したく存じます。 「したいと思います」の敬語表現・使い方と例文・別の敬語表現例

「頂きたく存じます」の意味とは?失礼のない使い方を例文で解説

したく存じます

ビジネスシーンでの言葉遣いは、敬語(尊敬語と謙譲語)を使いこなすのがマナー。 社会人一年目や就職活動の面接などでは初めてのことばかりで戸惑うことも多いでしょう。 また、自分の敬語が正しく使われてるか不安な方にも、ここでは日常会話において特に頻繁に活用する「したいと思います」の敬語での表現方法を学ぶことで、洗練された言葉遣いができる様、役立つ情報をご紹介します。 謙譲語とは? 敬語の種類は大きく分けて「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」と3種類ありますが、その中の謙譲語は「自分を下げて相手を立てたい」目上の方に話すときなど、相手に敬意を表す表現をする場合の自分をへりくだった表現方法で「わたくし」「うかがう」「いただく」「てまえども」「お~する」などがあります。 それに対する尊敬語は、目上の人が動作の主体になる時に使われ、会社の上司や社長など相手を持ち上げる表現を使い相手を高めます。 例えば「来る」を尊敬語にしてみた例では、「おいでになる」「お越しになる」「お見えになる」がよく使われます。 「したいと思います」の敬語の使い方とは? 「したいと思います」の「思います」の謙譲語は「存じる」で、自分の「思う」という動作をへりくだって敬意を表しています。 日常会話の中で「したいと思います」を表現するとき、「~と思います」「~と思っています」という表現をよく使いますが、会社などビジネスの場では硬い言い回しが必要になってくるので、その場合は下記の様に「存じます」を使いましょう。 ・参加させていただきたいと存じます。 ・お伺いしたく存じます。 ・お会いしたいと存じます。 ・お話ししたく存じます。 「したいと思っております」 「お手すきの際にお話しをお聞かせいただきたいためお伺いしたいと思っております。 」も「したいと思います」の敬語として正しい表現で、好感が持てるやわらかい印象がします。 ただ、この「したいと思っております」は、就活の際にも使って問題はないのですが、メールの際やスピードが要求される厳しいビジネスの場においては、あまり「思っております」を多用すると、思ってくれてるだけで、いつしてくれるのかというように信用を失ってしまう可能性もあるので注意しながら使いましょう。 また、「思っております」と間違いやすいのが「存じあげております」ですが、これは謙譲語で「知っている」という意味になり、「思っている」という意味の文章にはならないので注意しましょう。 「したいと思います」使い方は? 「したいと思います」の「思います」の謙譲語になる「~したく存じます」などの「~存じます」は、かなり高い尊敬を意味していて、かなりかしこまった硬い印象にはなりますので、会社では目上の方(上司や取引先の方など)やお客様に対して使うのには適しています。 また「したいと思います」の謙譲語「存じます」は、対面ではかなり堅苦しい印象や真面目すぎる印象になってしまうため、社長など使う相手を考えて使いましょう。 特に、気を使うお顔が見えない電話でのやりとりやメールなどのビジネス文章には積極的に使っても問題ないでしょう。 「したいと」を「させていただく」では? 職場や取引先で「させていただきます。 」や「させて頂く」という言葉は意外と使っているでしょう。 その「させて頂く」は敬語として正しいのかどうかなのですが、この「させていただく」には二つの相反する意味あいをもっていて気をつけないと失礼になってしまうので、使い方をしっかりと知っておきましょう。 一つ目の使い方は、自分の願望を相手の許可を得るために丁寧に問いかける話し方であるのに対し、二つ目の使い方は、自分の願望を相手の許可なく実行するというちょっと強引な感じがする話し方なので、この「させていただく」を使う時は十分注意が必要です。 一つ目の言い回しの例として「申し訳ありません、体調が悪いので早退させていただいてもよろしいでしょうか」だと、許可をもらう相手に尊敬を表した丁寧な敬語になるのに対し、二つ目は「会社を辞めさせていただきます」という表現になり、有無言わさず自分勝手な印象になってしまいます。 「したいと思います」メールでの使い方は? そこで、お顔の見えない文章のみのやりとりで誤解を生じさせてしまったり、お相手によってはフランクすぎたり失礼な言い回しになっていないかどうか気を使うのは、メールの文章ではないでしょうか。 ビジネスのメールでは「したいと思います」など、自分の要望を相手に伝えることが多いと思いますが、まず自分の動作を謙譲語にした上で、丁寧語をプラスしていくようなイメージで使用してみましょう。 なので、「したいと思います」だと謙譲語は「存じる」に丁寧語の「ます」がついて「したいと存じます」となります。 「したいと思います」の謙譲語である「存じます」などの敬語は、真面目できちんとした印象を与えるので、会社の難しい決まり事や目上の方へのメールの文章では、顔が見えない分丁寧すぎるくらいがちょうどいいようなので、積極的に使用するといいでしょう。 目上の人への使い方は? また、目上の方への言葉遣いとして、この「したいと思います」という言葉遣いは、その方の人柄やその職場の雰囲気によってはokだったりする場合もあります。 そういった場合は逆に「したいと思います」の謙譲語「存じます」だと堅苦しく事務的な印象を与えてしまうこともあるので、そこはお仕事をしながら学びましょう。 会社はコミュニケーションが大事なので、その場その場に合わせた対応ができるように、適切で失礼のないような言葉遣いを身につけておきたいものです。 そのため、より丁寧で尊敬を意味するような方には「したいと思います」の謙譲語「存じます」を積極的に使うのがベストでしょう。 「したいと思います」を敬語表現するときの例文とは? したいと存じますでは? 「したいと思います」の敬語表現で語尾を「存じます」にする方がより丁寧で好ましいとお伝えしましたが、この「したいと」と「存じます」のセットで「したいと存じます」という敬語表現は、ビジネスの場ではかなり頻繁に使われるので、下記にその頻度の高い使用例をあげてますので身につけておかれるといいでしょう。 「今後ともよろしくお願いしたいと存じます」「ではまた後程ご連絡したいと存じます」「それでは、また後日お会いしたいと存じます」「かねてからお伺いしたいと存じます」「その旨お伝えしたいと存じます」「その件についてお聞きしたいと存じます」「その件についてお打ち合わせしたいと存じます」 正しい敬語を使ってビジネスの勝ち組になろう!.

次の

見積もりを出してもらうメールの書き方ポイントを徹底解説

したく存じます

1-2.「させていただきたく」は「させてもらいたい」という意味 「させていただきたく」は、この一文が敬語表現で、「相手にその行為をする許可をもらい、相手に遠慮しながらする」という意味です。 「」だけでも相手を敬う表現ですが、「存じます」をつけることでよりな表現になります。 また「」と、「させて」がつかない場合には、「して欲しいのですが」と相手にお願いをする意味になります。 1-3.「頂く」と「いただく」の違い 漢字表記の「」は謙譲語ですが、ひらがな表記の「いただく」は謙譲語ではありません。 「いただく」は、漢字で「頂く」と変換すると「食べる・飲む・もらう」のになります。 一方、ひらがなの「いただく」は「」のように動詞につけて使います。 ひらがなの場合は「何かを〜してもらう」という意味です メールなどで使う場合、変換してしまいがちなので注意が必要です。 違いについて、例文で詳しく見てみましょう。 <例文>• 「いただく」を使う場合 「担当者が不在ですので、改めてお電話 させていただきたく存じます」 最初の例文では、「ジュースをもらった」ということを丁寧に表現して「頂く」と漢字に変換しています。 この場合はあったことをそのまま表現しているだけなので、漢字でもひらがなでもかまいません。 2つめの例文では、「電話をしてもいいか」相手に許可を願っていますので、漢字ではなくひらがなの「いただく」を動詞の「電話する」につけて使います。 この場合の「いただく」は補助動詞として使います。 補助動詞は動詞と結びつくことで意味を持つ言葉です。 「謙譲語」は漢字表記、「補助動詞」はひらがなというルールを覚えておきましょう。• <使いがちな二重敬語と正しい表現>• しかし、 「させていただく」は、助動詞の「させる」+接続助詞「て」+補助動詞「いただく」で、「敬語連結」と呼ばれ、正しい敬語表現として認められています。 2.「させていただきたく存じます」の使い方 「させていただきたく存じます」は、目上の方や上司に対して使うことができる謙譲語です。 ただし間違った使い方をすると、相手に失礼になるばかりでなく正しくこちらの気持ちが伝えられないことにもなりかねません。 そこで「させていただきたく存じます」を使う際に、注意したいポイントをご紹介します。 2-1.謙譲語を重ねない 「させていただきたく存じます」を使う場合、「させていただきたく」の前に謙譲語を使ってはいけません。 「させていただきたく」は一つの表現で、謙譲語です。 そして「させて」の前には「相手に了解を得てする行動」である動詞がつきます。 この動詞が謙譲語だと、二重敬語になってしまうのです。 例文で正しい使い方を見ていきましょう。 2-3.相手にお願いするときに使う 「させていただきたく存じます」は、「相手に許可を得た上で、自分がそれをおこなう」ため、相手にお願いをする場合に使います。 「相手のや許可が必要な場合」や「相手の意に反したりそぐなわない場合」に使います。 相手に許可を取る必要がないことにまで「させていただきたく存じます」を使うと、くどい表現になってしまいます。 どういった場合が当てはまるか、例文で見ていきましょう。 逆に「ことでもない」と思われることに対しては、「させていただきたく存じます」ではなく「いたします」など別の表現を使った方が、相手に伝わりやすいので、そちらを使いましょう。 続いては、「させていただきたく存じます」の言い換え表現をご紹介します。 3.「させていただきたく存じます」の言い換え表現 「させていただきたく存じます」を多用すると、くどくなったり、相手にこちら側の意図を伝えづらくなってしまうことがあります。 そこで「させていただきたく存じます」の言い換え表現を4つご紹介します。 <例文>• できればご参加 いただきますようお願い申し上げます。 お忙しいとは存じますが、アンケートにお答えいただきご返送 いただきますようお願い申し上げます。 「いただきますようお願い申し上げます」と似た表現に「いただけますようお願い申し上げます」があります。 「き」と「け」の違いですが、「いただけ」の場合は「~してもらえるよう」という可能の表現となり、「もしよければ~」という意味が加わります。 「いただき」でも「いただけ」でも間違いではありませんが、「いただけますよう」のほうが丁寧な表現です。 言い換え表現3.「なさってください」 「なさってください」は「してください」の丁寧な表現です。 相手に依頼をする際、「させていただきたく存じます」の繰り返しをしたくない場合に、言い換えることができます。 例文で詳しく見てみましょう。 言い換え表現4.「願いたく存じます」 「願いたく存じます」は、「お願いしたいと思う」の謙譲語です。 謙譲語は自分がへりくだり、相手を敬う表現のことです。 「存じます」は「思っています」「知っています」という意味があるほか、相手に何かをお願いするときに使います。 「願いたく存じます」は、「させていただきたく存じます」と同じように、相手に許可を得る必要がある場合に使うことができます。 「させていただきたく存じます」を何度も繰り返さないように、「願いたく存じます」で言い換えるといいでしょう。 文例で見ていきましょう。

次の

伺いたく存じますの使い方は?正しい敬語を使ってビジネスメールを作成!

したく存じます

「お願いしたく存じます」の意味 ビジネスシーンでは、相手に頼みごとをする場面が多くあります。 そんなとき、ほとんどの人は「お願いします」というフレーズを使うはず。 しかし、頼みごとをする相手が自分より上の立場になると、ストレートに「お願いします」と言い切るのが難しい場合もあるでしょう。 「お願いしたく存じます」は、そんなシーンで役立つフレーズ。 「お願いしたいと思います」という意味で、ただ「お願いします」と言うよりも丁寧な表現になります。 一方的な押し付けではないというニュアンスがきちんと伝わるため、うっかり相手の気分を害してしまうリスクが回避できます。 また、さりげなく相手を持ち上げる効果があるのもポイント。 誰かに頼られて悪い気がする人はあまりいないでしょう。 控え目な印象の「お願いしたく存じます」を使うと、相手に快諾してもらえる可能性も高くなるのです。 だからこそ、ビジネスで事をスムーズに進めていくには、より丁寧な言い方をマスターしておいたほうが良いのかもしれませんね。 「お願いしたく存じます」の使い方 続いては 「お願いしたく存じます」の正しい使い方について詳しく見ていきましょう。 ここでは、敬語として正しい表現なのかどうか解説し、実際にビジネスシーンで使うときの例文をご紹介します。 「お願いしたく存じます」は敬語として正しい?間違い? 結論から先にお伝えすると、「お願いしたく存じます」は正しい敬語表現です。 社会人経験が浅いと、使い慣れないフレーズかもしれません。 しかし、ビジネスでは頻繁に用いられるのでしっかり覚えておきましょう。 「お願いしたく」の部分は、「願う」という動詞を言い換えた言葉。 後に続く「存じます」は、「思います」「考えます」「知る」「承知する」の謙譲語。 「お願いしたく存じます」の場合は、「思います」「考えます」という意味で使われています。 上司や目上の人にはもちろん、取引先に対して使っても失礼になることはありません。 柔らかな表現で好印象になりやすいため、男性も女性も積極的に使うと良いでしょう。 「お願いしたく存じます」を使用した例文 実際に「お願いしたく存じます」をどのように使うのか、例文を挙げていきましょう。 ・I would like to ask you for your reply when you have some time on your hands. ・I am sorry to disturb you while you are busy, but I would like to ask you for your consideration. ・In our company I would like to ask you to settle all by bank transfer. ・I would like to ask you for your understanding. 上司や目上の人にお願いする時は「お願いしたく存じます」を上手に使おう! 「お願いしたく存じます」は、自分より上の立場の人に対して使える便利なフレーズ。 上手に使いこなせば、上司や目上の人、取引先の協力を得られるはずです。 必要なときには周りとコミュニケーションをとってサポートしてもらい、自分ひとりで悩んだり、失敗したりするリスクを抑えましょう。 そうすれば、日々の仕事もスムーズにこなせるようになるはずですよ。

次の