ヤオコー 南 古谷 チラシ。 埼玉県 川越南古谷店

ヤオコー 川越南古谷店

ヤオコー 南 古谷 チラシ

ご提供サービス• フリーWi-Fi• 証明写真• ATM• ドライアイス• 紙パック回収• 食品トレー回収• ペットボトル回収• アルミ缶回収• 商品券販売• クレジットカード• 宅急便• 車イス• 多目的トイレ• クリーニング• ヤオコーカード• 即日宅配サービス• ご利用いただけるカードの種類 VISA、Mastercard、JCB、AMERICAN EXPRESS、Diners Club INTERNATIONAL、DISCOVER をご利用いただけます。 (ヤオコーでのご利用の場合に限ります。

次の

ヤオコー 川越南古谷店

ヤオコー 南 古谷 チラシ

ヤオコーは5月13日、2020年3月期に、「ヤオコー」4店、「エイヴイ」1店を出店すると発表した。 設備投資額は110億7200万円(前年同期比29. 5%減)、内訳は新設・先行投資80億600万円(38. 6%減)、既存店活性化他30億6600万円(15. 5%増)となった。 6月に埼玉県川越市に「川越今福店」(売場面積1810m2)をフリースタンディングの新店で出店するのを皮切りに、7月に埼玉県東松山市の商業施設「東松山シルピア」内の食品スーパー跡地に「東松山シルピア店」(1835m2)をオープンして近隣型ショッピングセンターを形成する。 12月には埼玉県本庄市の工場跡地に「本庄中央店」(1980m2)をオープンし、コミュニティ型ショッピングセンターを形成する。 2020年1月には、東京都東久留米市で2018年2月25日に閉店したイトーヨーカドーのディスカウント業態「ザ・プライス滝山店」の跡地に、「東久留米滝山店」(1830m2)をフリースタンディングで出店する計画だ。 このほか、神奈川県内にグループ会社のエイヴイが1店を出店する予定だ。 <川野社長> 川越今福店は、現在、埼玉県内の「三芳藤久保店」「上福岡駒林店」「志木宗岡店」「川越南古谷店」で実施しているネットスーパーにも対応する予定だ。 既存の4店のネットスーパーに隣接する商圏で、新たにネットスーパー対応店舗を出店することで、ネットスーパーの標準化・拡大への実験を行うという。 川野澄人社長は、「今期の4店は標準となっている。 川越今福店は、開業時からネットスーパーに付帯する設備を備えており、ネットスーパーに対する初期投資が軽くなる。 ネットスーパーは店舗段階では黒字化みえてきており、事業として確立したい」と述べた。 <ネットスーパーの拡大> 出典:ヤオコー2019年3月期決算説明会資料 2017年11月に出店した都市型小型店「八百幸」については、「現在、都心型小型店としての出店フォーマットを模索している最中だ。 しっかりと課題を解決し、店舗単独で利益を出せるフォーマットを確立して多店舗展開を目指したい」と語った。

次の

埼玉県 川越南古谷店

ヤオコー 南 古谷 チラシ

ヤオコーは4月9日、YAOKOネットスーパー川越山田店を開始する。 ネットスーパーは三芳藤久保店・志木宗岡店・上福岡駒林店・川越南古谷店・川越今福店に続き、6店舗目となる。 YAOKOネットスーパーは、店舗で販売する商品の内、顧客から支持の高い商品を中心に、パソコンやスマートフォンから注文し、最短4時間で自宅に配送するサービス。 ネット上の掲載商品には、チラシ商品、生鮮食品、日配食品、加工食品、ヤオコーこだわりのデリカ(惣菜・寿司・ ベーカリー)商品など約1万品目を用意した。 新店舗では、3月26日注文受付開始、4月9日商品配送スタートとなる。 注文可能時間は、配送日の2日前から当日配送開始時間の4時間前まで可能(24時間・365日受付)。 配送時間帯は、13時~15時、17時30分~19時30分の1日2便から指定できる。 料金は、1回の注文につき100円(税抜)の配送料がかかる。 毎月の購入回数が5回までは、1回のご注文ごとに100円(税抜)、6回目以降の配送料は無料となる。 1回あたりの購入金額が本体価格2000円未満の場合は、追加サービス料100円(税抜)を付加する。 決済方法は、クレジットカード、atone翌月後払い(コンビニ・口座振替)が利用できるという。 また、ネットスーパーのご利用でヤオコーカードポイントを貯められる。 ネットスーパー限定「使うほどプラス」は、毎月1日~末日の期間におけるネットスーパーの利用回数(配送回数)に応じて、ヤオコーカードポイントをプレゼントするもの。

次の