いか づち 漢字。 珍しい漢字を入力したいとき

生薬一覧

いか づち 漢字

「かみなり」は、「神鳴り」が語源で、雷は神が鳴らすものと信じられていたため「神鳴り」と呼ばれました。 「いかづち」は、「厳(いか)つ霊(ち)」が語源で、元は「荒々しい神」「恐ろしい神」などを表す言葉でしたが、自然現象の中でも特に恐ろしく、神と関わりが深いと考えられていた「雷」を意味するようになりました。 こうして、語源が異なる二つの言葉が、同じ自然現象を指すようになりました。 ところで、古代の日本には「言葉」は存在しましたが「文字」は存在しませんでした。 中国から「漢字」という文字が伝わると、漢字を使って日本語を表現しようとこころみました。 その一つが「訓読み」という手法で、漢字に日本語の意味を当てはめて、「日本語で無理やり読む」という強引なことをやってのけました。 「雷」という中国の文字=「漢字」は、日本語の「かみなり」と「いかづち」とほぼ同じ意味でしたので、「雷」と書いて「かみなり」と読み、「いかづち」とも読むことにしました。 外国語の文字を無理やり日本語で読むという、今考えるとかなり無茶なことを、我々の先祖はやってのけたのです。 現代でいえば、英語の「dog」という文字を「いぬ」と読み、「cat」と書いて「ねこ」と読むようなものです。 文字と音声の間には何の関連も法則もありません。 「これからはそう読むことにする」と無理やりルールを作ったのです。 しかし、日本語の言葉と外国の言葉が、必ず一対一で対応するとは限りません。 「あつい(温度)」という日本語に相当する英語の文字が「hot」なので、「hot」と書いて「あつい」と読むことにしました。 また、「からい(味覚)」という日本語に相当する英語も「hot」なので、「hot」と書いて「からい」と読むことにしました。 その結果、「hot」という文字に、「あつい」と「からい」の複数の読み方がうまれました。 これと同じことが千年以上昔にもあったのです。 「生」を、「なま」と読んだり、「いきる」と読んだりするのは、そのせいです。 複数の訓読みが存在する漢字は無数にあります。 「主」=「ぬし」「おも」 「床」=「ゆか」「とこ」 「紅」=「べに」「くれない」 など等・・・。

次の

雷←この字 かみなり、いかずち という読み方がありますか?音読み訓...

いか づち 漢字

[垜と言う漢字は使用しないのでしょうか? ] 舌足らずで質問の意味がよくわかりません。 何に「使用しない」?の何が質問に書いていないんだな。 「常用漢字表」に掲げられていない漢字でも、 個人的に使用する場合は、何の拘束もありませんので、自由に使っていただいて結構ですよ。 ただし、難しい誰も読めないような漢字を使うメリットがないから、一般の社会生活や弓道界では使わないよね。 またまた、薀蓄博士が現れて、質問の「使用しないのでしょうか?」に対して、長々とご高説を述べておられますが、「使用する」か「使用しない」かの回答はまったくありませんね。 単なる薀蓄の披瀝ではないでしょうか。 回答になっているんでしょうかね。 博士の回答は、いつもこうなんですね。 回答ではなく、薀蓄をたれる趣味の場となっています。 私にとって、博士は、歳をとってもこうはなりたくないなあという反面教師です。

次の

三省堂 Web Dictionary

いか づち 漢字

[垜と言う漢字は使用しないのでしょうか? ] 舌足らずで質問の意味がよくわかりません。 何に「使用しない」?の何が質問に書いていないんだな。 「常用漢字表」に掲げられていない漢字でも、 個人的に使用する場合は、何の拘束もありませんので、自由に使っていただいて結構ですよ。 ただし、難しい誰も読めないような漢字を使うメリットがないから、一般の社会生活や弓道界では使わないよね。 またまた、薀蓄博士が現れて、質問の「使用しないのでしょうか?」に対して、長々とご高説を述べておられますが、「使用する」か「使用しない」かの回答はまったくありませんね。 単なる薀蓄の披瀝ではないでしょうか。 回答になっているんでしょうかね。 博士の回答は、いつもこうなんですね。 回答ではなく、薀蓄をたれる趣味の場となっています。 私にとって、博士は、歳をとってもこうはなりたくないなあという反面教師です。

次の