僕 は 助演 で 監督 で カメラマン。 【Official髭男dism/115万キロのフィルム】の歌詞の意味を徹底解釈

助演で、監督で、カメラマンの塾講師!

僕 は 助演 で 監督 で カメラマン

Introduction アニメ「とらドラ!」「ゴールデンタイム!」の原作で知られる竹宮ゆゆこの小説「砕け散るところを見せてあげる」。 錚々たる表現者が破格の絶賛コメントを寄せ、「小説の新たな可能性を示した傑作」と称えられる本作の映画化がついに実現した。 主人公・濱田清澄には、『坂道のアポロン』『覚悟はいいかそこの女子。 』で日本アカデミー賞新人賞に輝き、NHK朝の連続テレビ小説「なつぞら」で国民的人気を獲得した中川大志。 ヒロイン・蔵本玻璃には、E-girlsとしても活躍しながら、『ソロモンの偽証』『ガールズ・ステップ』でブルーリボン賞新人賞を受賞した石井杏奈。 また、北村匠海、井之脇海、清原果耶、松井愛莉など若者に絶大なる支持を得るキャストを、堤真一、原田知世、矢田亜希子、木野花ら豪華俳優陣が支える。 そして、中川と石井の二人から挑戦的な演技を引き出したのは、『天の茶助』『うさぎドロップ』『jam』を手掛けたSABU監督。 ベルリンやモスクワなど海外の映画祭で高く評価される才能で脚本も執筆し、進化と深化を証明した。 多くの人が自分の境遇に苦しむ時代でも、愛は必ず絶望から救ってくれる。 今を生きる私たちに希望を与える物語。 1998年生まれ、東京都出身。 テレビドラマ「家政婦のミタ」(11)で一躍注目を浴びる。 近年の主な映画出演作に、『きょうのキラ君』(17/監督:川村泰祐)、『ReLIFE リライフ』(17/監督:古澤健)、『坂道のアポロン』(18/監督:三木孝浩)、『虹色デイズ』(18/監督:飯塚健)、『覚悟はいいかそこの女子。 』(18/監督:井口昇)など。 テレビドラマでは、NHK大河ドラマ「真田丸」(16)、「花のち晴れ〜花男 Next Season〜」(18)、NHK連続テレビ小説「なつぞら」(19)、「G線上のあなたと私」(19)など。 また、今年は、BS-TBS開局20周年記念ドラマ「左手一本のシュート」で主演を務めた。 近日公開予定の『ソニック・ザ・ムービー』(監督:ジェフ・ファウラー)では主人公の声を務める。 東京都出身。 E-girlsのパフォーマーであり、映画やテレビドラマでも女優として幅広く活躍。 テレビドラマ「仰げば尊し」(16)では、コンフィデンスアワード・ドラマ賞新人賞を受賞するなど、若手女優としての地歩を確かなものとしている。 その他の出演作に、『四月は君の嘘』(16/監督:新城毅彦)、『スプリング、ハズ、カム』(17/監督:吉野竜平)、『たたら侍』(17/監督:錦織良成)、『心が叫びたがってるんだ。 』(17/監督:熊澤尚人)、『ブルーハーツが聴こえる』の一編「1001のバイオリン」(17/監督:李相日)、「東京ラブストーリー」(20)などがある。 1995年生まれ、神奈川県出身。 『夕凪の街 桜の国』(07/監督:佐々部清)で映画初出演。 『トウキョウソナタ』(08/監督:黒沢清)でキネマ旬報ベスト・テン新人男優賞、高崎映画祭最優秀新人男優賞を受賞。 2015年には、自身が脚本・監督・出演をした短編映画『言葉のいらない愛』がカンヌ国際映画祭のマルシェに正式出品される。 近年の主な映画出演作に、越川道夫監督の『月子』(17)と『海辺の生と死』(17)、『ザ・ファブル』(19/監督:江口カン)など。 今年冬に、『サイレント・トーキョー And so this is Xmas』(監督:波多野貴文)が公開予定。 2002年生まれ、大阪府出身。 NHK連続テレビ小説「あさが来た」(15~16)で女優デビューを果たし、フレッシュな魅力で存在感を示す。 主な映画出演作に、『3月のライオン 前編/後編』(17/監督:大友啓史)、『ユリゴコロ』(17/監督:熊澤尚人)、『ちはやふる-結び-』(18/監督:小泉徳宏)、『デイアンドナイト』(19/監督:藤井道人)、『愛唄 -約束のナクヒト-』(19/監督:川村泰祐)など。 テレビドラマでは、「透明なゆりかご」(18)、「なつぞら」(19)、「螢草 菜々の剣」(19)、「マンゴーの樹の下で~ルソン島、戦火の約束~」(19)、「俺の話は長い」(19)などがある。 今年秋には、主演を務めた、藤井道人監督の『宇宙でいちばんあかるい屋根』が公開予定。 1996年生まれ、福島県出身。 2009年、ニコラモデルオーディションでグランプリを獲得しモデルデビュー。 13年から約1年間、ゼクシィ6代目CMガールを務め、14年からはファッション雑誌「Ray」の専属モデルとなる。 モデル活動と同時に映画やテレビドラマにも多数出演。 テレビドラマには、「オトナ高校」 (17) 、「グッド・ドクター」(18)、「僕の初恋をキミに捧ぐ」(19)、「これは経費で落ちません!! 」(19)、「この男は人生最大の過ちです」(20)など。 今年夏には、主演作『癒しのこころみ~自分を好きになる方法~』(監督:篠原哲雄)が公開予定。 1997年生まれ、東京都出身。 俳優としては、『君の膵臓をたべたい』(17/監督:月川翔)で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。 近年の主な映画出演作に、『OVER DRIVE』(18/監督:羽住英一郎)、『春待つ僕ら』(18/監督:平川雄一朗)、『十二人の死にたい子どもたち』(19/監督:堤幸彦)、『君は月夜に光り輝く』(19/監督:月川翔)、『影踏み』(19/監督:篠原哲雄)、『サヨナラまでの30分』(20/監督:萩原健太郎)など。 『ぼくらの7日間戦争』(19/監督:村野佑太)などでは声優としても活躍。 今年は、『とんかつDJアゲ太郎』(監督:二宮健)、『思い、思われ、ふり、ふられ』(監督:三木孝浩)、『さくら』(監督:矢崎仁司)、『アンダードッグ』(監督:武正晴)が公開予定。 1978年生まれ、神奈川県出身。 95年にドラマ「愛していると言ってくれ」で主人公の妹役を演じてデビュー。 その後、「ぼくらの勇気 未満都市」(97)、「リング~最終章~」(99)、「らせん」(99)、「やまとなでしこ」(00)、「恋ノチカラ」(02)、「僕の生きる道」(03)、「白い巨塔」(03〜04)、「ラストクリスマス」(04)、「トップキャスター」(06)、「慰謝料弁護士~あなたの涙、お金に変えましょう~」(14)、「花嫁のれん」(15)など多くの人気作に出演。 映画『クロスファイア』(00/監督:金子修介)、ドラマ「マイリトルシェフ」(02)などでは主演を務めた。 最近ではバラエティ番組でレギュラーを務めるなど幅広く活躍している。 1948年生まれ、青森県出身。 美術教師から演劇の世界へと転身し、『愛しのアイリーン』(18/監督:𠮷田恵輔)にて第92回キネマ旬報助演女優賞を受賞。 女優・演出家として映画・ドラマ・舞台など幅広く活躍している。 近年の主な映画出演作に、『娚の一生』(15/監督:廣木隆一)、『恋人たち』(15/監督:橋口亮輔)、『ハローグッバイ』(17/監督:菊地健雄)、『母さんがどんなに僕を嫌いでも』(18/監督:御法川修)、オムニバス『十年 Ten Years Japan』の一篇「美しい国」(18/監督:石川慶)、『閉鎖病棟 -それぞれの朝-』(19/監督:平山秀幸)など。 テレビドラマでは、「あまちゃん」(13)、「この世界の片隅に」(18)などがある。 1967年生まれ、長崎県出身。 『時をかける少女』(83/監督:大林宣彦)で映画初主演。 女優として活躍を続ける一方、歌手としてもデビュー当時からコンスタントに作品を発表。 『映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ』(19/監督:まんきゅう)では主題歌を務めた。 主な映画出演作に、『サヨナラCOLOR』(05/監督:竹中直人)、『紙屋悦子の青春』(06/監督:黒木和雄)、『しあわせのパン』(12/監督:三島有紀子)、『ペコロスの母に会いに行く』(13/監督:森﨑東)、『あいあい傘』(18/監督:宅間孝行)など。 テレビドラマでは、「運命に、似た恋」(16)、「半分、青い。 」(18)、「不発弾 ~ブラックマネーを操る男~」(18)、「あなたの番です」(19)などがある。 1964年生まれ、兵庫県出身。 舞台・テレビ・映画と幅広く活躍。 『ALWAYS 三丁目の夕日』(05/監督:山崎貴)で日本アカデミー賞最優秀助演男優賞に輝き、以降も高い評価を得続けている。 近年の主な映画出演作に、『日本のいちばん長い日』(15/監督:原田眞人)、『土竜(モグラ)の唄 香港狂騒曲』(16/監督:三池崇史)、山崎監督の『海賊とよばれた男』(16)『DESTINY 鎌倉ものがたり』(17)、『本能寺ホテル』(17/監督:鈴木雅之)、『銀魂2 掟は破るためにこそある』(18/監督:福田雄一)、『泣くな赤鬼』(19/監督:兼重淳)、『決算!忠臣蔵』(19/監督:中村義洋)、『一度死んでみた』(20/監督:浜崎慎治)などがある。 1964年生まれ、和歌山県出身。 『弾丸ランナー』(96)で監督デビューを飾り、ベルリン国際映画祭パノラマ部門への出品およびヨコハマ映画祭での新人監督賞受賞という快挙をいきなり成し遂げ、気鋭の映像作家SABUの存在を国内外に一躍アピールすることになった。 以降、笑いを絶妙に織り交ぜたエンタテインメント作品を中心に、精力的に作品を発表し続けている。 主な監督作に、『蟹工船』(09)、『うさぎドロップ』(11)、ベルリン国際映画祭コンペティション部門に選出された『天の茶助』(15)、東京国際映画祭にてジャパン・プレミアとして上映された『MR. LONG/ミスター・ロン』(17)、モスクワ国際映画祭ロシア批評家協会賞を受賞した『jam』(18)などがある。

次の

映画『バケツと僕』公式サイト

僕 は 助演 で 監督 で カメラマン

略歴 [ ] 大学在学中より自主映画を独学で撮影。 卒業後はKIYO(清川耕史)に師事し、撮影技師として24歳でデビュー。 映画・CM・MVのカメラマン、撮影監督として活動。 2020年、撮影と監督を担当した映画「燕 Yan」にて長編監督デビュー。 主な撮影作品 [ ] 劇場映画 [ ]• 『けむりの街の、より善き未来は』 (2012年)監督 :• 『』 (2014年)監督 : 藤井道人• 『』(2014年)監督 : 藤井道人• 『』(2014年)監督 :• 『』(2015年)監督 : 藤井道人• 『パラノイア』(2015年)監督 :• 『』(2015年)監督 : 藤井道人• 『スリリングな日常』(2016年)監督 : 藤井道人• 『ホテルコパン』(2016年)監督 : 門馬直人• 『星ガ丘ワンダーランド』 (2016年 監督 :• 『』(2017年)監督 :• 『』(2017年)監督 : 藤井道人• 『』(2017年)監督 :• 『』 (2017年)監督 :• 『』(2018年)監督 :• 『』 (2018年)監督 : 熊澤尚人• 『』(2019年)監督 : 藤井道人• 『』(2019年)監督 : 藤井道人• 『』(2019年)監督 :• 『』(2020年)監督 :• 『』(2020年)監督 : 今村圭佑• 『』(2020年)監督 :• 『』(2021年)監督 : 藤井道人 テレビドラマ [ ]• 『』1、2、5、最終話(2018年) 2018年9月度月間賞 ミュージック・ビデオ [ ]• 「気づいたら片想い」(2014年)監督 : 柳沢翔• 乃木坂46「無口なライオン」(2014年)監督 : 湯浅弘章• 「「sad to say」anniversary」 (2014年)監督 : 萩原健太郎• 乃木坂46「私、起きる。 」(2014年)監督 : 柳沢翔• 乃木坂46「あの日 僕は咄嗟に嘘をついた」(2014年)監督 : 湯浅弘章• 「世界」 (2015年)監督 : 藤井道人• 「ポケット」 (2015年)監督 :• 乃木坂46「ごめんね ずっと…」(2015年)監督 :• 乃木坂46「立ち直り中」(2015年)監督 : 湯浅弘章• 乃木坂46「太陽ノック」(2015年)監督 :• 「野性の同盟」(2015年)監督 :• 「世界には愛しかない」 (2016年)監督 : 池田一真• 「SAYONARAMATA」 (2017年)監督 : 森ガキ侑大• &「サムシング・ジャスト・ライク・ディス」 (2017年)監督 :• 「」 (2018年)監督 : 山田智和 MTV 2018 最優秀邦楽男性アーテイストビデオ賞 、年間最優秀ビデオ賞「Best Video of the Year」• 「水色の日々」(2018年)監督 :• 「ロングホープ・フィリア」 (2018年)監督 :• 「Summer Gate」(2018年)監督 : 山田智和• 「終わらない世界で」(2018年)監督 : 山戸結希• 「WHAT A BEAUTIFUL NIGHT」(2018年)監督 : 山田智和• 「VOICE」(2018年)監督 : 山田智和• 「The hole」 (2019年)監督 :• 「ナイロンの糸」 (2019年)監督 : 山田智和• 「さよならくちびる」(2019年)監督 : 山田智和• 「Lost ft. 」(2019年)監督 : 山田智和• 「さよならの今日に」(2020年)監督 : 山田智和• 「ハレルヤ」(2020年)監督 :• 「NO MORE CAKE」(2020年)監督 :• 」(2020年)監督 : 山田智和 CM [ ]• SWEET FILMS 「class work」出演 : (2014年)• 、「Google Maps: Pokemon Challenge」(2014年)• 「Snow Beauty」出演 : 、(2015年)• 「もうひとりの母」(2015年)• ・・「Real Stories」(2016年)• 「連載10周年実写特別動画」出演 : (2016年)• 「必要とされるものほど、見えないところにある/キングの矜持」出演 : (2016年)• 「娘に贈る手紙」(2016年)• 「ゆうちゃん。 」出演 : (2016年)• サントリー「GREEN DA・KA・RA グリーンダカラちゃん未来へ行く」(2016年)• ポケモン「ポケットモンスター サン・ムーン ジブンを超えよう。 」(2016年)• 伝説のポケモンに挑め!」(2017年)• 「ナイス 冒険のおわり」(2017年)• アルフォート120秒映画「ぼくの道」出演 : (2017年)• 「 Freestyle Playground」(2017年)• 「僕たちは今日、お別れします。 」出演 : (2017年)• ゆうちょ銀行「みんなの、ここに。 」出演 : 本木雅弘(2017年)• 「BASUMOKET BALL」(2017年)• 「 水の山行ってきた 奥大山」出演 : (2017年)• 「HELLO ME」出演 : (2018年)• 東京2020オリンピック・パラリンピック「ボランティア募集」出演 : (2018年)• 「福祉のプロになる。 」出演 : (2018年)• 「Life is a Revolution. 」出演 : (2019年)• 「ギガ国物語『旅立ち』」出演 : 、、、(2019年)• ソフトバンク 「白戸家 映画を観る」出演 : 、、、(2019年)• 「GO!ME. 進め、いけ。 」出演 : 、、、(2019年)• 「FINAL FANTASY VII REMAKE 特別長編CM」出演 : 、、(2019年)• 30周年特別記念フィルム「ここではないどこかで」出演 : 、(2020年) 受賞 [ ]• 第2回映画のまち調布賞 撮影賞(『新聞記者』• 2020 撮影賞(『ホットギミック ガールミーツボーイ』) 出典 [ ]• 2020年2月3日閲覧。 2019年5月6日閲覧。 2019年5月6日閲覧。 2019年5月6日閲覧。 2019年5月6日閲覧。 2019年5月6日閲覧。 ORICON NEWS. 2018年10月23日. 2019年5月6日閲覧。 2019年11月2日閲覧。 2019年11月2日閲覧。 2019年11月2日閲覧。 2019年11月2日閲覧。 2019年11月2日閲覧。 2019年5月6日閲覧。 2019年5月6日閲覧。 2019年5月6日閲覧。 2019年11月23日閲覧。 2020年5月22日閲覧。 2019年11月23日閲覧。 2019年11月23日閲覧。 2019年11月2日閲覧。 2019年11月2日閲覧。 PARTY. 2020年6月7日閲覧。 2020年2月3日閲覧。 2019年5月6日閲覧。 2019年11月18日閲覧。 2019年11月23日閲覧。 2019年11月18日閲覧。 2019年11月18日閲覧。 2019年11月2日閲覧。 2019年11月2日閲覧。 2019年11月2日閲覧。 映画ナタリー. 2020年1月15日. 2020年3月11日閲覧。 大阪日日新聞. 2020年1月31日. 2020年3月11日閲覧。 外部リンク [ ]• - ボイジャー• hotaruika02 -• keisuke0921 -• - この項目は、に関連した です。

次の

浜田毅

僕 は 助演 で 監督 で カメラマン

主人公の神島役には、前川清の長男でシンガーソングライターの紘毅。 本作主題歌の作詞と作曲も手掛けている。 バケツ役には、原作者から「バケツのイメージにそっくり」と 太鼓判を押された演歌歌手で鉄道マニアでもある徳永ゆうきが抜擢された。 最近では、山田洋次監督の『家族はつらいよ』にも出演しており、 役者としての活動の場も広がっている。 25)の公開も決定している。 また、バケツが密かに想いを寄せる神島の先輩・黒田には 『赤い糸』(08)、NHK連続テレビ小説『純と愛』(12)、『わろてんか』(17)の岡本玲。 バケツの姉・美由紀を『NIGHT HEAD』(94)の竹島由夏が演じ、その他、杉田かおる、 ダチョウ倶楽部の肥後克広、寺門ジモン、上島隆平らが出演。 そして監督は、 これまでに小林政広監督(「海辺のリア」)や本木克英監督(「超高速!参勤交代 リターンズ」) などの助監督を務め、本作で映画監督デビューとなる䂖田和彦。 虐待や孤児、ネグレクトといった社会問題をリアルに映し出す一方で、 健常者と障がい者の垣根を越えた絆や友情を純粋な視点で捉えた本作は、浜松を舞台に、 たくさんの自然と地元民の人情味があふれる爽やかで感動的なバディームービーが、ここに誕生した。 高度成長期とは違い、人が溢れているのは大都市ばかりで地方は疲弊しています。 私も、映画撮影で全国各地に行きますが、殆どの街の中心街は、シャッター通りと 呼ばれ、昼間にもかかわらず、通行人の数が少ないのが現状です。 今回のロケ地・ 浜松市も、政令指定都市でありながら同様だと感じています。 今回、我が故郷・浜松に於いて、映画の力で地域活性をと考え映画製作をしようと 考えました。 子が親を、親が子を 殺害する事件が起こる昨今、イジメ、虐待、介護殺人など、殆ど毎日と云っていいほど 流れる悲惨なニュース。 世知辛く、生き方が見つからないと思う若者が多い今の世の中に、 警鐘を鳴らす映画を、同年代の䂖田和彦監督をパートナーにして、『バケツと僕!』を 浜松で製作しようと決めました。 䂖田監督は、映画界で長年チーフ助監督として活躍をしています。 業界では、 フィルム育ちと呼ばれる年代のスタッフが少なくなった今日、助監督から監督に 這い上がるのはなかなか難しいのが現状です。 デジタル世代とアナログ世代…。 デジタル世代とは違い、私たち50~60代の年代のスタッフは、人付き合いを大切に してきました。 先輩から「飲もう」と誘われれば断るだなんてとんでもない時代に、 先輩の後姿を見て育ち、成長してきたのがアナログ世代だと思います。 今でも、 フィルム育ちの万年助監督と呼ばれている助監督も沢山いますが、私は出来る限り 力のある助監督は、監督にしてあげたいと考えています。 人が良いと云う人もいますが…。 その一人が本作品の監督、䂖田和彦です。 本作品を製作するにあたって、私は䂖田監督に言いました。 「レジェンドと呼ばれるスタッフで製作しよう」と・・・。 䂖田監督は快諾をしてくれ、メインスタッフと呼ばれるスタッフの殆どをフィルム育ちのスタッフに決めました。 撮影の佐々木原保志、照明の安河内央之、録音の橋本泰夫、美術の黒田享大、助監督の宮村敏正、ほか・・・。 「䂖田組に参加してくれないか」と声を掛けたレジェンドたちも皆、快く引き受けてくれ、䂖田組は結成されました。 メインが決まった後、「レジェンドスタッフで製作するんだ」と、本作品のメイキング・氏家さんにその話をしたら、 「私も是非、参加させて」と言ってくれ、参加してくれました。 もちろん、氏家さんは若い女性です。 浜松ロケ&常総ロケの際、氏家さんはロケ場所であったり、宿泊しているホテルのロビーなど、レジェンドの暇を見つけては、 レジェンドの姿をカメラに収めるとともに、インタビューをしていました。 彼女曰く「レジェンドと仕事していて楽しい」と・・・。 レジェンド本人たちも喜んでインタビューに答えていました。 予算の関係上、ロケ期間が短かったものの、現場スタッフが和み、 気持ちの良い現場になったのは、おじさんスタッフと若いスタッフが、融合出来たからだと感じました。 無理をせず、優しさをもって行われたロケは、成功でした。 此の作品を企画した時から私は、紘毅さんをキャスティングしようと考えていました。 そして、その舞台で 共演をしていたのが、徳永ゆうきさんでした。 私は徳永さんを見て、これだと考え、翌日には所属する事務所に 連絡をしました。 結果、バケツ役には徳永ゆうきさんに決定。 その事を、原作者である北島行徳さんに話し、 写真をお見せしたところ、「そっくりだ…!」と言ってくれ、さらには。 試写の際にも徳永さんで良かったと 言ってくれました。 撮影現場での紘毅さんと徳永ゆうきさんの仲は、本当に良く、友だち以上、兄弟以上だと思えます。 撮影が終わって、プライベートな時間になっても二人は、一緒に食事をしたり、いつも語り合ったりしていました。 それ以上の事は、知り得ませんが…?でも、いいコンビです。 これも、 あの舞台を観劇に行った事の引き合わせ、運命だと感じています。 我が故郷・浜松。 高校を卒業し18歳で上京し、この仕事を始めて既に40年以上。 その間に、 浜松市内の町並みも変わりましたが、何か有楽街だけはあまり変わっていないと思います。 私が小さい頃には、 本当に賑わっていた砂山銀座の今は・・・。 本当に寂しい想いです。 街は再開発で整備され綺麗になりましたが、 どうも街の中心部の賑わいが、昔と違う感じです。 昔は、鍛治町、有楽街、千歳町、砂山、板屋町ほか、昼となく夜となく 賑わっていたイメージです。 最近では、人気作品映画も数多くのロケが浜松でされ、私自身も「僕の初恋をキミに捧ぐ」 「アイアムアヒーロー」「リベンジガール」を浜松で行っています。 都会らしさ、田舎らしさ、海、山、川、湖、全てのロケ 要素が有る浜松は、ロケ地として魅力のある街だと思います。 そこで、未だ多くの同級生、友人、親族が暮らしている街・浜松…。 何とか浜松の中心街に賑わいを・・・。 さらには、映画の力で浜松市全体に賑わいと、活気ある街になる事を願っています。 三船プロダクションに入社し、テレビドラマ・映画を制作部として担当。 同社を退社後、 フリーの制作担当になり国際放映、石原プロダクション、大映テレビ、松竹、東宝にてテレビドラマを制作。 作品は、「太陽にほえろ」「大都会」「Gメン」「赤いシリーズ」他。 以降、東映株式会社東京撮影所にて 数多くの劇場用映画作品を製作。 94年にプロデユーサーになり、「Morocco」(95/和泉聖治監督)、 「友情/Friend-ship」 98/和泉聖治監督 、「Nile/ナイル」(99/和泉聖治監督)、 「週刊バビロン」(00/山城新吾監督)、「新しい風~若き日の依田勉三」 03/松島哲也監督 、 「T・R・Y/トライ」(03/大森一樹監督)、「ゴーヤーちゃんぷるー」(06/松島哲也監督)、 「旅の贈りもの 0:00発」(06/原田昌樹監督)、「そのときは彼によろしく」(06/平川雄一朗監督)、 「恋空」(07/今井夏樹監督)、「僕の初恋をキミに捧ぐ」(09/新城毅彦監督)、「銀色の雨」(09/鈴井貴之監督)、 「星守る犬」(11/瀧本智行監督)、「旅の贈りもの 0:00発」のパート2、「旅の贈りもの 明日へ」 (12/前川清主演、前田哲監督)を企画・製作する。 最近の作品としては、「蜩ノ記」(役所広司・岡田准一主演、小泉堯史監督)、 「アイアムアヒーロー」(大泉洋・有村架純主演、佐藤信介監督)と、「リベンジgirl」」(桐谷美玲主演、三木康一郎監督)がある。 ほかに、テレビドキュメンタリー「ロビンソン・クルーソーを探して」(フジテレビ/井坂聡)を企画・製作。 撮影:佐々木原保志 1950年1月北海道生まれ。 1970年日活芸能テレビでキャリアをスタートさせ、1982年に「ISAMI(イサミ)」で初めて撮影を担当する。 1988年には日本映画撮影監督協会へ所属し、2002年には副理事長に就任。 2005年から大阪芸術大学映像学科教授を務めている。 」(03)、「サヨナラCOLOR」(05)、 「ゲゲゲの鬼太郎」(07)、「チーム・バチスタの栄光」(08)、「ジェネラル・ルージュの凱旋」(09)、「山形スクリーム」(09)、 「ハナミズキ」(10)、「フィギュアなあなた」(13)、「甘い鞭」(13)、「GONINサーガ」(15)、「あのひと」(15)、「星籠の海」(16)等 1985年11月9日東京生まれ。 2006年にシンガーソングライターとしてデビュー。 高校時代はロック・バンドを組み、 音大にて専門的に音楽を学ぶ。 ピアノ・ギターを独自に習得。 邦楽(特にバラード)の影響を多大に受けており、 生み出す音楽は癒しとどこか懐かしさあるメロディラインが特徴的。 飾ることのない歌詞の世界観には老若男女問わず 共感を得ることから高評価を得る。 非常に多趣味でありゴルフ・釣り・ダーツ・スキー・バレーボール・料理・運転等を 特技としスポーツ観戦やカメラ・映像についての知識も豊富で今では30以上の趣味特技をもつ。 昨今は作詞・作曲等の 音楽活動のみならず、2010年には映画「ラムネ」で役者デビューし、その後数々のドラマや映画に出演、「いきなり!黄金伝説。 」 で1か月1万円生活に挑戦し、他にも「踊るさんま御殿」「ダウンタウンDX」など多数のバラエティ番組に出演する等活動の幅を 広げている。 父親は歌手の前川清である。 現在は福岡でクロスFM「日曜日はウタ好き」 KBCラジオ「パオーン」にレギュラー出演している。 1995年2月20日生まれ。 大阪市此花区出身。 奄美大島出身の祖父と両親の影響で、幼少の頃から演歌歌謡曲一直線で育ち、 「NHKのど自慢チャンピオン大会2012」でグランドチャンピオンを受賞。 2013年11月、BEGIN・比嘉栄昇氏が手がける 「さよならは涙に」で全国デビュー。 2014年9月、2ndシングル「平成ドドンパ音頭」(THE BOOM・宮沢和史氏作詞・作曲)で 「第56回 輝く!日本レコード大賞」新人賞受賞。 現在、5枚目のシングル「津軽の風」が好評発売中。 趣味の「撮り鉄」・車掌ものまね、高速指ぱっちんを活かし、 バラエティ番組でも活躍中!! キャッチフレーズは『日本の孫』日本を勇気づける、演歌歌謡界期待の星。

次の