引越し見積もり相場。 引越しの立ち寄りプランの見積もりと相場料金は?安い業者は?

山梨の引越し業者の見積もり相場.net

引越し見積もり相場

トラックの大きさ1トンあたりの引越し料金の相場 少し業界的な話になりますが、引越し業界にはトラックの大きさ1トンあたりに対しての料金相場というものがあります。 同市内などの近距離の引越しで、移動距離が10キロくらいまでの引っ越しに関しての引越し料金の相場です。 これはあくまでも4トントラック1台で引っ越した場合の話で、同じ荷物量の引越しでも建物の立地条件などで2トントラック2台でないと引越しができない場合もあります。 この相場はあくまでも基本料金に対してのもので、付帯サービス(荷造り、荷解き、エアコン脱着、電気工事、重量物搬送など)を含まない引越し料金の相場です。 また、中・長距離の引越しもこの範疇に収まりません。 引越しの見積もりはとても複雑なのです。 通常期には8万円だった引越し料金ですが、繁忙期には16万円が引越し料金の相場になっています。 繁忙期は2~4月といわれていますが、景気の具合やカレンダーの暦、休日の具合などで毎年その時期が変わります。 時間的な条件とは朝一番からの引越しを指定しないという意味です。 午後便、フリー便と呼ばれる引越しの前日まで引越しの作業開始時間がわからない契約の引越しです。 ハッキリ言ってです。

次の

単身(一人暮らし)の引越料金相場と費用を安くするコツ

引越し見積もり相場

【裏ワザ! それは5社以上のの引越し業者から、見積もりを取って料金を比較すること。 そこで利用したいのが 「引越し業者の一括見積もりサービス」です。 そんなことは知ってるよ、と言わないでください。 ここで紹介する 「引越し達人」は他の一括見積もりサービスとはひと味違います。 従来の一括見積もりサービスは、電話やメールで複数業者とやり取りしなければ料金の比較ができませんでした。 しかし、引越し達人は入力時間30秒の簡単な手続きをすれば、 その場で複数業者の「料金」と「サービス」を一覧で比較できてしまうのです。 8月に引っ越すなら、お盆前の8月1日〜12日がオススメ 【サカイ引越センター お得日カレンダー】 「赤字覚悟」と書いてあるピンクの日は、引越し料金が安くなる日になります。 その中でも 特に安いのが、お盆が始まる前の8月上旬(1日〜12日)です。 8月上旬は、繁忙期の3月と比べると 単身引越しで約5,000円、家族引越しで約2万円ほど安くなります。 お盆が始まる8月の13日〜(後半)になると、引越し業界の繁忙期に突入しますので、おおよそ10%ほどの値引きが適用されます。 8月1日〜12日の上旬(お盆前)までに比べると値引き率が下がってしまいます。 どうしてもお盆中にしか休みが取れなくて、お盆中にしか引っ越せない人は、早めに業者を探して予約しておきましょう。 予約が取れなくても最安値の料金がその場でわかる、下記の料金一括見積もりサービス「引越し達人」を使う事をオススメします。 しかし、料金相場と一言で言っても業者ごとに料金に差があるので、 引越し料金を比較しないと、5万円以上損をします。 今回、8月引越しの料金相場を• サカイ引越センター• アート引越センター• アーク引越センター• ハート引越センター の計4社から、「同一県内の単身・家族引越し」「同一県外の単身・家族引越し」と 同じ引越し条件で調査したところ、約55,000円以上も料金差がある事がわかりました。 【8月引越し 同都道府 県内 】 引越し業者 単身引越し 家族引越し サカイ引越センター 45,127円 76,337円 アート引越センター 42,097円 77,463円 アーク引越センター 37,595円 61,218円 ハート引越センター 34,548円 56,953円 県内の引越しだと、大手のアートと中小のハートで 20,510円も料金に差があります。 【8月引越し 同都道府 県外 】 引越し業者 単身引越し 家族引越し サカイ引越センター 78,132円 141,469円 アート引越センター 71,383円 124,423円 アーク引越センター 43,598円 86,354円 ハート引越センター 57,681円 108,473円 一方、県外への引越しにもなると大手のサカイと中小のアークで 55,115円も料金差が出ています。 県内・県外どちらも大手引越し業者が高くなっていますね。 大手の引越し業者が高い理由は、従業員が多く人件費がかかる事、CMなどの広告費が引越し料金に転嫁されている事が挙げられます。 「信頼度でいうと、やはり大手の方がサービスがいいの?」と思う人もいるかもしれませんが、 実は8月の引越しは一概に大手がサービスが良いと言えません。 なぜなら、 8月は一時的なアルバイト従業員が増えるので引越し作業に不慣れなスタッフに当たる可能性があるからです。 したがって8月の引越しは、 壊れてしまうと困るものは自分で運ぶなどの工夫が必要になってきます。 中小の引越し会社の中には、アルバイトを雇わずに少数精鋭で引越し作業をしていくスタンスの業者もいます。 それならば、手っ取り早く安い料金を比較しておきたいものです。 次に、料金を比較する際に便利なツールや引越し料金を安く済ませる方法をお伝えしていきます。 面倒な業者とのメールなどのやりとりをする前に、スマホやPCで見積もりを依頼してすぐにその場で料金がわかる事が最大のメリットです。 また、見積もりをとった引越し業者の口コミも合わせて見る事ができますので安かろう悪かろうの業者に引っかかる心配もありません。 管理人が「引越し達人」を使った際、都道府県内の家族引越しで 6万円ほどの値段だったのですが、結果的に2万円引きの4万円で引越しする事ができました。 ・・・入力時間30秒で、210社以上の引越し業者の料金を簡単比較 引越し達人を使うと 引越し料金を最大55%安くすることが可能になり、オプションサービスや口コミ評判もその場でチェックできます。 引越しが決まったらまずは「引越し業者の無料一括見積もりサービス」を試してみてくださいね! 8月3日• 8月4日• 8月5日• 8月6日• 8月11日• 8月12日 が引越し料金が安くなる狙い日です。 実際には仏教などで 8月の引越しを禁忌といて扱っているわけではありません。 風習(お盆でご先祖が帰ってくるので引越してはならない)• 夏土曜(お盆の頭は農業などに影響するから土を動かしてはならない) 「8月に引越してはいけない」という縁起話は、このような理由からくるものでしょう。 もし気になるようであれば、「お盆(8月13日〜15日)は避けておく」くらいの気持ちで良いでしょう。 エアコンの取り付けは早めにお願いしましょう 8月に引越しを決める際、 自分が依頼する引越し業者にあらかじめエアコンの取り付けが同時に行えるのか必ず聞いておきましょう。 もし別途エアコン取り付け専門業者にお願いする場合、8月はエアコンの取り付けの需要が高まるため工事が非常に混み合います。 新しいエアコンに買い換えたりして手配が遅れると 2週間以上待たされる事があるので注意しましょう。

次の

引越し費用の相場と総額料金の目安

引越し見積もり相場

山梨の引越し業者の見積もり相場. net 山梨の引越し業者の見積もり相場. net 山梨で営業している引越し屋さんのタイプは様々です。 引越し専門の業者もあれば、運送業者の引越し部門や、便利屋さんが引越し作業や家具移動のサービスにも対応しているケースなどがあります。 どの様な作業や価格を求められているかで、皆さんそれぞれにとってどの業者が最適かは変わります。 私は以前、引越し屋さんで作業員と営業マンをしていましたが、その経験から皆さんにお伝えしたいことは、とにかく複数の業者に見積もり依頼をして、作業内容や料金を比較検討することの大切さです。 当サイトでは以下のステップを山梨の皆さんにおすすめしています。 で料金の相場を把握する( )• から見積もり依頼をする• 3~5社の見積もりを必ずもらい、途中でいずれかの業者と契約しない• 内容が気にいった業者があれば、最安値の業者の金額より下げられるかを確認する 1.の相場簡単検索サービスは当サイトが作成しました。 過去に引越し業者で営業マンや作業員をしていたメンバーが監修していますから、実際の相場にかなり近いはずです。 引越しの経験が少ない方が多い為に、引越しの見積もりはどうしても営業マン主導で進みますから、相場を事前に把握してもらうことによって、 法外な金額で契約させられるリスクを減らしてもらうのが目的です。 2.の一括見積もり依頼サービスは、一度の条件入力で複数の引越し業者に自動的に見積もり依頼を送信できるので、個別に連絡先を調べて電話などをする手間が省けます。 また、 このサービスの各参加業者は過去の経験上、一括見積もり依頼サービス経由のユーザーは他社にも見積もり依頼をしていることを知っているので、契約をとるためにライバルよりも安い値段を最初から提示しようとして、相場が下がる効果が期待できるんです。 3.の途中でいずれかの業者と契約しない・・・というのは、引越し業者の営業マンは契約をとるのに必死で、あの手この手で即決を皆さんに迫るんです。 その際、「もうこれ以上値引きは出来ないくらいの底値を頑張って出した」という風な演技をするのですが、 実際は底値ではないことがほとんどなんです。 ですから契約は決してせずに、心を鬼にして(笑)必ず各社の営業マンをいったん帰して欲しいのです。 4.の内容が気に入った業者があれば・・・というのは、 決して値段だけで引越し業者を選んで欲しくないという思いからです。 引越しはトラブルや破損が多いです。 トラブルの主なものは到着時間や作業時間の遅延です。 破損に関しては家財や家屋を傷つけたりして、その補償の仕方が問題になります。 見積もり時に各社の営業マンに、これらについて質問してやって欲しいのです。 万が一破損などが起こった場合は、営業マンが窓口になって対応する業者が多いので、営業マンの回答内容で業者を決定するのが良いと思います。 ただ、値段が安いことも大事ですよね。 なので、最安値の業者の値段以下にできるかどうかを、その気にいった引越し業者の営業マンに確認して値段を下げてもらえると、内容も値段も両方納得の引越しが実現するということになります。 一般的な引越し専用の入力フォームになっていますが、引越しを伴わない作業(家具・家電や荷物の移動、ピアノ・金庫などの重量物運搬、ユニック・クレーン作業、荷物の一時保管、自動車・バイクの陸送など)のご依頼でも大丈夫です。 引越しを伴わない場合は、引越しされる人数は大人1名などを適当に選んで先に進んでください。 最後のページの「その他ご要望」欄に引越しを伴わない旨を記入してください。• 荷物の項目に無い物の運搬を依頼する場合は、具体的なご依頼内容を「その他ご要望」欄に記入してください。 同一敷地内での家具移動などをご希望の場合は、「引越し先のご住所」は現住所と同じものを選択・記入してください.

次の