香典 名前。 妻の親戚で妻のみ参列の場合、香典の表書きと中袋は?

香典袋の正しい書き方とは?表書きや名前、中袋の書き方をご紹介!|終活ねっと

香典 名前

もくじ• 香典袋への名前の書き方 香典袋に記載する名前は、それを見て故人との関係がわかるようにする必要があります。 特に会社関係ですと個人名だけでは関係性がわからないことが多いため、会社名も併記しておくとわかりやすいでしょう。 また、哀悼の意を表するのは誰か(香典の出処はどこからか?)によって書く内容が変わりますので、ひとつずつ見ていきましょう。 名前を書くスペースの右寄りに会社名を書き、氏名が真ん中に来るようにしましょう。 先ほどと同様に、名前を書くスペースの右寄りに会社名を書き、氏名が真ん中に来るようにします。 役職は氏名の上に少し小さめの字で書きましょう。 スペース的に入りきらないのであれば、右から会社名、役職名、氏名と三行にして構いません。 基本的に会社名だけを記載することはありません。 会社名だけの香典をマナー違反と捉える方も中にはいるそうです。 香典を代理で持っていくとき 香典袋には「会社名」「代表者名」を記載し、(代)と小さく書きましょう。 代理人の名前は香典袋には書きません。 そして、葬儀会場受付の芳名帳には、会社名と代表者名を記載し、行を変えて小さめに(代理)あなたの部署と名前を書くようにします。 代表者や上司の名刺を預かっている場合は、名刺の左上に「弔」と書き、下側の空きスペースに代理で参ったことを記載しましょう。 連名のときはどう書く? 2名以上の名前を記載する場合は、目上の人ほど右側に記載します。 4名以上になる場合は、「営業部一同」などとして、別紙にそれぞれの名前と金額を記して同封します。 会社有志で香典を出す場合の相場 会社によっては個人で香典を包まず、 有志で少額ずつ出し合ってまとめて渡す場合があります。 ただ、「家族葬」ということであれば基本的には香典を辞退されます。 香典や香典返しの煩わしさをなくすために家族葬にする場合もあります。 一般参列御断りの葬儀なら香典は出すべきではありません。 参列拒否なのに香典だけ受け取るケースはないでしょう。 金額は ひとり1,000円~2,000円が一般的です。 全員の分をまとめてひとつの香典袋に入れますが、そのままでは誰がいくら包んでくれたのかがわかりません。 次のように部署、氏名、金額を記入したメモを同封するとよいでしょう。 基本的には縦書きとします。 何名までという人数制限はありませんが、目安として 30人くらいまでが常識の範囲内だと言えるでしょう。 同じ会社で事業所が複数あるような場合も、できるだけひとつにまとめると親切です。 有志の場合は香典返しの辞退を検討 一人ひとりで出す金額が少額のため、「香典返し」の際に相手方を苦慮させてしまうことがあります。 有志で出し合う場合、「家族を亡くして大変なときに余計な気遣いをさせたくない」という理由から、香典返しを辞退するケースが見られます。 先ほどの部署、氏名、金額を記入したメモに一筆添えるとよいでしょう。 香典袋の表書きはどう選べばいい? 香典袋の表書きには「御霊前」「御佛前」などいくつかの種類があります。 主に宗教によって使い分けがなされていて、間違ったものを用いると失礼にあたりますので注意しましょう。 詳しくは「」という記事に書いていますので、そちらをご覧ください。 個人で香典を出す場合の相場 本人が亡くなった場合 職場関係の方が亡くなった場合の香典は、おおよそ5,000円が相場とされています。 亡くなったのが自分の上司や先輩であっても、先ほどの大原則「目上に薄く」の通り、金額は5,000円でよいと考えられています。 ですので、 参列する場合の香典は5,000円が無難な金額と言えるでしょう。 なお、自分の立場が会社の社長や役員である場合は、「目下に厚く」で 相場より多めの5,000円~10,000円とすることが多いようです。 詳しくは「」という記事にまとめていますのでご覧ください。 不祝儀袋の選び方 不祝儀袋(ぶしゅうぎぶくろ)には、「水引が付属しているもの」と「水引が印刷されているもの」があります。 「中身の金額と簡素な袋が釣り合っていない」「袋が立派なのに中身が少ない」などにならないよう、包む金額によって使い分けましょう。 水引が印刷されているもの 目安として3,000~5,000円程度を包みます。 ただし、 通夜・葬式ではほとんど使われません。 金額が少ない法事や初盆で使われることが多いようです。

次の

香典のルール&マナー|ゼクシィ

香典 名前

妻にとっての伯父であろうが、夫にとっての伯父であろうが、親戚づきあいは「家単位」でします。 ですから、夫をたてて「夫の名前」で包むのが、世間一般の方法です。 家単位ということは、たとえ夫が行かず・妻だけが行ったとしても、夫の名で包む、ということです。 確かに、夫と妻が結婚する以前は、夫にとっては赤の他人でした。 しかし結婚した以上、夫にとっても妻の親戚と親戚づきあいが始まったのです。 (妻の伯父は、夫にとっても伯父、ということです。 昔から披露宴をするのは、私の夫を覚えてね、そのためだったのですから)。 同様のことが近所づきあいにも言えます。 同じ地区に住む近隣の家同士のつきあいとして持っていくので、ご主人の名で包みます。 なお、夫亡き後の未亡人(妻が)なら、妻が一家を代表する者ですので、妻の名で包むべきです。 《補足について》 親戚に対して夫の披露をしていない(披露宴や親戚を案内しての会食の機会が無かった)場合であっても、夫の名は出すべきでしょう。 あなたは未婚者ではなく夫がいるのですから。 今回、夫は行けなかったとしても、あなたは行くはずですから、「あなた自身」が「夫の名の包み」を渡すことになります。 これを機会に夫の名をしっかり覚えてもらう機会でもあります。 なお、妻の伯父の家へ夫自身が尋ねる機会はほとんどありませんから、夫の顔を伯母や喪主が知らなくても(覚えていなくても)不思議ではありません。 心配ならば、あなたの名を括弧書きで添えましょう(名字無しで)。 避けるべきは、あなただけの1人の名です。 (今回、「夫の名」を出すべきと言うのは、男尊女卑というつもりでもありません。 あなたが夫ある身なら夫をたてた書き方をされた方がよい。 世間一般ではそうしている。 ということです).

次の

香典を会社で出す時、会社名の社名が長い時の書き方や注意点

香典 名前

初めての方へ• プランと費用• 葬儀場を探す• 葬儀の知識• 香典袋に書く内容については前述しましたので、ここでは具体的に会社の香典袋の住所・名前の書き方についてご紹介します。 会社関係の香典を包む際の香典袋の住所と名前の書き方は、会社の福利厚生として香典を包む場合・個人として香典を包む場合・有志の連名で香典を包む場合によって異なります。 ここではそれぞれのケース(福利厚生・個人・有志の連名で包む)について、詳しく解説していきます。 香典袋に役職を記載するかについてもご紹介しますので、ぜひ参考にしてください。 会社の福利厚生として香典を包む場合 会社の福利厚生として香典を包む場合の香典に記載する名前については、香典を包む相手の立場や関係性や会社の規定によって異なります。 会社の福利厚生として香典を包む場合には、会社名や社長名で包む場合・会社名と役職名と個人名で包む場合があります。 同じ部署の場合は部署名も書きましょう。 香典を渡す人の立場や関係性を考慮し、会社の規定に則ったものを選びましょう。 名前を書く位置は外袋の水引きの下になります。 会社名のみで包む場合は会社名を中央に書きます。 会社名と役職名と個人名で包む場合は中央に役職名と個人名を書いて、その右上に会社名を書きます。 会社の福利厚生として香典を包む場合の住所は、中袋の裏面の左側に会社の住所を書きましょう。 個人として香典を包む場合 個人として香典を包む場合は、一般的な香典袋の書き方と同じになります。 外袋の水引きの下の中央に名前をフルネームで書きます。 住所は中袋の裏面の左側に個人の住所を郵便番号・番地・建物名までしっかりと書きましょう。 会社関係の香典の場合は、個人で包む場合であっても会社の規定が定められていることもあります。 事前に上司や同僚や担当部署に確認をしてから包むようにしましょう。 有志の連名で香典を包む場合 会社関係の香典は、有志の連名で香典を包む場合があります。 ここでは連名で包む場合の名前・住所の書き方について、2~3人の連名で包む場合・4人以上の連名で包む場合について見ていきましょう。 2、3人の連名の場合 有志の連名で香典を包む場合は、2名~3名までは香典袋の表に名前をフルネームで書きます。 名前を書く順番は立場順で、立場が上の人から右から左に書きましょう。 同僚同士で目上の人がいない場合は、五十音順で書きましょう。 住所は中袋の裏面に全員分の住所を名前と一緒に書きます。 4人以上で「一同を使う」 4人以上の連名で香典を包む場合は「〇〇一同」と書きます。 例えば、香典を総務部の同僚4人以上で包む場合は、「株式会社〇〇総務部一同」のように書きましょう。 4名以上の連名の場合は、個別の名前・住所を記載した別紙を中袋に入れます。 その場合の記載順は立場が上の人から右から左に書きましょう。 香典袋に役職を書くの? 会社から香典を出す場合には、香典袋に会社名と役職を書きましょう。 これは故人とどういう関係性にあったかをご遺族に示すために大切なことです。 故人と別の部署の場合などは会社名と役職とあわせて部署名も書くといいでしょう。 香典袋を書く上での基本マナー 香典袋の書き方のマナーには、香典を個人で包む場合・香典を会社で包む場合にかかわらず基本マナーがあります。 ここでは香典袋を書く上での基本的マナーとして、薄墨を使用する・香典の金額の書き方・香典袋の表書きについてご紹介します。 薄墨を使用する 葬儀の香典袋の表書きには薄墨を使用するのがマナーです。 薄墨を使用する理由は「悲しみの涙が硯に落ちて墨が薄まった」「悲しみの涙で墨がにじんだ」などの理由があるようです。 また、葬儀以降の法事でも香典を包むことがありますが、葬儀以降に包む香典の表書きには薄墨ではなく墨を使用しましょう。 墨を使用する理由は、法事は葬儀のように突然おとずれることではないので「故人を偲んでしっかりと墨をすった」などの理由があるようです。 中袋に書く金額・住所・氏名は薄墨ではなくサインペンなどを使用しても問題ありません。 香典の金額の書き方は? 香典の金額の書き方は、中袋の表面の中央に漢数字の大字を使って書きます。 漢数字の大字は以下の通りです。 アラビア数字 漢数字 大字 1 一 壱 2 二 弐 3 三 参 5 五 伍 6 六 陸 7 七 漆 8 八 捌 10 十 拾 1000 千 仟・阡 10000 万 萬 上記にない「4・9」は「死・苦」を連想させるため香典には使用しません。 また、中袋によっては横書きで金額を記載する場所が用意されている香典袋があります。 その場合は算用数字(アラビア数字)で書きましょう。 香典袋の表書き 香典袋の表書きは故人の宗教・宗派や渡す時期によって異なります。 仏式の場合の表書きは四十九日前であれば御霊前や御香典、四十九日以降であれば御仏前になります。 しかし、仏式であっても浄土真宗の表書きは四十九日の前後にかかわらず御仏前になります。 これは仏式では人は亡くなると霊になり、四十九日を経て仏様になるとの考えからきています。 しかし、宗派によっては浄土真宗のように霊という概念がなく、人は亡くなると最初から仏様であるとの考え方から時期にかかわらず御仏前とする宗派があります。 神道の表書きは御霊前や御玉串料になります。 キリスト教でカトリックの表書きは御花料や御ミサ料になります。 キリスト教でプロテスタントの表書きは御花料や献花料になります。 会社関係の香典の金額相場 香典に関するマナーで香典の金額相場で悩まれる方は多いのではないでしょうか。 香典は少なすぎても相手に失礼になりますし、多すぎても相手に気を遣わせてしまうので、香典の金額相場を知っておくことはとても大切です。 それでは会社関係の香典の金額相場について見ていきましょう。 福利厚生としての香典の場合 会社の福利厚生として香典を包む場合は、会社の規定に則って香典を包みましょう。 会社の規定によって従業員の勤続年数や、本人の死亡なのか、従業員の家族の死亡なのかによって区分けがされていることが多いようです。 もしも、日頃からの付き合いが深いなどの理由から規定よりも多く包む場合は、個人として包むことも考慮しましょう。 個人で包む場合も会社の規定がある場合がありますので、分からない場合は担当部署に確認しましょう。 個人で香典を送る場合 個人で香典を送る場合は、故人との関係性や包む側の年齢によって金額相場が異なります。 個人で包む場合の香典の金額相場は以下の通りです。 お通夜や葬儀で香典をいただいた場合には香典返しをするのが一般的ですが、会社からの香典に対するお返しはどうしたらいいのでしょうか? ここでは会社からの香典に対するお返しについて、会社の規定でもらった場合・会社関係の個人からもらった場合についてご紹介します。 会社の規定でもらった場合 香典を会社の規定でもらった場合には、香典返しの必要はありません。 公的機関や一部の民間企業では香典返しの受け取りを規則で禁止している場合もあります。 会社関係の個人からもらった場合 会社関係の個人からもらった場合には、香典返しの必要があります。 香典返しは香典の3分の1~半返しを目安に返礼品をおくりましょう。 有志の連名の香典は一人当たりの金額が少額の場合もありますので、忌引き休暇明けに皆で分けれる菓子折りなどを持参するといいでしょう。 連名の香典であっても一人当たり金額が3,000円以上であれば、個別に返礼品をおくるようにしましょう。 会社関係の香典袋の書き方についてのまとめ• 香典袋には表書き・名前・金額・住所を書きます。 香典を会社の福利厚生で包む場合は、会社名や社長名で包む場合・会社名と役職名と個人名で包む場合があります。 会社名で包む場合の書き方は、外袋の水引き下の中央に会社名を書きます。 会社名と役職名と個人名で包む場合は中央に役職名と個人名を書いて、その右上に会社名を書きます。 福利厚生で包む場合の住所は会社の住所を中袋の裏面の左側に書きましょう。 個人として香典を包む場合は、外袋の水引きの下の中央に名前をフルネームで書きます。 住所は個人の住所を中袋の裏面の左側に書きましょう。 香典を有志の連名で包む場合の名前と住所の書き方は、3人までの場合は個人で包む場合と同じく名前をフルネームで書きます。 名前は立場順で上の人から右から左に書きます。 住所は中袋の裏面に全員分の名前・住所を書きます。 香典を4名以上の連名で包む場合は、外袋には「〇〇一同」と書きます。 4名以上の連名の場合は、個別の名前・住所を記載した別紙を中袋に入れます。 その場合の記載順は立場が上の人から右から左に書きましょう。 会社から香典を出す場合には、香典袋に会社名と役職を書きましょう。 香典袋を書く上での基本マナーとして、葬儀で包む香典袋は薄墨を使用しましょう。 横書きの場合はアラビア数字で書きましょう。 香典袋の表書きは故人の宗教・宗派や渡す時期によって異なります。 仏式の表書きは御霊前・御香典・御仏前になります。 神道の表書きは御霊前や御玉串料になります。 キリスト教は御花料や御ミサ料や献花料になります。 会社関係の香典の金額相場については、福利厚生で包む場合は規定に則って包みましょう。 個人で包む場合は、故人との関係性や包む側の年齢によって異なります。 会社からの香典に対するお返しについては、会社の規定でもらった香典に関してはお返しは必要ありません。 個人でもらった香典にはお返しをしましょう。 有志の連名でもらった香典には、忌引き休暇明けに皆で分けれる菓子折りなどを持参するといいでしょう。 この記事で会社関係の香典袋の書き方について、ご理解いただけたのではないでしょうか。 会社関係で香典を包む場合は、会社の規定が決められていることが多いので、まずは会社の規定を確認しましょう。 分からない場合は上司や同僚、担当部署に確認を取りましょう。 「終活ねっと」では他にも様々な記事をご紹介しています。 ぜひ、そちらもあわせてご覧ください。 最後までお読みいただきありがとうございました。 カテゴリーから記事を探す• 関連する記事•

次の