お待ちいただける。 車でもお待ちいただけるようにコールベル導入

【楽天市場】キングジム アルコールディスペンサー「テッテ」 TE500シロ※2020年10月中旬入荷分予約受付中(ノースウェブ)

お待ちいただける

「待って」と言う時の主体(主語)の違い 「待って」という言葉を使う時に、「自分が主体」か、「相手を主体」にするかで言い方が変わってきます。 自分の都合で待ってもらうわけです。 「お待ちいただけますか」を分解すると、「待つ」+「いただきたい」=「待つこと」を「していただきたい」と相手に要望しているので、主体は自分の方にあります。 「お待ちいただけますか」は主体は自分にあるのですが、丁寧にお願いしていることから、謙譲語と呼ばれています。 主導権は相手にあり、相手が待つ時間をくれるという意味で、尊敬語になります。 相手が〇〇してくださる=尊敬語 「待ってもらう」の丁寧な言い方は? 待ってもらうの丁寧な言い方の使い方の例としては、• もうしばらくお待ち下さい• もうしばらくお待ちいただけますでしょうか• もうしばらくお待ちいただけると助かります などの言い方があります。 あまりに丁寧すぎると日本語としてあまり使わない言葉になり、違和感が出てくるので、 自分が相手にお願いする場合の丁寧な言い方は、 「もうしばらくお待ちいただけますでしょうか」が、謙譲語としては一番シンプルにまとまっていると思います。 迷ったら「もうしばらくお待ちいただけますでしょうか」でOK! 相手からの許可を求める場合の丁寧な言い方は、 「申し訳ありませんが。 もうしばらくお待ち下さいますようお願いいたします。 」 などの言い方になります。 申し訳ありません。 と、枕詞をつけると効果的になりますね! まとめ 日本語って微妙なニュアンスが色々あって難しいですよね。 多少日本語がおかしくても、言葉の裏にある想いが伝わるので、普通にコミュニケーションは成り立ちます。 もし言葉の使い方に迷った時は、今回のように言葉を分解して、言葉の主語は自分か相手のどちらにあるのかと考えると理解できることがあります。 「お待ち下さい」 =「待つ行為」 を 「してくださいませんか」 =「主語は相手」 この方法は、他の言葉にも使えますので、是非使ってみて下さい!.

次の

外でお待ちいただけるようになりました!

お待ちいただける

2.文末の表現を「基本形」「疑問形」「命令形」などに変化させて比較してみる。 「この問題についてお考えいただく」と「この問題についてお考えくださる」を比べてみましょう。 「お考えいただく」は「依頼」、「お考えくださる」は「感謝」の気持ちが感じられますが、命令として「お考えいただきたい」「お考えください」と使った場合には、こちら側からの依頼が含まれる「お考えいただきたい」の方がきつく感じられると思います。 やはり「いただく」にはこちらの思いが強く含まれていることがわかります。 例文の「少々お待ちいただけますか」と「少々お待ちくださいますか」は、「〜か?」という疑問形=依頼の表現です。 「こちらからお願いして待ってもらう」のですから「お待ちいただく」という表現の方がふさわしいということになります。 相手から「待たせてもらいます。 」と意思表示された場合には「お待ちくださる」と表現するのがよいでしょう。 「くださる」は相手の気持ちを受けるので「えっ、お待ちくださるのですか!?」「私みたいな者を好きだといってくださるのですね・・」という感情的な表現ができるということです。 逆に「〜くださる」がなじまない場合があります。 たとえば、こちらから無理にお願いして何かをしてもらう場合です。 「手伝っていただけることになりました」とは言えますが、「手伝ってくださることになりました」とは言えません。 後者の表現では、相手が自主的に手伝おうとしているように感じてしまうので、ニュアンスが違います。 整理すると以下のようになり、「いただく」「くださる」にはそれぞれ3つの基本的な意味があることがわかります。 A.待っていただく(依頼) B.お待ちいただく(依頼) C.お菓子をいただく(もらうの謙譲表現) A.待ってくださる(尊敬・感謝) B.お待ちくださる(尊敬・感謝) C.お菓子をくださる(くれるの尊敬表現) どちらにしても相手に対する働きかけの表現なので、「すみませんが、そこの本を取っていただけませんか」と「すみませんが、そこの本を取ってくださいませんか」などのように感謝や尊敬の気持ちをこめて依頼する一般的な行為には、厳密な使いわけは必要ないといえます。 「こちらが無理にお願いする場合」「相手がぜひしたいと意思表示してくださった場合」に限り使いわけるのが自然でしょう。 書面で表現する場合ならともかく、その場でぱっと表現しなければならない会話の中では、現在ではこの2つの表現はほぼ同じ意味あいを持っていると言えるでしょう。

次の

「お待ちください」は正しい敬語なのか?意味と使い方、例文、類語を徹底解説

お待ちいただける

「お待ちください」の意味と例文 「お待ちください」の意味は「待ってくれ」 「お待ちください」とは「待ってくれ」を意味する言葉です。 ビジネスシーンでは取引先や、上司などの目上の人へ使用されます。 例えば、「お調べいたしますので、少々お待ちください」という例文。 上記は、「調べるから少し待ってほしい」を意味しており、相手へ「待ってくれ」と伝える状況で使用できます。 「お待ちください」は丁寧語を使った言葉 「お待ちください」は丁寧語を使った敬語表現です。 「お待ち」の「お」は、丁寧な表現を表す「接頭語」の「御(お)」であり、「ください」は「くれ」を丁寧語で表した言葉となります。 「お待ちください」を使った例文• もうしばらくお待ちください• お待ちくださいますよう、お願いいたします• 丁寧に表現したとはいえ、目上の人へは「感じが悪い」「生意気だ」と捉えられることがあるため、使用は控えましょう。 「お待ちください」以外に「待ってほしいこと」を表す言葉には、「お待ちいただけますか?」や「お待ちいただけますようお願いいたします」などがあります。 目上であっても親しい間柄や、相手の受け取り方によって失礼ではない場合もあるため、相手と状況によって使い分けましょう。 「お待ちくださいませ」で表現を柔らかく 「お待ちください」の使い方の1つが「お待ちくださいませ」です。 「お待ちください」は命令形であるため失礼と捉えられることがあると説明しましたが、「ませ」を加えることで柔らかい表現となります。 丁寧な「お待ちくださいますようお願い申し上げます」 「お待ちください」を丁寧にした表現が「お待ちくださいますようお願い申し上げます」です。 「お待ちください」の後ろに「お願い申し上げます」を加えることで、丁寧に「待ってほしい」とお願いする表現になります。 ただ、丁寧な表現であるものの、「お待ちください」が命令形であることに変わりはありません。 失礼と捉えられる危険がある場合は、「お待ちください」を「お待ちいただく」に代えて、「お待ちいただけますよう、お願い申し上げます」へと言い換えてみましょう。 「お待ちください」のメールでの使い方 ビジネスメールで「お待ちください」は使用を控えた方がいい 「お待ちください」はメールでも使えますが、使用は控えた方がいい表現です。 メールや手紙などの書き言葉は、自分の声色や表情が伝わらない分、話し言葉よりも丁寧な表現を心がける必要があります。 「お待ちください」は命令形の言葉であり、「お待ちくださいませ」などの柔らかい表現を使用したとしても、与える印象が悪くなる可能性があります。 「お待ちいただけますようお願いいたします」や「お時間いただきたく存じます」を使用するようにしましょう。 「お待ちください」をメールで使う場合は「理由や返信期間」を記す メールで「お待ちください」を使用する場合、単に「お待ちください」と記すのは丁寧ではありません。 「待ってほしい理由」や「いつまでに返事をするか」を、「お待ちください」に加えましょう。 例えば、「現在、調査中のため今しばらくお待ちいただけますようお願いいたします。 調査結果に関しましては、明日の10時までにご連絡いたします」という例文。 上記のように「理由」と「返信期間」を記すことで、相手に丁寧な印象を与えるだけでなく、スムーズなやり取りが可能となります。 「お待ちください」への返信は簡潔に 「お待ちください」に対する返信は、簡潔になるよう心掛けましょう。 連絡を待ちわびる気持ちもあるでしょうが、なにかしらの理由から「待ってほしい」と言われているのですから、相手を焦らさないなめにも何度も連絡をするのは控えてください。 返信内容としては、「お返事いただきありがとうございます。 調査中とのこと、承知いたしました。 よろしくお願いします」のように、お礼と承諾の言葉を記しましょう。 「お待ちください」の英語表現 「お待ちください」は英語で「Just a moment」 「お待ちください」は英語で「Just a moment」と表します。 「moment」とは「一瞬」を意味する単語で、「少々お待ちください」と言いたい状況で使用できます。 また、「Please」を加えた「Just a moment, please」だと、より丁寧な表現になるため使用してみましょう。 英語のメールで「お待ちください」は「Would it be possible for~」 メールで使用できる「お待ちください」の英語表現は、「Would it be possible for~」が適しています。 「Would it be possible for~」は、とても丁寧に依頼をするときの表現であるため、メールでの使用に適しています。 たとえば、「Would it be possible for you to wait by next week? 」という例文。 上記の文章は「来週までお待ちいただけますか?」という意味になります。 まとめ 「お待ちください」とは「待ってくれ」を意味する言葉で、「お待ちくださいませ」や「お待ちくださいますようお願い申し上げます」などの使い方をします。 ビジネスシーンでも使用できる表現ですが、命令形であることから失礼と捉えられる場合があります。 とくに、メールなどの書き言葉では声色等が伝わらないため、「お待ちいただけますようお願いいたします」などに言い換えましょう。

次の