ユニクロ リラックス v ネック カーディガン。 2020年春夏ユニクロUのミドルゲージVネックカーディガンは浅いネックが新鮮で即買い

【全品レビュー】UniqloU(ユニクロU)2020春夏試着してきた。アウター・セーター・カーディガン・Tシャツ・スウェット編

ユニクロ リラックス v ネック カーディガン

新鮮な色合いが魅力 ユニクロUのミドルゲージVネックカーディガンは新鮮な色合いが特徴です。 写真の64ブルーの他、09ブラック、22オレンジ、31ベージュの4種類で展開されていますが、インラインにはない色合いはユニクロUならでは。 特に64ブルーは発売開始早々に売り切れてしまう人気ぶりです。 ユニクロ公式ホームページによると、ヴィンテージのスポーツニットを意識してデザインされたそう。 通常のカーディガンとどういった点が違うのか、シルエット、素材の観点をメインに解説していきます。 シルエット・サイズについて デザイン上の大きな特徴は、前開きの深さが通常のカーディガンに比べて浅いことです。 これは古着でも比較的よく見るデザインですよね。 前開きの深さは21. 5cmです。 同じくユニクロのエクストラファインメリノカーディガンは、サイズMで前開きの深さが27cmです。 こうして比較してみると、同じカーディガンでも意匠が違うことが分かります。 さて、前開きが浅いと、どういうメリットがあるのでしょうか。 上の写真のとおり、ボタンを閉めるとインナーや素肌の見える面積が少なくなり、上品に見えます。 特に、前立て部分は縫製を見えないように編んでいるので、上品さをより際立たせています。 こうして前立てを観察していると、まるで着物のようにも見えますよね。 襟がほんの少し高くなるようデザインされていて、その点においても大人っぽく仕上げられています。 袖のリブは一部編地の加工がありつつも、シンプルで袖まくりもしやすい締めつけ具合です。 袖まくりを繰り返しても伸びにくく、耐久性は高そうです。 過去のユニクロ商品では、ミラノリブを採用したアイテムに近い風合いです。 裾はリブがないため、ストンと落ちるので体型もキレイに見えます。 ボタンをすべて開け、アウターとして使用してもキレイなシルエットを出すことができます。 サイズはMで身丈67cm、肩幅42. 5cm、身幅52cm、袖丈58cmです。 170cm58kgでMサイズを着用しています。 素材について シンプルなポケットが裾付近の左右にひとつずつあり、スマートフォンがすっぽり収まる程度のサイズです。 アイテム名にミドルゲージとありますが、通常のミドルゲージと呼ばれるニットよりは細めの糸を使用しているようです。 ツヤがあるので上品に見え、また隙間なく編まれており、肌に貼りつかない生地感は季節を問わず着用できるでしょう。 ボタンは直径3cmで、プラスチック製の猫目ボタンを採用しています。 前立てに5つ並んでいます。 注目すべきは生地と同じ色を採用していることです。 ボタンと生地を同色とすることで上品に仕上げています。 これなら派手色であっても大人っぽく着ることができるでしょう。 肩回り、袖口は編地に変化があり、シンプルなだけではありません。 お手入れについて 最後にお手入れについて。 公式のアナウンスでは「手洗い」となっていますが、洗濯機でそのまま洗ってみました。 上の写真のとおり、特にダメージはないようです。 どうやら毛玉はできにくい素材のようです。 寒い時期はインナーとして、春先からはアウターとして活用できる万能カーディガン。

次の

2020年春夏ユニクロUのミドルゲージVネックカーディガンは浅いネックが新鮮で即買い

ユニクロ リラックス v ネック カーディガン

こんにちは、ヨムーノライターの Calouです。 ゆるっとしたフォルムがトレンドライクな、ユニクロの「リラックスVネックカーディガン」。 淡いグレー色のカーディガンは、フェミニンな柔らかさを演出してくれる優れモノ。 古着っぽいルックスのワイドデニムに、ユニクロのモックネックTシャツをコーディネート。 シンプルな大人カジュアルコーデにゆるっとしたカーディガンをプラスしたことで、可愛らしさをプラスできました。 ストリートルックなガチャベルトをアクセントアイテムに使って、遊びゴコロを見せた抜け感のある仕上がりに。 しまむらのバルーン袖ワンピースにカーディガンを肩掛けしたスタイルで、今っぽいこなれ感を演出しています。 ブルーとグレーの寒色系でまとめた清潔感のある春のコーディネート。 しまむらのスニーカーでカジュアルダウンして、スポーティな雰囲気を添えています。 落ち着いたカラー配色のコーデに映える、GUのメタルハンドルバッグを持って垢抜けたスタイリングが完成です。 カーディガンはどんなボトムスとも合わせやすい着丈なので、コーデの幅を広げてくれるアイテムです。 ユニクロのパンツとカットソーを着こなしたワントーンコーデにカーディガンをオン。 ヌーディなベージュの靴で仕上げて、春らしい爽やかなコーデが出来上がり。 サッと羽織ってもボタンを留めても様になるので、コーデのアレンジが効きそうです。 ノースリーブデザインのニットワンピースを着こなした、レディライクな春コーデ。 ざっくりとしたカーディガンをプラスしたことで、リラックス感が高まって飾らない雰囲気になっています。 ボタンを二つだけ留めてスタイリングして、こなれたムードを引き出して。 品のあるベージュの小物を揃えて、きれいめな大人の春コーデが完成です。 ヴィンテージっぽいルックスのデニムパンツとロゴTシャツをコーディネートした、王道カジュアルにカーディガンをオン。 白いカーディガンが明るさをプラスして、柔らかい印象になりました。 パイソン柄のシューズとメタリックなバッグをアクセントにして、モード感を添えて。 ワンランク上の大人カジュアルコーデができあがり。 イロチ買いもおすすめカーディガン! ユニクロのカーディガンをクローズアップして、おしゃれな高見えコーデを5つご紹介しました。 今回ピックアップした3色以外に、ブラックがありの計4色のカラー展開になっています。 事前に各店舗・施設の公式情報をご確認ください。

次の

【最強】ユニクロメンズカーディガンの上手な選び方

ユニクロ リラックス v ネック カーディガン

「Uniqlo U」らしいミニマムなアイテムがつくり出す、リラックス感溢れるコーディネートは、まさに洋服好きが求めている時代の気分。 アーティスティックディレクターを務めるクリストフ・ルメールが率いるパリのデザインチームが表現した、シンプルで機能的な「Uniqlo U」の上質なライフウェアを、心地よいカラーパレットで感じてみては。 カウンターカルチャーがうまれた1950~60年のアメリカで、若い世代を熱狂的に魅了したビート・ジェネレーション。 彼らが着ていたようなハンティングジャケットを、現代風に解釈しリアルクローズとして着こなすなら、ゆったりとしたシルエットを楽しみつつ、ワイドなラインを描くパンツでコーディネートを完成させてみては。 個性的な色同士がまとまるのは、同系色のなせるワザ。 足元にサンダルを合わせれば、その雰囲気は加速する。 強撚のコットン糸を使用した9ゲージのニットで、ドライタッチのため春から夏までシーズンをわたって着られるのが特徴。 発色のよいロイヤルブルーを選んだら、スタリイングは、チェックシャツを合わせ、クラシカルな雰囲気を醸し出したい。 売り切れの場合はご容赦ください。 ボトムスの内側にはドローストリングスがつく。 上下ともに単品でも着まわしがきくため、さまざまなシーンで活躍する。 同系色でまとめた着こなしなら、通勤はもとより、ちょっとしたイベントにも出席可能。 盛夏まで重宝するので、ぜひとも手に入れたいアイテム。 ゆとりのあるフォルムで、さまざまなレイヤリングが可能。 10オンスのデニム生地のため、春夏らしい軽やかさが感じられるはず。 オープンカラーのシャツのインナーに、定番のクルーネックTシャツを合わせれば、懐かしさとモードさを両立。 ウエストバッグでアクセントをつけるのも今らしい。 「Uniqlo U」の解釈が入ると、これがリネン・コットン素材に置き換わる。 ピンクがかったベージュに、ボトムスはブラウン系のスウェットパンツを。 ワイドフィットなので、全身でリラックス感が表現できる。 足元には、リラックス感をプラスするスポーツサンダルからインスピレーションを受けたサンダルを合わせて。 このパーカをさらにコンテンポラリーに着こなすなら、ややハイウエスト気味にデザインされたホワイトジーンズで、全身のカラートーンを整えるのがポイント。 好みの差し色をインナーに楽しむのもいい。 絶妙なカラーリングもさることながら、ドライタッチの肌触りや長めの半袖など、袖を通してみて初めてわかる着心地はワン&オンリーの味わい。 ウォッシュのかかった柔らかいタッチのプリーツパンツをタックインして合わせれば、ワンランク上のカジュアルスタイルが完成。 まだ肌寒い季節も、ナチュラルカラーのトラッカージャケットを羽織れば春らしいスタイルに。 トレンドスタイルに欠かせないゆったりシルエット、手触りの良い素材感がポイント。 湿気高く暑いキューバの気候をしのぐための薄手コットン地に、細かいプリーツとポケットを配し、大人でも快適に着られるシンプルなスタイルに仕上げた。 インナーに合わせたTシャツやワイドなプリーツ入りのボトムスまで、ダークグレイからブラックのダークトーンで統一することで、ストリートの空気とモードな感性を取り入れられる。 ) Model : Yoshiaki Takahashi.

次の