 設定6 データ

天井恩恵であるボーナス中の初期ポイント増加が期待値が増えた要員。 こういう恩恵がある台は天井狙い向きの機種です。 ・モードA固定 天井期待値 モードA固定では、400G弱から打てるだろう。 数をこなして期待値を積んでいこう。 導入当初は100G時点で高確Bへ移行であれば、天井まで打ち切っていたが、期待値算出後は250G〜を狙い目とした。 65Gくらいなら打てるが、現実的に拾えないと思われる。 天国ゾーンはシャッター演出色付きロゴの場合のみ追うことにする。 ・200G前半ゾーン狙い 期待値 今作のサラ番は、ゾーン狙いに関して期待値的に非常に厳しい。 天井狙いが期待値を積むには最も有効だろう。 【天井狙い】 モード不問:380G〜 天井期待値表を参照。 基本的にはモード不問で天井期待値は考えるが、ゾーンでの高確移行が判明しておりモード判別が十分な場合はモード別天井期待値表を参照して狙い目を変動させる。 【ゾーン狙い】 200G〜200前半の前兆確認後抜けたらやめ。 200のゾーンで高確、前兆なかった場合、通常B滞在が濃厚なのでボーナス又はAT当選まで。 【やめどき】 基本的にボーナス又はAT終了後やめ。 AT後は3Gの引き戻しゾーンがある為、抜け後やめ。 有利区間開始時にシャッターが閉まるが、 色付きロゴ付き出現した場合、通常B・天国がほぼ濃厚なので、天国否定まで。 天国スルーした際は、100前半ゾーンのみ確認し、やめ。 白黒ロゴ、ロゴなしは通常ステージでやめ。 その恩恵は 初期継続率優遇 初期漢気ポイント優遇 です。 通常A天井当選するかどうかで期待値が大きかう変わってきます。 また剛天ステージは移行した時点で超高確(高確Aと高確Bが重複状態)濃厚なので、高確B滞在も濃厚になる。 100G毎に高確Bへの移行抽選を行なっているため、高確B移行を見抜くことが通常B判別には必要となってくる。 通常Aならば百のくらいが偶数、通常Bならば百の位が奇数G数の前半がチャンスとなる。 通常B濃厚なのであれば天井まで打ち切るのがベター。 ・400G台前半のゾーン狙いは不要 当選率が200G前半ゾーンと比べて約半分くらいしかないため、ゾーン狙い単品は不要と判断した。 天井狙いを推奨G数を380Gに設定しているので、そのまま天井狙いを推奨しています。 モード別天井 今作もモードがあり、滞在モードにより天井G数が変わる。 ロゴ付きだと通常B又は天国のチャンスとなっている。 ロゴが色付きの場合は、天国の可能性がかなり高くなるみたいだ。 色付きロゴが出た場合は100Gまでは消化しよう。 シャッター演出は見逃し厳禁。 各設定のモード移行率が判明したので各シャッター演出のモード期待度を算出した。 色付きロゴ以外は0GやめでOKという結果になった。 色付きロゴ出現時は、天国確認+100G前半ゾーンの前兆非当選でやめ。 設定1設定2問わず、やめ時は同じ。 期待値がかなり詰まったゾーンであるため、取りこぼしの無いようにする。 6号機の特性上、有利区間が存在するため 有利区間終了とともにブルーレジェンドも終了する。 天国での青BB当選時はブルーレジェンド突入に期待できるためしっかりATまで繋げたい。

次の

【設定6で5000G差枚対決④ 押忍!サラリーマン番長】モード移行だけ良くても設定差がある部分が引けないときつい? (1/3)

サラリーマン番長2 設定6 データ

3(設定6以上) 終日ほとんどハマることなく初当たりを引けた良い展開でした。 頂ジャーニー準備中のゲーム数も通常ゲーム数にカウントしているので、実際にはもう少し確率が良いです。 【通常時の規定ベル回数】 1〜7回:4回 10回:1回 15〜17回:1回 20回:0回 24回:2回 30〜32回:1回 39回:0回 45〜47回:0回 56〜59回:0回 通常時のゲーム数が少ないのでサンプルは少ないですが、32回を超えることはありませんでした。 【頂ジャーニー引き戻し特訓当選率】 ART終了回数:14回 引き戻し特訓回数:7回 引き戻し特訓突入率:50%(設定6以上) 引き戻し特訓7回の内4回が頂ジャーニーに繋がりました。 (内1回は対決中チャンス目より) 【絶頂対決突入率】 ART中のBB当選回数:20回 絶頂対決突入回数:1回 絶頂対決突入率:5% まあ設定6の絶頂対決当選率が6. 25%なので1回引けたので良いでしょう。 もう1回絶頂対決に入っておりますが、対決最終ゲームMBからの復活当選なので除く。 【対決最終ゲームMBで敗北時の特殊復活当選率】 対決最終ゲームに何回MBで敗北したかは数えていませんが、1回当選しました。 轟大寺でのBB対決での当選なので絶頂対決に当選。 【ART終了画面】 清水寺:0回 金閣寺:0回 操&牡丹:0回 操&雫:0回 設定6だと合算確率が5. 25%なので何か出ても良さそうですが、なかなか出ないものですね。 【強制逆転当選率】 対決回数は数えていませんが、おそらく1回当選しました。 【通常BB時の青BB選択率】 通常BB:4回 青BB:0回 【ART中天国以外でのBB当選時青BB選択率】 ART中BB回数:10回 青BB:1回 1日目での当選は天国の可能性があるので除いています。 【共通ベル確率】 すいません。 数えてないです。 看破ツール 初当たりから通常番長ボーナスと高設定に期待できる展開で、一度追加投資をしましたが、その後は順調に出玉を伸ばしていくことができました。 1回目の初当たり後に引き戻し特訓がなく、400ゲームほどハマってしまったので少し期待度ダウンしましたが、2回目の頂ジャーニー後に引き戻し特訓から巌と調理実習で勝利。 そして対決最終ゲームMBからの復活当選を引いたことで一気に設定6を疑いました。 途中頂ジャーニーが終わると引き戻し特訓から当選や終了後すぐに通常番長ボーナスを引くなど、全くハマらない展開には助かりました。 もうこのあたりで設定6を確信しましたね。 一つ後悔したのはコーヒーを飲み過ぎたせいで前半かなりトイレに行ったことで時間をロスしてしまったことです。 途中から飲み物なしでトイレ時間を短縮しました(笑) ちなみに右隣の台もおそらく設定6でした。 ですがこの台、初当たりが844ゲームで2回目が1,207ゲームと出だしが最悪。 3回目の初当たりがチャンスチェリーでそこからは通常番長ボーナスを4回引くなどハマらずに当たり出しました。 夕方に設定456確定画面が出現して、通常時に対決最終ゲームMBからの復活当選なども有り、最終的には5,000枚ほど出ておりました。 おそらくこのシマは当たりの全台だったのですが、朝一空いていた左隣の台はおそらく設定4で爆死しておりました。 結果論ですが朝一右側の台を取ってホントに良かったです。

次の

サラリーマン番長 設定狙い稼働NO.2 9631回転実践データ

サラリーマン番長2 設定6 データ

サラリーマン番長2のアプリがありましたので、とりあえず設定6を8000G実践しました。 初当たり分布などサンプルを取りましたのでまとめていきたいと思います。 超えることもあるとは思いますが、設定6を見切る上での指標にして良さそうだと思います。 ゲーム数解除分布 ゲーム数 回数 0~100 6 101~200 3 201~300 9 301~400 1 401~500 0 501~600 0 601~700 0 701~800 0 特筆すべきは モードA時の200G数でのゲーム数解除率ですね。 100Gで前兆が来なかった場合はすべて200Gで解除しました。 推定モード移行分布 モード 回数 A 10 B 5 AorB A寄り 3 AorB B寄り 1 天国 6 100G以内の解除 3 不明 1 モード移行はあくまで推定であることをご理解ください。 A寄り、B寄りというのは、レア役解除時になります。 A寄りと書いているのは、例えば100Gで前兆が来なかったが、180Gでレア役解除をした。 といった場合になります。 下記表は、その推定を正しいと判断しまとめたものになります。 モード 回数 モード割合 A 13 44. ボーナス終了画面 ボーナス終了画面 回数 デフォ(轟,鏡,雫の3人&突破時の轟とパンダ 22 豪北庭 2 五重塔 鏡が五重塔を磨いている 5 これに関してはもう少しサンプルが必要そうですね。 とりあえず、世間一般で言われている水着画面などの確定系はでませんでした。 有料ですが公開しています。 AT終了画面 AT終了画面 回数 デフォ 6 豪北庭 4 こちらもサンプル不足かと思いますが、ボーナス終了画面とは別で考えたほうがいいと思っています。 豪北庭の出現率がAT終了画面のほうが差がある?これは低設定も回す+もっと多くのサンプルを得るしかありませんね。 漢気3本勝負突破率 6号機の3戦突破系といえば デキレ感が強いですよね。 そう思ってサンプルを取ってみました。 結論から書くと、 デキレではないと思います。 下記表は漢気3本勝負のパーセンテージ範囲別突破数を示したものになります。 %範囲 サンプル数 突破数 突破率 10~19 0 0 0 20~29 1 0 0. 0 30~39 5 3 60. 0 40~49 12 3 25. 0 50~59 7 2 28. 6 60~69 8 5 62. 5 70~79 9 5 55. 6 80~89 6 5 83. 3 90~99 1 1 100. 少し前の6号機特有のデキレ感がある機種であれば、このあたりのパーセンテージでも不自然なほど突破率が高かったはずです。 よって、今回はデキレの要素はなくパーセンテージが高設定のほうが上がりやすいなどの処置が施されていると考えます。 ボーナス突破率 ボーナス種別 突破回数 出現回数 突破率 赤7 5 24 20. 正直もうちょっと頂ラッシュにつながると思っていました。 ATセット数 ATセット数 回数 1 8 2 2 3 1 ATセット数に設定差があるのでは?という噂を耳にしたので集めてみました。 ATセット数が2つ以上あった(最後の3ゲームでレア役を引かずに引き戻した)のは3回で、 複数セットがあったのはすべて直撃ラッシュでした。 低設定のサンプルがないのでなんともですが、複数セット出てきた場合は少し様子見もありかもしれません。 まとめ やはり「ハマらないこと」が主軸か 今回の実践では、おそらく赤7の突破率は悪かったと思います。 その割に差枚数はしっかり機械割どおり取れていました。 特に頂ラッシュで大爆発したわけでもなく、最大獲得枚数は800枚ほどでした。 また、モード移行も想像以上に推定モードAが多く、モードBや天国に移行するから勝てる。 というよりは モードAだろうが200G台で当たることが重要だったと感じます。 今もこの記事を書きながら設定6を回していますが、200G台でやはりよく当たりますね。 笑 今後も解析が出るまではサンプルを集めて、もしかしたら有料で公開するかもしれません。 以上、設定狙いの参考になれば幸いです。 設定2も実践しました!.

次の