校舎 の うら に は 天使 が 埋め られ て いる ドラマ。 校舎のうらには天使がの結末のネタバレ!最終回の展開がヤバイ!

校舎のうらには天使が埋められている全巻無料のzip・rarダウンロード以外のやり方

校舎 の うら に は 天使 が 埋め られ て いる ドラマ

Contents• 【校舎のうらには天使が埋められている】5巻までのあらすじ 赤ヶ瀬小学校4年2組は学校で一番楽しくて、先生からも評判のいいクラス。 担任の木戸先生も自分のクラスを誇りに思い、児童たちを信頼し、愛していました・・・ でも、4年2組にはある大きな秘密が・・・ それは、 蜂屋あいが決めた 「わんこ」をみんなでイジメて弄(もてあそ)ぶことでした。 あいが 「今日なにしてあそぶ?」と言ったときは、 今日どんないじめをする?という意味でした。 「最初のわんこ」の 曽良野まりあが不可解な事故死をした後(実際には自殺)、あいの策略で転校生の 後堂理花が 「二代目わんこ」にされ、ひどいイジメを受けます。 そして、「二代目わんこ」の理花をかばった 浜上優が、 「三代目わんこ」にされました。 また、優をイジメから救おうとした、4年3組の 野呂瀬先生も罠にはめられて休職処分を受けます。 3年前の事件のトラウマからなのか、時々記憶があいまいになってしまう・・・ 浜上 優(はまがみゆう) 光本菜々芽と同じ中学に入学し、同じクラスに所属。 彼女の持ち味であるその優しい性格は、中学になっても菜々芽の心の支えとなっている。 華ヶ崎 愛子(はながさきあいこ) 菜々芽や優と同じクラスの清楚な美少女でクラスの人気者であるが・・・ 実はその裏で、残酷ないじめやあやしい『ビジネス』をしていた。 その二面的な性格と綺麗な顔が蜂屋あいと酷似しているが、何者かによって殺されてしまう・・・ 火堂 流星(ひどうりゅううせい) ヤンチャ系の男子でいじめに積極的、とくに望月景太を執拗にイジメている。 父親は影の総理とも呼ばれる大物政治家・・・ 氷室 怜(ひむろれい) クールで成績優秀なイケメン男子だが、実は・・・? 神崎 萌(かんざきもえ) オシャレでかわいい氷室の彼女だが・・・ 望月 景太(もちづきけいた) おとなしい性格の少年で、クラスからいじめを受けているが、内面には燃えるような復讐心を秘めている・・・ 春日 新(かすがあらた) 浜上優の所属する美術部の優しくてどこか頼りない先輩だが、彼にはある重大な秘密が・・・ 一文字 衡(いちもんじまもる) 菜々芽のクラスの担任教師。 若くて爽やかなイケメン教師だが、実はロリコン変態教師・・・ 鳥羽 香織(とばかおり) 月見ヶ峰の殺人事件を調べる美人刑事で、最初は菜々芽のことを疑うが・・・ 近藤 泉(こんどういずみ) 元・赤ヶ瀬小4年2組:かつて菜々芽に救われた美少年。 リア充狩りに襲われかけた中西たちを助ける・・・ 中西 健太(なかにしけんた) 元・赤ヶ瀬小4年2組:無口な性格だが、菜々芽に勇気をもらった一人。 現在は私立赤ヶ瀬中学に通い、後堂理花とゆっくりつき合っている・・・ 後堂 理花(うしろどうりか) 元・赤ヶ瀬小4年2組:4年生の時は転校直後二代目ソラにされていじめを受けていた。 最近、この周辺の中学校のカップルばかりが、襲われているらしい・・・ 二人が次の授業がある音楽室に入ると、 華ヶ埼愛子が得意のピアノを弾いていたが・・・ そこでは、数名の生徒に対するいじめが行なわれていた・・・ 「やめろ!」 と菜々芽は叫んだ・・・ 中学になっても、相変わらず存在する「いじめ」・・・ 満面の笑みを浮かべながらピアノを弾いている愛子の顔は、驚くほど 「蜂屋あい」に似ている・・・ クラス一の美少女で人気者の愛子は「いじめのリーダー」でもあった。 菜々芽は愛子の中に「蜂屋あい」を見ていた・・・ 菜々芽は、優の所属する美術部で人物画のモデルになったが、帰りは優とクラブの先輩の春日が一緒に帰ることになったが・・・ 帰り道、二人は「リア充狩り」に襲われてしまう・・・ スタンガンを受け倒れ込む春日・・・ だが、間一髪のところで菜々芽が助けに来て、警察にも通報してくれた。 「リア充狩り」について、愛子が何か絡んでいると疑った菜々芽は、放課後、愛子と2人きりで会う約束をしたが・・・ 約束の場所に行って、モミの木の下に目をやると、白い手が土の上から突き出ていた。 菜々芽が夢中になってそれを掘り起こすと、華ヶ崎愛子の死体だった・・・ 第二十三話:贄(に) 愛子の死体を見て、気絶する菜々芽・・・ 翌日、愛子の遺体発見事件は、TVで報道され、美人刑事の 鳥羽香織が菜々芽から事情聴衆を取った。 記憶が曖昧で当時の状況がよく思い出せない菜々芽だったが、担任の一文字が執拗に質問を繰り返す刑事からかばってくれた。 一方、クラスでは、菜々芽が愛子の殺人犯だという疑惑が・・・ 4年2組で菜々芽は「死神」と呼ばれていたが、月ヶ峰学園では「魔女」と呼ばれる・・・ 放課後、火堂たちから「魔女裁判」だといって、菜々芽は体育館の倉庫で両腕を縛られ性的イタズラをされそうになったが、担任の一文字が来て助けられた。 これで一安心の菜々芽だったが、今度は一文字が菜々芽に襲いかかってきた・・・ すると、後ろから何者かが一文字の頭を人体模型で思いっ切り殴る。 頭から血を流す一文字を見て、菜々芽はすぐに救急車を呼びに行ったが、現場に戻ると、一文字はノドにナイフを刺されて死んでいた。 第二十四話:惨(さん) ある少年の「蜂屋あいとの思い出」回想シーン・・・ 父親から虐待を受けている、ある少年が蜂屋あいと初めて出会った時の思い出。 SNSでも3年前に4年2組で起きた事件の真相が歪められて拡散していった・・・ また、「リア充狩り」は月見ヶ峰の生徒らしいという噂までもがSNSに流れている。 それを見た、リア充狩りのグループは、警察も動いているので面倒なことにならないようにしばらく活動を中止することにした。 蜂屋あいの亡霊はどこまで光本菜々芽に付きまとっていくのか? 最終話のラストのシーンは見逃せません・・・ 【校舎のうらには天使が埋められている最終回】の感想は? 【校舎のうらには天使が埋められている】全7巻大人買いして一気に読みました・・・ この漫画の舞台はエレメンタリーではありますが、蜂屋あいの邪悪な感性は「悪魔」そのもので本当怖すぎますね・・・ 最初は陰湿で残酷な「いじめ物語」でしたが、いつの間にかその領域を超えて「サスペンス・ミステリー」、そして、「ホラー」にまで昇華してしまいました。 作画の綺麗さとキャラクターの萌ぐあいとコントラストして、その内容のあまりのエグさに、この作品の評価は賛否両論に分かれるでしょうね。 続編【校舎の天では悪魔が嗤っている】とは? ラストの終わり方から、これは続編もあるのでは?と思ってまいたが、それがあるんですよね・・・ 【校舎の天(そら)では悪魔が嗤(わら)っている】 この漫画は、別冊フレンドからヤングマガジンへ鞍替えして連載が始まり、12月20日に待望の第1巻が発売されました!! 物語の舞台は昭和45年・・・ この時代設定は、4年2組の児童たちの祖父母世代のお話しな感じです。 主人公の名前は、 近野 航(こんのわたる)、彼は幼くして両親を亡くし、弟と妹との三人は親戚をたらい回しにされて育ちました。 航が生活の苦しさゆえに高校を中退しようと考えていた矢先・・・ 担任から、全寮制・授業料免除・生活費支給の「超名門エリート校」への編入を勧められます。 そして、その超難関を見事突破! とてつもない好条件で編入できるエリート校であったが、その場所は離島にあり、航以外は全員女生徒・・・ お城のような校舎への初登校の日、航は校庭の草むらの陰でクンニをしている女生徒二人を見かけます・・・ かなり変わった校風に面食らってしまう航だったが、3年間の間、必死に努力しようとしていた。

次の

【校舎のうらには天使が埋められている最終回】ネタバレ結末と続編は?

校舎 の うら に は 天使 が 埋め られ て いる ドラマ

見どころ 小学校が舞台となるイジメ漫画なんですが、個人的には 力作だと思っています。 「むこうでは友達いっぱい作りなよ・・!」 とたった一人の親友に見送られて赤ヶ瀬小学校の4年2組に転校してきました。 親友の言葉どおり、 「新しい学校で、新しい自分にかわりたい! 」 と引っ込みじあんの性格を克服しようと頑張りますが、 そう簡単には変われません。 なかなか新しいクラスに馴染めないでいる理花。 しかし・・そんな理花に最初に声をかけてくれたのは、 勉強も運動もできて、天使のような完璧美少女の 蜂屋あいちゃんでした。 クラスの輪になかなか入れない理花を何かと気遣ってくれたのです。 とにかく あいちゃんは素敵な女の子でした。 あいちゃんと接することで少しづつ自分に自身を持ち始める理花。 「わたし・・今度は新しい自分に変われるかもしれない・・!」 あいちゃんのおかげで理花の学校生活は順調に進むと思われた矢先・・・ 大ドンデン返しが発生しちゃいます! 親友に慣れたと思っていたあいちゃんが、 クラスのいじめグループの ボスだったのです・・・ 理花に対し、親切に接していたのは、よりイジメを楽しむための長い前フリだったということです。 何年たとうがどんなルールを作ろうが人の世で「イジメ」は絶対に無くなりませんよね! ましてや、発覚したら仕事や世間の評価が下がる学校や教師に「イジメ」の解決なんて出来るはずもない。 イジメなしを謳う学校スローガンには虫ずが走ります。 中学生活まで続いたイジメサスペンスは、 始めは理花が主人公だと思っていましたがその後、主役が代わって、全体を通してみてみると、 菜々芽と あいの抗争に一番重点が置かれたストーリーになりました。 実は、5巻で「校舎のうらには・・」の小学生編が終わるのですが、 小学生編の最後に大変な事件が起こるんです・・・ そして、人が亡くなります。 6巻からの中学生編で主に活躍するのは菜々芽となりますが、 大ボスあいちゃんの存在も気になるところ・・・ この辺は本編で確かめて下さい! そして・・ 7巻の最後には高校の入学式に出席する菜々芽の姿が描かれていて、 その後姿を追って例の彼女が登場するんです。 あの天使のような笑顔を見せて・・・ ここまで来たら・・是非・・高校生編を期待します。

次の

校舎のうらには天使が埋められている

校舎 の うら に は 天使 が 埋め られ て いる ドラマ

4,860 views• 3,770 views• 3,340 views• 2,350 views• 2,200 views• 2,030 views• 1,870 views• 1,860 views• 1,790 views• 1,750 views• 1,670 views• 1,520 views• 1,480 views• 1,470 views• 1,420 views• 1,350 views• 1,340 views• 1,330 views• 1,300 views• 1,180 views• 1,120 views• 1,100 views• 1,090 views• 1,080 views• 1,070 views• 1,060 views• 1,040 views• 1,040 views• 1,000 views• 960 views• 950 views• 940 views• 860 views• 800 views• 780 views• 770 views• 760 views• 750 views• 750 views• 750 views• 730 views• 710 views• 700 views• 700 views• 700 views• 690 views• 690 views• 660 views• 660 views• 660 views•

次の