オスマン 帝国 外伝 3。 オスマン帝国外伝 〜愛と欲望のハレム〜シーズン3 第78話〜第82話 ネタバレ感想

【オスマン帝国外伝シーズン3】あらすじ37話~39話と感想

オスマン 帝国 外伝 3

スポンサーリンク 海外ドラマ「オスマン帝国外伝シーズン3」前回のあらすじ 海外ドラマ「オスマン帝国外伝シーズン3」の前回のあらすじです。 一方、スレイマンが散策中に現れた修行僧。 しかしこれはリュステムが裏で糸を引いていたのだった。 そんな中、ムスタファ追い出しに成功したヒュッレム。 お祝いとして後宮でお菓子をふるまう。 ムスタファに味方する者たちは、このことに憤るが…。 スポンサーリンク 海外ドラマ「オスマン帝国外伝シーズン3」あらすじ88話「消えた皇帝妃」 病気中のセリムの見舞いに向かったというヒュッレム。 しかしセリムからの書簡には、全く違うことが書かれていた。 ミフリマーフはヒュッレムは罠にかけられたと考える。 そしてムスタファ、シャー、ハティジェを問い詰めるのだった。 そんな中、遠征から帰ってきたスレイマン。 ヒュッレムのことを聞いて激しく動揺するなか…。 スポンサーリンク 海外ドラマ「オスマン帝国外伝シーズン3」あらすじ89話「失踪の謎」 ヒュッレムが行方不明となった。 スレイマンは怪しい人物をマルコチョールに尋問させる。 それはムスタファ、シャー、マヒデブランなどの敵対人物だった。 一方のスレイマンはヒュッレムの無事を祈り、彼女の部屋で過ごす。 末息子のジハンギルは、夢でヒュッレムが出てきたことを話す。 そんな中、ヒュッレムの従者が宮殿に戻ってきた。 そして従者は真相を話し…。 スポンサーリンク 海外ドラマ「オスマン帝国外伝シーズン3」あらすじ90話「永遠との結婚」 ヒュッレムがいなくなってから何年かが過ぎた。 彼女の捜索は続行中ではあるが、大半は諦めている人が多かった。 しかしスレイマンは変わらず彼女を想い、政務からも退いていた。 ハティジェは悲嘆に暮れる兄を想い、兄と妹の関係に戻りたいと告げる。 そしてスレイマンも諦めようとした頃、偽造書簡を運んだ男が見つかった。 一方、ムスタファは自暴自棄になっていて…。 スポンサーリンク 海外ドラマ「オスマン帝国外伝シーズン3」あらすじ88話~90話の感想&ネタバレ まさかの展開になってしまいました! ヒュッレムが行方不明になってしまうなんて…。 一体彼女はどこへ? そしてスレイマンはなんやかんや彼女を愛しているんですねー! ヒュッレムを恋焦がれ、苦悩するスレイマン。 早いことに、次回は最終回。 オスマン帝国、ヒュッレム、どうなるのでしょうか。

次の

オスマン帝国外伝は全何話ある?日本語字幕最速配信はhulu?

オスマン 帝国 外伝 3

オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~シーズン3(トルコドラマ)原作・あらすじ トルコドラマ『オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~シーズン3』の 原作あらすじをご紹介します。 巨大な権力を持つオスマン帝国の皇帝・ スレイマン(ハリット・エルゲンチュ)に取り入る事で奴隷生活から抜け出し、皇帝妃の立場へとのしあがった ヒュッレム(メルイェム・ウゼルリ)が本作のヒロイン。 大宰相・ イブラヒム(オカン・ヤラブク)やスレイマンの2人目の寵姫(ちょうき)にあたる マヒデブラン(ヌル・アイサン)など、嫉妬深い敵対勢力の様子をうかがいながら、皇帝妃として悠々自適な日々を過ごすヒュッレム。 しかし、ミステリアスな雰囲気を醸し出す美女で、ヒュッレムの娘・ミフリマーフから厚い信頼を寄せられている フィルーゼ(ジャンス・デレ)がハレムにやってきてから、ヒュッレムの周囲が慌ただしくなり…。 スポンサーリンク オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~シーズン3(トルコドラマ)ネタバレ・感想 トルコドラマ『オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~シーズン3』の ネタバレ感想をご紹介します。 敵対勢力との激しい争いの末、スレイマンの寵愛を受ける皇帝妃の立場を奪取し、オスマン帝国内への影響力をどんどん強くしていくヒュッレムは、自身の息子・メフメトを皇太子に引き上げようとします。 メフメトを皇太子に抜てきし、敵対勢力へのプレッシャーをより強くする事を思いつき、行動に打って出るヒュッレムでしたが、永遠のライバル・マヒデブランが目の前に立ちはだかります。 メフメトを使って影響力を強くしようとするヒュッレムの思惑を見抜いていたマヒデブランは、息子・ ムスタファ(メフメット・ギュンスル)を皇太子候補に引き上げ、ヒュッレムとの対決姿勢を全面に押し出していきます。 敵国への遠征で成果をあげている事もあり、皇帝・スレイマンから絶対的な信頼を寄せられているムスタファですけど、本物の兄弟のような間柄だったメフメトと対立する事を余儀なくされ、複雑な立場に追い込まれるのでした…。 シーズン1から激しいバトルを繰り広げていたヒュッレムとマヒデブランが愛息を巻き込んでの代理戦争を展開! 異母兄弟の間柄でもあるメフメトとムスタファを皇太子候補に引き上げ、皇太子の座を競わせる事で自分の地位を高めようとするヒュッレムvsマヒデブランの対決の行方にどうぞご注目ください! オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~シーズン3(トルコドラマ)見どころ トルコドラマ『オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~シーズン3』の 見どころをチェックしていきましょう。 マヒデブランと血みどろの戦いを展開するヒュッレムですけど、 シーズン3から登場する新キャラ・フィルーゼとも激しく対立していきます。 皇帝・スレイマンを魅了する事でハレムから脱出したヒュッレムと同様に、謎めいた雰囲気を醸し出す美女・フィルーゼもスレイマンの気持ちを揺れ動かすような行動を次々に取っていきます。 スレイマンとの結婚が正式に決まり、皇帝妃の立場を奪取する、という大きな目標を成し遂げたにも関わらず、不穏な行動に打って出るフィルーゼの存在がどんどん大きくなるにつれて、気持ちを取り乱していくヒュッレム。 妖艶さと強かさを合わせ持つヒュッレムが、マヒデブランよりも手強い新キャラ・フィルーゼ相手にどんな対抗策を打ち出すのか、というところも本作の見どころになっていますので、どうぞご期待ください! オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~シーズン3(トルコドラマ)最終回結末 トルコドラマ『オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~シーズン3』の 最終回結末の大まかなあらすじをご紹介します。 皇帝妃・ヒュッレムの誘拐事件が発生し、帝国内に激震が走る中、対立関係にあった シャースルタン(デニズ・チァクル)を食事に招待するミフリマーフ。 ヒュッレム誘拐事件にシャースルタンが関与している事に勘づいたミフリマーフは、シャースルタンに脅しをかける事で状況を有利に運んでいき、シャースルタンを追放する、という大きな目的を成し遂げます。 一方、子供の誕生が間近に迫り、意気揚々としていたメフメトですけど、マヒデブランが送り込んだ刺客の罠にハマった結果、命を落としてしまい…。 メフメトが亡くなった後に誘拐事件に巻き込まれたヒュッレムが帰還する、という驚きの展開を見せていくシーズン3の最終回。 主要人物たちがどんな結末を迎えるのか、というところはもちろん、母・ヒュッレム譲りの芯の強さを随所で披露していくミフリマーフの活躍が最終回の大きな注目点になっていますので、どうぞお楽しみに! スポンサーリンク オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~シーズン3(トルコドラマ)キャスト・出演者 トルコドラマ『オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~シーズン3』の キャスト・出演者をご紹介します。 オスマン帝国の最盛期を築き上げた人物だが、ミステリアスな雰囲気を醸し出す美女・フィルーゼに翻弄される事に…。 2017年に『私の祖国は君だ』という作品でビルケントTV賞など、3つのタイトルを獲得した実力派俳優ハリット・エルゲンチュさんがスレイマン役にキャスティングされています。 ヒュッレム 役:メルイェム・ウゼルリ ロクセラーナ・ヒュッレム・スルタン役のメルイェム・ウゼルリさん — 茶畑 soupcurry049 オスマン帝国の皇帝妃。 皇帝・スレイマンに取り入る事でハレムから抜け出した過去があり、自身の影響力を強めるため、息子・メフメトを皇太子に引き上げようとする。 ベイルート国際映画祭・海外ドラマ部門最優秀主演女優賞を受賞している国際派女優のメルイェム・ウゼルリさんがヒュッレム役にキャスティングされています。 皇帝妃となったヒュッレムと激しく対立していく。 カディルハス大学出身の俳優で、映画・ドラマだけでなく、アニメーションの声優やテレビCMにも度々出演しているオカン・ヤラブクさんがイブラヒム役にキャスティングされています。 イブラヒムはシーズン3の途中で亡くなってしまうのですが、イブラヒムが亡くなってからもオカン・ヤラブクさんがナレーションとして出演しています。 皇帝・スレイマンから寵愛を受けていたのだが、スレイマンの気持ちがヒュッレムへと傾き、ヒュッレムが成り上がった現状に嫌気が差している。 銀行員出身の売れっ子女優で、金融ジャンルのニュースキャスターに抜てきされるなど、幅広い分野で活躍しているヌル・アイサンさんがヒュッレムの永遠のライバル・マヒデブラン役にキャスティングされています。 クールな振る舞いをする人物だが、強情な性格のイブラヒムに迫られた結果、イブラヒムと不倫関係に…。 医大卒の経歴を持つだけでなく、7ヶ国語を操るインテリ女優として圧倒的なちめいどを誇るフィリズ・アフメットさんがニギャール役にキャスティングされています。 神秘的な魅力でスレイマンを引き込んでいく。 日本の連ドラ『Mother』のリメイク版にあたる『アンネ』で主役に抜てきされるなど、ヒット作で主役級のキャラを数多く演じているジャンス・デレさんがシーズン3から登場する新キャラ。 フィルーゼ役にキャスティングされています。 スポンサーリンク オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~シーズン3(トルコドラマ)登場人物・相関図 トルコドラマ『オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~シーズン3』の 登場人物・キャスト相関図をご紹介します。 オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~シーズン3(トルコドラマ)ネット上の反応 トルコドラマ『オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~シーズン3』に対する ネット上の反応をまとめます。 シーズン1・シーズン2ともにBS日テレで再放送されていますので、チャンネル銀河でのオンエアが終わった段階で「BS初放送決定!」という嬉しいニュースが待っているかもしれません。 OP オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~シーズン3(トルコドラマ)再放送と無料動画見逃し配信サービス トルコドラマ『オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~シーズン3』の 再放送・無料動画見逃し配信サービスをご紹介します。 【最新の再放送予定】• 2019年8月8日(木)~ チャンネル銀河(日本初放送) 【オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~シーズン3の無料動画見逃し配信サービス】•

次の

オスマン帝国外伝~愛と欲望のハレム~シーズン3動画!フル無料視聴!

オスマン 帝国 外伝 3

外伝(シーズン3)を観るには? 実はで全話無料で観られるっぽいです!全部だけど…なんぞさっぱりわからん!!でもどんなドラマか雰囲気だけ観たい!と言う方も以下の公式動画の第1話を観てみてください。 でレンタル!と思いましたが、日本ではシーズン1のDVDは発売されていますがシーズン2・3は発売されておらず、もちろんシーズン3はレンタルもされていないようです。 なので、シーズン1から一気に観るにはHuluで観るのが1番よいかと思います。 外伝が始まると加入しますが、シーズン3が終わったらまた辞めるつもりです! 2週間無料トライアルもあるので、興味を持った方はどうぞ。 そしてヒュッレムはあえてムスタファを褒め称え、スの怒りを煽る。 主席建築家となったは張り切っていた。 ヒュスレヴは狩りに同行することになる。 狩りに出かける前にイェニバフチェの邸宅にハティジェと双子が引っ越すが、ハティジェはシャーに自分の人生を乗っ取ったと怒りをぶつける。 ムスタファがブルサに到着し、スに挨拶に向かうもののスは挨拶の儀をさせようとしない。 その後の狩りでもメフメトばかりと話し、ムスタファと話す際にはスの叔父が奢りに負けて失敗した話をし、その叔父がムスタファに似ていると言う。 ムスタファはスの態度に戸惑うが、ヒュスレヴのアドもありスへの謝罪へ向かう。 その場にメフメトともおり、離れようとするがスは兄弟で隠し事はなしだと言う。 ムスタファが謝罪するが、スはこれまでの行動に怒りを露わにし、謝罪までもが遅れたことを怒る。 そして奢りやうぬぼれで行動を起こしたムスタファを叱る。 その後、ス、ムスタファ、メフメト、ヒュスレヴが一堂に会して話している時に、父からもらった弓用の指輪を子どもに譲ると言ったためムスタファとヒュスレヴは期待するが、それはメフメトに渡された。 ムスタファは直後マニサに戻ると言い、メフメトは悲しむ。 ヒュッレムはシャーへ罠を仕掛けるためシャーの侍女のアーセンにルトフィーを誘惑するよう命じる。 アーセンは誘惑しようとするが、ルトフィーに魂胆を見破られる。 シャーにバレないようにしたいヒュッレムはアーセンを宮殿に呼び出し、早く成果をあげるように言う。 しかしアーセンが宮殿にいるところをメルジャンが目撃。 シャーの命令で薬をもらいに来たと言うが不審に思うメルジャン。 その夜、ルトフィーがシャーに誘いを掛けるが断るシャー。 ルトフィーは妻の義務を放棄するのは死んだ思い人でもいるのかとイブラヒムのことを暗にほのめかす。 怒ったシャーはしもべが身の程知らずだとルトフィーを責める。 ルトフィーは怒りに震え自分の部屋へ戻るとアーセンがいた。 アーセンはルトフィーを誘うがルトフィーはすんでのところでアーセンを追い出す。 しかしアーセンの服が乱れていたところをメルジャンが目撃する。 マルコチョールはシルヴィアとの逢瀬を楽しむ。 それをミフリマーフの宦官が見ていたがマルコチョールにバレてしまう。 その頃ミフリマーフの元にはリュステムから恋文が届いていた。 リュステムにはヒュッレムからミフリマーフと結婚させるといった手紙が届いていたのだった。 ミフリマーフはリュステムからの手紙を破り捨てるが、その後宦官からマルコチョールが女と親密にしていると報告が入る。 ショックを受けたミフリマーフは尾行を続けるよう命じるがマルコチョールに尾行が気づかれてミフリマーフからの命令だと知られたことを知る。 ミフリマーフは宦官にシルヴィアの素性を調べるように命じる。 第79話 ムスタファはスとの心の壁が大きいことをマヒデブランに伝え、辛さを吐露する。 そんなムスタファをマヒデブランは懸命に励ます。 メルジャンはシャーの元を訪れるがルトフィーのことは言わず、シャーからルトフィーを見張れという命令を必ず実行すると言う。 ルトフィーはなるべくアーセンを近づけないよう努力するが、ヒュッレムにはアーセンから近々朗報が行くと連絡がある。 ミフリマーフはシルヴィアを攫い、国に帰らなければどうなるかわからないと身分を隠して脅す。 しかしそれがヒュッレムの耳に入りヒュッレムは激怒。 現実を見せようとマルコチョールをに呼び出し、マルコチョールにミフリマーフへの想いを聞く。 マルコチョールはミフリマーフは子どもにしか思えないと言い、その話を裏で聞いていたミフリマーフは涙する。 ミフリマーフは自分を振ったマルコチョールへの怒りからスとヒュッレムの元へ自ら赴き、リュステムとの結婚を承諾すると伝える。 スはシャーやハティジェなど一堂を呼び出し、リュステムとミフリマーフの結婚を発表。 驚くシャーやハティジェ。 シャーはリュステムとの結婚を阻む方法を考えようとする。 ヒュッレムはアフィフェに命じ、ミフリマーフの婚礼とバヤジト、ジハンギルの割礼式を同時に行うよう伝える。 しかしミフリマーフは一時のマルコチョールへの怒りでリュステムとの結婚を承諾したことを後悔し、スとヒュッレムに言って欲しいとメフメトにお願いするが、メフメトはスの命令は絶対だと言って断る。 リュステムはヒュッレムから手紙をもらい、ニギャールに離縁を申し出る。 マトラークチュとマルコチョールはリュステムが権力を握ることを危惧していたが、なにも手を打てずにいた。 そんな中、の指示により半年後にはモスクができるだろうとわかり、一度追放したマシュキが帝都に舞い戻ったと報告が入る。 スはマシュキを牢に入れ、エブッスードがマシュキの行動を諭すがマシュキはを持たず反論する。 第80話 マヒデブランはリュステムがミフリマーフと結婚することでムスタファが危険にさらされると思い、シャーにある提案をする。 それはリュステムがらい病(いわゆる)に掛かっていると噂を流すことだった。 シャーはルトフィーを使ってスに報告。 報告を聞いたスはヒュッレムに相談に行くが、ヒュッレムはただの噂だと信じない。 しかしミフリマーフを危険に晒したくないスは婚儀の準備の中断を命じる。 ヒュッレムはスに本当にらい病なのかモシェを派遣して診てもらおうと提案し、決定する。 シャーはリュステムの元へ行く前にモシェを呼び出し、らい病は症状が出にくいが誤診だったら命をもらうと脅す。 ミフリマーフはヒュッレムに結婚をやめたいと懇願するが、忠誠心を大切にするヒュッレムはもちろん許さない。 悲しむミフリマーフにシャーの思惑でリュステムの病の話をするギュルフェム。 病のために結婚がなくなる可能性があることを密かに喜ぶミフリマーフ。 ミフリマーフはリュステムの病の話を耳に入れたことをスにした上で、マルコチョールが大使の姪と懇意の関係であることを伝える。 スはマルコチョールを呼び出し、シルヴィアとは別れるように命じる。 マルコチョールは承諾し、シルヴィアに国に帰るように言い別れを告げる。 アーセンはルトフィーを誘惑するが乗ってこない。 ルトフィーはアーセンが粗相をしたと理由をつけてキに追放する。 アーセンはヒュッレムに報告し、ヒュッレムは追放をネタにシャーの元へ行く。 シャーにアーセンとルトフィーが関係を持っていたと言うヒュッレム。 シャーは信じないが、ヒュッレムは信じなくても構わないと言ってその場を去る。 マシュキの裁判が始まり、証言などからマシュキとその弟子の斬首刑が決まる。 スは宰相にエジプト州軍政官のスを任命することを決める。 リュステムはミフリマーフの心の中にはマルコチョールがいるとリュステムを煽りリュステムの怒りを買う。 リュステムはニギャールを追い出すように命じる。 ハティジェは子どもたちと仲良くするヒュスレヴに不機嫌な態度を取る。 ハティジェと子どもたちに快適に過ごして欲しかっただけのヒュスレヴは少し怒って残念な気持ちになる。 スポンサーリンク 第81話 シャーの元にメルジャンがやって来てヒュッレムに嘘を吹き込まれたと言う。 しかしメルジャンはこの目で不貞を見たと報告。 激怒したシャーは帰ってきたルトフィーを罵る。 ルトフィーはアーセンが追放の腹いせについた嘘だと主張。 しかしメルジャンが目撃したことを伝えると、事実を話し誓って関係を持っていないと訴える。 そしてシャーが妻の義務を怠らなければこんなことは起こらなかったと言う。 それを聞いてさらに激昂したシャーはすべてを私が与えてやった奴隷のくせにと言い、今後逆らえばすべてを奪うと宣言する。 そしてアーセンはメルジャンによって殺されてしまう。 リュステムは侍女長になったオリヴィアをギュルバハルと名付ける。 リュステムの元へモシェがやって来てらい病と噂になってること、診察を受けさせて欲しいと伝える。 診察を受けさせたリュステムに対し、らい病は経過観察が必要だと言い、数ヶ月後にまた診察するとモシェは言う。 しかし結婚が遅れることを嫌ったリュステムは今すぐ健康だと言えとモシェを脅す。 その時リュステムの髪の毛にシラミが見つかる。 モシェが帝都に戻りスに報告した内容はらい病の人にはシラミが見つからないといったものだった。 結果、リュステムとの結婚の準備は続けられることになり喜ぶヒュッレム。 対照的にミフリマーフは悲しむ。 シャーに策が失敗してさほどてもないと言うハティジェに対し、まだ時間はあると言うシャー。 帝都に向かう馬車の中、ギュルバハルの父が医師だったことでシラミの件で難を逃れたことを喜んでいたリュステム。 そんな中リュステム一行を襲う山賊が現れ、リュステムの馬車が爆破されて亡くなったとの一報がスとヒュッレムに届く。 ヒュッレムは焦りスの元へ行くが、まだ真偽はわからないと言う。 そこへリュステムが無傷の状態で現れ驚く一同。 リュステムは襲撃に備えて2隊で出発し、襲撃されなかったのだった。 無事婚儀の準備が進められ、いよいよ婚儀と割礼式が執り行われることとなる。 ニギャールは帝都に帰りシャーの元を訪れ、今後は家を見つけて過ごすと話す。 ニギャールはマトラークチュの元を訪れ、マヌルの居場所を教えて欲しいと訴える。 ムスタファの元にルメイサがマヒデブランに夜伽を命じられたと嘘をついてやって来る。 ムスタファは嘘だとわかっていたが、ルメイサを受け入れ一晩を過ごす。 翌朝ルメイサはムスタファが寝ている間に出て行こうとするが、ムスタファは食事を共にしていけと命じる。 そこへアイシェがやって来てルメイサがムスタファと食事を共にすることに驚く。 第82話 ミフリマーフの結婚式とバヤジト、ジハンギルの割礼式が始まる。 マニサからやって来たマヒデブランと話をするヒュッレム。 ファーリエを育成してくれたことをヒュッレムは感謝する。 益々力を増していくヒュッレムに対し懸念を抱くシャー、ハティジェ、マヒデブラン。 一方その頃リュステムはスから御前会議入りを命じられた。 ルトフィーやヒュスレヴはリュステムに嫌味を言うがリュステムは至高の帝国に仕えるのみと語る。 ミフリマーフは悲しむがやって来たマハンに対し強がりを見せる。 しかしアフィフェの前では本音を語り、アフィフェが優しい言葉を掛けてミフリマーフの心が整うのを待つ。 決心したミフリマーフは婚儀の宴へ向かい、途中涙しながらも自分の人生を振り返る。 リュステムはスからおごり高ぶらないよう忠告を受ける。 リュステムと住む屋敷へ向かったミフリマーフ。 リュステムは最高の夢が叶ったと語り、ミフリマーフが望めばこの場で毒を飲んで死ぬと言って毒を飲もうとする。 しかしミフリマーフはそれを止め、リュステムを受け入れる。 時は流れ1541年、ミフリマーフはリュステムとの間にアイシェと名付けられた女の子を出産する。 その頃ルトフィーは売春・買春を禁止するため酒場の取り締まりを始めていた。 スポンサーリンク 感想 第78話 ルトフィー偉いねー!! でも明らかにメルジャンから見たら事後にしか見えないね!! 大変!! シャーに従順なメルジャンは報告するのかしら…? するよね。 でもシャーはしもべが自分を裏切ることは許さないだろうからヒュッレムの思う壺。 あーあー 本当、シャーとハティジェは皇女様気質だね。 だからダメなんだけど。 シャーもハティジェと同じ失敗してるわ。 ヒュッレムはス煽るのうまくなったよねー 昔は直接ムスタファを悪く言ってたけど、褒めて怒りを煽る方がいいとわかってきてるよね。 さすがだわ。 まあ今回は煽らなくてもスは怒ってたわけだけど。 前の反乱鎮圧の時と同じ失敗してるよね、ムスタファ。 しかも謝罪が遅れたのも最悪。 スの言う通り、奢りがあると思うな。 ミフリマーフ、マルコチョール諦めた方がいいよ… でもごめん、リュステムの恋文はちょっと私体がかゆくなっちゃったw 慣れない。 あのリュステムのポエム、イブラヒムを思い出したわ。 奴隷上がりはどうしてもああいうポエムになるよね。 そしてメルジャン言わなかった… シャーが傷つかないようにしたんだろうね。 本当にシャー思い。 でもってミフリマーフ、あなたないわー シルヴィアにやりすぎ。 でも一時の感情で結婚承諾しちゃうのはまあ、子どもよね!って感じ。 だからマルコチョールもミフリマーフには惹かれなかったんだろうけども。 このままリュステムとは結婚だろうなぁ。 でも2人は意外とお似合いだと思うよ? 第80話 が症状が出にくいとはいえ、さすがにバレない? それとも疑わしき人とは結婚させたくないってことになっちゃう? どうなるんだろ… いい策なのかどうか判断つかないわ… このまま結婚破談になるかなぁ。 ハティジェの時は確実な病気だったょうがないかったけども。 あー、ヒュッレムの策はうまくいきそう。 あんだけ亀裂が入ってたし、ルトフィーもアーセンに誘惑されそうになってたもんね。 ああいうのは真実じゃなくても疑心暗鬼になるから有効な策よね。 どうなるか楽しみ。 リュステムとイブラヒムと同じで暴力的よねー ニギャールDV気質のある人好きだから、執着心もあるみたいだし本当に好きになったりして… あとハティジェひどいわー ヒュスレヴ超いい人じゃん。 ヒュスレヴかわいそすぎ。 皇女様と結婚した人はなんらかしら嫌な思いしてるね。 ならいずれリュステムも… でも今はリュステムベタ惚れだから平気かな? ただイブラヒムの例もあるしなぁ… 結婚できるかわかんないけども。 第81話 幸運のシラミwww 今までにないw 普通に笑ってしまったw まあでも本当に嘘だからギュルバハルがやったことは正しいとこだけどね。 そしてシャーは直接的な行動に出すぎ。 でもあっさり戻って来るリュステム強い! いやーヒュッレムが手放したくないのがよくわかるね! ミフリマーフはかわいそうな部分はないわけではないけど、まあ結構嫌なことを裏でやるのはリュステムと一緒だから意外とお似合いだと思うよ! ムスタファこれまで全くといっていいほどルメイサに興味なかったのにいきなりどうした?? スに冷たくされて傷心だったから?? なーんか拍子抜けしちゃった。 メルジャンやっぱり報告しちゃうのね。 ルトフィーがだんだんイブラヒムと同じ道を歩んでてかわいそう… 大きな原因はやっぱり皇女様たちで、不運だねぇ、としか。 ルトフィーなんて落ち度全くないのに… 本当、ルトフィーには同情しかない。 第82話 アフィフェ優しいね〜 ああいう人が側にいてくれるのはいいよね。 ミフリマーフ、自分の人生を受け入れたね。 さすが。 リュステム、本気で毒を飲む気だった? まあ夢が叶ったのは事実だからその気はなくはないか。 今回はシャーとハティジェの意見には同意で、皇女はこうやって自分の意見は無視されて親が思う通りに結婚させられたのよね。 女に選択権がないのは事実。 今でもない国があるくらいだし… まあでも少なからず皇子達も自分の好きなようにできないこともあって大変よね… でお気に入りができても母親に止められることもあるから… でもミフリマーフ、なんだかんだ子どもが生まれて幸せそうだったからリュステムと少しでもいい関係で家族を築けるといいね。 ルトフィーとシャーみたいにならないといいけど….

次の