オリックス なんj。 オリックス中後

2020オリックス打線wwwwwwwwww|オリックス・バファローズアンテナ

オリックス なんj

コメント一覧 4• 名無しさん@NPB好き• 2020年02月28日 01:29• 合併後オリックスって本拠地が奈良南部にありそうなチームカラーしてる• 名無しさん@NPB好き• 2020年02月28日 01:41• 大阪住みやけど毎年神戸まで行くくらいにはほもフィー好きやわ• 名無しさん@NPB好き• 2020年02月28日 10:57• オリックスこそ新庄を招聘すべき。 選手じゃなくイベント・広報係で。 名無しさん@NPB好き• 2020年03月01日 08:16• だったら甲子園を大阪にして、オリは本拠地をホモフィー、準本拠地を倉敷のマスカットスタジアムにすればええ.

次の

なんJ民「山本由伸は則本、千賀を超えてダルマー級」←こいつらwwwwww|オリックス・バファローズアンテナ

オリックス なんj

2ch. 74 ID:xXZ3A1UJ 1(三)長嶋茂雄(38歳)476打席. 244 15本 55打点 2盗塁 OPS. 675 2(遊)野村謙 (39歳)297打席. 276 4本 29打点 1盗塁 OPS. 688 3(中)山本浩二(40歳)501打席. 276 27本 30打点 4盗塁 OPS. 850 4(一)王貞治 (40歳)527打席. 236 30本 84打点 0盗塁 OPS. 803 5(捕)田淵幸一(38歳)323打席. 230 14本 55打点 0盗塁 OPS. 712 6(右)新庄剛志(34歳)477打席. 258 16本 62打点 2盗塁 OPS. 714 7(DH)門田博光(44歳)179打席. 258 7本 23打点 0盗塁 OPS. 773 8(左)金本知憲(44歳)406打席. 258 6本 30打点 3盗塁 OPS. 707 9(ニ)高木守道(39歳)242打席. 233 5本 14打点 3盗塁 OPS. 276 27本 30打点 4盗塁 OPS. 850 >4(一)王貞治 (40歳)527打席. 236 30本 84打点 0盗塁 OPS. 56 ID:UGqleDS4 違反球アニキも相当凄いな.

次の

2020オリックス打線wwwwwwwwww|オリックス・バファローズアンテナ

オリックス なんj

しかしオープン戦が始まると6勝11敗(12球団中 11位)・チーム打率. 219(同 最下位)・チーム防御率3. 96(同 9位)など散々な状況で、優勝候補から一転して千葉ロッテマリーンズに次ぐ 最下位候補へと転落した。 シーズンが始まりこの予想を覆せるか注目されたが、オリックスと共に「最下位筆頭候補」とされたロッテとの開幕シリーズにおいて2試合連続で延長戦突入の末サヨナラ犠飛で敗戦するなど、「」で序盤から低空飛行。 チーム打率は良化せず、エース・ 現日本ハム、弌大)はに苦しみ勝ち星が伸びないド貧打のシーズンに。 しかし、金子はムエンゴに負けず沢村賞選考基準全項目をクリアする活躍や、・を始めとする投手陣の奮闘もあり最下位は回避。 結局チームは 前評判通りの5位でシーズンを終えている。 ところが前年に沢村賞など数々の投手タイトルを獲得した金子千尋、リリーフの主力である比嘉幹貴とが開幕に間に合わず、 開幕から4連敗。 その後も期待された新戦力の中島とブランコも負傷であっさり離脱、が深刻な打撃不振に陥り佐藤も比嘉同様、酷使の影響からか不振で二軍に降格するなどの低空飛行で 5月31日には早くも自力優勝が消滅。 6月2日から森脇浩司監督が休養してテコ入れを図ったが前半戦を最下位で折り返す。 後半戦に入りエースの金子を始め、故障した選手らが復帰したことで勝ち星を伸ばすも時すでに遅し。 東北楽天ゴールデンイーグルスを抜くのが精一杯で またしても5位でシーズンを終えた。 この年の補強は4年で獲得した選手が全員いなくなる等近年でもかなり酷いものであり、前年2位であったのにチームが壊れてしまったと指摘されている。 日本ハムは、ソフトバンクは・・和田毅が移籍。 セ・リーグ優勝と日本一を巨人と予想、。 翌2013年も日本ハム優勝と予想したが、流石に二匹目のドジョウはいなかった模様。 ちなみに3戦目は勝利している。 試合数25試合以上・完投数10試合以上・勝利数15勝以上・勝率6割以上・投球回数200イニング以上・奪三振150個以上・防御率2. 50以下。 金子はそれぞれ29試合・10試合・15勝・. しかしシーズンを挙げ楽天球団初の日本一に導いた田中将大(現)のインパクトには敵わず受賞できなかった(4例目)。 ヘッドコーチのが代行を務め、同年オフには正式に監督へ就任している。 この年オリックスは一軍ペナントだけでなく、 オープン戦・交流戦・二軍の全てで最下位という 完全最下位を達成してしまった。

次の