銀座 ウエスト 通販。 銀座ウエスト

銀座ウエスト

銀座 ウエスト 通販

洋菓子店「銀座ウエスト」の公式ツイッターアカウントが4月24日、子連れ客のについて投稿し、ネット上で話題となっている。 「小さなお子様をお連れの喫茶室ご利用のお客様へのお願い」と銘打たれた投稿は、「炎上覚悟で申し上げます」という言葉から始まっている。 「大きなお声を出したり、走り回るなどのお子様の行為が周囲のお客様へ多大なご迷惑となっている場合がございますので、くれぐれもご注意の程何卒お願い申し上げます」 さらに投稿担当者は「昔銀座は特別な場所でした」といい、銀座へ行く時のために、親がわざわざ銀座ワシントンの靴やヤングエージの服を買ってくれた経験があるという。 「今銀座も特別な場所ではなくなってしまいましたが、ウエストはそういう場所になりたいと思っています」 「子どもは騒ぐのが当たり前。 子連れの場合、大人の空間に連れて行かないのが当たり前」 銀座ウエストはリーフパイなどで知られる洋菓子店。 銀座に本店を置き、新宿伊勢丹、銀座三越などの百貨店にも出店している。 客を選んでいるお高いお店と思われてしまうのでは、という意味で炎上を懸念していたのだろう。 しかし、「炎上覚悟」に反してツイッターでは共感の声が多く寄せられた。 騒ぐ子どもより、 「躾がなっていない子供を連れてまで入りたいのは親の方」 「子供は騒ぐのが当たり前。 だから、どうしても子供を連れ歩かなければならない時は、大人の空間に連れて行かないのが当たり前」 と親の躾の問題を指摘する人や、「子どもに分別がついたら絶対連れて行くつもりでいて、先の楽しみとして訪店を保留しておいてあります」という人も多かった。 ウエストを「特別な場所」と思う人は少なくない。 今回のツイートは、その層を大切に思っての投稿だろう。 「アイスを前に緊張して行儀よく座っているお子様を締め出す事はできない」 顧客側もお店のブランドイメージを守ろうと、「年齢制限を設けるべきでは」と提案する声も出ていた。 しかし同アカウントはツイッターで翌25日、肯定的な意見が多かったことに感謝した上で、 「年齢制限してはとのご意見もございましたが、就学前とおぼしきお子様がアイスクリームの器を前にきちんと足を揃え、少し緊張してお座りになっているのは微笑ましいものです。 こんな素敵なお客様を締め出す事は出来ません」 とコメントしている。 本来、ゆったりとした大人の雰囲気が味わえる同店。 店側としても客としても、銀座ウエストを「特別な場所」と思っている人に来てほしいという気持ちに変わりはないようだ。

次の

銀座ウエスト

銀座 ウエスト 通販

銀座ウエストのクリスマスクッキー缶を取り寄せました。 11月1日よりウエスト各店にて、 5000缶限定のドライケーキ・クリスマス缶で、デザインはMilton Grubert作 「Shopping in the Snow」という絵画を使用しています。 缶の全面に絵画がデザインされているので、つい見入ってしまうほど、素敵な缶です。 雪の積もったヨーロッパの街並。 道行く人々の生き生きした姿が細かく丁寧に描かれています。 馬車に乗る人や自転車に乗る人、買い物する人など見ているだけで楽しいです。 中身は銀座ウエストの定番のクッキーやパイ。 リーフパイ、ヴィクトリア、ガレット、バタークッキー、ウォールナッツ、マカダミアン、塩クッキー。 定番リーフパイは、薄くてサクッとお砂糖がたっぷりかかっていて美味。 ヴィクトリアはフリル状のタルト型にクッキー生地を敷き、ケーキ生地を絞り込んで一次焼きした後、クッキー生地と専用に調整した国産イチゴジャムを絞って更に焼き上げてあります。 サクッとしてて、タルトの中はしっとり。 イチゴジャムの酸味と爽やかな甘さがよく合います。 塩クッキーは小さい四角いクッキー。 噛むほどにちょうどいい塩加減でバターの味も美味しい。 どのクッキーもパイも老若男女に愛される味わいというか、昔ながらの定番のお菓子という感じ。 贈り物にしても喜ばれます。 クリスマス缶は数個限定ですので、お早めに。

次の

【楽天市場】クロスプラス 銀座ウエスト ドライケーキ

銀座 ウエスト 通販

よいものを選び、ていねいに届けてゆく• 洋菓子は現在もすべて手作りされているそうですね。 洋菓子は香辛料を加えたりするためか「人工的につくられた」というイメージをお持ちの方も少なくないと思います。 私たちは、原材料の持ち味を生かすため、人工の香料、色素等はできるだけ使わないことを方針にしています。 和菓子をつくるような感性で、素材本来の自然の味を楽しんでいただきたいと考えているのです。 デリケートな素材をつかっていますので、機械では製造が難しく、必然的に、職人が手作りする製法をとっています。 大量生産ができず東京近郊の店舗でしか販売しておりませんので、「東京土産」として選んでくださるお客様もいらっしゃいます。 社長自らが発信する会社• 取引先のデザイン会社の方に勧めていただいたことをきっかけに、最初は見よう見まねで始めました。 「お客様に有益な情報は何か」を毎日考え、朝に自分で原稿をつくり、なるべく1日1回は発信するようにと心がけています。 放射能検査の結果、健康への心配がない数値が出ているのに、福島のものというだけで使わないのはおかしいのではないかと考え、「原材料の一部に安全な福島食材を使っていきます」という宣言をしました。 すると、その発信に対して、こちらが想像していた以 上にとても多くの反響をいただくことになりました。 中には批判的なご意見もありましたが、ほとんどが賛同や応援で、ツイッターのフォロワーも増えました。 最終的に責任を持てる立場にある人が発信するのが一番ではないか、と考えているからです。 毎日、何年も発信し続けることで、人間性や考え方も伝わってゆきますし、信頼をいただくことにもつながっていると思います。 「真摯」を社是に、真面目に、正直に• 私たちは、皆様のお口に入るものをご提供していますので、あそこのものなら安心だと思っていただけるよう、お客様からの信用を得ることがとても重要なことだと考えています。 価格の設定についても、原価に適切な利益率をのせて、正直に算出していくようにという先代の考えを受け継いでいます。 ですから、弊社の商品には端数の値段設定の商品が多いのです。 原材料価格が高騰した際には、正直にそのことをお伝えして価格を変更させていただきました。 これまで批判的なご意見をいただいたことは一度もなく、むしろお客様から「大変ですね」と応援のお声をいただきました。 小さい企業ですが、「できることはやっていこう」と、数年前に工場の屋根すべてにソーラー発電を取り付けました。 全店舗の照明もLEDに切り替えています。 昔ながらの風情を楽しみに銀座にいらっしゃるお客様はたくさんいらっしゃいます。 そういったお客様のためにも、こういった昔ながらの日本独特の喫茶店を、大切に守ってゆきたいと思っています。

次の