エッセンシャル。 “エッセンシャル・ワーカー”の新型コロナでの死を他人事にしないために(水島宏明)

エッセンシャルライト ジャパン プロジェクト

エッセンシャル

新型コロナから私たちを守るために働いている人たちがいる。 医師や看護師などの 医療従事者や保健所、厚生労働省や各自治体で病床の確保に努める人たち。 加えて、私たちが続ける三密を避ける生活を支える人たち。 「テレワーク」で職場から離れて働くことを余儀なくされ、頼りがちな 宅配便やデリバリー・サービス。 それを 配達をする人。 公共バスを運転する人。 駅のエスカレーターの手すりを拭いてくれる人。 公共トイレを掃除してくれる人。 スーパーやコンビニでレジを打つ人。 それらの人たちがいまこう呼ばれている。 エッセンシャル・ワーカー(Essenntial workers) 考えてみれば私たちの回りには エッセンシャル・ワーカーが数多く存在する。 4月14日(火)NHKのニュース番組『ニュースウォッチ9』が特集した。 「患者の治療にあたる医師や看護師、スーパーのレジ係、公共交通機関の職員、どれも私たちの社会を支える必要不可欠な仕事でこうした仕事を担う人たちを海外では『エッセンシャル・ワーカー』と呼びます」 「必死な思いで社会を支える、そのエッセンシャル・ワーカーの間でいま感染したり、死亡したりする人が相次いでいます」 特集ではフランスのマクロン大統領がこうした人たちの職業を挙げて感謝の言葉を述べている映像を放送した。 (仏マクロン大統領) 「 農家、教職員、トラック運転手、配送業者、電気工、レジ係、ごみ収集員、警備員、清掃員、公務員。 みな社会生活が続くことを可能にしてくれた」 4月13日夜、マクロン大統領は国民向けのテレビ演説の冒頭で、社会を支えるエッセンシャル・ワーカーの名前を列挙して感謝の言葉を述べた。 (仏マクロン大統領) 「私たちは 努力を続けなくてはならない。 規則を尊重すれば、より多くの命が救われる」 こう呼びかけて外出制限を来月11日まで延長すると発表した。 WHOも13日、外出制限の措置について解除は慎重に判断すべきだと警鐘を鳴らした。 (WHO・テドロス事務局長) 「新型コロナの感染はとても早いスピードで拡大するが縮小するペースはもっとかなり遅い」 「感染拡大防止の措置の解除は ゆっくり実施しなければならない」 外出制限が長引く一方、宅配業などで働き、 社会や市民生活を支えているエッセンシャル・ワーカーは日々現場に出て「感染のリスク」にさらされている。 アメリカのミシガン州でバスの運転手として働いていた ジェイソン・ハーグローブさん。 NHKではアメリカABCニュースの独占映像を使ってハーグローブさんについて紹介した。 SNSで感染への恐怖を訴えていた。 冒頭の画像はそのときのものだ。 (ジェイソン・ハーグローブさんがFacebookに投稿した動画) 「(乗客の中には) バスの車内で口を覆わずに何度もせきをする人もいる。 (新型コロナが)世界で流行していると知りながら それを気にしない人もいると分かった」 動画を探してみると筆者も8分半ぐらいの長さの彼の語りを見ることができた。 ハーグローブさんは頭に手を置いて「いかにも困った」という表情で話している。 善良そうな人柄が動画からでも伝わってくる。 ショッキングだったのはこの後だ。 動画を投稿した11日後に彼は死亡した 彼がバスの車内でマスク姿で写っている画像とともに、「新型コロナウイルスが原因だったとされています」と番組はその事実を伝えた。 カメラに向かって困惑した表情で話している彼がたった11日でこの世を去ってしまうとはこのウイルスはなんと恐ろしいのか。 ハーグローブさんの妻は、エッセンシャル・ワーカーの感染を防ぐには多くの人の協力が必要だと訴えた。 (ハーグローブさんの妻) 「私は夫がいなくなって寂しい。 子どもたちは永遠に父親を失った。 良人は市民のために働いていた。 みなさんにお願いしたい。 夫の死を無駄にしないで」 妻や子どもたちらと一緒に写っている写真で、ハーグローブさんは静かに微笑む表情だ。 アメリカでは彼のようなエッセンシャル・ワーカーの感染や死亡が相次いでいる。 小売り大手(スーパーマーケット)の ウォルマートではイリノイ州の店舗で働いていた2人の従業員が感染して死亡。 ニューヨーク州では、地下鉄やバスの運行させる 都市交通局の職員のうち約1500人が感染、40人以上が死亡。 エッセンシャル・ワーカーは 全米で4900万人~6200万人で 労働者全体の3割~4割を占めると推計されているという。 スタジオの冒頭から医療従事者、宅配業者、スーパーの従業員、介護の仕事にかかわる人、バスの運転手など公共交通機関で働く人などを強調して「私たちの社会が感染のリスクを背負う人たちに支えられている」と伝えていた。 ハーグローブさんの特集のVTRの後で2人のキャスターがしみじみと語っていたコメントが印象的だった。 (和久田麻由子キャスター) 「 私たちの社会を支えるためにリスクを背負いながら働くみなさん、 その 役割の大きさに改めて気づかされますね」 (有馬嘉男キャスター) 「聞いているとみなさん、 本当に強い責任感と誇りをもって仕事をされているんだなと来ますよね。 ただ、その分、感染のリスクが高まってしまうことは本当に厳しい現実だなと思いました。 アメリカではこうした エッセンシャル・ワーカーを守ろうとスーパーなどを利用する客の方がマスクをしないといけない、マスクを義務づけるという 動きが出ているそうです」 日本はエッセンシャル・ワーカーの人たちを大切にする社会にしていきたい。 そうした人たちを感染させないようにマスクをしたり、せきをするときはマスクで覆う。 一定の距離を置くことなどに努めたい。 少なくとも宅配で物を運んできた業者の人にいきなりスプレーをふりかけるなどの行動を謹んで、働く人たちへの尊敬と感謝を伝えながら、お互いに感染防止を意識していきたいと思う。 ニュースからの転載.

次の

花王株式会社 エッセンシャル

エッセンシャル

新型コロナウイルスの流行を収束させるため、各国でロックダウンや外出自粛などの政策が講じられています。 エッセンシャルワーカーにあたる職業 では、具体的にどんな職種がエッセンシャルワーカーにあたるのでしょうか? 代表的な例として挙げられることが多いのが、医師や看護師、薬剤師、介護士などの医療・介護従事者です。 新型コロナウイルス感染者のみならず、医療や介護を必要とする方にとって、必要不可欠な存在です。 私たちの命と健康を守ってくれている存在ですから、イメージしやすいのではないでしょうか。 また、宅配便の配達員や運送業者・郵便局員などの流通に従事する人、スーパーやドラッグストアなどの小売業に従事する人、公共交通機関で働く人、電気やガス・水道・通信などインフラ業に従事する人、消防員や警察官、公務員などもエッセンシャルワーカーです。 エッセンシャルワーカーを巡る企業の活動 世界では、エッセンシャルワーカーを励まし、感謝の意を伝える取り組みとして、商業施設やビルをブルーにライトアップしたり、毎日決まった時間に拍手を送ったりするムーブメントが広がっています。 エッセンシャルワーカーを従業員として抱える企業のなかには、独自に従業員への感謝と応援の取り組みを始めたところも。 また、エッセンシャルビジネスではない業種からも、エッセンシャルワーカーへの支援や応援に乗り出す企業が出始めています。 新型コロナウイルス流行時のこうした企業の取り組みは、それが目的ではなかったとしても、結果的に企業イメージのアップにつながっています。 いくつかその事例を見てみましょう。 総額3億円を従業員に支給した「ライフ」 いち早く、新型コロナウイルスの感染流行に対して対策を講じたのが、近畿・関東を中心にスーパーマーケット「ライフ」と展開している株式会社ライフコーポレーションです。 スーパーマーケットは、外出自粛要請が出た後も、市民の生活に欠かせない存在です。 新型コロナ流行下では、外出自粛によって通常よりも多くの客が来店し、店舗は混雑、従業員の業務負担も増大しました。 こうした事態を受け、ライフコーポレーションでは社員だけでなくアルバイト・パート従業員約4万人に対して、「緊急特別感謝金」として総額3億円を支給することが報じられました。 参考: ライフではこの他にも、5月7日には店舗の衛生環境の維持と従業員の体と心のリフレッシュを目的とした臨時休業を実施しています。 エッセンシャルワーカーでもある従業員を守る姿勢を明確に打ち出したライフコーポレーションは、「緊急特別感謝金」の支給が発表された後、4月後半には5年ぶりの株価高値を記録しています。 画像出典: このように、エッセンシャルワーカーを従業員として雇用する企業の取り組みが、企業イメージを向上させ、結果的に株価にも影響を与えることもあるのです。 「この企業は、従業員のことを考えてくれる」というイメージを結果的に多くの人に広げているという点を考えれば、ライフコーポレーションの取り組みは、株価だけでなく、今後の雇用にも良い影響を及ぼしているとも考えられるでしょう。 参考: 家賃無料で部屋を提供した「OYO LIFE」 画像出典: もちろん、エッセンシャルワーカーを雇用していない企業でも、エッセンシャルワーカー支援・応援のための取り組みは可能です。 2020年4月24日に医療従事者に対して50人分の部屋無償提供を発表。 5月18日にも第2弾として、医療従事者やエッセンシャルワーカーに対して100室の部屋を無償提供することを発表しました。 第一弾では医療従事者に限定していた部屋の無償提供を、第二弾では小売や物流など医療従事者のみならず「エッセンシャルワーカー」全体に広げて開始したこの取り組み。 2019年にヤフーと合弁会社を設立して、新しい価値観のサービス(OYO LIFE)提供を始めた企業として、知名度の向上にも一役買うことが期待されます。 OS OSとはOperation Systemの略称です。 パソコンやスマートフォンで操作した内容をアプリケーションに伝える役目を担っています。 パソコン用ではwindowsやMac OS、スマートフォンではiOSやAndroidが有名です。

次の

“エッセンシャル・ワーカー”の新型コロナでの死を他人事にしないために(水島宏明)

エッセンシャル

ルベル 11107• KUR 2288• ヘアシーズンズ 3967• LUX 6628• ウエラ 1460• パンテーン 3896• ケアトリコ 1498• コラージュフルフル 2045• メリット 3258• TSUBAKI 1508• ダヴ 2438• サクセス 1669• いち髪 1860• サムライウーマン 979• パックス 605• セグレタ 833• シルク 732• ハーバルエッセンス 938• アジエンス 561• ファイブハーブス 349• マシェリ 869• プリグリオ 400• SALA 793• ピュアナチュラル 376• カウブランド 785• ヴィダルサスーン 332• 海のうるおい藻 735• キュレル 567• スーパーマイルド 543• ナイーブ 12• 水分ヘアパック 13• 薬用スカルプD 425• ニュートリティブ 107• 植物物語 54• モッズヘア 88• フィーノ 3• プロテクト 261• アイケア 268• ウル・オス 157• ケアテクト 4736• シーブリーズ 1090• ソープ オブ ヘア 333• ソフトインワン 1120• ディーセス 2743• ナノサプリ 1301• ハホニコプロ 125• ボタニスト 344• ミレアム 591• Re: 748.

次の