淫夢 天皇。 三大センスを感じる淫夢の渾名「肉体派おじゃる丸」「昭和天皇」

昭和天皇(淫夢)BB [ニコニコあっぷる]

淫夢 天皇

コメント• いくら不敬罪が無えからってこれはふざけすぎだろ…… 天皇に謝れとまでは言わんがどこまで不快なゴミになったら気が済むんだ淫夢ってのは -- 2020-02-22 土 20:48:28• 汚いひたすら汚い -- 2020-03-01 日 14:30:33• 流石に昭和天皇だけだとバッシングをうけかねないので、(淫夢 付けるゾ -- 2020-03-06 金 08:19:36• そういう問題じゃないんだよなぁ… -- 2020-03-06 金 15:25:22• まあ努力は認めてやろうぜ -- 2020-03-07 土 23:39:37• 偽もつけて、どうぞ。 -- 2020-03-08 日 09:16:53• 敗戦国の末路 -- 2020-04-15 水 14:57:37• むしろこの人野口英世に似てる -- 2020-04-15 水 15:02:57 みんな話そうね! 膨大な参加型企画• オカルト• 生き物・植物• 食べ物• 言語・単語・ことわざ• ゲーム• 本まとめ• サイトまとめ• 膨大な比較• その他•

次の

三大センスを感じる淫夢の渾名「肉体派おじゃる丸」「昭和天皇」

淫夢 天皇

今は昔三浦といふ男、従者と蹴鞠に興じ牛車にて帰りたる折、裏通りに黒塗りの牛車ありて、谷岡なる荒武者乗りけるを 三浦の牛車が後より当てにけり。 黒塗り牛車より出でたる谷岡いと怒りて「牛車より降り参れ、免状あらんや、免状見せよかし」 と声挙げる様かまびすし。 牛車操りたる中田冠者は三浦の従者なり、取り出だしたる免状をささと奪いたる谷岡 「うぬら我が牛車に連れ参れ」とて先に根城に戻りけり。 根城に入りたる三浦と従者、谷岡に「免状返し頂きたく候」とて懇願せるを、谷岡「そが謝りたるや、とくとく土下座すべし」 とて怒り抑ふるを知らず。 土下座したる三浦と従者、かうべ垂れ下げ「スンマセンデシタ」と只管謝りにけり。 谷岡 邪なる笑みにて「免状返してほしくば狗真似為せ四足にて」とて命じたり。 「急ぎたれ」とて急かしたる谷岡をかし。 三浦「為せば免状返さんや」と尋ねたるを谷岡「慮らんや」とて含みたる。 四足になりたる三浦に谷岡「狗なれど衣服着けたるは如何に 中田なるや、脱がせよかし」とて中田冠者に、三浦の袴褌すべて脱がせたる谷岡「愚者なりや」とて満ちたる笑みを浮かべにけり。 さらに喜びたる谷岡「べうべう狗の如く吠えよかし、みたびなり」とて命ずるを、 三浦衣服なく四足の姿にて「べうべうべう」とて 狗真似たる様もまたをかし。 三浦を回させ吠えさせしむるを物足りず感ずれば、谷岡「何ぞ足らずや、何や、頸輪せよかし 中田、頸輪させしめ、尻を我にむけよ急ぎて」とさらに命じたれば、三浦に飼い狗が如き頸輪着きたり。 谷岡、平手にて 三浦の尻を叩きて「汚き尻なりや」といへり。 さらに指にて三浦の菊門を攻め入りたるを三浦善がりて、 谷岡が三浦に「心地善きやういなるやこは」とて尋ねるを三浦「はい」とて答えければ谷岡「力抜け」とぬかることなし。 谷岡「うぬらもよく見よかし」 とて従者に諭しければさらに三浦善がりたれば、谷岡「何ぞ感じたるや」とてさらに攻めにけり。 谷岡「べうといへよかし」と命ずれば 三浦「べうべう、アッー!」とて悶じながら啼きにけり。 谷岡、張子取り出だして三浦の菊門に挿れ差して「尾ぞ生えにける」 と喜べり。 張子によりて責められたる三浦の啼き声べうにあらずアッー!なり。 頸輪を引きたる谷岡「心地善きや 心地よきと言えよかし」 とて詰めければ三浦「ンギモッヂイイ」と答へり。

次の

淫夢天皇(114~514)

淫夢 天皇

今は昔三浦といふ男、従者と蹴鞠に興じ牛車にて帰りたる折、裏通りに黒塗りの牛車ありて、谷岡なる荒武者乗りけるを 三浦の牛車が後より当てにけり。 黒塗り牛車より出でたる谷岡いと怒りて「牛車より降り参れ、免状あらんや、免状見せよかし」 と声挙げる様かまびすし。 牛車操りたる中田冠者は三浦の従者なり、取り出だしたる免状をささと奪いたる谷岡 「うぬら我が牛車に連れ参れ」とて先に根城に戻りけり。 根城に入りたる三浦と従者、谷岡に「免状返し頂きたく候」とて懇願せるを、谷岡「そが謝りたるや、とくとく土下座すべし」 とて怒り抑ふるを知らず。 土下座したる三浦と従者、かうべ垂れ下げ「スンマセンデシタ」と只管謝りにけり。 谷岡 邪なる笑みにて「免状返してほしくば狗真似為せ四足にて」とて命じたり。 「急ぎたれ」とて急かしたる谷岡をかし。 三浦「為せば免状返さんや」と尋ねたるを谷岡「慮らんや」とて含みたる。 四足になりたる三浦に谷岡「狗なれど衣服着けたるは如何に 中田なるや、脱がせよかし」とて中田冠者に、三浦の袴褌すべて脱がせたる谷岡「愚者なりや」とて満ちたる笑みを浮かべにけり。 さらに喜びたる谷岡「べうべう狗の如く吠えよかし、みたびなり」とて命ずるを、 三浦衣服なく四足の姿にて「べうべうべう」とて 狗真似たる様もまたをかし。 三浦を回させ吠えさせしむるを物足りず感ずれば、谷岡「何ぞ足らずや、何や、頸輪せよかし 中田、頸輪させしめ、尻を我にむけよ急ぎて」とさらに命じたれば、三浦に飼い狗が如き頸輪着きたり。 谷岡、平手にて 三浦の尻を叩きて「汚き尻なりや」といへり。 さらに指にて三浦の菊門を攻め入りたるを三浦善がりて、 谷岡が三浦に「心地善きやういなるやこは」とて尋ねるを三浦「はい」とて答えければ谷岡「力抜け」とぬかることなし。 谷岡「うぬらもよく見よかし」 とて従者に諭しければさらに三浦善がりたれば、谷岡「何ぞ感じたるや」とてさらに攻めにけり。 谷岡「べうといへよかし」と命ずれば 三浦「べうべう、アッー!」とて悶じながら啼きにけり。 谷岡、張子取り出だして三浦の菊門に挿れ差して「尾ぞ生えにける」 と喜べり。 張子によりて責められたる三浦の啼き声べうにあらずアッー!なり。 頸輪を引きたる谷岡「心地善きや 心地よきと言えよかし」 とて詰めければ三浦「ンギモッヂイイ」と答へり。

次の