プレミアム ドッグ ファイト。 「プレミアムドッグファイト 2017」全国決勝大会レポート公開! | AC「機動戦士ガンダム エクストリームバーサス マキシブースト ON」公式

プレミアムドッグファイト

プレミアム ドッグ ファイト

アーケードで好評稼働中の「機動戦士ガンダム エクストリームバーサス マキシブーストON」の全国大会となる「プレミアムドッグファイト2017」の決勝大会が、東京・ディファ有明にて7月15日(土)に開催された。 会場では、全国の予選大会を勝ち抜いた精鋭チームが集結し、当日予選大会で出場権を獲得したチームを加えた全64チームが激突。 予選リーグから白熱のバトルを繰り広げた。 さらにステージには椿姫彩菜さんをMCに、ベルリ・ゼナム役の石井マークさんと、声優の荘司勝也さんがゲストとして登場。 予選リーグの激戦を振り返るとともに、海外から参加しているチームの紹介や、注目の新参戦機体「G-セルフ(パーフェクトパック)」をはじめとする新情報の発表が行われた。 激戦を制して全国No. 1の栄冠をつかんだのは、チーム「やっぱりぱんみねね」。 「ガンダム試作3号機」は、フォールディング・バズーカで距離を取りながら、ここぞというタイミングにメガ・ビーム砲で大ダメージを狙い、「リボーンズガンダム」はリボーンズキャノンへの形態を巧みに使いながら、射撃と格闘で相手を圧倒する終始安定した戦いぶりをみせていた。 『相手も強かったけど勝てて嬉しかった』という優勝コメントに、実況・解説席からは惜しみない賞賛が贈られた。 最後に本作のプロデューサー陣から総評として、「あっという間で、もっと見たいと思う大会だった。 運営はこれからもイベントなどを続けていくのでよろしくお願いします。 」(バンダイナムコエンターテインメント・大石氏)、「EXTREME VS. から大会を見ているが、当時の子が来ていたり、新しい子がいたりして嬉しい。 まだまだバージョンアップを続けていくの、これからもマキシブーストONをよろしくお願いします。 」(バンダイナムコスタジオ・大久保氏)とコメントがあり、大会は大盛況の内に幕を閉じた。

次の

機動戦士ガンダムexperience-ccra-in.ctb.com ON「プレミアムドッグファイト2017」全国決勝大会レポート

プレミアム ドッグ ファイト

ドッグファイトとは、による格闘戦をさす言葉である。 概要 搭載又は誘導による射撃を効果的に行う為に、会敵した双方が近で相手の後ろへ回り込もうとする機動を伴った戦い方を言う。 がカする際に互いに相手のを追いかける様子に似ている事からドッグファイトと呼ばれるようになった。 ではを連想させる事から戦とも呼ばれる 歴史 第一次世界大戦 が初の動飛行を成し遂げてから10年後にが始まると、はすぐに観測や偵察に使われるようになった。 しかし両軍が観測機を使用するようになると、双方の観測機が中で対峙する事態が発生するようになった。 最初はやで撃ち合う程度だったが、の・ギャロスが操縦席のの前にを取り付け、ペラに鋼製の防弾を取り付けてペラが弾で破損するのを防ぐ方式を考案し、15年より使用し始めた(初期のは機体後方にペラがあるプッシャー式だったが、性向上が見込める、機体前方にペラを付ける牽引式に切り替わっていた。 ある時ギャロスの機体は攻撃を受けてに不時着し押収されてしまう。 はのフォッ社の・フォッに模倣を命じたが、調べたところ、に当たった弾丸の一部が後方に跳ね返って危険であることがわかり、フォッはと共に弾丸がペラに当たらないようにの発射のを調整する機構を開発、は何ヶにもわたり中戦で優位に立った。 もすぐに対抗できるの開発を急ぎ、ここに「ドッグファイト」の時代の幕が開けた。 17年には両軍は編隊を組むようになった。 軍はに入ると二機ずつのペアに別れ攻撃と援護を分担する手法をとった。 を背にして上から敵に向かい敵のをくらませたり、攻撃後にに入って隠れるといった戦術も生み出された。 第二次世界大戦 続くではの高性化、搭載火器の強化が進み、ので同士のドッグファイトが展開された。 で腕を磨いたの搭乗員はこの戦い方を多用したが、未熟な搭乗員がとドッグファイトしても勝ちがないと判断したは戦術を転換し、機体の防御及びを向上させ、経験の浅い搭乗員でも一定以上の戦果を望める一撃離脱戦法へ切り替え対応、機を押し返すようになった。 急降下が苦手なにとって一撃離脱は敵といえたが、にもポートやでとドッグファイトをした連合軍が大きなを出している。 各でも編隊による一撃離脱の有用性が広く認められていたが、もちろんドッグファイトも有用であり、軍は機動性で勝る機相手に、-で開戦間もない時期から楽ではない戦いを強いられる。 になると軍は初のMを投入したものの、これは旋回性ではペラ機に劣っており、ドッグファイトになると不利になることから、軍は一撃離脱にするように示しドッグファイトを禁止した。 第二次世界大戦後 後はなどでドッグファイトが行われたものの、やがて電子機器や誘導弾の発達により、と共に不要論が台頭してくる。 代~年代になると万論の台頭により高い性とそしてドッグファイトは不要と考えられるようになった。 その結果のの初期、のPFでは固定武装としての機が止された。 しかしで機を装備しない新鋭のが機を装備した旧式の-に苦戦。 さらに印パや、で機による撃墜が発生し機やドッグファイトは決してのものではない事が明された。 その結果やといった例外を除きでも多くのがドッグファイトを遂行するを有している。 ・紛争では双方がの又はを実戦に投入したが、中誘導弾で敵機を撃墜できなかった場合において、ドッグファイトと見られるが行われた。 この戦いでは人のや人が、R-短誘導弾またはを用い、ドッグファイトと思われる戦いで戦果を揚げた。 また領侵犯機に対するブルでは、侵犯機に接近し警告する必要がありドッグファイト戦技は必然的に重要なものとなる。 機関砲 現代のにおいては、敵のに狙われた場合は4に1回度旋回をしろと教えられる。 の照準では、が安定するのを待って機体のGを計算し、で測距をして見越しを計算してからにクルが表示される。 つまりクルが安定するまでは2~3かかり、そこからが照準するのに4はかかる。 その間に動いてしまえばの計算はやり直しになるので、クルは安定しない。 もっとも、「当たらない」というだけであり、いずれは燃料がなくなってするので、後ろにつかれた時点でおしまいではある。 日本におけるドッグファイトへの評価 では今でもドッグファイトを重視し、戦技会が行われている。 の要な任務に防任務があり、的に領侵犯措置が実施されているからだ。 論、の化など視界外の向上も行われている。 一般では「今の時代は押してでボーンだから、ドッグファイトは必要ない、昔の技術」又は「ドッグファイトカッケー! 」の両極端なもので、時代の変化と戦術の変化を踏まえた正当な論評は、一部の専門やを除いては少ないかもしれない。 関連動画 関連コミュニティ 関連項目• 「の」バリー・ 多伽夫訳 揚社 6. 「の虚像と」政 吉之 5.

次の

春戦とプレミアムドッグファイトのおしらせ:御前の傑作のブロマガ

プレミアム ドッグ ファイト

アーケードで好評稼働中の「機動戦士ガンダム エクストリームバーサス マキシブーストON」の全国大会となる「プレミアムドッグファイト2017」の決勝大会が、東京・ディファ有明にて7月15日(土)に開催された。 会場では、全国の予選大会を勝ち抜いた精鋭チームが集結し、当日予選大会で出場権を獲得したチームを加えた全64チームが激突。 予選リーグから白熱のバトルを繰り広げた。 さらにステージには椿姫彩菜さんをMCに、ベルリ・ゼナム役の石井マークさんと、声優の荘司勝也さんがゲストとして登場。 予選リーグの激戦を振り返るとともに、海外から参加しているチームの紹介や、注目の新参戦機体「G-セルフ(パーフェクトパック)」をはじめとする新情報の発表が行われた。 激戦を制して全国No. 1の栄冠をつかんだのは、チーム「やっぱりぱんみねね」。 「ガンダム試作3号機」は、フォールディング・バズーカで距離を取りながら、ここぞというタイミングにメガ・ビーム砲で大ダメージを狙い、「リボーンズガンダム」はリボーンズキャノンへの形態を巧みに使いながら、射撃と格闘で相手を圧倒する終始安定した戦いぶりをみせていた。 『相手も強かったけど勝てて嬉しかった』という優勝コメントに、実況・解説席からは惜しみない賞賛が贈られた。 最後に本作のプロデューサー陣から総評として、「あっという間で、もっと見たいと思う大会だった。 運営はこれからもイベントなどを続けていくのでよろしくお願いします。 」(バンダイナムコエンターテインメント・大石氏)、「EXTREME VS. から大会を見ているが、当時の子が来ていたり、新しい子がいたりして嬉しい。 まだまだバージョンアップを続けていくの、これからもマキシブーストONをよろしくお願いします。 」(バンダイナムコスタジオ・大久保氏)とコメントがあり、大会は大盛況の内に幕を閉じた。

次の