早朝バイト。 福岡市、深夜勤(早朝)のバイト・パート求人情報【シフトワークス】でバイト探し、パートの仕事探し

スーパー早朝品出しバイトを人見知りにおすすめしたい!【きつい?仕事内容は?】|くりたび

早朝バイト

スーパーの早朝品出しバイトのおおまかな仕事内容 おおまかな仕事内容 スーパーの早朝品出しバイトは、その名の通り早朝の品出し業務に特化した仕事です。 開店前の業務ですので、接客はありません。 ひたすら品出しに集中することになります。 スーパーの早朝品出しバイトは会社でどういう役割を求められる? 早朝品出しバイトの役割は重要です。 早朝品出しに遅れが生じると、店舗の売り場に穴を開けることになってしまいます。 特に牛乳などの生鮮食品の売り場は前日までに空になっている場合が多く、早朝の内に補充を完了しないと、売り場の見栄えが悪くなってしまいます。 数時間の内に大量の商品を補充することが必要なため、スピード感が求められるバイトです。 スーパーの早朝品出しバイトによくある募集内容とは? スーパーの早朝品出しバイトの募集には、特別な条件などは設けられていません。 しかし、僅かな作業の遅れがメンバー全員の負担となりますので、早朝に遅れずに出勤できることは必須条件です。 給与相場 時給の相場は800円~1,000円という金額で推移しています。 物価が高い都内は1,000円である場合が多く、郊外は800円程度であるようです。 平均的な時給設定であると言えるでしょう。 勤務時間や休日、残業 勤務時間は開店時間までですので、2時間程度である場合が多いようです。 10時に開店するならば、それに向けて8時から作業開始するといった流れです。 勤務場所 入荷した商品が置かれているバックヤードと店内を行き来しながら作業します。 早朝の従業員は多く、担当する売り場ごとにチーム分けされていることが普通です。 福利厚生 スーパーの多くは大手企業に運営されているため、福利厚生がしっかりしているところがほとんどであると言えます。 求められる人物像 スーパーの早朝品出しに求められる人物は、以下の通りです。 朝に強い人 早朝のバイトであるため、朝に強いことは必須条件であると言えます。 短い時間で担当箇所の補充を終わらせる必要があるため、数十分の遅刻ですら命取りとなります。 黙々と作業がこなせる人 黙々と作業がこなせる人も必要とされています。 このバイトは会話しながら作業をする暇はほとんどないため、集中して作業できる人が必要です。 必要なスキルや資格、経験 必要なスキルや資格は、特にありません。 商品補充の経験があれば歓迎はされますが、未経験でも気にする必要はありません。 スーパーの早朝品出しバイトの雇用形態による仕事内容の違い 雇用形態による仕事内容の違いは特にありません。 売り場管理を任されているリーダー以外は、ひたすら品出しをします。 スーパーの早朝品出しバイトは早朝だから時給は割増されるの? 早朝手当は深夜から朝4時にかけての勤務で支給される傾向があります。 しかし、一般的なスーパーの早朝品出しバイトは朝8時頃から開始されるため、残念ながら早朝手当を貰うことはできません。 自分にあったスーパーの早朝品出しバイトの求人の選び方や注意点 スーパーの早朝品出しバイトの求人の選び方や注意点についてご紹介させて頂きます。 業務の流れをあらかじめ聞いておくことで、ルールの厳しさなどがある程度測れます。 早朝のバイトですので寝坊するリスクが高めです。 そのため家から職場が近いほど、安心して出勤できるはずです。 また、バイトの性質上短時間しか働けない場合が多いため、長い時間をかけて遠い職場に通うメリットはありません。 注意点 台車を押せないくらい、かなりの重さの荷物を運ばなくてはならないことがあります。 牛乳パックや酒瓶が入った箱は重く、台車が軋んで動かなくなる程です。 これらは重いことに加え落下させると簡単に破損してしまうため、扱いが非常に難しいです。 実際、働いている時は上記の商品に関連する事故が多発していました。 重くて動かない台車を無理に押して商品を崩してしまい、大量の商品を破損させてしまったのです。 一歩間違えると重大な怪我に繋がるため、体力に自信がない人にはあまりオススメできません。 特に女性は、重い商品を運べない場合に手伝ってくれる男性がいるかどうかを確認しておいた方が良いでしょう。 スーパーの早朝品出しバイトについてよくある疑問 スーパーの早朝品出しバイトについての疑問にお答えさせて頂きます。 応募方法は? 求人情報から応募しても構いませんし、直接店員さんに尋ねても良いでしょう。 ネット上で申し込むよりも、店舗で直接聞くか電話を入れる方が確実に応募できます。 スーパーでは人手不足の際、常にバイトを募集している旨の貼り紙が貼られていますので、それを参考にしましょう。 募集のお知らせがない場合は、応募しても不採用となる確率が高いです。 面接でよく聞かれることは?面接合格の秘訣! 「なぜその店舗で早朝バイトをしたいのか?」など基本的なことが聞かれます。 相手も特別な理由を求めてきませんので、品出しに興味がある、家が近いという理由でも全く問題はありません。 未経験でも応募できる? 未経験でも全く問題はありません。 しかし重労働に耐えられるかどうかを訊かれる可能性はあります。 また慣れることや段取りをする力が必要であるため、学ぶ意欲は持っておく必要があります。 会社の雰囲気は? スーパーという性質上、温厚で優しい店員さんが多いです。 しかし早朝の品出しは時間との勝負ですので、余裕はなくなり、作業中は冷たい対応をされる可能性もあります。 残業って多いの? ノルマが終わらない場合は残業もあり得ますが、本来は時間内に終わらせなくてはいけない業務です。 シフトの自由度ってどうなの? シフトの融通は利かせてもらえる場合が多いですが、人手不足によって応援を頼まれることはよくあります。 まとめ スーパーの早朝品出しバイトの様々な情報について紹介させて頂きましたが、いかがでしたでしょうか。 短時間のシンプルなバイトですので、採用側も特に難しいことは要求してきません。 このバイトに興味がある人は気軽に応募してみて下さい。 案外、すんなりと歓迎される可能性もあります。 ただし、事故の危険がついて回るバイトでもあるため、身の安全に注意して作業することを常に心がけましょう。

次の

きつい?ヤマトの早朝仕分けバイトで実際に働いてみた感想|ダイヤのブログ

早朝バイト

2019. 14 最終更新 2019. 05 「バイトしたけど、夕方以降は忙しい……」という大学生の皆さん! 早朝バイトはいかがですか? 早朝バイトの勤務時間の目安は5:00~9:00ごろ。 ほかのバイトと掛け持ちしやすいため、 「効率よく稼ぎたい」と考えている大学生に人気です。 朝早いシフトは慣れるまでは大変かもしれませんが、早朝バイトにはうれしいメリットがあるんですよ! この記事では、大学生におすすめの早朝バイトを4つピックアップ。 Career Grooveを運営している『』に届いた早朝バイト経験者の体験談を交えて、魅力や仕事内容をお伝えしていきます。 朝ならではの作業や大変な一面が詳しくわかりますよ! また、後半には早朝バイトで得られるメリットや注意点を紹介。 バイトを始める前に知っておきたいポイントばかりなので、ぜひ一読ください。 【目次】 1. 理由は以下の2点。 ・24時間営業の店が多く、勤務時間の選択肢が広い ・駅や学校の近くにあるのでバイト後に学校へ向かいやすい 早朝のバイトといっても、希望の勤務開始時間は人によって異なります。 コンビニなら24時間営業なので、自分の希望に合った時間帯で働ける店を見つけられるのではないでしょうか? 「その時間のスタッフは足りているから」と断られたとしても、ほかの店を当たればいいだけのこと。 自宅、学校、いつも利用している駅付近など、どこかに希望通りの時間帯で働ける店舗が見つけられるでしょう。 コンビニバイトの早朝シフトは5:00~9:00ごろとなっている店が多いようです。 開店準備があるため出勤時間は5:00です。 小さな店でしたが、開店後はひたすらレジ打ちに追われます。 通勤通学にあたる7:00~9:00はとても混雑し、レジに長蛇の列ができます。 時計に目をやる時間がないほど忙しいのでしょう。 また、ピークタイムを迎える前も商品補充に追われるそう。 早朝のコンビニバイトは、とにかく忙しいのです。 搬入や品出しが少しでも遅れたら朝のピーク時と重なってしまい、混雑に拍車がかかります。 その前に、大勢の来店に備えて商品を十分に補充しなければなりません。 もたついて利用客をイライラさせないように、正確かつスピーディに働くスキルが求められます。 深夜と早朝、どちらが働きやすそうか比較したい人には、こちらの記事も合わせて読むことをおすすめ! 夜勤のコンビニバイトの仕事内容や時給事情を紹介しています。 あなたが知らない早朝バイトの魅力が見つかるかもしれません! ひとつずつチェックしていきましょう。 求人情報で早朝時給が基本時給よりも高くなっていれば、手当が含まれているということでしょう。 早朝手当を支給するのは、「少しでもたくさんの人に応募してほしい」という気持ちの表れではないでしょうか。 通常バイト探しをする時は、早朝よりも日中や夜に勤務できる案件を求める人が多いでしょう。 「早朝にバイトしたい!」という人はそう多くありません。 高時給なら早朝バイトに興味がない人でも「やってみようかな?」と応募を検討するきっかけになります。 求人情報でチェックしてみましょう。 「興味があるバイトなのに詳細がわからない」という時は、思い切って電話で聞いてみてもかまいません。 「朝早くのシフトを希望した場合、基本時給との違いはありますか?」と尋ねてみてください。 質問の電話をする際は、以下の記事にも目を通してみてくださいね。 「今日は何時に上がれるんだろう……」と、退勤できる時間がわからずバイト後の予定を組めない人もいるのでは? 早朝バイトのあとに授業を控えている状態なら、無理に残業を強いられることはないでしょう。 もし「授業に遅刻しても働きなさい」と強制する責任者がいるとすれば、それはブラックバイトです。 無理してつづける必要はありません。 朝早く起きる習慣が身につきます。 一日を効率よく過ごせるようになりますよ。 大学生のうちは、うっかり夜更かしすることが珍しくないでしょう。 なかには昼夜逆転の生活になっている人もいるかもしれません。 夕方~深夜にかけてバイトして授業に遅刻する人もいるのでは? 早朝バイトをすれば授業を受けるころには、バッチリ頭がさえている状態。 集中して学業に取り組めるでしょう。 早朝バイトをする時の気をつけるポイント ここまで紹介してきたように、早朝バイトにはさまざまな職種があり、ほかの時間帯にはないメリットがあります。 しかし、朝早くから働くからこそ、気をつけたいポイントも。 ここでは早朝バイトの注意点を解説していきます。 「たくさんお金を稼ぎたい!」という気持ちはあるでしょうが、連勤をつづけると、疲労が溜まって体調を悪くする可能性が出てきます。 学業が影響をきたすほどバイトするのはよくありません。 バイトをする際には、「学生の本分は学業である」ということをしっかり頭に入れておきましょう。 大学4年生には、以下の記事もおすすめです。 たとえば、朝シフトに間に合うように眠い目をこすりながら起きて、バイト先まで1時間かかるとしたらそれだけでも大変。 身だしなみを整える時間も考慮すると、出勤時間の1時間以上前に起きなくてはなりません。 早起きしすぎて、午後の授業に身が入らなくなる恐れも。 早朝バイトだからこそ、できるだけ自宅から通いやすいバイト先を選ぶようにしましょう。 通学路沿いにあるバイト先を見つけると通いやすいですよ。

次の

早朝バイトのおすすめは?よく見る求人の種類を徹底比較

早朝バイト

クリエイター 0• WEBデザイナー 0• デザイナー・イラストレーター 0• グラフィックデザイナー 0• インテリアコーディネーター 0• DTPオペレーター 0• 編集・記者・ライター 0• 美容 エステ・ネイル 0• ヘアメイク・メイクアップ 0• トリマー 0• 造園・庭師 0• 研究開発技術者 0• アンケート・モニター 0• 通訳・翻訳 0• フランチャイズ 0• その他派遣職 0• その他美容関連 0•

次の