サツマイモ の 肥料。 農家が教えるサツマイモの栽培方法 大きいイモがゴロゴロとれる育て方とは?

サツマイモの上手な育て方(植え方)|垂直植え|らせん植え|平畝・高畝栽培

サツマイモ の 肥料

サツマイモの芋づるを購入 サツマイモは種や苗を売っていることはあまりありません。 私は見たことがありません。 つるが伸びてきて、その先を切り分け、そのつるを土に植え、根付かせることで苗が完成します。 ですから、ホームセンターなどで買ってくるのはサツマイモの種や苗ではなく、一本一本の「芋づる」になります。 私は今年、サツマイモを植えようと思ったのが6月中旬以降でした。 大体芋づるは6月中旬くらいで売られなくなってしまいます。 私もホームセンターから姿を消した後だったので、送料はもったいないけれど、インターネット通販で芋づるを購入しました。 シルクスイートという絹のような舌ざわりを売りにした品種です。 芋づるの植え方 芋づるは先端を土から出し、残りを地中に植えるのですが、植え方によってサツマイモの出来方が違います。 芋づるにある 「節」のところにサツマイモは出来ていきます。 この 「節」がたくさん地中に入るよう、地面と水平気味に植えると、可愛いサイズのサツマイモがゴロゴロとたくさん出来るようになっています。 芋づるを立てて、節があまり地中に入らないような植え方をすると、そこに養分が集中するため、数は少ないけれど1つ1つがとても大きなサツマイモとなって育つようになります。 私は12本植えましたが、10本は水平に、2本を上向きで植えました。 植えた後は出来るだけ乾かないように水をたっぷりあげます。 保水性を高めるため、私は新聞を取っていませんが、銀行に用があった時、ついでに担当さんに頼んで新聞紙をたくさんもらってきて、新聞紙を敷きました。 新聞紙の真ん中に穴を開ける• 穴から芋づるが出るように敷く• 端っこに土を被せて重石代わりにする これだけで十分です。 これで新聞紙が破れない程度に水をたっぷりあげました。 完全に根付いたと思えるまでは1週間半くらいかかりました。 それまでの間、しおれてしまったと感じることも多々ありました。 実際にしおれてしまったと思ったため、慌てて新聞紙を敷いたわけです。 一度しおれて、最初についていた葉っぱは全部枯れて落ちてしまうことの方が多いそうなので、心配せずに保水性に気を付けて水をあげ続けましょう。 きっと1週間半もすれば元気にピンと新しい葉をつけますから。 サツマイモは不死身とも言われるほど強いそうなので、必要以上に不安にならないようにしましょう。 サツマイモの水やりと肥料 サツマイモは乾燥を好むため、よほど日照り続きで見た目がしおれていない限り水はあげないようにします。 しかし2018年の猛暑は半端ではなかったので、何度かしおれていました。 その時は一度にたっぷりと水をやるようにしました。 肥料は元肥をしていなかったため、たった一度だけ簡単な追肥をしましたが、本来は肥料もあまり必要としないそうなので、少な目にあげるようにしました。 あまりあげ過ぎると、つるぼけと言って、つるの方にばかり栄養が行ってしまい、地中のサツマイモが育ってくれなくなってしまうそうなのです。 ですからほどほどにしておきましょう。 芋づるの成長に注意 芋づるは、ある時期を境にものすごい速度で成長します。 それまでは「ちゃんと育っているかな?」「少しずつでも大きくなってくれるといいな」と思っていたのですが、急に成長するのです。 良いことではあるのですが、そうなると芋づるの下は必要以上に保湿されます。 そしてジメジメとした空間が出来上がってしまうのです。 つるを返したり色々としますが、やはりつるの下の空間のジメジメだけはどうすることも出来ません。 出来るだけ乾燥するように努めても、台風などのシーズンもまたぎますからすぐに雨にやられます。 徐々につるを返すことも面倒になってしまいます。 しかしそれでも、出来るだけ風通しを良くしてあげるようにして下さい。 そうでないと私のような悲劇に見舞われてしまいます。 イモムシときのこの襲来 イモだけにイモムシ・・・なんていう冗談も言えなくなるようなものすごい大きなイモムシが5~6匹発見されました。 台風が連続で来て、長いこと雨が続いた後、恐る恐るつるを返すと、そこにはきのこが数本ありました。 まさかきのこが畑に生えるなんて思いもしませんでした。 その後、反対側に回ると、土になにやら糞のようなものが・・・。 動物的なものではないものの、小さな生物とは思えないものでした。 「なんだろう?」 そう思ってつるを返していくと・・・「うわぁ!」 それまで、ネキリムシという小さな幼虫はいくつも駆除してきましたが、信じられないくらい大きなイモムシが出てきました。 ネキリムシなんかとはもう比べ物にならないほどです。 今書いていても鳥肌が立ちますが、10cmくらいの体長でした。 つののようなものもあり、もう筆舌に耐え難いその姿・・・。 それがいくつも出てきたわけです。 どんなに面倒でも、風通しを良くするべきと書いた意味、おわかりいただけたかと思います。 だってそうしておかないと、楽しみにしている芋掘りの最中にこの巨大なイモムシとご対面なんてことになりかねませんからね。 子どもはトラウマになるレベルですよ・・・。 シルクスイートの収穫 台風を乗り越え、きのこを乗り越え、巨大イモムシを乗り越え、4か月が経ちました。 100日が経過した時に少し試し掘りをしましたが、残りは4か月まで待ちました。 イモムシもいたし、きのこも生えていたくらいだから本当に出来ているのか心配でしたが、掘ってみると本当に立派なサツマイモがゴロゴロと出来ていました。 子どもと一緒に掘りましたが、子どももとても興奮していました。 水平に植えたところは確かにやや小さめのイモがたくさん出来ていて、縦に植えたところは数が少ないものの、他と比べればかなり大きく育っていたのが印象的でした。 植え方1つでこんなにも違うのかと感心しました。 サツマイモは収穫後に干しておこう サツマイモは収穫してすぐは、まだ水分が多く含まれているため、あまり甘くないそうです。 試しに2つほどふかし芋にしてみましたが、ほとんど甘みがありませんでした。 収穫後は1週間くらい天日干しにし、その後は冷暗所で1か月くらい寝かせると、水分が飛んでデンプンが糖になって甘みが増すのだと書いてあるのを読みました。 ですから実際に干しています。 新聞紙の上に置くのがいいんだそうです。 この時、いもといもが重ならないように注意しましょう。 さつまいもは連作障害がほとんどないそうなので、来年も同じ場所にさつまいもを植えて、今度こそ風通しを良くしてイモムシから守りたいと思います。 来年は安納芋にチャレンジしようかな。 まとめ サツマイモは放っておいても出来ると言われるくらい難易度が低いそうですが、実際に育ててみると、栽培途中ではそんな風に思えませんでした。 出来てみれば確かに簡単だったとは思います。 しかしきのこやイモムシとの格闘は本当につらかったです。 それを乗り越えての収穫は本当に嬉しいものでした。 子どもも大喜びのサツマイモ。 プランター栽培も可能なので、是非試してみて下さい。 家庭菜園に対する思いや、トウモロコシの栽培なども是非ご覧下さい。

次の

農家が教えるサツマイモの栽培方法 大きいイモがゴロゴロとれる育て方とは?

サツマイモ の 肥料

サツマイモの芋づるを購入 サツマイモは種や苗を売っていることはあまりありません。 私は見たことがありません。 つるが伸びてきて、その先を切り分け、そのつるを土に植え、根付かせることで苗が完成します。 ですから、ホームセンターなどで買ってくるのはサツマイモの種や苗ではなく、一本一本の「芋づる」になります。 私は今年、サツマイモを植えようと思ったのが6月中旬以降でした。 大体芋づるは6月中旬くらいで売られなくなってしまいます。 私もホームセンターから姿を消した後だったので、送料はもったいないけれど、インターネット通販で芋づるを購入しました。 シルクスイートという絹のような舌ざわりを売りにした品種です。 芋づるの植え方 芋づるは先端を土から出し、残りを地中に植えるのですが、植え方によってサツマイモの出来方が違います。 芋づるにある 「節」のところにサツマイモは出来ていきます。 この 「節」がたくさん地中に入るよう、地面と水平気味に植えると、可愛いサイズのサツマイモがゴロゴロとたくさん出来るようになっています。 芋づるを立てて、節があまり地中に入らないような植え方をすると、そこに養分が集中するため、数は少ないけれど1つ1つがとても大きなサツマイモとなって育つようになります。 私は12本植えましたが、10本は水平に、2本を上向きで植えました。 植えた後は出来るだけ乾かないように水をたっぷりあげます。 保水性を高めるため、私は新聞を取っていませんが、銀行に用があった時、ついでに担当さんに頼んで新聞紙をたくさんもらってきて、新聞紙を敷きました。 新聞紙の真ん中に穴を開ける• 穴から芋づるが出るように敷く• 端っこに土を被せて重石代わりにする これだけで十分です。 これで新聞紙が破れない程度に水をたっぷりあげました。 完全に根付いたと思えるまでは1週間半くらいかかりました。 それまでの間、しおれてしまったと感じることも多々ありました。 実際にしおれてしまったと思ったため、慌てて新聞紙を敷いたわけです。 一度しおれて、最初についていた葉っぱは全部枯れて落ちてしまうことの方が多いそうなので、心配せずに保水性に気を付けて水をあげ続けましょう。 きっと1週間半もすれば元気にピンと新しい葉をつけますから。 サツマイモは不死身とも言われるほど強いそうなので、必要以上に不安にならないようにしましょう。 サツマイモの水やりと肥料 サツマイモは乾燥を好むため、よほど日照り続きで見た目がしおれていない限り水はあげないようにします。 しかし2018年の猛暑は半端ではなかったので、何度かしおれていました。 その時は一度にたっぷりと水をやるようにしました。 肥料は元肥をしていなかったため、たった一度だけ簡単な追肥をしましたが、本来は肥料もあまり必要としないそうなので、少な目にあげるようにしました。 あまりあげ過ぎると、つるぼけと言って、つるの方にばかり栄養が行ってしまい、地中のサツマイモが育ってくれなくなってしまうそうなのです。 ですからほどほどにしておきましょう。 芋づるの成長に注意 芋づるは、ある時期を境にものすごい速度で成長します。 それまでは「ちゃんと育っているかな?」「少しずつでも大きくなってくれるといいな」と思っていたのですが、急に成長するのです。 良いことではあるのですが、そうなると芋づるの下は必要以上に保湿されます。 そしてジメジメとした空間が出来上がってしまうのです。 つるを返したり色々としますが、やはりつるの下の空間のジメジメだけはどうすることも出来ません。 出来るだけ乾燥するように努めても、台風などのシーズンもまたぎますからすぐに雨にやられます。 徐々につるを返すことも面倒になってしまいます。 しかしそれでも、出来るだけ風通しを良くしてあげるようにして下さい。 そうでないと私のような悲劇に見舞われてしまいます。 イモムシときのこの襲来 イモだけにイモムシ・・・なんていう冗談も言えなくなるようなものすごい大きなイモムシが5~6匹発見されました。 台風が連続で来て、長いこと雨が続いた後、恐る恐るつるを返すと、そこにはきのこが数本ありました。 まさかきのこが畑に生えるなんて思いもしませんでした。 その後、反対側に回ると、土になにやら糞のようなものが・・・。 動物的なものではないものの、小さな生物とは思えないものでした。 「なんだろう?」 そう思ってつるを返していくと・・・「うわぁ!」 それまで、ネキリムシという小さな幼虫はいくつも駆除してきましたが、信じられないくらい大きなイモムシが出てきました。 ネキリムシなんかとはもう比べ物にならないほどです。 今書いていても鳥肌が立ちますが、10cmくらいの体長でした。 つののようなものもあり、もう筆舌に耐え難いその姿・・・。 それがいくつも出てきたわけです。 どんなに面倒でも、風通しを良くするべきと書いた意味、おわかりいただけたかと思います。 だってそうしておかないと、楽しみにしている芋掘りの最中にこの巨大なイモムシとご対面なんてことになりかねませんからね。 子どもはトラウマになるレベルですよ・・・。 シルクスイートの収穫 台風を乗り越え、きのこを乗り越え、巨大イモムシを乗り越え、4か月が経ちました。 100日が経過した時に少し試し掘りをしましたが、残りは4か月まで待ちました。 イモムシもいたし、きのこも生えていたくらいだから本当に出来ているのか心配でしたが、掘ってみると本当に立派なサツマイモがゴロゴロと出来ていました。 子どもと一緒に掘りましたが、子どももとても興奮していました。 水平に植えたところは確かにやや小さめのイモがたくさん出来ていて、縦に植えたところは数が少ないものの、他と比べればかなり大きく育っていたのが印象的でした。 植え方1つでこんなにも違うのかと感心しました。 サツマイモは収穫後に干しておこう サツマイモは収穫してすぐは、まだ水分が多く含まれているため、あまり甘くないそうです。 試しに2つほどふかし芋にしてみましたが、ほとんど甘みがありませんでした。 収穫後は1週間くらい天日干しにし、その後は冷暗所で1か月くらい寝かせると、水分が飛んでデンプンが糖になって甘みが増すのだと書いてあるのを読みました。 ですから実際に干しています。 新聞紙の上に置くのがいいんだそうです。 この時、いもといもが重ならないように注意しましょう。 さつまいもは連作障害がほとんどないそうなので、来年も同じ場所にさつまいもを植えて、今度こそ風通しを良くしてイモムシから守りたいと思います。 来年は安納芋にチャレンジしようかな。 まとめ サツマイモは放っておいても出来ると言われるくらい難易度が低いそうですが、実際に育ててみると、栽培途中ではそんな風に思えませんでした。 出来てみれば確かに簡単だったとは思います。 しかしきのこやイモムシとの格闘は本当につらかったです。 それを乗り越えての収穫は本当に嬉しいものでした。 子どもも大喜びのサツマイモ。 プランター栽培も可能なので、是非試してみて下さい。 家庭菜園に対する思いや、トウモロコシの栽培なども是非ご覧下さい。

次の

結構知らない?!サツマイモの秘密と育て方

サツマイモ の 肥料

ニンニクは夏に死んでしまうらしいんです。 死ぬというより一度休眠をするといった感じでしょうか。 つまりその前に収穫を 若干ダメっぽいやつも含まれていますが、何とか食べられるようになって欲しいです。 ほかの作物はどうなったか見ていきましょう。 サツマイモです。 そこまで大きくなっていませんが成長しています。 ある程度の大きさまで放置。 サツマイモは肥料を与えなくても育つためこの部分はメンテナンスフリーなんですが、成長過程でやらなければならないことがあるそうです。 「つる返し」というもので芋を大きく育てるために必要なんだそう。 サツマイモは蔓の関節みたいな部分から根を生やします。 その根が芋となるわけですが、根が増えれば芋ができる部分は増えるのですが増えた分栄養が分散してしまいます。 その結果芋が育たなくなるんです。 要は芽欠きや間引きみたいなことを定期的にしないといけないんだそう。 現在はそこまで大きくなっていませんが夏にはツルも伸びてきます。 週一くらいでひっくり返す作業が必要なんだそう。 つまり、大きな芋は収穫できないというわけですね。 前回のとき作ったサツマイモもかなりミニチュアサイズでした。 せっかく山林に来たのにあいにくの雨です。 これが秋の長雨ってやつなのでしょうか。 降ったりやんだりを繰り返し、そこま 今年もこういうのができるのでしょう。 サツマイモと一緒に植えた赤紫蘇です。 コンパニオンプランツというもので一緒に植えとくと都合がよいんだとか。 肥料など一切与えていない土地ですが、雑草魂で赤紫蘇は生えてきています。 肥料って何気に高いですからね。 こうやって自然に生えてくる作物はうれしいです。 こちら、紫蘇だけ植えた畑ですが、紫蘇らしきものは生えておらず謎の雑草地帯となっています。 紫蘇は雑草だと思ったのですがそうではないようです。 ここの場所はたい肥を土に混ぜたんですけどね。 何がよくて何がダメなのかがよくわかりません。 とりあえず紫蘇は放置しておこうと思います。 ここはバジルの畝です。 一応バジルは生えてきていますがそれよりも別の雑草が生えています。 バジルは生えてきてるのでこちらは手入れをしていきます。 手入れといっても雑草を抜くだけです。 間引くほど生えていないのであとは放置です。 若干虫食いもありますね。 やはりこの手の葉っぱを食べる作物はカバーしないとダメっぽいですね。 しょうがの畝です。 おそらく雑草だらけです。 そもそも生姜の葉っぱをマジマジ見たことがないんですが、要は新ショウガの緑の部分のやつですよね。 笹みたいなの。 それっぽいの全然生えてないんですよね。 この時期に芽が出ないということはそういうことなのでしょう。 この場所は休耕地とします。 サトイモは芽が出てきました。 里でできる芋だからサトイモ。 ここも端っこですが里といえる場所でしょう。 サトイモもメンテナンスフリーでいきたいと思いますがやはり肥料を与えないといけないですよね。 肥料に関しては少し考えなければなりません。 でも芋や根菜類は虫食いとか気にしなくていいからいいですよね。 ニンニクを植えていたところに昨年秋に植えていたジャガイモが生えてきました。 おそらく地中に取り残されていた芋が成長したんだと思います。 これはもう少し様子を見て収穫しようと思います。 そしてニンニクは収穫したのですぐに次の作物を植えていきます。 普通であれば一度畑を休ませるのでしょうが、何事も勢いが大事です。 行けるときはとことん突き進むべきです。 今回植えるのは大根です。 虫食いを気にせずに放置しておけば良いわけです。 時なし大根ということで、時期を気にせずに植えられるということなんでしょうね。 とはいってもやっぱり植える時期は気にしないといけないみたいです。 千葉の南側は中間と暖地の間くらいでしょうかね。 全くもって不適切な時期です。 まぁでも時なし大根っていうくらいなので多少のズレはどうにかしてくれるはずです。 こういう栽培時期の目安って賞味期限みたいなもんでしょう。 賞味期限が切れていても食べられるのと同じで種まきの時期が多少ズレていてもなんとかなるんだと思います。 ニンニクを植えていた箇所を一度耕し牛糞たい肥を混ぜました。 そして肥料もいつもより多めに入れてあります。 がっつりウンコを足しました。 なんだったらウンコの中で育てるみたいな状態にしてあります。 大根は定期的に肥料を与えないといけなく、また土寄せなども必要です。 手間がかかるみたいなんです。 過去に大根を育てましたが、辛味大根ができあがりました。 今年は甘くておいしい大根にしたいですがこちらもメンテナンスフリーでいきたいと思います。 というより頻繁に畑を見に来れないのがメンテナンスフリーにしちゃう理由です。 「メンテナンスフリー」ではなく「メンテナンスしないー」でした。 ちゃんと畑の手入れをするのであればすぐにこれる場所に住まなきゃダメってことなんでしょうね。 現状ではまだまだですが全ての仕事をテレワーク的な状態にできれば千葉の房総に引っ越しってのもアリなのかもしれません。 そのため最近賃貸物件を見ています。 広い家に住まなくてよいので狭くて安い物件を探しているんですがなかなか見つからんのです。 安くても3万円くらい(駐車場付き)。 5万円くらい出すと賃貸物件も増えてきますが、今度は部屋が広くなります。 広い部屋もいいんですが結局使わないですからね。 掃除するのが面倒なんで狭めの部屋が理想なんです。 理想は月15000円で駐車場付き。 部屋の広さは4畳半。 ユニットバス。 こんな部屋があると理想です。 できれば海の近く(釣りができるから)が良いですよね。 のんびり釣りしながら釣った魚で飯を食う。 そういうのんびりした田舎暮らしというのもよいでしょう。 千葉の勝浦であれば車で1時間ちょっと走らせれば都心に出られます。 車がなくても125㏄の原付があれば二時間程度あれば下道で都内に行けるでしょう。 公共交通機関はちょっと使えそうにないですがそこまで不便というわけではありません。 鴨川にはタリーズもありますし。 畑の管理もできて海で食材も確保できる。 そして都内よりかは安い家賃で暮らせます。 コロナ前は週の半分以上都内に出かけていましたが、緊急事態宣言中は仕事で一度訪れただけで済みました。 どうにかやりくりをすれば地方でも何とかなるっぽいです。 もちろん都心に住んでいた方が便利なことも多いでしょう。 お金があるならばそれがよいんだと思います。 しかし貧乏人にはそれが負担なんです。 であれば地価の安い場所に移り住み、余ったお金で楽しく過ごした方がよいのでしょう。 地方に住むほうが都心に出るありがたみというのも感じれるんだと思います。 こんな感じで理想を夢見ていますがおそらく現実は厳しいんだと思います。 都心生活に慣れた人が果たして田舎暮らしに順応できるのか? いつかその手の話になるかもしれません。 乞うご期待。

次の