快適に暮らす道具。 日本の住まいは掃除道具を変える人と道具の良好な関係がスマートホームを実現させる

【日曜ラジオ|チャポンと行こう!】第59夜:毎日ごきげんでいたいから。暮らしで生まれたマイルールって?

快適に暮らす道具

典型的な壁付けキッチン。 ゴミ箱が下に入るキッチンカウンターを設置しています キッチンで一番場所を取るものの一つは、「ゴミ箱」ではないでしょうか? 巷には、資源ごみを3分類できるゴミ箱がよく売られています。 しかしわが家のキッチンに何個もゴミ箱を置けるスペースはありません。 そこでIKEAのDIMPA (299円/税込)というプラスチックバッグタイプのゴミ箱を使用。 底に新聞紙を敷き、シンクの下に設置。 軽いので引き出しやすいですし、取っ手がついているので収集の日にはそのまま持ち運ぶことができます。 シンクの下とはいえ何個も置く余裕はないので、設置したのは2個。 1つは発泡トレーと空き缶を、もう1つは空き瓶とペットボトル用にしています。 ゴミを入れる際には「何となく」手前と奥で種類を分けて入れておけば、回収用のカゴに出しながら仕分けるので問題ありません。 調味料用のキッチンワゴンをやめた わが家には冷蔵庫専用の設置スペースがありません。 なので、ダイニングとの境界部分に冷蔵庫を「どん!」と設置する形になります。 圧迫感はありますが、メリットは冷蔵庫の側面が結構な収納コーナーになること。 キッチンワゴンだとうっかり蹴ったり邪魔になるため、活用しているのがダイソーのマグネット付きのカゴ(小・200円/大・400円/税別)です。 強力なマグネットの磁力でご覧の通り、洗剤を数本入れてもビクともしません。 奥行がない分、出し入れや在庫管理がしやすいです。 小さいまな板をやめた 以前は、狭いキッチンだからと小さいサイズのまな板を使用していました。 でも、まな板の周りに水が滴るし、ただでさえ狭い調理台のスペースなので勝手があまりよくありませんでした。 そこで、この団地ができた当時の暮らしをネット等で探してみると、狭い団地のキッチンには意外なくらい大きくてゴツい木のまな板が! これをシンクに渡して調理スペースを確保。 自立するくらい厚みのある物なら、いわゆる「まな板立て」も不要に。 調理中はじゃんじゃんすすぎながら、これ一枚で料理ができ、快適になりました。 引き出しの仕分けトレーをやめた 以前はキッチンの引き出しに100均などで売られている仕分けトレーを入れて調理器具などを分類していました。 けれど、引き出し自体が小さいので案外出し入れがしづらい結果に。 今は、なんとなくアイテムごとにざっくり収納。 収納量も増えて快適です。 引き出しの底にペーパーナプキンを2枚重ねてずらして敷けば、カトラリーも動きません。 これまでは、つい張り切り過ぎて、色々と試しに使ってしまうタイプでした。 ですが結局、我が家ではお金をかけず頑張り過ぎず、ほどほどにやっている事の方が快適で長続きする、という結果になったのでした。

次の

「クルマは快適に暮らす道具・・・そりゃそうなんだけど」akamomoのブログ | アクセラと過ごす日々、プライスレス。

快適に暮らす道具

車・・・・・ 車はあくまでも、快適に暮らす道具。 スピード、デザイン、機能性、一種の居住空間、利便性・・・ 「快適に暮らす道具」って一言では片付けられません。 今度はどんな車に乗るか、その時どんな車を欲しいと思うか分かりませんが、 長いおつきあいになるものです。 みなさんの交通安全と、快適な走り、心からお祈りいたします^^ あ、私も自慢じゃないですが、過去の違反は数知れず。 ないない こんにちは。 大好きです。 知らないところ大好きの私には必須アイテムです。 最近は少し落ちましたが10万Kは直ぐ回ります。 いろいろ乗りましたが最近の車には興味が湧きません。 形から入る方です。 momokoさんのランクル70にも35万K乗りました。 非常に良い車だと思います。 トヨタが世界のどんな過酷な処に出しても走ると自信を持っています。 私は山中のタイヤ交換でギックリ腰になり諦めました。 今は大人しくuncle carです。 もうすぐ40万Kですが快調です。 この前も同じ型でしたが45万K乗りました。 もう生産していません。 エンジンは6気筒に拘っています。 落ち着いた走りが好きです。 車か私かどちらが早く壊れるか。 くるま、だいすき! スピード違反18回、駐禁2回、一時停止違反1回、進入路違反一回です。 ・・この中で走りが良かったのが初期の日産ローレルでした。 しかし、この車、寒くなってエンジンが冷えると必ずエンジンが掛からなくなり何回も修理に出しても治りませんでした。 出勤1時間前に電気こたつの足を取りはずしエンジンの上に載せ毛布を掛けて温めて置くと一発で掛かりました。 本社に苦情の手紙を出しましたがナシのツブテ。 二代目のローレルはギァ比が変わったのか同じ1800ccだったけど走りは初期の方が断然良かった。 乗り継ぐ間に私の身体もセル一発、 と云う訳にはいかなくなりましたね(^^)!。 おはようございます。 車は大好きです。 好きなところはいろいろありますが、まずはその形に惚れます。 カウンタックなんて、今みてもとんがってていい感じですよね。 そしてスピードでしょうか。 日常あり得ないスピードで移動することで、緊張感と興奮度が高まります。 社会人になってから、ずっと外車ばかり乗ってます。 やっぱり見た目のデザイン的なところが好きなんですよね。 乗りたい車はランチャ・ストラトス。 あらゆる場所を走覇するラリーカーが大好きです。 ちはやさ~ん^^;こんにちは。 今はこれです。 ホイル、もっと良いのに替えました。 シートも最近、張替えました。 もう作られていない車なので、乗れるまで大事に乗ります。 凄いよ!急斜面とか降りたり登るし。 3000あるので凄い馬力です。 鮭がそろそろ釣れるし、エゾシカの解禁になったりすると、全国から沢山の人が来るけど、 やっぱりこんなの好きらしく、何処か買い物に行ったりすると興味深々に見るけど、私が降りると 「なんだ、女か・・・」と凄くがっかりしています。 時代に反しているけど、アメ車が好きです。 車遍歴・・・ フォード、トヨタ、ホンダ、トヨタ、メルセデス、ホンダ、トヨタ、トヨタです。 今、欲しいのはクライスラーのジープです。 今は必要不可欠な物ですが、免許を取ったのは東京でした。 みんなに必要ないじゃん!って言われましたが運転が好きなので。 札幌まで往復すると660kくらい有りますが、そのくらいは運転します。 父ちゃんは1日1500キロ走ります。 補足・・・エンジン、4200でした!びっくり!シフト2速でも3速でも発進します^^; sleepingwagonさんが35万キロ走行されたそうで^^まだ、走れそうで嬉しいです。 こんばんは~~~。 (~は一つで十分なのですが、ご親切に対するお礼です) 車は必需品ですね。 大方の皆さんにとっても必需品だと重いますが、軽の方が良いです。 乗らずに済めばそれにこしたことはないですが、現実的ではないです。 私んちの軽は8ナンバーです。 車椅子を載せることができます。 でも、今は車椅子の人がどっかへ行っちゃいました。 荷物も積めます。 他に思い出せません。 写真のワンちゃんも運転席に座っているようですが、うちのワンコも私がいないときは運転席に座を占めます。 私が乗り込むと助手席へ移ります。 うちのワンコはたばこを吸いませんが、車が好きです。 狭い車内を猿のように駆け回っています。 走行中は全く何も聞く耳をもたず、よだれを撒き散らして外の様子に興奮しています。 この前に追突して、修理の見積もりが60万円でした。 160万円の3年半乗ったくるまの修理費が60万円。 車は動けばいいと考えている運転者は、いま思案中です。 本来ならば廃車にして新車なのですが、8ナンバーがもったいなくて。 近い将来にまた車椅子を載せる可能性もあるものですから。

次の

レモンの絞り器の代用を発見。道具を断捨離して、より快適に暮らす

快適に暮らす道具

田舎暮らしは、メリットはやはり待つことがないことです。 以前に住んでいた大都市では、土日のイオンやコストコなんかは駐車場待ちは当たり前でした。 まあ、田舎に暮らしたらそもそもコストコ無いけれども… のどかな暮らしも悪くないと思ていましたが、デメリットもあります。 田舎暮らしの問題点、虫です。 都会と比べると仕方ないですし、マンションではなく古い一軒家ですから虫もでます。 まずはゴキブリ駆除商品を利用しました。 もちろん効果てき面です。 引っ越し当初はよくお会いしていたゴキブリ達に、ここ最近は見かけていません。 苦手な方はお気を付けください。 蜘蛛は害虫ではないですよね。 むしろ蜘蛛はゴキブリを食べてくれるので、家にいても殺してはいけませんね。 そもそも蜘蛛のエサとなる害虫がこの家にいるからそちらを先に駆除しないと、蜘蛛はいつまでもわが家にいることになります。 蜘蛛と共存するしかないと思う理由は…なんとわが家の隣家はいわゆるゴミ屋敷なんですよね…もう人は住んでいないと聞いています。 引っ越しの挨拶の時のピンポンしましたが、出てこなかったし。 ご近所さんのお話では、全く悪い方ではないそうですが、取り壊してくれないかなと切実に思っています。 隣家には竹林があったり庭に植物が沢山育っているので、虫たちも沢山住んでいます。 塀があってもわが家に影響はあるでしょう。 クモを殺さずにしかし家の外には追い出したいと考えるようになりました。 なぜなら先日、見たこともない巨大なクモが現れたのです… 手のひら以上に大きいクモです。 子供たちと絶叫してしまいました。 あの大きさは民家に現れるレベルじゃないって… そんなわけで、今まではクモが現れても基本そのまま放置していたのですが、クモを家の外に放すことにしました。 クモは何処にでも現れます。 玄関、トイレ、風呂、階段、天井によくいます。 最初は、ひー!となっていましたが、慣れって怖いです。 クモひとつくらいじゃ何も感じず過ごしています。 巨大クモを見つけた日からクモを外に追い出すために便利な道具を作りました。 これは、便利!手で触らなくても簡単にクモ及び他の虫も捕まえられます。 ネットでは、似たような道具が販売されていますが、家にあるもので簡単に作れますので虫にお困りの方はぜひ作ってみてください。 用意するもの ・ペットボトル ・丸い筒状の芯(キッチンペーパーの芯など) わが家は天井にクモがよくいるので、長い芯で作りました。 芯は家にあったのですが、何を買った時にでたゴミなのか思い出せません。 作り方.

次の