スタッド ジベル と は。 頭付スタッドとは?1分でわかる意味と材質、規格

頭付スタッドとは?1分でわかる意味と材質、規格

スタッド ジベル と は

スタッド溶接の検査法 スタッド溶接の検査は2回のタイミングで行います。 ・施工前検査 ・施工後検査 施工前後で、確認事項が若干異なるため、その違いが一級建築士の試験で頻出しています。 各検査について説明しましょう。 施工前検査 施工前検査では、主に下記の検査を行います。 ・外観検査 ・寸法検査 ・曲げ検査 それぞれ下記の項目を確認します。 外観検査 外観検査では、溶接部の外観を目視で確認します。 検査内容は下記です。 ・スタッドの軸全周が溶接部で包囲されているか。 ・スタッド軸部および母材部にアンダーカットが生じていないか。 上記の判定基準は下記です。 ・溶接 軸全周にわたって包囲し、高さ1mm幅0. 5mm以上あること。 ・アンダーカット 鋭い切り欠き状、および深さ0. 5mm以上のアンダーカットはあってはならない。 詳細は鉄骨工場技術指針(工事現場施工編)が参考になります。 寸法検査 寸法検査では溶接部の確認、スタッドの仕上がり高さ、スタッドの傾きを確認します。 詳細は下記によりますが、簡単に説明します。 曲げ試験 曲げ試験とは、溶接されたスタッドをハンマーによる打撃で所定の傾きになるまで曲げます。 このとき、溶接部に欠陥が生じていないか確認を行う試験です。 曲げ試験は一級建築士で問われやすい内容です。 施工前検査では、 ・曲げ角度を30度 とします。 この曲げ角度が、施工後検査では異なる値です。 よく理解しましょう。 施工後検査 施工中(施工後)の検査でも、 ・外観検査 ・寸法検査 ・曲げ検査 を行います。 外観検査と寸法検査は、施工前検査と同様です。 ただし曲げ試験では、打撃時の曲げ角度を ・15度 とします。 ・施工前 30度(実際の部材に溶接しないので急な曲げ角度とした) ・施工後 15度(実際の部材に溶接するので曲げ角度を緩めた) と覚えてもよいでしょう。 まとめ 今回はスタッド溶接の検査方法について説明しました。 一級建築士の試験でも頻出する項目なのでしっかり理解したいですね。 施工前後で曲げ角度が大きく違います。 理由を併せて覚えておくと理解がすすみます。

次の

頭付スタッドとは?1分でわかる意味と材質、規格

スタッド ジベル と は

東日本高速道路(NEXCO東日本)関東支社は、上信越自動車道の須坂長野東IC~信州中野IC間の豊洲高架橋(上り線)で床版取替工事を実施した。 同橋は、日本道路公団時代に工期短縮や将来的な担い手不足対策の取り組みとして、試験的に既設床版にプレキャストRC床版を採用している。 その間詰め部の打継ぎ目地の影響から、床版下面の間詰め部近傍に鉄筋露出などの損傷が発生していた。 平成7年の供用から22年で高速道路リニューアルプロジェクトの対象となった同橋工事の現場ルポをまとめた。 (左)豊洲高架橋位置図と(右)全景(注釈なきはNEXCO東日本提供、以下同) 床版と間詰め部の境から凍結防止剤を含んだ水が浸透 下面にひび割れ、はく離、鉄筋露出の損傷が集中 橋梁概要と損傷状況 同橋は橋長905mのRC+鋼+PC橋だが、今回の床版取替工事の対象となったのは、橋長261m・有効幅員9. 25mの鋼4径間連続箱桁橋(P29~P35)のうちの、両端部の場所打ち床版を除くプレキャストRC床版部(250. 5m)だ。 線形はR=5000のほぼ直橋で、橋軸方向は0. 73%のP29側への下り勾配、橋軸直角方向が2%の路肩側への下り勾配である。 豊洲高架橋 橋梁一般図 既設プレキャストRC床版の厚さは230mmで、下部が顎付きの形状をしていて間詰め部は上下縦長の逆五角形状となっていた。 過去に防水工の施工がされていないこともあり、その既設床版と間詰め部の境から凍結防止剤を含む水が浸入したことにより、床版下面の間詰め部近傍にひび割れ、はく離、鉄筋露出の損傷が発生していた。 床版上面については、走行車線上の右車輪位置に若干の損傷が見られたが、土砂化やひび割れは軽微と判断できる範囲で、ポットホールも部分的だった。 床版下面の損傷 床版上面の損傷 同時に供用された上り線両端部と下り線の場所打ちRC床版には顕著な損傷が見られないことから、プレキャストRC床版部分のみを取替対象とした。 また、塩化物イオン量は床版下面の間詰め近傍で最高値の7. プレキャストRC床版と主桁がスタッドジベルで固定 手間がかかった上フランジ処理 既設床版の撤去と新設床版の架設 床版取替工事は、平成29年7月から足場架設、中央分離帯の改良作業などを行い、9月19日~12月5日まで、規制延長4. 5km・対面通行規制区間2. 2kmの昼夜連続車線規制を実施して行われた。 工事期間中の交通規制図 既設床版の撤去と新設プレキャストPC床版の架設は、9月29日から作業を開始して昼間に既設床版の撤去作業と上フランジ処理、夜間に新設床版の架設作業を行い、10月15日に完了した(実働16日間)。 床版取替面積は約2,700㎡だった。 施工は、P31から須坂長野東IC側3パネル分のところを分割点として、須坂長野東IC側を160t吊オールテレーンクレーンで、信州中野IC側を200t吊オールテレーンクレーンで両開きの形で行った。 施工概要 (左)スタッドジベル部のコア削孔 (右)既設床版の撤去 既設床版は1日当たり8パネル(片側4パネル)ずつ合計106パネル212ブロックの撤去を行った。 上フランジ処理 撤去パネルのサイズは、スタッドジベルの位置により橋軸方向の分割幅が1. 95m~2. 48mと異なり、橋軸直角方向は2分割を行い5. 5m(重量約12. 1t)だった。

次の

NEXCO東日本 上信越道 豊洲高架橋で床版取替工事を実施

スタッド ジベル と は

頭付きスタッドはJIS B 1198として1982年に制定され、種類、機械的性質、形状寸法(図1-1)、外観、材料等が規定されている。 頭付きスタッド軸経は10mmから25mmまで規格化されており、軸経寸法を呼び名としている(呼び名を10、13、16、19、22、25としている)。 建築用としては呼び名16または19の頭付きスタッドが主要サイズである。 橋梁の合成桁では呼び名22の頭付きスタッドが多く使用されている。 頭付きスタッドの長さは呼び長さで表し、これは溶接後の仕上がり高さの目標寸法である。 頭付きスタッドの長さの選択はスラブコンクリートのかぶり厚等を考慮して定めれば良い。 長さに関する構造細則として以下のような項目がある。 「JASS 6 鉄骨工事」および「鉄骨工事技術指針」は、頭付きスタッドを直接フランジに溶接するように規定している。 フランジ表面をグラインダー等で仕上げることを原則とし、塗料・錆び・汚れなどを除去してから行う。 また、デッキプレートを敷き込んだ梁上にスタッド溶接を行う場合でも、デッキプレートを切り離すか、デッキプレートに穴をあけフランジ表面に直接溶接できるように計画すべきである。 やむをえずフランジと頭付きスタッド間にデッキプレート、塗料等を介在させて溶接する場合は、必要に応じて施工試験を行い良好な結果が得られることを確認してから実施した方がよい。 2.施工前にチェックすべき項目 2-1 スタッド溶接技能者の資格 スタッド溶接完了後は、施工品質を確認するため溶接部について以下(1)~(3)の検査を行う必要があり、検査は原則として有資格者が行う。 (3)15度打撃曲げ試験 15度打撃曲げ試験は(1)の外観検査にてカラーの不揃いが認められる場合と、抜き取り検査で行うものとがあり、カラー高さが最も小さい点に最大引張力がかかる方向より曲げ、溶接部に有害な欠陥がないことを確認しなければならない。 (写真4-1) 4-1に示す(1)の溶接部外観検査は全数行う必要があるが、(2)スタッドの仕上がり高さおよび傾き、(3)15度打撃曲げ試験の頻度については100本または主要部材1個に溶接した本数のいずれか少ない方を1ロットとし、1ロットにつき1本行えばよい。 15度打撃曲げ試験により溶接部に有害な欠陥が認められた場合には、同一ロットからさらに2本の頭付きスタッドを検査し、2本とも欠陥が生じなければそのロットを合格とするが、これら2本の頭付きスタッドのうち、さらに1本以上の欠陥が認められた場合にはそのロットを不合格とし、全数について検査を行う必要がある。 なお、欠陥が生じなかったスタッドについては、力学的な支障はないため、曲げたままで良い。 (2)、(3)の測定方法については、金属製の長尺、コンベックスなどを用いたり様々である。 4-3 施工管理記録 (1)カラー カラーが頭付きスタッド材軸部全周にわたり包囲していないため不合格と判定されたものは、カラーの欠けている箇所に引張力がかかる方向に15度打撃曲げを行う。 その結果、割れや打損など有害な欠陥の生じなかったものはそのままにしておいてよい(溶接部は健全であると考えてよい)が、欠陥の生じたものはその頭付きスタッドを除去して打直しを行う。 (2)アンダカット 母材又はスタッド材軸部に深さ0. 5mmを超えるアンダカットが発生したものは、打ち直しを行う。 ただし、アンダカットの深さが0. 5mm以下の軽微なもので、工事監理者の承認を得た場合は適切な予熱を行い、低水素系被覆アーク溶接またはガスシールドアーク溶接による補修溶接を行ってもよい。 (3)仕上がり高さと傾き スタッド溶接後の仕上がり高さおよび傾き検査で不合格と判定されたものは、その頭付きスタッドを除去して打ち直しを行う。 5-2 15度打撃曲げ検査によって不合格と判定された場合の処置 (1)頭付きスタッドを打直しする場合、不合格スタッドを除去することを原則とする。 不合格スタッドを除去する場合は、頭付きスタッドを5~10mm残してガス切断または機械的な切断で切り落とし、その後母材表面が平滑になるようグラインダーで仕上げる。 その際、欠陥が母材内部まで達している場合は、適切な予熱を行って低水素系被覆アーク溶接またはガスシールドアーク溶接により補修溶接をし、母材表面をグラインダーで平滑に仕上げる。 (2)スタッドを除去した場合、打ち直しは隣接部に行うことを原則とするが、隣接部に打ち直しができない場合は不合格となったスタッドを除去した位置に打ち直しを行う。 (3)頭付きスタッドの軸部にのみアンダカットなどの欠陥が生じた場合は、その頭付きスタッドを除去しないでそのままとし、隣接部に新しい頭付きスタッドを打ち直す。 6.溶接不良の例 6-1 溶接不良の症状と原因1 外観不良の場合.

次の