男の娘 同人誌。 男の娘 (おとこのこ)とは【ピクシブ百科事典】

[B!] 男の娘(ω)速報:[男の娘][同人誌(マンガ)] 男の娘だよっ!フォームチェンジたけるくん

男の娘 同人誌

フォームチェンジたけるくん [][ ] だよっ! フォームたけるくん は、みんな。 「大帝... 概要を表示 [][ ] だよっ! フォームたけるくん は、みんな。 「」販売開始! は好評。 なのにおねえちゃんのイタズラでの格好をさせられては 恥ずか思いをしてす。 やめてと泣いて怒ってもまったく効果なし。 そんなたけるくんに更なるが! 僕だよぉ!? 口の悪いのモグックマと一緒に 初めての戦いに挑むのだった・・・・ 駄目特製。 本が、凌辱シーンもあり。 本編31P。 大体の話の流れはで閲覧。 php?

次の

[B!] 男の娘(ω)速報:[男の娘][同人誌(マンガ)] 男の娘だよっ!フォームチェンジたけるくん

男の娘 同人誌

フォームチェンジたけるくん [][ ] だよっ! フォームたけるくん は、みんな。 「大帝... 概要を表示 [][ ] だよっ! フォームたけるくん は、みんな。 「」販売開始! は好評。 なのにおねえちゃんのイタズラでの格好をさせられては 恥ずか思いをしてす。 やめてと泣いて怒ってもまったく効果なし。 そんなたけるくんに更なるが! 僕だよぉ!? 口の悪いのモグックマと一緒に 初めての戦いに挑むのだった・・・・ 駄目特製。 本が、凌辱シーンもあり。 本編31P。 大体の話の流れはで閲覧。 php?

次の

男の娘☆ ~男の娘ONLY同人誌展示会~

男の娘 同人誌

この記事には 複数の問題があります。 やでの議論にご協力ください。 がまったく示されていないか不十分です。 内容に関するが必要です。 ( 2013年1月)• が含まれているおそれがあります。 ( 2013年8月)• した節があります。 ( 2017年5月) 男の娘(おとこのこ)は、でありながら娘のようなにしか見えない容姿と内面を持つ者を指す言葉。 服装や化粧を整え女性として生活していることも多い。 現在では内面に関係なく、行為を行う男性のとして広い概念で扱われており、女装行為を行う男性自身が名乗るケースも多い言葉となっている。 ただし元々、外見が女子に見える事が男の娘とされる為、から見て女子 に見えるかどうかが重要である。 おとこの娘・ オトコの娘・ オトコノコとも表記。 発声すると「男の子」と区別がつかないため、それと区別するために「 おとこのむすめ」や「 おのこのいらつめ」と読む場合も多々ある。 別の呼称として「 女装少年」や「 女装男子」とも言われる(詳細は)。 「男の子」の「子」を「娘」に置き換えた・であり、古くは阿蘇校舎(現:阿蘇キャンパス)の度数鹿流祭()での配布物(サークル紹介)にも見られる。 頃からなどで広く流布するようになった。 「子」を「娘」に置き換える表記は「 眼鏡っ娘 ( めがねっこ )」などにも見られるが、「 男の娘 ( おとこのこ )」は言葉の持つ意味合いやイメージの変化が大きい。 、などの創作作品内においては、「容姿がの」といった設定を指す言葉として一般に使われ、主にした少年・青年を指す傾向にある。 また、声がを持ち男性とは認識できないキャラクターを指しても使われる。 創作作品においては「男子であることを知らない男性に恋心を抱かせる」といったストーリーが多く見られる。 男の娘 ( おとこのこ )に該当する性質を備えたキャラクターは以前の過去の創作作品においても存在し、ではで連載されアニメ化もされた漫画『』の主人公「大空ひばり」、においてはで連載された漫画『』のヒロイン「有栖川桜」が代表例として挙げられている。 現在では漫画、アニメだけでなくにおいて攻略対象ヒロインとして登場することも多く、の『』のように攻略対象ヒロイン全員が 男の娘 ( おとこのこ )という作品もある。 また『』や『』のように主人公が 男の娘 ( おとこのこ )である作品もあり、その場合人気投票で主人公がヒロインを抑えて1位になってしまうこともある。 男の娘 ( おとこのこ )の年齢と性別 [ ] 男の娘 ( おとこのこ )に該当するのは創作作品では「男の子」と呼ぶにふさわしい年齢である小学生やティーンエイジャーくらいまでが定番であったが、現実では成人も含まれる(ただし、『』という漢字を使用するためにそれなりの若年であることが求められる)。 ただし特殊な例では、女装の娘を持つ父親や祖父もまた、まるで女の子に見える作品や、長い髪で、常に女装している若く美人の父親に、実の娘(純女)が憧れたりする作品もある。 男の娘 ( おとこのこ )は、医学的なの有無、が「」であるのか「」であるのかは重視されない。 男の娘 ( おとこのこ )とは外見のことであり、内面やセクシャリティは関係なく、問い正すのは御法度とされる( 男の娘 ( おとこのこ )の由来はあくまでゲームであり、ゲームなどでは自由に問い正すことができない為) 男の娘 ( おとこのこ )とは"女装"した"美"少年で、かつニューハーフや性風俗などに従事していないことがあげられる。 本人にとって自然な状態でふるまうため、普通に男性的にしゃべる 男の娘 ( おとこのこ )もいるし、人によっては女声を研究し、女性のようにしゃべる 男の娘 ( おとこのこ )もいて、人によって様々である。 男の娘 ( おとこのこ )と混同しやすい言葉として、同性愛()、(TSF)、などがあるが、これらは 男の娘 ( おとこのこ )と同義ではない。 現実世界においては、外見が 男の娘 ( おとこのこ )だと判断されるような者の中にも当事者とそうでない女装男性がいるが、一括りに「 男の娘 ( おとこのこ )」と定義づける事はいささか乱暴だという意見もある。 何故なら、 男の娘 ( おとこのこ )と呼ばれる者の中にも実はやといったセクシャルマイノリティ当事者がいる事も事実として存在するからである。 創作作品から現実世界へ [ ] これまで、現実世界で女装を行う男性を「(じょそこ、じょそうっこ)」と呼ぶ(それに対して、本物の女性を「(じゅんめ、じゅんおんな、じゅんじょ )」と呼ぶケースもある)のに対し、「 男の娘 ( おとこのこ )」という言葉は主に創作作品の中の設定を指すことが多かったが、に入ると現実の女装男性に対しても一般誌やテレビが「 男の娘 ( おとこのこ )」と表現することも多くなった [ ]。 12月には、 男の娘 ( おとこのこ )向けの通販サイト「Lagrangel 」が設立。 7月4日にはより 男の娘 ( おとこのこ )写真集「〜綺麗な 男の娘 ( おとこのこ )は好きですか? 」が発売。 モデルはすべてNEWTYPEのメイドが担当し、でエロ要素を取り除いてグラビアが成立した例はこれが初めてとされている。 過去にもあるにはあったが、ヴィジュアル的に難しいものがあり認められなかった。 結果3次元では無理だと言われ [ ]、諦められていた。 「女々男子」はその通例を打ち破り、一定の可能性を見出した。 「女々男子」販売店では即日完売が相次ぎ、入手困難な状況に陥った。 また、2011年9月30日にNEWTYPEはレーベルCiffonより「 男の娘 ( おとこのこ )DVD」を発売し、発売日にアイドルDVDデイリーランキングで4位を獲得。 1000枚を売り上げた。 2011年8月には、NEWTYPEが男のメイク講座「NTメイクレクチャークラブ 」を開講。 英語では女性的な男性としての意味、または男の娘という文字の直接的な訳(「 フェンボーイ( Femboy)」または「 トムガール( Tomgirl)」 )以外に、男の娘を可愛い女性に見えて男性であることが、騙されてに掛かった・を踏んだとの意味で「 トラップ( Trap)」と呼んでいる。 また、日本語からの由来でずばり「 オトコノコ( Otokonoko)」と称されることもある。 中国語では「 偽娘」(で「うぇいにゃん」)と称している。 が盛んな中華圏では二次元のみならず、三次元キャラの偽娘人気が高いのも特徴である。 また、「」というや などのK-POPをコピーする、中国の大学生によるユニット(女装チーム)まで現れている。 日本のセーラームーンなどのコスプレもしている。 欧米では「 ジェンダーベンダー( Gender bender)」「 クロスドレッシング( Cross dressing)」等のジャンル(Tag)を使用して、男の娘のコスプレ画像やイラストがネットに投稿される場合がある。 一方、よくある「男の娘化」ではなく「女体化」は「 セックスチェンジ( Sex change)」で区別される。 年表 [ ] 2000年代以前には女装男性はと呼称される事が多く 、1990年代にはその性癖をからかわれるギャグキャラクターである中年男性や、美人に見えるが実は男であるという がメディアに登場するようになったが、その多くは水商売などを職業としている者が多かった。 2000年代に入ると女の子のような容姿で学生生活を送る男性などもメディアに取り上げられるようになった。 「 男の娘 ( おとこのこ )」と言う造語は、遅くとも3月 - 5月頃には「」上で既に確認されている [ ] [ ] [ ] [ ]。 当時はキャラクターなどを形容する造語として 女装少年 ( じょそうしょうねん )、 女装美少年 ( じょそうびしょうねん )、 女装男子 ( じょそうだんし )、 女装ショタ ( じょそうしょた )、 女装炉利 ( じょそうろり )、 なども使われており、「 男の娘 ( おとこのこ )」はそれら造語の中でもごくまれに使われる程度であり、女装作品を現す言葉としては「女装少年」「女装美少年」が定着していた。 その後、「 男の娘 ( おとこのこ )」という呼び方も徐々に広まっていき、 - 頃に「 男の娘 ( おとこのこ )」ブームが起こると、「女装男子」としてテレビなどのメディアにおいても紹介されることとなった。 2000年代前半 [ ]• 6月22日、の別ブランドのCAGEから発売されたアダルトゲーム『純愛GirL』に女装少年の「加護のあ」が登場し、話題となる。 5月14日、『』が()で連載開始。 主人公はある少女そっくりの顔になってしまったことから、その少女の姉を演じながら女装して高校生活を送ることになる。 5月23日、シスター風の格好をした少年キャラクター「」の初出作品である『』版が稼働開始、同年12月には版が発売される。 11月3日と4月13日に、ブリジット中心女装少年ONLY同人誌即売会『鰤計画』が開催される。 2004年4月11日の第3回開催より女装少年ONLY同人誌即売会『計画』 へ改称。 12月26日、より、PS2版「」(同年4月により発売されたオムニバスの短編を全年齢版に長編リメイクしたもの)が発売。 を目指す少年がパティシエ専門女子校に女装して女子として入学するというシチュエーション。 によるコミック版も『』に掲載。 2002年12月 - 2003年9月、ショタアンソロジー『好色少年のススメ』・『少年愛の美学』・『』シリーズが創刊。 女装少年が登場する作品の掲載機会が増える。 2004年• 7月24日、より『』発売。 ストーリー中盤にて女性を自称する男キャラ「ビビアン」が登場。 幅広いユーザーに親しまれる作品にて 男の娘 ( おとこのこ )が登場したこの事例はの特異性を語る上で度々引き合いに出されることとなる。 なお、海外版ではこの設定は削除され、女性キャラとなっている。 10月6日、『』が()で連載開始。 第8話目にて主人公・の女装が描かれ、以降も同作では主人公の女装が定着する。 2000年代後半 [ ]• 1月、『』がより発売され、主人公としてのヒロインキャラクター「宮小路瑞穂」が登場する。 10月、より発売されたアダルトゲーム『』にの脇役キャラクター「渡良瀬準」が登場する。 翌年発売のファンディスクで攻略可能なヒロイン扱いで昇格する。 1月、の3代目マスコットキャラクター「」が登場。 女の子の格好をしているが羽の模様から実は男の子(オス)なのではないかという説が流れる。 、シリーズ「」第1作となる『』がより発売。 同月30日 - 10月1日未明に関連イベント「」が開催される。 9月、女装少年中心同人誌即売会『WEEDING! 』という同人誌即売会が開催される。 常設の店舗としては史上初である。 の『オトコノコ倶楽部』が創刊。 9月、『』()が発売され、主人公の一人として女装のアイドルキャラクター「秋月涼」が登場する。 10月、『』が発売され、サブキャラクターの「三条寺忍」が登場する。 2010年代 [ ]• 、より「オトコの娘フリーきっぷ」が発売されると発表される。 の嘘企画であったが、5月には同じキャラクターを用いた「」2ndシーズンが実際に発売された(2011年4月30日までの期間限定)。 によって「 男の娘 ( おとこのこ )ゲーム・キャンペーン 」が開催される。 のオトコの娘マガジン『』が創刊。 、の情報番組『』第8回放送において「オトコの娘」が特集される。 、の『』のAKIBA 2010において16位に「 男の娘 ( おとこのこ )」がランクインされる。 11月、のノミネートワードベスト100に『 男の娘 ( おとこのこ )』がランクインする。 12月、女装・ 男の娘 ( おとこのこ )専門の通販サイト『Lagrangel 』がオープンする。 、マイウェイ出版の『オトコノコ時代』が創刊。 『オトコノコ倶楽部』の後継誌であり、出版社が変わった。 、全国のよりNEWTYPE公式 男の娘 ( おとこのこ )写真集『女々男子』が発売、即日完売が相次ぐ。 8月、NEWTYPEは、女装子・ 男の娘 ( おとこのこ )の為の女装メイク講座『NTメイクレクチャークラブ 』をスタートさせる。 、レーベルCiffonより『 男の娘 ( おとこのこ )DVD』 を発売。 アイドルDVDデイリーランキング4位を獲得。 12月、より女装写真集『TRap』発売。 、映画『』が銀座シネパトスにて公開。 以降、他劇場でも順次公開。 関連雑誌・書籍 [ ] 逐次刊行物 [ ]• 『オトコノコ倶楽部』 - 2009年5月12日創刊。 『』 - 性転換少年専門漫画誌。 不定期発刊後第3号yellowより季刊化。 2009年7月13日創刊。 『』()一迅社 - 2010年4月24日創刊。 現在は休刊。 現在は休刊。 『オトコノコ時代』マイウェイ出版 - 『オトコノコ倶楽部』の後掲誌。 2011年5月12日創刊。 ルポルタージュ・評論 [ ]• 『「男の娘」たち』() 2014年9月25日、 180㎝ありながら女らしい男の娘や、サイト・イベント「プロパガンダ」などのルポルタージュ。 「男の娘」は、ノンホル・ノンオペ であるべきかなどの考察。 『大人限定 男の娘のヒミツ』( ) 2015年8月20日、 男の娘の歴史をのから、のにまで遡って解説し、古来から男の娘的ムーブがあったことに言及。 他、アニメ、漫画、文学の男の娘作品名作紹介などの内容になっている。 キャラクターブック [ ]• 『空想女装少年コレクション』 一迅社書籍編集部・編、〈DNAメディアブックス〉、2005年7月27日。。 『女装少年コレクション ゲーム編』 一迅社書籍編集部・編、一迅社、2008年7月29日。。 『女装少年コレクション ゲーム編2009』 一迅社書籍編集部・編、一迅社、2009年7月28日。。 アンソロジーコミック [ ]• 『女装少年アンソロジー』 〈ガンガンコミックスアンソロジー〉、2009年4月22日。 『オトコのコHEAVEN』〈EROSBOYS COMICS〉、2011年12月20日(Vol. 1刊行時) 定期発行。 40巻以上刊行済み。 女装指南書 [ ]• 三葉 『オンナノコになりたい! 』 一迅社、2007年8月24日。。 三葉 『オンナノコになりたい! コスプレ編』 一迅社、2008年4月18日。。 三葉 『オンナノコになりたい! もっともっと、オンナノコ編』 一迅社、2010年12月14日。。 七ノ瀬 『女の子の声になろう! 』 秀和システム、2009年7月24日。。 鳥山仁、樺昭子、匡陸綽 『今日からオンナノコ!! : オンナノコになりたいオトコノコのための完全変身マニュアル』 三和出版、2009年12月7日。。 白石謙二 『女の子の声になろう! 即効ボイトレ編』 秀和システム、2011年4月23日。。 男の娘熟』 、2013年8月7日。。 マニアッククラブ研究会編 『オトコノ娘恋愛読本』 三和出版、2014年1月10日、。 関連作品 [ ] 「」および「」も参照 代表作にあたる作品を表記する。 作品は発表順に記述する。 漫画 [ ]• 『』(1972年) - 作。 女より女らしい主人公と、勝ち気なそのの女性。 主人公は、彼女とのでも女装している。 『』(1980年) - 作。 主要人物の本田拓人がに目覚め、試合を含め常に姿で行動する様になる。 また、「女装のどこが悪い」と憤慨するシーンもある。 『』(1981年) - 作。 主人公兼ヒロイン・ひばりが女装している。 学校の身体検査も姉に身代わりを頼んで、切り抜ける。 胸がないのを、ひばりを嫉妬する女子グループのリーダーに知られた事がある。 『』(・共著。 全13話)(1981年) - の私立高校に通う女装・九条和美(かずみ)が主人公のラブコメ。 背が高く、脚がきれい。 男嫌いで、恋の相手は殆ど(一人は女子)。 作中でさまざまな「美少女ファッション」を披露している。 『』(1982年) - 作。 主要人物の白鵬堂百美は少女然の容姿をした男の娘。 『』(1983-1985年) - 作。 宇宙警察の一員で、普段は男女どちらにも取れるカジュアルな格好をしているが、潜入捜査ではセンサー顔負けの超感覚を有するネコミミと女装を用いて活躍する。 だが、基本的にはか弱く、荒事には不向き。 口調は「~わよ」「~だわ」系の女言葉。 『』(1983年) - 作。 主要人物の菊川涼音は大学の二年生で、授業でのモデルを務めることもある。 服装や長い黒髪などは一見女性だが、実は女装癖のある男性。 主人公の芹香に対し、好意を寄せているような描写もある。 『』(1986年) - 作。 男子を舞台にした高校ラブコメ。 主要人物の如月瞬や如月麗名(瞬の弟)、渡辺由樹が女の子に見間違えられる容姿をしており、プライベートでは瞬は女装していることが多い。 瞬はの気がある女性に見初められ、彼女から「ハニー」と呼ばれてもしている。 『』(1989年) - 原なおこ作。 主人公の明美(あけみ、あきよし)本人は「女の服や靴はきれいだし、似合うから着てる」といい、「女装や女になりたい訳ではなく、好きな格好するとこうなる」と主張している。 彼女の家で父親に紹介される際は、短髪のが被らされ、 させられたが、本人は非常に不満であった。 『』(1990年)- 作。 女性以上に美少女なの主人公・純とそのライバルが、普段から女装して女子生徒として学園生活を送っている。 最終章では女装で女性歌手になり、男女双方から声援を浴びる。 純の両親は女物の服やセクシーな靴・下着ばかり買い与え、女らしくするよう諭している。 『』(1992年) - 作。 主人公兼ヒロインが女装している。 雨宮は他にも女装もの作品多数。 『』(1992年) - 作。 ヒロインは女装する性同一性障害者である。 『』(1995-1999年) - 作。 主人公の恋人、白井美雪(しらいよしゆき)は完璧に女装の似合う男の娘だが、恋愛観はノーマルでヒロインにラブラブである。 『』(1997-2003年) - 作。 登場人物の菊川はるかは常に女装し、になるべくをレッスンしている。 『』(1995-1998年) - 作。 主人公の一人、パステルブルーがな男の娘。 しかし、嗜好は女の子好きでノーマル。 『シリーズ』(1998-2005年) - 作。 全8作。 女性と間違えられてスカウトされ、女の子として芸能活動する男の娘の活躍を描く。 連載がということで毎年、読者が入れ替わるため、一年ごとに主人公の男の娘が替わる。 『』(2002年) - 作。 他人に「女性の姿」の幻影を見せるほど女性的な少年が登場している。 『』(2002年) - 作。 ヒロインが女装している。 『』(2002年) - 作。 主人公が事故による負傷と()で美少女の顔になり、女装しながら生活するようになっている。 『』(2002年) - 作。 「姫」と呼ばれる女装男子が多く登場する。 『』(2004年) - 作。 主人公がに変身するほか、本来の自分とは別の人物として女装する羽目になる。 『』(2004年) - 作。 主人公の友人である少年が女装し、主人公の家に出入りしている。 『』(2006年) - 作。 女の子に見間違えるほど可愛らしい容姿の持ち主である少年が登場している。 『』(2006年) - 作。 主人公の1人が女装して女子校に通っている。 『』 (2007年)- 作。 主人公は常に姿の男の娘である。 『』(2007年) - 作。 主人公が好きなオタク女史と会話するために、コスプレ用に女装するが、回が進むにつれて男の娘化して行く。 『』(2008年) - 作。 男の子に見られる主人公の少女とは対照的に、女の子に見られる少年が登場している。 『』(2009年) - のアダルト漫画シリーズ。 主人公は女装漫画家としてデビューして、普段から女装姿。 『』(2009年) - 作。 ヒロインが女装している。 『』(読み切りは2006年。 連載版は2009-2012年) - 作。 ヒロインは普段から女装姿。 主人公(男性)に恋しており、肉体関係も狙っている。 『』(2010年) - の4コマ。 別に女装している訳ではないにも関わらず、可愛らしい女の子にしか見えない駄菓子屋の店主が主人公。 いとこ(妻子あり)やも、店主にそっくりの容姿で女の子に見える。 『』(2010年) - 作。 『フダンシズム』の続編。 ヒロインはの、()。 姿の完璧な美少女だが、スカートの下に隠されたは常識外れの巨根。 元孤児で女装は殺しの武器として幼少時に叩き込まれた。 『』(2010年) - 作。 「」を拡大解釈していることもあり、 男の娘 ( おとこのこ )の要素を積極的に取り入れている。 『』(2012年) - やぶうち優作。 主人公によってクラスメイトが女装されることになり動画サイトで歌手活動する。 前述の『少女少年』シリーズに含まれることもある。 『』(2012年-2018年) - 作。 平安期の『』を原作にした漫画。 男の娘として育ったヒロインの睡蓮は、出仕先の姫に恋をして男に戻るのを決意する。 『』(ぱぱでこ)(2012年) - 作。 母の再婚相手は少女のような女装の義父だった。 主人公は可愛い義父に妄想を刺激されて苦悩する。 『』(2012年) - 作。 作中に 男の娘 ( おとこのこ )が多く登場する。 『』(2012年) - 作。 主人公の少年がとある事情から高校生活を女装して過ごす。 『』(2012年) - 作。 それぞれ異なる事情のもとで女装している十代の少年たちを主役にしている。 『』(2013年) - 作:、画:。 主人公の兄、晶は女子高に通う男の娘。 容姿端麗で成績優秀、家事や運動も得意な完璧超人。 退魔巫女である主人公。 元殺し屋。 財閥令嬢の三人が男の娘であり、高校の同級生。 学校へは無論、普段から女装姿。 『』(2015-2016年) - 作の漫画。 寮で同室になった少女は男の娘だった。 主人公は女装した奔放な性格のルームメイトに悩まされるが、いつしか恋人になって行く。 『』(2015年) - 作:、画:。 『』(2015年)「」連載 一迅社 - あおと響作。 男装女子や男の娘も複数いる桃百合学園。 二人の男装王子・伊吹カオルと柊詩音、学園の王女・神楽崎蘭子。 さらにツインテールの男の娘で「姫」と呼ばれる・ナァナが繰り広げる学園ラブバトル。 漫画誌での「男の娘」作品。 『』(2016年) - 作。 主人公のユキは女装して、男性と結婚生活を送っている。 一応、男性との認識はあって、女子に悪いからと男子トイレやでは男湯にも入っている。 『』(2016年) - 田伊りょうき作。 パール王国には双子の姫と王子がいる。 カッコいいサン王子と可愛いレナ姫。 しかし二人にはある秘密があった。 『』(2017年) - 街コンに参加した男嫌いの静歌。 年上の美人女子大生の涼にキスされレズかと思うが、実は彼女は女装したイケメンだった。 『』(2017年) - 作。 主人公が女装してアイドル活動に挑む。 『』(2018年) - 作。 主人公のルームメイトは男の娘。 女子の制服を着て女性のような声と仕草の小日向 真。 男の娘嫌いの主人公は困惑しつつ、小日向の存在を気にして行く。 『』(2017-) - 作。 主人公の一人が乙女男子(男の娘)であり、女装カフェも重要な立ち位置に存在するなど、テーマの一つとなっている。 『』 2018年- - 作。 男性的なヒーローに憧れながらもならぬ魔法少年になってしまった小学生である小田桐カイトが主人公。 その相棒である海原マコト他複数人の魔法少年が登場し、いずれも女性的な容姿となる。 また、主人公が女装時の自分自身の姿を異性として意識してしまうといった変則的なの描写も見られる。 小説・ライトノベル [ ]• 『』(1180年頃) - 男の娘創作作品では日本最古の物語。 平安時代の宮廷を舞台に、性別を偽った姉弟が殿上・出仕して、様々な事件に巻き込まれる。 『』(1814年-1842年) - 作:。 主要登場人物の『智』の珠の持ち主・犬坂毛野は女装で育てられ、旦開野(あさけの)とも名乗る。 女性とも見紛う美貌の持ち主で、女、旦開野として主要人物の犬田小文吾(『悌』の珠の主)に結婚を申し込んだことがあり、小文吾は女性であることを疑わずに承諾している。 『孝』の珠の持ち主・犬塚信乃は女装で育てられ、女の名前だが浜路という許嫁がいる。 派生作品(山手樹一郎「新編八犬伝」、山田風太郎「忍法八犬伝」など)では、毛野や信乃が物語の最後まで、女装姿のまま女に惚れられる作品がある。 『』(1849年) - ら3名の合作による。 書名は「不知火物語」「白縫物語」とも記す。 大友家再興を誓う若菜姫は、男装して人々の目を眩まし、奸臣から主家を守ろうとする家老の息子が、女装して千種と名乗り活躍する。 全90編にも及ぶ伝奇長篇。 やが賞賛した。 『』(1983年-1985年) () - 作:。 平安期の『とりかへばや物語』を下敷きにした男女逆転小説。 母の意思で女として育った女装の主人公・綺羅姫(の綺羅君は逆に男装している)は、姉の元服にあわせて、女としてを終えとして宮廷に入る。 女の相手をしてるうちに恋心を抱くようになり、女の姿のまま愛の告白をする。 『』(2005年) - 作:。 舞台はは。 主人公は誕生時から姫として育てられたの息子。 ドラマCD化もされた。 『』(2007年-2015年) () - 作:。 女の子のような容姿を持つ主人公。 彼は母から務めを果たし挙げなければ、ムリヤリ女の子にされてしまうの跡継ぎに指名され、女装の魔法少女に変身する羽目に陥る。 さすがに恥ずかしいので魔女っ娘服のの下にを穿き、性別と正体を隠して活動している。 主人公の同級生、木下秀吉は「稀代の美少女」と称され、最近では男女を超えた「第三の性別・秀吉」として扱われている男の娘。 テレビアニメ化され、2010年1月から3月まで第1期が、2011年7月から9月には第2期も放送された。 『』(2008年) - 作:。 事故死した外見そっくりの姉に憑依されてしまった主人公。 最終的に姉に操られて、他の女装ライフを体験して行くこととなる。 『』(2010年-2014年) GA文庫(ソフトバンククリエイティブ) - 作:。 女装しなくても女の子に見られる少年を主人公にしている。 『』(2010年-2011年) () - 作:。 心身ともに女性的な少年とライバルが女子新体操を行っている。 に仕掛けがあって、男性だとばれないようになっている。 『』(2012年) - 作:デイヴィッド・ウォリアムズ、イラスト:クェンティン・ブレイク。 嗜好を知られるのを避けるため、本当に欲しい「」誌を他の商品と一緒に買うことから始めて、女の服が好きになり、自分でも着たいと思うようになる少年の物語。 『』(2012年) GA文庫(ソフトバンククリエイティブ) - 作:。 学校の理事長は彼女らが男だと知っている。 美少女が好きという同窓会長の娘もおり、「女装ユリ」「男子」ものライトノベル。 『』(2012年-2015年) ()- 作:。 失踪した双子の姉に替わり、替え玉として女装して隣国王家の家庭教師を強制される弟の物語。 性的嗜好はノーマルだし、望んで女装した訳ではないが、あまりの美少女らしい可愛らしさに、男に惚れられる(だが、本人は好きな女の子がいるので拒否)などの苦難に遭遇する。 『』(2014年) () - 作:。 女装の殺し屋・林憲明が登場する。 殺しのターゲットが女性だと、自分と比べる傾向があり、大抵は自分のほうが美人である事に満足する。 女装は趣味で、「女の格好をするのが好きだから」だと主張し、会話は男言葉で話している。 ゲーム [ ]• タイトル名は「おとめ()はボク(お姉さま)にこいしてる」である。 とある事情で「聖應女学院」に女装して通う羽目に陥った高校生、鏑木瑞穂の学園生活を描く。 に化された。 タイトルに「処女」が使えずに変えられたものの、「おとめはボクにこいしてる」の読みはそのままである。 『処女はお姉さまに恋してる 2人のエルダー』(2010年) - 『処女はお姉さまに恋してる』の続編。 母親の意向で「聖應女学院」に転校してきた「男性不信」の女装、妃宮千早。 彼女の美しい容姿と女らしい振る舞いに、女の園の女子生徒達は魅かれていく。 アニメ化。 『処女はお姉さまに恋してる』『~2人のエルダー』に続くシリーズ第3作。 女装主人公・結城密(ゆうき ひそか)はお嬢様女子高である聖セラール女学院に編入する。 『』(2009年) - 女装アイドル候補生としてが登場する。 アニメ [ ]• 『』 - 所謂ロリショタを取り入れた。 『』 - チームブルーの一員に妖艶な美女に見えて男の娘のリリッシュ・フラウが登場する。 アバズレに見えて看護科なので、で撃たれた主人公を救う有能な人材。 アニメ(海外) [ ]• 『』(しーざう)- オーストラリアの女装ヒロインもの。 正義のヒロインに変身するが、身体は少年のままなので裏声で女性らしくふるまっている。 ピンクを主体にしたコスチュームで、赤紫のにセクシーな純白の。 仲間に少年ヒーローに変身する少女もいる(同様にコスチュームやブーツが男物らしくごつくなるだけ。 身体は少女のままなので低音でしゃべる)。 映画 [ ]• 『』 - 2012年12月1日に公開された日本の。 女装を題材としている。 イラスト・挿絵 [ ]• -『林月光』名義で、長い髪で胸がない「男の娘」の裸体などを、女装雑誌・耽美小説誌 にて挿絵を多く描いている。 - 音源ソフトのイメージ。 外見は紫のドレスを身にまとい、腰下まで伸びる赤毛をなびかせ、出し入れ自由の輝く七色の鍵盤(円盤) を腰にあしらったティーンの美少女。 最初は同様、企画から作られたため に特徴がアンカースレで決定された。 ゆえに性別「男の娘」(オカマまたは性別不明)とされ、身長156cmなのに年齢6歳、体重25tなど設定が無茶苦茶である。 男の娘キャラクター [ ] 前項のような男の娘や女装を主題とした作品ではなくても、男の娘キャラクターが登場する作品は多数ある。 この項では男の娘キャラクターと登場する作品を列挙する。 〈あ行〉• アストルフォ - 『』(小説・アニメほか)黒のライダーのサーヴァントとして召喚される。 好んで派手に着飾る中性的な女装美少年。 作中では見た目が女性にしか見えず、性別を隠蔽しているため女性と間違えられる。 エカチェリーナ - 『』(ゲーム・アニメ)の女帝エカチェリーナ2世が愛用した銃の擬人化。 他にフルサトは腰まで届く長い髪で「マダム」と呼ばれ、マルガリータは女の恰好で買い物をし、ドレスでパーティーに出席。 歴史上の女性が所有した銃は、作中で女装の貴銃士に設定される。 エリック・リカード - 『』シリーズ(ゲームほか)。 『バンパイアキラー』のパッケージデザインでは女性のような容貌の持ち主として描かれ、『ジャッジメント』では女性声優()が声を担当している。 現代に生きる成人男性が、ロングヘアーにノースリーブでミニスカのような衣装、太ももを露わにした生足にヒールのある白。 しかもハイジャンプでパンチラを見せる。 容姿や衣装が女性的なだけで、胸パッドなどは入れていない。 〈か行〉• 神崎ひでり - 『』(漫画、アニメ、作。 2016年)。 舞台となるホールキッチンにバイト応募してきたアイドルキャラを演じる「男の娘」。 男性だが、女性にしか見えず、自らと義姉(本当は男なので正しくは義兄)を「」としている。 継母と義姉のいじめから救ってくれた久遠寺右京に思いを寄せ、右京が経営するお好み焼き屋でウェイトレスとして働く。 〈さ行〉• 潮渡 渚(しおわたり なぎさ) - 『』に登場する(後に生き返る)。 のフィアンセで姿形や仕草は完璧に女性だが、竜之介を上回る戦闘能力の持ち主。 ジゼル・ジュエル - 『』(漫画、アニメ、作)。 主人公達と敵対する「星十字騎士団(シュテルンリッター)」のメンバー。 作中では常に女装している。 天然を装っているがその実、嗜虐的な性格をしている。 男性であることを指摘されると途端に敵意を剥き出しにする。 一人称は「ボク」。 〈た行〉• 小鳥遊練無(たかなし ねりな) - 『』(1999年-2002年)作:。 主要人物の一人で常に女装して生活している。 第一長編「」はテレビドラマ化された。 戸塚彩加(とつか さいか)-『やはり俺の青春ラブコメは間違っている』 アニメCV. 小松未可子 主人公のクラスメイト。 性別は男であるが物腰や容姿が非常に女性的。 声もソプラノボイスである。 トルマリ - 『』(ゲーム・アニメ)の女装王子。 女性プレーヤーは、女の子の服装を着こなす可愛いトルマリと女友達のように接したり、恋人として攻略も。 〈な行〉• なみだ君 - 『シリーズ』に登場する涙の妖精。 アニメ版第1、2期では女装をよくし、特に第2期の方が多い。 〈は行〉• 白鵬堂百美(はくほうどうももみ)- 『』(漫画・実写映画)メインヒロイン。 実写映画ではが演じた。 はっぴ - 『シリーズ』の1コーナー『』に登場するキャラクター。 後期メンバーの一人。 内股で歩いたり、お花をよく持つなど女の子みたいな仕草をする。 華房心(はなぶさ こころ) - 『』(アイドルになる途中、すなわちアイドルの卵)を育成する音楽ゲームアプリ。 全員が男の娘のグループのリーダー。 のちに、神楽坂ルナ(神楽坂月)と及川桃(及川桃助)が新キャラクターとして参入。 姫宮桃李(ひめみや とうり)-『あんさんぶるスターズ!!』(アイドル育成ゲーム)fineというユニットのメンバー。 声はかわいい声で人気のある村瀬歩が担当している。 フェリックス・アーガイル - 『』(小説・アニメほか)クルシュ陣営の騎士。 女性のような外見・声色をしている。 普段から好き好んで女性の恰好をしている。 声も女性のが担当している。 〈ま行〉• マーレ・ベロ・フィオーレ - 『』(小説・アニメほか)の主人公陣営にいるダークエルフ。 双子の姉アウラ・ベラ・フィオーラは男装をしている。 アニメ『』にも登場(声優は女性の)。 水嶋咲(みずしま さき) - 『』(ゲーム に登場する「男の娘」アイドルで18歳。 シリーズには秋月涼(あきづき りょう) という女性としてアイドル活動している人物もいるが、自らの意思で女装している点が異なる。 三毛門紫音(みけかど しおん) - 『』(スマートフォンアプリ)美しいものが好きな女装男子。 16才の高校2年生で168cm。 誰もが酔いしれる声を持つミステリアスマドンナ。 「ゆめ見る男子のキズナ育成ゲーム」で彼女と親密になるイベントがあり、同室の男子をもてあそぶ演出もあるものの、「一般」ゲームで「BL(ボーイズラブ)」のジャンルではない。 乱藤四郎(みだれ とうしろう) - 『』シリーズ(ゲーム・アニメほか)の刀の擬人化。 ロングヘア、揃いのデザインを基本としたフリル付ミニスカート型の軍服にブーツ。 二段階成長した姿が『乱藤四郎極』(~きわめ)で、軍服がピンクになり、ミニスカートはより短く、ブーツは長くなりヒールが高く付きになる。 御幸鋭児(みゆき えいじ) - 『』(漫画、1998年) 作。 主人公や生徒会に絡む主要人物として物語途中から登場する。 常に女装して生活し、制服は当時(20世紀末の前後)の女子高生に割と多かったスタイルに準拠している。 美和巴(みわ ともえ) - 『 』(coly)スター声優育成アプリ。 私服でも女装し、スカートを履いている。 長い髪の美少女という見た目に反し、性格は男らしく強い。 雅野椿(みやびの つばき)も「激情型ストイックプリンセス(毒舌姫)」と呼ばれ、イベントなどで女装することが多い。 メヌエット・ヴァンチュール・ド・セリューズ - 『』(1975年-1979年):作の少女漫画。 複数の別荘を各地に持つセリューズ伯爵家の長男。 女の名前を持ちどう見ても女性のようだが、実は男性で女の恰好でに通っていた時期もある。 岸の他作品『』(1976年)にも、長い金髪でを着ている同名で同じ容姿の人物が登場する。 紫(むらさき) - 『』()。 霧や雨に包まれた「学園島」の女装の高校教諭(担当は養護と保健)。 ボタンがピンクな女のような制服。 スリットのあるミニスカートにで黒いブーツを室内でも履いている。 女性的な美貌と過激な服装のため、生徒や同僚たちは悩殺されているが、女主人公に好意がある素振りもあり、攻略対象にも出来る。 木蘭宗詩(もくらん しゅうじ) - 恋愛ゲーム「イケメンシリーズ」()の『』。 172cmで職業はデザイナー。 その美貌から男たちにモテはやされることが多いが、しつこい男はすぐに蹴散らす。 男性的な言葉使いで、女にもモテるが秘密にしている。 〈や行〉 〈ら行〉• 瑠璃川幸(るりかわ ゆき) - 『』(スマートフォンアプリ)。 劇団の専属衣装係兼役者。 夏組に所属の高校1年生。 基本的に女装姿だが単に女の可愛い服を着るのが好きなだけで、心の中はれっきとした男子。 「初恋甲子園」ではミニスカートのチアリーダーに扮している。 (舞台:)• レオナ・ウェスト - 『』に登場する男の娘。 とので、の。 ちなみにのドロシーはである。 レンジ - 『』に登場する。 桜井のぞみのから生まれた「えふでのかみさま」。 男の子であるのにも関わらずまつげがかかれているが、女の子と間違われると額や頬、そして尻尾の先に赤い模様が出てくる。 ちなみに第53話Aパートや第76話では女装させられたことがあった。 関連人物 [ ]• - この中に登場する「弁天小僧」こそ日本における男の娘の先駆けとされ、色香で相手を誘い据え膳の所で男であることをばらすと言う展開は歌舞伎の「弁天娘女男白浪」のオマージュともいえる。 - のの実子。 「 男の娘 ( おとこのこ )タレント」として活動している。 - 女装趣味のフリーライター。 - 男の娘「NEWTYPE」の創始者。 - 様々な 男の娘 ( おとこのこ )イベントをプロデュース、MC、動画製作などを手がける。 - ホルモン治療も受けていない、豊胸手術や去勢手術もしていない純粋な男性として初めてAV女優専属契約を結ぶ。 - エロ女装雑誌『オトコノコ時代』(旧『オトコノコ倶楽部』)編集長• - ネットを中心に活動を行っている男性4人組、メンバー全員が女装している。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• アットホーム. 日本語. at home VOX. 2018年7月18日閲覧。 (2011年2月8日時点の)• 吾妻ひでお『』、『同性時代』、『』、車田正美『』、『バラの進さま』など。 [ ] 2010年8月19日 ,• (2009. 11)• (2009年5月11日時点の)• (2011年6月27日時点の) - 東京ウォーカー 2010. 「Tomgirl」は男装の少女を指す場合もある。 日本の「おとこおんな」に近く、おてんば娘と言う意味もある。 「deviantart」「Pinterest(ピンタレスト)」「Picssr」 など• の長編小説『』(『週刊読売』1974年連載)では、女装しているバーのホステスに対し、「ゲイ」という用語が用いられている。 1980年代初めの松原留美子が「ニューハーフ」の嚆矢とされる(映画『蔵の中』(1981年公開)など)。 ・「 [ ]」の83レス目(2000年3月18日の書き込み)• 2ちゃんねる・同人板「 [ ]」の21レス目(2000年5月17日の書き込み)• 2ちゃんねる・「 [ ]」の124レス目(2001年11月29日の書き込み)• 朝日新聞. 2007年1月21日. 2014年9月21日閲覧。 (2008年9月25日時点の)• (2010年4月1日時点の)• (2011年5月12日時点の)• (2010年9月7日時点の)• , 男の娘 ( おとこのこ ) DVD• ノンホルとは、女性ホルモンを使っていないこと。 ノンオペとは、性別適合手術などの手術をしていないこと。 テキスト部分。 考察として男の娘作品が流行る前段階として、『』などの「ふたなり」ムーブメントがあったのを取り上げている。 川原は連載開始にあたり、さまざまな「恋愛の教科書」を目指して描くと意欲を述べている(「別冊少女コミック」 1983年3月号)。 『美少年学入門』(新書館、集英社、筑摩書房)で は、女性のような美少年が、髪を長くのばし。 帽子からロングブーツ(雨の日のも)まで全てを着る(胸パッドは入れない、 のヒップに詰め物もしない)「ファッション」を語っている。 三和出版・ミリオン出版などの月刊風俗雑誌での発表が多い。 「ヴィーナスの靴」のような「女性の」をテーマにした作品もあり。 『少女少年』のシリーズ8作の主人公が小学生なのに対し、本作は中学1年生に設定されている。 「博多豚骨ラーメンズ」 第1巻30ページなど• 月刊誌『』、『』など• 重力制御装置説あり。 にUTAU音源が公開され、UTAU公式キャラクターになった。。 音源提供者は「カノン」である。 『DS』では男女両方の姿。 『SideM』では315プロから男性アイドルとして再デビューしたが、『シンデレラガールズ』の876プロコラボイベント時および『SideM(テレビアニメ)』では女装アイドルのままである。 参考文献 [ ]• 神庭亮介 2014年9月20日. 朝日新聞(夕刊): p. の2014年9月21日時点におけるアーカイブ。 2014年9月20日閲覧。 関連項目 [ ]• - -• この項目は、(・・・)に関連した です。

次の