エアリス 好き に ならない で。 【FF7R】クラウドはティファとエアリスとの恋愛関係はどうなる?

【FF7R考察】エアリスの台詞「好きにならないで」の意味

エアリス 好き に ならない で

・あなたを好きになると思うか? つまり、男子の視点で考えれば「非の打ち所がないモテそうな女子」ともいえるし、ふたりのファン男子は多いだろう。 自分の好みに合わせてティファ派もいればエアリス派もいると思う。 しかし、よくよく考えてみてほしい。 そしてこう言いたい。 もしふたりが実在したら、あなたを好きになると思うか? と。 もしあなたがFF7Rの世界に飛び込んだら、ふたりがあなたを好いてくれるのか? と。 そして「もしあなたの目の前にふたりがいたらアプローチしたいと思うか?」とも言いたい。 ・ふたりはイケメン好き 何を言いたいのかというと、ティファもエアリスも、リアルに考えれば男子にはモテないということだ。 特にオタク系男子やマジメ系男子には絶望的にモテない。 なぜならば、ふたりはあまりにも明るくて、美しくて、あざとく、そしてイケメン好きだからである。 ハードルが高すぎる。 確かにティファやエアリスから「好き」と言ってくれれば話は別だが、ほぼ絶対に二人から言ってこない。 クラウドにさえ言ってない。 自分からアプローチせず、したとしても男子の目を見つめたり、体を密着させるなどの合コン女子がやりがちなテクニックばかりだ。 基本的に男子は「あからさまにモテそうな女子」は警戒する。 ハードルが高いからだ。 ティファとエアリスはまさに「あからさまにモテそうな女子」である。 存在自体が男子に対して「どうせ俺のことなんて好きにならないだろう」と思わせてしまうのだ。 ・男子に手が届きそうと思わせる要素 ではFF7Rの世界で誰が一番モテる女子なのか? それは確実にジェシーだろう。 ジェシーが実在したならば、男子を魅了するガチモテ女子になると断言する。 確かに彼女も明るくて、美しくて、あざとく、そしてイケメン好きだが、ティファやエアリスと大きく違う点がひとつある。 ジェシーには、男子目線で「手が届きそう」と思わせる要素がありまくるのだ。 そして強く「わかりやすいアプローチ」を仕掛けてくる。 さらにジェシーは脇役の運命なのか「ティファやエアリスよりも控えめな美しさ」であり、それが男子に手が届きそうと思わせる要素として重要なポイントとなる。 <ティファとエアリスの恋愛的特徴推測> キレイだと自覚している、モテると自覚している、モテるから恋愛的余裕がある、明るい自分がモテることを自覚している、前向きな自分がモテることを自覚している、自分のファッションがモテることを自覚している じゃなきゃあんな服装しない 、自分からアプローチしない、しかし合コンテクニックは仕込む、「」を猛烈アピールしてて怖い、とことん男子に「両想い」と思わせといて男子がアプローチすると「やめてよ!」「勘違いしないで!! だからジェシーがモテる。 ジェシーは男子を恋愛的に攻めまくるだけでなく、男子に対して「イケるかも?」と思わせるスキを作っており、男子にモテやすい。 それゆえジェシーは男子のストライクゾーンが広いのは言うまでもない。 ただし、イケメンに限る。 【続報】.

次の

エアリス「好きにならないで」発言で話題の『FF7 リメイク』“CHAPTER14” のデートイベントが「バレット」だった話

エアリス 好き に ならない で

『FF7 リメイク』のネタバレ 『FF7 リメイク』について「エアリスがクラウドに『好きにならないでね』と言ったシーンはどういう意味なんだろう?」と頻繁に話題になっている。 ただ自分はエアリスからこの発言を聞いた記憶がなかったため、「アレ?何か大切なシーンを見落としていたのか…」と不安になった。 しかしこのシーンは『FF7』のオリジナル版にあった好感度によってデート相手が決まるイベントと同じく、プレイヤーによって観る映像が違ったらしい。 「そうなると自分はエアリスではなく、ティファとデートしたのか…」とも思ったが、別にティファとデートをした記憶もない。 「そもそもデートイベントなんてあったか?」と思い、調べてみるとどうやら「Chapter14」で夜中にパーティ1名から自身の想いを語られるイベントのことを指しているのだとわかった。 「果たしてあのイベントはデートと言えるのか?」とも感じたが、「それまでの各キャラクターの接した方で展開が決まる」という点と「夜2人きりで話す」という点から、「デートイベント」と称されているようだ。 そう言われればオリジナル版の観覧車ほどではないが、夜中に自分の内心を打ち明けられるというのは立派なデートなような気がしてきた。 ただ困ったことに自分の世界の『FF7 リメイク』で夜中にクラウドが会話をしたのは、エアリスでもティファでもなくバレットだったのだ。 そのシーンでバレットは「アバランチのメンバーへの想い」を語り、クラウドにエアリスを助けた後に彼らを紹介すると語る。 そしてゲーム冒頭ではアバランチに対して「興味ないね」と無関心だったクラウドが、ここでは「楽しみだ」と心境の変化を見せる。 そのため、まさかこのシーンがデートイベントだとは夢にも思っていなかった。 どうやらこのデートイベントの相手はティファとエアリスと共に行うクエストの達成度によって決まるらしい。 そういえば自分は「Chapter3」にあったティファと行う「なんでも屋クエスト」も、「Chapter8」にあったエアリスと行う「なんでも屋クエスト」も「どうせミッドガル脱出までのストーリーを引き伸ばすための水増し要素だろ… かったるいな…」という理由でクエストをクリアしていなかった。 そのせいでエアリスはコルネオの館に「ベーシックピンクドレス」という貧乏臭い薄いピンク色のドレスを着ていかなくてはならなくなってしまい、街中の人からヒソヒソと笑われてしまう展開になったのは申し訳なく思っていた。 ただまさかあのクエストのクリア率 ちなみに両方のクエストをクリアしてる場合、「Chapter10」の冒頭で気絶しているティファとエアリスのどちらを先に起こすかで決まるという によって、デート相手が決まるとは思ってもいなかった… もちろんバレットルートがハズレという訳でないのだろうが、ティファとエアリスとの時間を大切にしなかった結果、「好感度がなかった」と考えると、なんとも複雑な気持ちになる。 「女の子との時間は大切にしなくては…」と感じたゲームになった。 , LTD. All Rights Reserved.

次の

【衝撃】FF7リメイクで一番モテる女子はエアリスでもティファでもない! FF7Rでガチモテ女子が判明 | バズプラスニュース

エアリス 好き に ならない で

・あなたを好きになると思うか? つまり、男子の視点で考えれば「非の打ち所がないモテそうな女子」ともいえるし、ふたりのファン男子は多いだろう。 自分の好みに合わせてティファ派もいればエアリス派もいると思う。 しかし、よくよく考えてみてほしい。 そしてこう言いたい。 もしふたりが実在したら、あなたを好きになると思うか? と。 もしあなたがFF7Rの世界に飛び込んだら、ふたりがあなたを好いてくれるのか? と。 そして「もしあなたの目の前にふたりがいたらアプローチしたいと思うか?」とも言いたい。 ・ふたりはイケメン好き 何を言いたいのかというと、ティファもエアリスも、リアルに考えれば男子にはモテないということだ。 特にオタク系男子やマジメ系男子には絶望的にモテない。 なぜならば、ふたりはあまりにも明るくて、美しくて、あざとく、そしてイケメン好きだからである。 ハードルが高すぎる。 確かにティファやエアリスから「好き」と言ってくれれば話は別だが、ほぼ絶対に二人から言ってこない。 クラウドにさえ言ってない。 自分からアプローチせず、したとしても男子の目を見つめたり、体を密着させるなどの合コン女子がやりがちなテクニックばかりだ。 基本的に男子は「あからさまにモテそうな女子」は警戒する。 ハードルが高いからだ。 ティファとエアリスはまさに「あからさまにモテそうな女子」である。 存在自体が男子に対して「どうせ俺のことなんて好きにならないだろう」と思わせてしまうのだ。 ・男子に手が届きそうと思わせる要素 ではFF7Rの世界で誰が一番モテる女子なのか? それは確実にジェシーだろう。 ジェシーが実在したならば、男子を魅了するガチモテ女子になると断言する。 確かに彼女も明るくて、美しくて、あざとく、そしてイケメン好きだが、ティファやエアリスと大きく違う点がひとつある。 ジェシーには、男子目線で「手が届きそう」と思わせる要素がありまくるのだ。 そして強く「わかりやすいアプローチ」を仕掛けてくる。 さらにジェシーは脇役の運命なのか「ティファやエアリスよりも控えめな美しさ」であり、それが男子に手が届きそうと思わせる要素として重要なポイントとなる。 <ティファとエアリスの恋愛的特徴推測> キレイだと自覚している、モテると自覚している、モテるから恋愛的余裕がある、明るい自分がモテることを自覚している、前向きな自分がモテることを自覚している、自分のファッションがモテることを自覚している じゃなきゃあんな服装しない 、自分からアプローチしない、しかし合コンテクニックは仕込む、「」を猛烈アピールしてて怖い、とことん男子に「両想い」と思わせといて男子がアプローチすると「やめてよ!」「勘違いしないで!! だからジェシーがモテる。 ジェシーは男子を恋愛的に攻めまくるだけでなく、男子に対して「イケるかも?」と思わせるスキを作っており、男子にモテやすい。 それゆえジェシーは男子のストライクゾーンが広いのは言うまでもない。 ただし、イケメンに限る。 【続報】.

次の