いわき 市 ハザード マップ 洪水。 【福島県大雨】いわき市夏井川が氾濫!場所はどこ?現在の水位状況は?

洪水ハザードマップ

いわき 市 ハザード マップ 洪水

「大久川周辺にお住まいの方や福島県いわき市在住の方も最新情報を把握しつつ事前対策にお役立てください。 」 大久川 氾濫危険水位に達した場所 まず初めに 氾濫危険水位に達した大久川の場所についてみていきます。 大久川の場所は以下地図から確認することができます。 【場所】福島県いわき市 大久川 現在の水位をライブカメラ映像で確認 大久川の場所が分かったところで 早速 大久川の現在の水位をライブカメラ映像で確認していきたいと思います。 福島県いわき市を流れる大久川の現在の水位についてはライブカメラが設置された以下サイトからリアルタイムで確認することができます。 また、氾濫、浸水状況や洪水被害もライブカメラで確認しつつ河川水位については「ヤフー水位情報」からも確認することができます。 道路・河川ライブカメラ映像(福島県) 大久観測所 いわき市大久町 の水位情報 ヤフー水位情報 ライブカメラではありませんが、以下 ヤフー水位情報からも時間ごとに大久川の水位を確認することができます。 大久川 福島県いわき市のハザードマップ 大久川が流れる福島県いわき市のハザードマップは以下の通り作成されています。 大久川 氾濫による避難場所 大久川氾濫による避難場所はどこにあるのでしょうか。 福島県いわき市の避難場所は以下「福島県いわき市公式Twitter」「NAVITIME」「Yahoo! 」より確認することができます。 福島県いわき市公式Twitter 【災害発生情報発令(大久川)】 大久川(大久町大久地区)において、河川はん濫が発生したことから、災害発生情報(警戒レベル5)を発令しました。 の避難場所マップ NAVITIMEの避難場所一覧 平第一小学校校庭 福島県いわき市平字揚土5 平第二小学校校庭 福島県いわき市平字梅香町7-1 平第三小学校校庭 福島県いわき市平字作町3丁目4-2 平第四小学校校庭 福島県いわき市平下平窪字諸荷65 平第五小学校校庭 福島県いわき市平下荒川字川前58 平第六小学校校庭 福島県いわき市平中神谷字石脇22 赤井小学校校庭 福島県いわき市平赤井字田町49 郷ヶ丘小学校校庭 福島県いわき市郷ケ丘3丁目50-18 中央台北小学校校庭 福島県いわき市中央台飯野3丁目2-1 中央台南小学校校庭 福島県いわき市中央台鹿島2丁目1-1 平第一中学校校庭 福島県いわき市平字揚土1 平第二中学校校庭 福島県いわき市平鎌田字味噌能2 平第三中学校校庭 福島県いわき市平谷川瀬字吉野作56 赤井中学校校庭 福島県いわき市平赤井字大門13 中央台北中学校校庭 福島県いわき市中央台飯野5丁目2-1 国立福島工業高等専門学校グラウンド 福島県いわき市平上荒川字長尾30 県立磐城高等学校校庭 福島県いわき市平字高月7 県立磐城桜が丘高等学校校庭 福島県いわき市平字桜町5 県立平工業高等学校校庭 福島県いわき市平下荒川字中剃1-3 県立平商業高等学校校庭 福島県いわき市平中塩字一水口37-1 上記記載する避難場所は一部であり、詳細は以下「NAVITIME避難場所一覧」サイトからご確認ください。 大久川 道路交通情報をリアルタイムに確認 大久川の河川氾濫や洪水の影響で道路が通行止めになる交通障害が発生します。 その際の 福島県いわき市周辺の道路交通情報をリアルタイムに確認する方法があります。 それが 東証一部上場企業の自動車会社「トヨタ」と「本田技研工業」が提供するサービス。 日本を代表する企業が提供するサービスですので、車利用者はぜひご利用ください。 トヨタ自動車が提供する道路交通情報 本田技研工業が提供する道路交通情報 大久川 ネット、ツイッターから最新情報確認 ネット、ツイッターからも大久川の現在の水位や河川氾濫状況の最新情報を確認してみたいと思います。 水位 大久の観測所って多分、この堰の上流あたりですね。 なので久之浜西付近は水量が少ない。 で今、地元の人に話を聞いたら久之浜浄水場があった頃はそこにも堰があって久之浜西も大久川の水位が高かった。 震災時の津波は浄水場の堰を超えて久之浜西地区まで遡上したがみな北側の田に越流したとの事。 — yajifun yajifun 川の防災情報を検索で水位が分かるらしいです。 いわき市は大久川、矢田川が氾濫水位が超えています。 皆さん気をつけましょう? — いわき市ame Cafeソフトクリーム専門店 ameCafe2 久之浜もひどい雨です、大久川もかなり水位が上がってます、早めの避難、垂直避難などして、テレビ、ラジオの情報を聞いていてください。 — のり のり おじさん N19661010nori 河川氾濫 大久川氾濫しました。 2階以上に避難してください。 — 久之浜・大久きらきら広場 X2320324WMd6G5Z 【大雨関連情報】 福島県内では、いわき市の宮川と大久川が氾濫。 いわき市と南相馬市、相馬市の一部に「避難指示」が出てている。 (25日21:08) — TBS NEWS 防災 TBSNEWS6 話では更に久之浜を通る大久川まで氾濫してると聞くし、いわきはあっちこっちで氾濫しとるがな。 いわき市によりますと、 午後7時半ごろ内郷地区の宮川が、 午後8時すぎに大久地区の大久川が、 午後9時頃に夏井川が氾濫。 近くの方は直ちに建物の2階以上に避難してください。 宮川も夏井川も大久川も氾濫…どうか皆無事に助かりますように。 川は現時点で3つ氾濫してるもよう。 宮川(内郷地区)、大久川(大久町大久地区)、夏井川(小川町関場地区)。 — まっどごはん madgohan いま河川洪水ハザードマップ見てたんだけど、平浄水場は浸水深2m以上の場所にある。 廃止された久之浜浄水場は浸水深0. 5m以下。 条件は2日間の総雨量が327mmの大雨。 大久川のこんな下流の表層水を使ってたのか~とはちょっと思う。 廃止に伴う水道水源保護地域指定解除の話はちょっと興味あるな。 — yajifun yajifun まとめ 福島県いわき市を流れる大久川の氾濫場所や現在の水位について情報をまとめてきました。 引き続き、大久川の氾濫、浸水状況や水位について新しい情報が入りましたら更新していきます。 福島県いわき市にお住まいの方、大久川周辺にお住まいの方は、河川の氾濫、洪水や冠水などの水害被害に十分ご注意ください。

次の

洪水ハザードマップ

いわき 市 ハザード マップ 洪水

概要 稲敷市では、利根川や霞ヶ浦、小貝川などの氾濫に備え、避難場所などを記した洪水ハザードマップを作成しています。 利根川や霞ヶ浦等の浸水想定区域の見直しにより、平成31年3月に洪水ハザードマップを改訂しました。 洪水ハザードマップとは 「洪水ハザードマップ」は、利根川や霞ヶ浦等が大雨によって増水し、市内で堤防が決壊した場合の浸水予想結果等にもとづいて、浸水する範囲とその程度ならびに避難が必要な区域と避難場所を示した地図です。 また、参考情報として、避難準備・避難勧告・指示について、警報・注意報について、避難等の情報収集先について、避難情報の伝達経路について、そして避難に際しての注意事項等についても掲載しています。 このマップを利用して、日ごろから洪水に対する備えをしていだだくとともに、洪水氾濫の危険がある場合にどのような行動をとるべきかについて考え、洪水時の安全な避難行動に役立ててください。 洪水ハザードマップの見方・使い方 このマップには、利根川や霞ヶ浦等が氾濫した場合に、浸水が想定される範囲と浸水の深さが表示されています。 まず、あなたが住んでいる地区が浸水する区域かかどうか、浸水する場合にはどの程度の深さになるかを確認してください。 次に、あなたの家から、高台などの安全な場所や、洪水時に使用可能な避難所まで安全に移動できるルートを確認してください。 大雨の時には、雨の降り方や浸水の状況に注意して、危険を感じたら、まずは知り合いや親戚の家などの安全な場所に、早めに自主的な避難をするよう心がけましょう。 また、河川の氾濫のおそれのあるときには、市から避難準備高齢者避難開始や避難勧告や避難指示が発令されます。 そのような状況になった場合には、自ら安全な場所や、市が開設し使用可能な避難所等ににすみやかに避難してください。 注意事項 このマップでは、大雨の規模として、利根川や霞ヶ浦流域における1000年に1回程度の大雨(利根川流域における3日間の総雨量が491mm、霞ヶ浦流域における8日間の総雨量が853mm、72時間想定総雨量660mm)を想定しています。 支派川のはんらん、隣接する河川のはんらん、想定を超える降雨、内水によるはんらん等は考慮していませんので、この浸水想定区域に指定されていない区域においても浸水が発生する場合や、想定される水深が実際の浸水深と異なる場合があります。

次の

水害・土砂災害に備えて「河川洪水ハザードマップ」

いわき 市 ハザード マップ 洪水

決壊地点に近い住宅の被害。 基礎を残して建屋が流された。 (写真:中村 晋一郎) 川からあふれ出た水は、徐々に市街地にたまっていくのではない。 轟々(ごうごう)と流れる濁流が堤防の決壊によって一気に溢れて流れ出す。 この水圧が、住宅に壊滅的な被害をもたらすのだ。 名古屋大学の中村准教授によれば、「破堤(堤防が決壊すること)地点のすぐ脇の住宅は、基礎だけを残して家屋が持っていかれた状態だった。 氾濫流の『速さ』による被害だ」という。 つまり、住宅を壊滅させたのは「水の深さ」ではなく「水の速さ」だった。 「水は高いところから低いところに流れる。 この事実をもう一度意識すべきだ。 破堤した地点の水深が浅いのは、自然堤防の上で標高が少しだけ高かったから。 あふれた水は一瞬で低い方に流れるため、(国土地理院が推計した)水深は浅くなる。 浸水の深さと実際の被害はイコールではない」(中村准教授) 一般的に、ハザードマップには「水の速さ」は描かれない。 深さだけに着目すると、被害想定を誤って認識してしまう恐れがある。 長野市の場合は、速度の代わりに「建物が倒壊する危険がある区域」を図示している。 図中の赤丸がそのエリアで、今回、氾濫した水流によって建物が倒壊した地域も含まれている。 深さだけにとらわれず、倒壊危険区域なども注意深く見ておく必要がある。 中村准教授は「長野市と違って、倒壊の危険度が示されていないハザードマップもある。 堤防のどこが決壊するかは誰にも分からないので、仮に自宅の近くの堤防が破堤した場合にどのように水が流れるのか、地域の地形などを参考にしながらイメージしておくことが大切だ。 自宅からある程度の距離がある地点で破堤した場合でも、氾濫流は時間をかけて押し寄せてくる場合がある。 その点にも注意が必要だ」と警鐘を鳴らしている。

次の