カブトムシ クワガタムシ。 クワガタムシとカブトムシはどっちが強い?違いや人気があるのは?

クワガタの寿命はどれくらいだろう。長生きさせるにはどうするの?

カブトムシ クワガタムシ

naver. ハサミかツノ クワガタムシとカブトムシの成虫の見た目で一番の違いは、やはり 「ハサミ」か「ツノ」の違いでしょう。 頭部の左右にハサミのようなものが付いているのが、一般的なクワガタムシです。 一方、頭部の真ん中から1本長いツノがあるのが、一般的なカブトムシです。 コーカサスオオカブトのように、左右からもツノがでているカブトムシもいます。 脚 カブトムシは、 太く長い脚をしていまです。 重い体を支えるので、丈夫で爪もしっかりしています。 それに対し、クワガタムシは重量級の種類でも 体の大きさに合わず脚が貧弱に映ります。 カブトムシのような力強さは感じられません。 身体の大きさ、重さ クワガタムシは 全体的に平らで薄くスリムな体型ですが、カブトムシは 全体的に丸みを帯び、大柄で重量級の体型をしています。 顔の色 幼虫の顔の色が微妙に違います。 一般的に、 クワガタムはオレンジ色をしていて、 カブトムシは黒っぽい色をしています。 肛門の形 これは私もじっくり見たことはなかったのですが、肛門の形でも見分けることができます。 photo-ac. その理由として、• 飼育ケース• マット 飼育用の土• ゼリー 専用の餌• 転倒防止用の木片• 霧吹き 保湿用 エサは昆虫ゼリー 基本的に、フルーツのエサはすぐに腐って臭いもするし、不衛生なのでやめておいた方がいいでしょう。 カブトムシは大食いでゼリーを1~2日で1つ食べるので、こまめにチェックをしてください。 食べ残しがあっても、週に一度は新しいものに交換してください。 飼育ケースは大きめ 1ケースで2匹以上飼育するとケンカをする原因になり、お互いに傷つけあってしまうので、観賞用であれば出来るだけ1頭ずつ飼育してください。 1~2日で それでも2匹以上を一緒に飼いたい場合は、大きめのケースを使ってください。 マットを敷く マットは主に成虫の寝床になります。 ケースに入れるマットの量は、 カブトムシがもぐることができるくらい(5cm程度)で充分です。 少し湿らせて使ってください。 湿り具合の目安は、手の平で軽く握ったときにマットが崩れない程度です。 ひっくり返ったとき、マットだけだと起き上がるのにかなり体力を消耗するので、転倒防止用の木片は入れてあげてください。 手頃な大きさの枝や木片、流木などで大丈夫です。 あとは、どうしても小バエやダニがわいてくるので、防止用のシートをかぶせてください。 飼育ケース• マット 飼育用の土• ゼリー 専用の餌• 転倒防止用の木片• 霧吹き 保湿用 エサは昆虫ゼリー 水分の多いエサ(スイカ・メロンなど)はすぐに腐って不衛生なので控え、昆虫ゼリーをあげましょう。 飼育ケースは大きめが良い ゆったり感を与えてあげるのがいいでしょう。 カブトムシの時と同様に、1ケースで2匹以上飼育するとケンカしてお互いに傷つけあってしまうので、観賞用であれば出来るだけ1頭ずつ飼育してください。 少し湿らせて使ってください。 湿り具合の目安は、手の平で軽く握ったときにマットが崩れない程度です。 体力の消耗をさけるために、転倒防止用の木片は入れてあげてください。 あとは、小バエやダニ対策です。 防止用のシートをかぶせてあげてください。 また、温度だけでなく適度な湿度も必要ですので、あまりカラカラに乾いた場所は控えて下さい。 無駄に体力を消耗させない ケースをたたいて刺激を与えたり、カブトムシと戦わせたりして体力の消耗をさせないようにしてください。

次の

クワガタ・カブトムシの累代とは?累代が進み過ぎると奇形リスクもある!?

カブトムシ クワガタムシ

「飼育したい」クワガタカブトムシランキング 自分以外の虫好きの人が「どのクワガタ・カブトムシを飼育したいのか」とふと気になったことはないでしょうか? 今回の記事では、月夜野きのこ園のアンケートに参加していただいた方の声(直近1年分)を集計してランキング形式でご紹介します。 TOP10 ・10位 国産カブトムシ 夏が来れば思い出す。 毎度おなじみ日本のカブトムシ!飼育をしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。 「好きな虫」ランキングであれば、もっと上位に食い込んでいてもおかしくない人気の昆虫です。 ・9位 パプアキンイロクワガタ パプアキンイロクワガタは、ニューギニアに生息するカラフルで光沢のあるクワガタ。 レッド系やグリーン系などさまざまな体色を持つ。 その中でもレアな体色とされたブルー系やパープル系は、かつて3万円程度で取引されたこともある人気種。 今でも人気は根強く、このランキングでも9位にランクイン! ・8位 サタンオオカブト サタンオオカブトは、南米ボリビアの標高の高い地域に生息するカブトムシ。 幼虫飼育期間は長く約2年を要する。 日本に流通したてのころは、成虫1ペア100万円!で取引されたこともあるようです。 人気は根強くここでも8位にランクイン。 ・7位 ヘラクレスヘラクレス ヘラクレスヘラクレスは、南米大陸に近いグアドループ島などに生息する大きなカブトムシで、体長は180mmに達するといわれています。 問答無用の大きな体や立派な角を持ち、その風格たるやまさに「カブトムシの王様」といったところ。 堂々の7位ランクインです。 ・6位 パラワンオオヒラタクワガタ パラワンオオヒラタクワガタは、フィリピンのパラワン島に生息する最大110mmにも達する超大型のクワガタ。 体が大きく性格もいたって凶暴とくれば、まさに「暴れん坊」といったところ。 サイズの大きさもさることながら、キャラクターがハッキリしているところも人気となったのでしょうか、6位にランクイン。 ・5位 ニジイロクワガタ ニジイロクワガタは、ニューギニアやオーストラリアに生息する七色に輝くクワガタです。 9位のパプアキンイロクワガタと並ぶ「色虫」の人気種です。 比較的飼育が容易で初心者にも人気があります。 20代の方の支持を集めて堂々5位のランクインとなりました。 ・4位 国産ミヤマクワガタ 国産ミヤマクワガタは、ミヤマ(深山)の名のとおり、標高の高い地域でないとあまり見ることはできませんが、分布は幅広く、一部の離島を除いてほぼ日本全域に生息しています。 おもな日本のクワガタの中では珍しく、オスの大アゴの内側にギザギザとした大きな突起が付いている事も特徴です。 世代を問わない幅広い支持を集めて4位のランクインとなりました。 TOP3の発表! ・3位 タランドゥスオオツヤクワガタ タランドゥスオオツヤクワガタは、ツヤクワガタの名の通り金属的な光沢のあるボディーを持ち、携帯電話のバイブレーション機能のような振動を起こすなど、クワガタの中でも独自のポジションにいる種と言えるでしょう。 オンリーワンな個性が光るアフリカのクワガタ、見事第3位にランクイン! ・2位 国産ヒラタクワガタ 国産ヒラタクワガタは、アゴで挟む力が強く気性も荒い。 6位で紹介したパラワンオオヒラタクワガタが外国の「暴れん坊」ならば、それに対抗する日本の「暴れん坊」といったところ。 暖かい地域に生息している事が多く、西日本以西で見られる事が多いクワガタです。 標高の低い平地を中心に地域によってはやや高所でも見る事ができます。 40・50代の方の支持を集め、見事第2位のランクインとなりました! ・1位 国産オオクワガタ 数あるクワガタ・カブトムシの中で、トップに立ったのは国産オオクワガタです!1990年代後半には1000万円で取引されたこともあるほどの人気種で、20年近くたった今でも衰えない人気はさすがといったところです。 世代別でも幅広い支持を集め、女性票でもトップに立つなど、幅広い支持を得てのランクインです。 その中でも特徴的だったのは、離島に生息するクワガタを推す声が多かったことです。 (アマミミヤマクワガタ、イキヒラタクワガタ、ダイトウヒラタクワガタ、ツシマヒラタクワガタ、ヤエヤマノコギリクワガタなど) また機会があれば、さまざまな切り口でランキングを発表してみたいと思います。 よろしければご参加ください。 飼育したいクワガタカブトムシ人気ランキングのまとめ 1. 「好きな虫」ランキングとは違った傾向がありそう 2. 見た目に特徴があると有利? 3. サイズが大きいと有利? 4. 凶暴な性格もアリ? 5. 国産オオクワガタの人気はさすが 6. 飼育したい虫はひとそれぞれ 7. アンケートに協力もアリ? この記事で紹介したアイテム > > > > > > > > > >.

次の

夏だ!カブトムシだ!クワガタもいるよ!ミズナラの木で発見!│めぐり研究所

カブトムシ クワガタムシ

クワガタ・カブトムシ成虫の飼育方法 一般的なクワガタ・カブトムシの成虫の飼育方法について解説します。 クワガタ・カブトムシの成虫の飼育は簡単ですが、産卵・繁殖させたい場合は飼育種に応じた適切な環境を事前に確認することをおすすめします。 また外国産のクワガタやカブトムシを飼育する場合は飼育温度の管理が必要となる可能性があります。 例えば人気のヘラクレスですと飼育温度が18〜30までとなり、寒い地方にお住まいの方は暖房器具の導入を検討する必要があります。 専門ショップでカブトムシやクワガタを購入する場合は、事前に店員さんに相談するのが良いでしょう。 準備するもの 飼育するために次のものを準備しましょう。 ・飼育ケース ・マット 飼育用の土 ・ゼリー 専用の餌 ・のぼり木 餌皿兼用 ・枯れ葉など 転倒防止 ・霧吹き 保湿用 飼育ケース 飼育ケースは大きい方が良いですが、それよりも、小さいケースでもかまわないので、 1つのケースに1ペアで飼う事をお薦めします。 これは、クワガタやカブトムシを1つのケースでまとめて飼いすると、餌を争ってケンカをし、弱ってしまったり、最悪の場合死んでしまう事があるからです。 やむを得ず、まとめ飼いする場合は、出来る限り大きいケースを準備し、餌を多めに入れてあげてください。 固体差もかなり生じます) 温厚 凶暴 コクワガタ オオクワ アカアシ ノコギリ ミヤマ ヒラタ マット 飼育用の土 マット 飼育用の土 はクワガタ・カブトムシ専門店やホームセンターなどで売られています。 成虫のみの飼育で、産卵・繁殖が目的でなければ、拘る必要はありません。 園芸用の土でもOKですが、農薬が混入している可能性があるため注意が必要です。 産卵・繁殖が目的であれば、飼育するカブトムシ・クワガタに応じて、適切なマットを選ぶ必要があります。 ショップなどで聞いてみるか、事前にインターネットで調べておきましょう。 ゼリー 専用の餌 ホームセンターなどで、クワガタ・カブトムシ飼育専用の餌として、ゼリーが売られています。 飼育には専用ゼリーを与えるのが一番無難です。 ゼリー以外では、桃やリンゴ・スイカなどを好んで食べます。 果物は高価ですし、専用ゼリーの場合は各製造メーカーが、クワガタやカブトムシ専用に栄養バランスを考えて製造しているため最適だと言えるでしょう。 のぼり木 餌皿兼用 、枯れ葉など 転倒防止 餌皿は、もちろん餌が 飼育用の土 の上にこぼれ落ちて汚れないようにするためでもありますが、カブトムシやクワガタの遊び場所であったり、転倒防止としても大切です。 私自身も経験していますが、カブトムシやクワガタがつかまる物がなくて起き上がれないでいると、あっという間に弱って死んでしまいます。 転倒防止のために、枝や木の葉、樹皮などを一緒に入れてあげるのも良いでしょう。 なお、ホームセンターなどで材(のぼり木)を購入する際は、誤って朽ち木を購入しないよう注意しましょう。 朽ち木はクワガタの産卵用や幼虫の餌として用いる物で、朽ちているためとてもカビが生え易いです(自然界でもカビは生息していますし、成虫を飼育するうえでで特に害はありませんが) 基本的に見た目の問題、見た目が悪いだけですが、特に飼育初心者の方は間違って購入しないよう注意されると良いでしょう。 セット方法 順番にセットしていきます。 マット マットをバケツなどに入れ水を加えます。 水分量の目安としては、強く握って水がにじまない程度です。 まぜあわせ水分が行き渡ったらマットを飼育ケースにセットします。 マットの量の目安としては、産卵が目的の場合は大き目のケースにマットを沢山入れる必要がありますが、成虫を飼育するだけであれば5cmもあれば十分です。 餌皿・のぼり木、枯葉などのセット 餌皿・のぼり木、枯葉などをセットします。 のぼり木は寝かせたままマットの上に置けば問題ありません。 好みで、のぼれるように立てて置いてもかまいません。 右の写真は枯葉と餌のみの簡単なセットです。 餌皿も使わずに、ゼリーの上ぶたにカッターで十字に切り目を入れて、直接マットの上に置いています。 ホームセンターなどで見かける飼育セット解説では、専用の保湿剤や樹液が出る木などをセットした例が紹介されていますが、クワガタやカブトムシの成虫を飼育をするだけであれば、写真のような簡単なセットでも全く問題ありません。 あとコバエや雑虫の進入防止にケースと蓋の間に新聞紙を挟んでやると良いでしょう。 ゼリーを十字にカット 新聞紙でコバエ進入防止 コバエ侵入防止ケース 日々のメンテナンス 週に1回程度、マットの表面の乾き具合を確認し、乾いているようなら霧吹きで加湿します。 餌をあげる目安として、国産のカブトムシで1〜2日でゼリーを1つ食べます。 カブトムシは大食いで結構餌代がかかります。 餌がなくなっていないかこまめにチェックしてあげましょう。 大きさや種類により異なりますが、国産のクワガタで週に1〜2個ゼリーを食べます。 食べ残しがあっても週に1度はゼリーを新鮮なものに取り替えてあげて下さい。

次の