オーバル スプリント 2019。 オーバルスプリント2019予想(出走馬&データ分析)

【テレ玉杯オーバルスプリント2019予想】浦和1400mのJpnIII戦です

オーバル スプリント 2019

今年はJBCが浦和で開催されますが、それに合わせてスタンドがリニューアルされたようです。 開催初日の浦和競馬場、新2号スタンドなど新たな設備を少し探検してきました!妙な言い方ですが"浦和競馬場じゃないみたい!"そんな感じがしました。 台風一過で残暑厳しい陽気ですが、場内はたくさんのお客様で賑わっています!是非"NEW! "を見つけに浦和競馬場へ足をお運びください百 — ㍿ 耳目社(じもくしゃ) jimokusha うーん、 確かに浦和競馬場じゃないような感じですね。 あの場末感が漂う感じが浦和のいいところだと思うのですが・・・。 船橋競馬場も近々スタンドをリニューアルするそうです。 地方競馬場が潤って、設備が新しくなるのは喜ばしいことなのですが、反面、ちょっと寂しい気もします。 JBCにつながるか オーバルスプリント さて、今回予想したいのはダートグレードレース・テレ玉杯オーバルスプリント。 距離は1400m。 出走は11頭です。 浦和で行われるJBCのスプリントは1400m戦で行われますから、このオーバルスプリントは 重要な前哨戦になりそうですね。 メンバーもなかなか豪華になりました。 それではさっそく、人気上位の馬から予想していきましょう。 予想上位人気馬 1番人気 サクセスエナジー 2番人気 ワイドファラオ 3番人気 ヤマニンアンプリメ まあ、ダートグレードレースですので、JRA勢が上位人気を占めるでしょうね。 ただ、その上位の中で、どの馬が1番人気になるかを当てるのはけっこう難しそう。 一応、1番人気だろうと考えたのは サクセスエナジー。 前走プロキオンSは9着に大敗していますが、浦和1400mのもうひとつのダートグレードレース・さきたま杯で2着の実績があります。 これまでの実績を見ても、この馬のベストは1400m。 ローテーション的にもここを狙ってきた感があります。 2番人気予想は3歳馬・ ワイドファラオ。 前走はユニコーンSでしたが、見事な逃げ切り勝ちでした。 最近は芝もダートもこなす馬が珍しくなりつつありますが、この馬は芝・ダートそれぞれの重賞を制しています。 古馬との初対戦になるだけに、どんなレースをするのか注目です。 3番人気予想は、これもダートグレードレースの覇者・ ヤマニンアンプリメ。 前走クラスターカップを制して、これでダートグレードレースは2連勝と勢いがあります。 好成績は1200m寄りではありますが、1400mの黒船賞でも2着に入っており、1400mがこなせないわけではありません。 53キロという斤量も魅力です。 予想人気上位馬の取捨選択 サクセスエナジー 買い要素:1400m戦はとにかく得意。 1400mのダートグレードレースは3勝。 前走は直線で不利 不安要素:同型馬が多く、スムーズに前につけられるかがカギ。 ワイドファラオ 買い要素:スピードがあり、3歳馬の勢いがある 不安要素:地方の深いダートがどうか。 古馬とは初対戦。 斤量55キロも不利。 ヤマニンアンプリメ 買い要素:ダートグレードレース2連勝中で勢いあり。 不安要素:1400mでの勝ち鞍は未勝利戦のみ。 1400mで連続2着に来たダートグレードレースはいずれも不良馬場。 荒れる・荒れない要素 上位人気が予想されるJRA馬は、そこまで盤石じゃないと思います。 そもそも、このブログでもよく言っていることですが、 浦和コースはとにかくトリッキーなコース。 サクセスエナジーのように実績がある馬はまだしも、浦和が初となるワイドファラオあたりは厳しいレースを強いられるのではないでしょうか。 上位人気馬が難コースにてこずっている間に、穴馬の台頭がありそうです。 今回と同じコースを使用の前走・プラチナカップでは、キタサンミカヅキを退けての圧勝。 ご存知の通り、キタサンミカヅキは前走の大井・アフター5スター賞で力強い走りを見せて快勝しているだけに、そのキタサンミカヅキを退けているというのは驚異です。 そもそも、この馬自身も非常に力のある馬でしたが、最近は不調でした。 それが、前々走に川崎のスプリント戦で3着に入ってから、馬がガラッと変わってきた印象です。 なんといっても、昨年の覇者。 浦和1400mは5勝を挙げているもっとも得意としているコース。 内枠にも入りましたし、ここは馬券内有力と見ていいでしょう。 前走は直線で不利がありましたし、この馬自身、昨年もプロキオンSで好成績を残せていないので、単純に中京コースが苦手なんだと思います。 一方で 浦和1400mコースは1着1回、2着1回とまだ2戦しかしていないものの、パーフェクト連対。 コース適性はあると言っていいでしょう。 浦和コースで有利とされる内枠も引きましたし、必勝態勢が整ったと言えるのではないでしょうか。 対抗は ヤマニンアンプリメ。 今の勢いと、 斤量53キロということを考えると、本命にしてもいいくらいなのですが、やはり 浦和コースというのが気になります。 その辺、百戦錬磨の岩田康誠騎手ですから、カバーはしてくれると思うのですが、 1400mという距離も微妙だと思います。 ただ、ここのところの充実ぶりを考えると大崩れも考えられないので、対抗評価としました。 相手は一気に強化されますが、絶好枠である2枠を引きました。 前走でキタサンミカヅキをいとも簡単にやぶってしまうくらいなら、JRAの馬も倒せるはずです。 鞍上は左海誠二騎手。 調教師はもちろん小久保智調教師ということで、 南関の黄金コンビという点も安心材料です。 今回が浦和コースで走るのが初めてということで、未知数ではありますが、鞍上は浦和をよく知る名ジョッキー・ 繁田健一騎手。 この馬も どちらかというと1200mタイプではありますが、鞍上が持たせてくれることを期待して押さえに挙げました。 ほかにも実力のある伏兵がそろっており、まぎれのある浦和コースでは怖いですね。 いつものことではありますが、しっかりと当日の馬の様子を見てから馬券の買い方の判断が必要ですね。 ま、昼間なので、パドック見れませんが・・・。

次の

テレ玉杯オーバルスプリント2020

オーバル スプリント 2019

本記事では テレ玉杯オーバルスプリント2019の予想を公開します。 浦和競馬場・ダート1400mで行われるテレ玉杯オーバルスプリントはクセの強い浦和コースで争われる地方交流重賞であり、11月のJBCスプリントに向けた注目の前哨戦。 そして、今年は本格化が漂う ヤマニンアンプリメとユニコーンステークスを制覇したフレッシュな3歳馬の ワイドファラオが中心となるメンバー構成ですが、中央勢ではお馴染みとなる サクセスエナジーや ノボバカラも虎視眈々と一発を狙う状況。 さらには地元の地方勢からは昨年の勝ち馬である ノブワイルドや元中央馬の肩書を持つ ブルドックボスなどトリッキーな浦和コースだけに上位勢に破綻があれば馬券圏内に食い込む可能性は大いにありそう…? 今回は基本的に手堅く収まる牡馬の地方交流重賞とはいえ、意外にも中波乱の結末ががあるという点を頭に入れて予想を組み立てたい所ですね! それでは木曜日の16時35分に発走を迎えるテレ玉杯オーバルスプリント2019。 そして、今回は2走続けて逃げ切り勝ちの激走をした後のストレス疲労が懸念される局面だが、リズムと勢いが重要なダート路線では杞憂に終わる可能性は大。 ココは近走と同様に積極的な逃げのレース運びで絶好枠からの逃げ粘りを期待する。 ただ、近走の内容から明らかに本格化をしている雰囲気で距離に関しては十分に守備範囲。 今回もアクシデント等が無ければ大崩れなく順当に着をまとめて来るはずだ。 今回は2走前のさきたま杯で強い競馬を披露した浦和コースなら巻き返しの余地は十分にあるはずだ。 つまり、今回はノーショックのタイミングで距離短縮の1400mとなれば逃げれない可能性が大。 ココは改めて1発を期待したい所だ。 ・無料情報が少なすぎる ・どうせ堅いレースしか当てられない ・点数、レース数が多くて投資金がかさみそう そのイメージは間違っていません。 ただ・・・ 「一昔前の競馬データは」ですけどね。  ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ 今、競馬予想サイトは驚く程の進化をしています。 「競馬予想サイトなんて使った事ないから」 「競馬予想サイトなんてどうせ儲からない」 そう思って敬遠してる人も多いと思います。 ただ、このサイトを使って美味しい思いをしている 人たちは口をそろえて、こう言います。 『うまとみらいとを使えばいくらでも稼げます』 この言葉は、他人事ではないですよ。 嘘だと思うなら、無料でためしてください。

次の

浦和「オーバルスプリント」 2019年9月12日のダート統一グレード:博田伸樹の地方競馬・ダート競馬予想コラム「Dの疾風」

オーバル スプリント 2019

概要 [ ] にダート1900mの重賞・「 テレビ埼玉杯」として創設、施行距離が1400mに変更された。 創設当初は年度末開催、その後からに施行時期を移し、に距離が短縮された当初は、翌年から年末開催に施行されていた。 度からは一新してとともに競走名が変更され、浦和競馬所属で移籍後に中央競馬の競走を制したの功績を記念して、2008年に「 トロットサンダー記念 オーバルスプリント」と決定された。 からは短距離競走の整備の元、に施行時期を移し、新たに中央所属馬を含めた指定交流重賞競走として施行。 テレ玉杯(テレビ埼玉)の冠競走が復活する。 なお規定に伴い、施行2年間はとしての格付けを行わず、重賞として施行された。 からはJpnIII格付けで施行される。 条件・賞金(2019年) [ ] 出走資格 サラブレッド系3歳以上。 出走枠は中央競馬所属馬4頭、南関東地区所属馬5頭、南関東地区以外の地方所属馬3頭と定められている。 上位2着までのうちの南関東所属最先着馬との優勝馬、さらにの優勝馬には優先出走権がある。 3歳52kg、4歳以上54kg、牝馬2kg減(南半球産3歳2kg減)を基本に、更に以下のように斤量が課せられる。 ただし2歳時の成績は対象外。 本年8月28日より過去のGI・JpnI競走1着馬は5kg増、GII・JpnII競走1着馬は3kg増、GIII・JpnIII競走1着馬は1kg増。 上記重量に加え、G・Jpn競走を通算3勝以上は1kg増とし、さらに2勝ごとに1kg増とする。 負担重量の上限は3歳58kg、4歳以上60kg、牝馬2kg減(南半球産3歳56kg、同牝馬54kg)。 賞金額 1着2100万円、2着735万円、3着420万円、4着210万円、5着105万円。 優先出走権付与 優勝した南関東所属馬にはの優先出走権が付与される。 歴史 [ ]• - ・ダート1900mの南関東重賞競走・ テレビ埼玉杯として創設。 - 南関東グレード制施行にともない、南関東G3に格付。 施行時期を5月に移行したため年2回開催。 施行時期の移行にともない、出走資格が第8回より「サラブレッド系5歳以上」から「サラブレッド系4歳以上(現・3歳以上)」に変更。 - 施行距離をダート1400mに変更。 - 施行時期を12月に移行。 - 格付けを南関東SIIIに変更。 - 競走名を オーバルスプリントに変更。 中央・地方全国指定交流の重賞競走(格付けなし )に指定。 施行時期を9月に移行、競走格付けをSIIに格上げ。 南関東SIIの格付けを廃止し、中央・地方全国指定交流の重賞競走(格付けなし)として実施。 が牝馬として初めて優勝。 - 当年度よりJpnIII格付けで実施。 - 競走名を テレ玉杯オーバルスプリントに変更。 歴代優勝馬 [ ] 回数 施行年月日 優勝馬 性齢 所属 タイム 優勝騎手 管理調教師 馬主 第1回 レインボーアカサカ 牡8 1:58. 9 (株)イーデン産業 第2回 スピードドルフ 牡7 2:00. 5 岡田一男 松本秀治 第3回 ハセカツトップ 牡6 1:59. 2 長谷川泰一 第4回 ケイシュウタイム 牡7 2:00. 1 第5回 ハナセール 牡8 大井 1:59. 4 (有)兼正商事 第6回 ヘイセイベル 牡6 川崎 1:59. 9 加藤章 第7回 バンチャンプ 牡5 船橋 2:01. 0 福山清義 第8回 バンチャンプ 牡5 船橋 2. 4 佐藤祐樹 宮下仁 福山清義 第9回 ムテキボーイ 牡5 船橋 1:59. 9 伊藤昭次 第10回 アローセプテンバー 牡5 船橋 1:58. 6 柳谷泰蔵 第11回 牡7 船橋 2:00. 7 第12回 タイコウレジェンド 牡5 大井 R1:57. 0 (資)太興 第13回 ロイヤルエンデバー 牡4 浦和 1:59. 4 脇山久美子 第14回 キングリファール 牡6 船橋 1:59. 5 佐藤隆 川島正行 滝澤久之進 第15回 ベルモントソレイユ 牡4 大井 1:59. 9 高橋三郎 第16回 ブルーローレンス 牡4 川崎 1:25. 3 的場文男 黛大介 第17回 チョウサンタイガー 牡6 川崎 1:26. 7 小林長三郎 第18回 牡7 船橋 1:26. 9 川島正行 小野スミ 第19回 トーセンラヴ 牡6 浦和 1:27. 7 第20回 ノースダンデー 牡4 船橋 1:28. 7 左海誠二 小川正男 第21回 12月23日 牡4 船橋 1:25. 5 川島正行 小野誠治 第22回 牡8 JRA 1:26. 4 馬場祥晃 第23回 牝5 JRA 1:28. 0 第24回 牡6 大井 1:26. 9 内海正章 第25回 牡7 JRA 1:26. 2 田中晴夫 第26回 牡7 JRA 1:26. 3 戸崎圭太 前田葉子 第27回 レーザーバレット 牡8 JRA 1:25. 8 戸崎圭太 萩原清 前田葉子 第28回 牡4 JRA 1:25. 1 戸崎圭太 西村憲人 第29回 牡6 浦和 1:26. 1 左海誠二 第30回 ノブワイルド 牡7 浦和 1:25. 3 左海誠二 小久保智 前田亘輝• 2000年以前は旧馬齢表記。 Rはコースレコードを示す。 南関東4競馬場公式Webサイト nankankeiba. com. 2015年9月24日閲覧。 出典 [ ].

次の