厄除け 時間。 川崎大師へ厄除けに行ってみた・料金や所要時間は?

厄除け うたづ大師 郷照寺|香川県 香川の厄除けの寺 四国霊場八十八箇所~第七十八番札所 公式ホームページ

厄除け 時間

マスク着用のお願い 新型コロナウイルス感染予防策のため、諸堂参拝・堂内でのご祈祷の際はマスク着用をお願い致します。 ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。 ご祈願について 深大寺の 元三大師堂 がんざんだいしどうでは毎日 護摩祈願 ごまきがんを行っています。 護摩とは、日本やチベットなどに伝わる密教の代表的儀式であり、ご本尊の前において僧侶が様々な供物を焚き上げ厄や災いを払い、ご本尊の加護を願います。 厄除・家内安全・商売繁盛等をはじめ、その他ご祈願事をお受けしております。 ご自身の祈り心と、ご本尊の霊験を宿らせる護符をご希望の方は元三大師堂受付にて祈願料をお納め下さい。 10月、11月の土日祝日のみご祈願時間が午後12時と午後2時になります。 例外 正月期間(1月1日~2月2日)・節分(2月3日)・元三大師大祭(3月3・4日)は特別時間となります。 ご祈願スケジュールは下記よりご参照ください。 12月29日~12月31日の三日間はご祈願を行っておりません。 また、行事により変更することがあります。 ご不明な場合は、寺務所までお問い合わせください。 マスク着用のお願い 新型コロナウイルス感染予防策のため、諸堂参拝・堂内でのご祈祷の際はマスク着用をお願い致します。 ご協力の程、よろしくお願い申し上げます。 ご祈願料 ご祈願料により護摩札の大きさが異なります。 護摩札の郵送について 遠方の方のために護摩札の郵送をしております。 ご希望の護摩札の祈願料に加え、送料、郵送専門申込用紙に必要事項を記載したものを同封の上、現金書留にて下記までお送りください。 つきましては、これまで300円としていた送料を9月1日より、 800円に変更させていただきます。 何卒ご理解の程よろしくお願い申し上げます。 車両安全祈願 深大寺では元三大師様のご加護を頂き、皆様ご自身にも常におだやかな心で運転していただけるよう、お車・ご自身・ご家族の交通安全祈願を行っております。 12月29日~2月3日、3月2・3・4日は、 境内への駐車、お車の前での安全祈願はお受けできません。 元三大師堂内においての運転者様の安全祈願のみとなります。 ご祈願のながれ• お車を境内東側の旧庫裡前に駐車してください。 本堂に向かって右側の「寺務所 受付」にて駐車証をお受け取りいただき、車内ダッシュボードの上に掲示して下さい。 車のナンバーが必要となりますので、控えてお持ち下さい。 ご祈願の申し込みは元三大師堂になります。 元三大師堂受付にて「申し込み用紙」に必要事項をご記入下さい。 祈願料を納めていただき、申し込み控え用紙をお受取下さい。 祈願時間の20分前に到着していただき、お申込手続きをお願い致します。 深大寺僧侶が祈願を行います。 祈願・法話の後にお札をお渡しいたします。 お車に移動していただき、お車の安全祈願を行います。 12月29日~2月3日、3月2・3・4日は、 境内への駐車、お車の前での安全祈願はお受けできません。 元三大師堂内においての運転者様の安全祈願のみとなります。 祈願終了後、「寺務所 受付」までご返却ください。 お札は車内の見える場所に祀り、安全運転を常に心がけてください。 祈願時間 護摩祈願と併せて車両交通祈願を行います。 護摩祈願のお時間にお越しください。 平日 午前11時 午後2時 土・日 祝日 午前11時 午後1時 午後2時 例外• ・上記以外のお時間でお受け出来る場合もございますので、ご相談ください。 (この場合、堂内での祈願はありません。 ・12月29日~2月3日、3月2・3・4日は、 境内への駐車、お車の前での安全祈願はお受けできません。 元三大師堂内においての運転者様の安全祈願のみとなります。 ご了承ください。 祈願料 五千円 対象車両 自動車・業務車両・オートバイ・自転車等 駐車場所について 境内東側の旧庫裡前に駐車してください。 本堂に向かって右側の「寺務所 受付」にて駐車証をお受け取りいただき、車内ダッシュボードの上に掲示して下さい。 (祈願終了後、「寺務所 受付」までご返却ください) その後、元三大師堂ご祈願受付までお越しください。 なお、祈願時間以外の駐車はご遠慮ください。 安産祈願 日本には古くから妊娠5ヶ月目の戌の日に安産祈願を行う風習があります。 深大寺では安産祈願を戌の日に限らず通年で護摩祈願の時間に行っております。 時間はページ上部の「」をご参照ください。 腹帯について 祈願当日、腹帯を持参された場合、護摩の火に当て元三大師様のご加護をいただきます。 祈願申込の際に腹帯をお渡しください。 (帯は箱や袋に入れてお持ち下さい。 ) 宝印が押された紙を腹帯に巻き、護摩の火に当てます。

次の

厄除け・厄払いに迷ったら【保存版】基礎知識&おすすめ神社・お寺41選

厄除け 時間

川崎大師への行き方は? 1月の下旬の土曜日、 川崎大師へと厄除けに出かけました。 川崎大師へは京急川崎から京急大師線で川崎大師駅へ。 他の行き方としては、JR川崎駅東口バス乗り場7番からバス。 車なら首都高速・横羽線、大師出口から5分か 首都高速・川崎線、大師出口から1分で着きます。 無料駐車場が700台あるそうで、 駐車場の住所は 川崎市川崎区大師河原1-1-1 です。 これをカーナビにセットすればOKですね。 で、駅を出たら赤い門をくぐって先へ進みます。 駅から川崎大師までは意外と距離があります。 10分はかかります。 電車の中から混雑している予感はありましたが、 川崎大師駅で降りた人の数を見て確信に変わりました。 人が多く、歩道に出店も出ているので、 急いでいくのは難しいです。 なんとか正面の門へと着きましたが、 一方通行になっていて、 正面の参道を通れるのは帰りの人だけで、 行きの人はぐるっと回って横から入ることになります。 大混雑!川崎大師の厄除けの時間と料金は?予約は必要? 中に入ったら右手にある手水舎で身を清めます。 そしてその近くのカウンターへ。 ここには厄払いの申し込み用紙が置いてあり、 希望者はここで記入します。 予約は不要です。 用紙には氏名・住所などを書き、 厄除けにチェックを入れて、 お布施をいくら納めるかもチェックします。 納める祈祷料金は5千円からです。 その上は7千円・1万円・2万円・3万円以上となっていて、 頂けるお札が違います。 5千円でもちゃんとしたお札が頂けますよ。 記入したら近くの受付窓口へ。 そこで記入した紙を渡し、 料金を納め、 その代わりに受付票をもらいます。 そして、修行の時間までには 本堂に行くように言われます。 ここでは厄除けを受けることを 修行というんですね。 ちなみに手水舎からここまでも混雑していますので 並ぶことになります。 受付窓口で自分の番が来た時、 既に修行時間の10分前だったので 無理かと思いましたが、大丈夫でした。 繁忙期は1時間ごとに修行の時間があるので よほど時間がない人以外はギリギリに行かないほうがいいです。 なぜなら、めちゃくちゃ混んでいるので、 本堂に入って座るまでにも時間がかかります。 ギリギリに行くと、まだ座ってない時点で始まってしまうのです。 時間近くになったので本堂へ。 これまた並んでから 靴は脱いでビニール袋に入れて上がります。 厄除け開始!所要時間は? 本堂では、ぎゅうぎゅうに詰めて座らされます。 うっかり正座してしまうとかなり辛いです。 なんとかして最低限のスペースを確保しましょう。 お年寄り・障害のある方などは椅子に座ってもいいようです。 (後厄のときに行ったら車椅子のまま本堂へ上がっている方も いらっしゃいました。 ) 修行の前にはお坊さんが一人出てきて お話をしてくれます。 前説みたいなものです。 時間になったらいよいよ念仏が始まり、 お坊さん達が数人で合唱し、 火がたかれます。 我々修行の人は言われるがままに 念仏を唱えたりします。 そうして念仏が終わったら、 ご本尊へと案内されます。 流れるようにご本尊をお参りしたら そのまま本堂から退出して終わりです。 結構あっけなくおわります。 「修行」の時間は15分ほど。 ここまでで30分くらいです。 でもまだあります。 お札を頂くには別の場所になります。 本堂の右手に白と赤の受取所があります。 これは、受付した時にもらえる引換券には白と赤があるので、 それによって違います。 私は赤でした。 さらに、受取窓口は あ行、か行…と別れているので、 自分の苗字の行の窓口に並びます。 並ぶ前には紙に名前等の記入が必要です。 ここで並んだのは20分くらいでした。 お札が書き終わるまでは受け渡しが始まらないんです。 そうして待って、お札を頂いたら終了です。 ちなみに私は後厄のときに行ったら 引換券を無くしました。 恐る恐る引換所に行って、 引換券を無くしたんですが… と言ったら 笑顔で大丈夫ですよ~、お名前は? と言ってくださり、無事お札を頂くことができました。 ここまでで 所要時間は全部で1時間弱くらいでした。 あと、前回頂いたお札はどうするのかというと、 持っていって納めます。 納めるところは手水舎の近くです。 納めると言ってもただ渡すだけで 特別なことはしなくて大丈夫です。 混雑している時に厄除けに行ってかなり疲れました。 混んでいるのが嫌な人は1月はやめましょう。 節分以降なら1月よりは空いているそうです。 空いている時期の厄除けはどんな感じ? 実は去年は厄年だということをすっかり忘れていたので、 9月ごろに行ったんですね。 しかも平日に。 めちゃくちゃ空いていました。 受付の流れは同じ。 カウンターで申し込み用紙を記入して 窓口で受け付け。 本堂に入ると10人くらいしかいませんでした。 中での流れは同じです。 1つ違うところは、 混雑時は別の場所でお札を受け取りますが、 閑散期はご本尊をお参りしたあと戻ってきて 本堂の中でお札を頂きます。 名前を呼ばれて、1人ずつ受取ります。 そして終了です。 2月に行くとどんな感じ? 後厄のときは2月中旬の平日の昼ぐらいに行きました。 それでも100人くらいはいましたね。 休日は1月ほどではないにしても混雑しているのが 想像できます。 川崎大師の厄除けに行くときの服装は? ところで厄除けに行くときはどんな服装でいけばいいんでしょうか。 行ってみると、みんな普通の服装でした。 私も冬なのでダウンジャケットに 長袖シャツ、チノパン、スニーカーで行きました。 特にスーツとかで行かなくて大丈夫です。 でもお寺という場所ですから、 汚い格好や、派手な格好、露出度の高い服装はNGでしょう。 ちなみに冬の本堂は外と同じくらい寒いので それなりの格好でいきましょう。 川崎大師で御朱印を頂く方法 最近は御朱印を集めている人も多いですね。 川崎大師で御朱印がいただけるところは ・大本堂 ・護持志納受付所 ・不動堂 ・薬師殿 ・自動車交通安全祈祷殿 です。 そして、大本堂が3種 護持志納受付所が2種 不動堂が2種 薬師殿が1種 自動車交通安全祈祷殿が1種 の計9種を頂くことができるらしいです。 厄除けの効果はあったのか? 厄除けって、効果はどうなんでしょうか。 私に関して言うと、 厄年に少し首を痛めましたが、大事には至りませんでした。 厄除けはあまり過信し過ぎず、日々気をつけて生活し、 なにかあっても、 厄除けに行ったからこの程度で済んだんだ、 と思うのが良いですね。 とはいえ、厄年には大きな怪我や病気などに注意、 とはよく言われます。 まとめ いかがでしょうか。 まとめとしては ・1月は大混雑なので2月以降の平日がオススメ ・予約は不要 ・祈祷料金は5千円から ・所要時間は60分くらい(混雑時はお札受取に時間がかかる) ・服装は普通でOK という感じです。 お近くの方は是非参考にされてください。 行こうか迷っている方は 厄年を気にしながら生活するよりも 行ってしまったほうがいいと思いますよ。

次の

護摩修行・厄除け

厄除け 時間

・寒川神社の厄除けの受付時間と祈祷料金は?予約は必要? ・寒川神社の厄除けやお守りの効果は? ・厄除けの混雑状況は?待ち時間はどれくらい? ・厄除けの服装や持ち物の注意点は? ・寒川神社のアクセス方法。 駐車場はある? Sponsored Link 寒川神社の厄除けの受付時間と祈祷料金は?予約は必要? 受付時間 寒川神社では、年中無休で八方除けの祈祷を受けることができます。 通常の受付時間は、08:00から17:00まで。 予約はできません。 お正月の期間は受付時間が早くなるので、ホームページで事前に確認しておくと良いですよ。 祈祷料 祈願料は値段の異なる5段階から選ぶことができます。 どれを選ぶかによって、神社からいただける授与品が異なります。 式階 御祈願料 授与品 中式 3,000円以上 板剣神札、お守り、御神土、お箸、ご神供、お神酒 大式 5,000円以上 板剣神札、八方札(9体)、お守り、御神土、お箸、ご神供、お神酒 当座式 10,000円以上 当座式御幣束、板剣神札、八方札(9体)、お守り、御神土、八方除門札、お箸、ご神供、お神酒 一代式 30,000円以上 一代式御幣束、板剣神札、八方札(9体)、お守り、御神土、八方除門札、お箸、ご神供、お神酒 永代式 50,000円以上 永代式御幣束、板剣神札、八方札(9体)、お守り、御神土、八方除門札、お箸、ご神供、お神酒 どのランクにするかは自分の気持ち次第ですので、あまり固く考えずに好きなものを選びましょう。 また、寒川神社では、遠方に住んでいる人や病気などの事情で参拝ができない人のために、郵送やFAXでも祈祷を受け付けてもらえます。 直接行かなくても祈祷できるなんて、とっても便利ですね。 寒川神社の厄除けやお守りの効果は? 寒川神社では、 八方除けと厄除けの祈祷をそれぞれ受け付けています。 前厄、本厄、後厄に当たる人は厄除けを、 それ以外の人は八方除けの御祈祷を申し込みましょう。 祈祷の内容についても、旅行や改修、改築、引越しなど、細かくお願いすることが可能です。 寒川神社のお守りはご利益や効果がすごいと評判で、しかも種類も豊富にあります。 1番人気なのが、幸運を呼ぶ八方除けのお守り。 守り袋タイプと財布に入るカードタイプの2種類があり、白、紫、赤、青、黄色の5色から選ぶことができます。 色によってご利益が異なり、なかには芸道上達やスポーツ万能なんていうものも。 自分の状況に合ったお守りを選びましょう。 そのほか、厄年の人におすすめの厄難除守や、八方除けの破魔矢、玄関や神棚に置く大祓守などもあります。 ちょっとかわいいものだと、2粒のお米の形をした心願守なんていうお守りも。 Sponsored Link 厄除けの混雑状況は?待ち時間はどれくらい? 寒川神社はとにかく人気のある神社なので、平日でも多くの人が訪れます。 特に混雑するのが、初詣や厄払いなどが重なるお正月の時期。 受付の外に長蛇の列ができており、祈祷を受けるまで2〜3時間かかることはザラです。 時間に余裕をもって早めに受け付けするのがいいでしょう。 社殿の手前にある神門をくぐらずに右側へ行くと、 御祈願受付と書かれた客殿があります。 ここで申込書を記入して祈願料を払うと、地下の待合室に通されます。 お茶やお茶菓子をいただきなら、番号が呼ばれるのを待ちます。 この待ち時間が長いので、 本や雑誌など時間を潰せるアイテムを持って行くといいでしょう。 人数にもよりますが、 祈祷自体の所要時間は20分ほどです。 厄除けの服装や持ち物の注意点は? 厄除けの服装 服装には特に決まりがありません。 寒川神社では、本殿で祈祷を受ける前に白装束を渡されます。 これを服の上から羽織って本殿に入り、祈祷を受けることになります。 そのため、普段着でも特に問題はありません。 厄除けの持ち物 厄除けに必要な持ち物も、特にありません。 ただし、祈祷前に白装束を羽織って本殿に入るので、荷物は少なめの方がいいでしょう。 寒川神社のアクセス方法。 駐車場はある? 寒川神社は、神奈川県の厚木市と茅ケ崎市の間のあたりに位置しています。 お正月などの混み合う場合は臨時駐車場が設けられているので、案内板に従って駐車スペースを探しましょう。 相模國一宮と呼ばれるこの辺りの地域でもっとも格式の高い神社であるとともに、 強いパワースポットとしても知られています。 人生の転換期を迎えている人や、これから大きなことに挑戦したいと思っている人、最近悪いことが続いていると感じる人は、ぜひ、寒川神社の厄除け祈願に訪れてみましょう。

次の