市川 いっか さ つがい 犯人。 小沢翔の画像は?坂城町上平の銃撃現場はどこ?長男は逃亡??市川武範さん宅で直人さん、杏菜さん死亡、、

附属池田小事件で逃げた教師のその後と事件の詳細・真相に迫る!

市川 いっか さ つがい 犯人

5月30日、沖縄の繁華街で起きた乱闘事件の様子 関東連合(現在は解散)の名を世に知らしめた事件といえば、2010年に起きた「市川海老蔵暴行事件」ではないだろうか。 西麻布のバーで、元関東連合リーダー・石元太一受刑者と海老蔵がトラブルとなり、石元の後輩だった伊藤リオン氏が海老蔵に大ケガを負わせたというものだ。 石元受刑者はその後、2012年9月に起きた六本木クラブ襲撃事件(六本木のクラブ「フラワー」に金属バットで武装した関東連合のメンバーらが乗り込み、店内で飲酒中の男性に対して、暴行を加え殺害した事件)の指揮役として逮捕・起訴され、懲役15年の有罪判決が確定している。 一方、海老蔵暴行事件で逮捕・起訴されたリオン氏は、1年4カ月の実刑判決を受け、服役することになる。 「関東連合が有名になったのは、こういった事件もそうですが、個々が持つ人脈。 それによってもたらされた経済力でしょう。 リオン氏は先輩のために身体を張り、服役することになった。 そのために出所してきたリオン氏には、シノギが用意されていたといいます。 そのシノギで成功したリオン氏は、都内で飲食店を経営するなど、着実に経済力をつけていったようです」(関東連合事情に詳しいジャーナリスト) 筆者の後輩にも、元関東連合のメンバーとの付き合いがあった者がおり、この後輩が上京した際などには、リオン氏が空港までヘリコプターで迎えにきたこともあったと聞かされた。 その際、後輩が「すごいですね」と驚き混じりで口にすると、リオン氏は軽い口調で「ノリですよ」と笑っていたという。 また、その時期、リオン氏はセカンドハウスとして都内にマンションを借りようとしていたようで、物件の資料を筆者も後輩伝いに目にしたが、敷金礼金だけを見ても、そこらの金持ちが気軽に借りれるようなマンションではなかった。 その後、リオン氏が業界関係者の間で話題となったのは、2014年。 仙台市に本拠を置く六代目山口組大同会系傘下団体から破門されたことではないだろうか。 その破門状はインターネットでも拡散され、市川海老蔵暴行事件の加害者が、ヤクザ組織に在籍していたことが知れ渡ったのである。 本来であれば、ヤクザ社会から処分されれば、その人物は市井の人となり、力を落としていく。 だが、強力な人脈と財力を築いていたリオン氏は、その力を落とすことはなかったようだ。 沖縄の地元ヤクザとの乱闘騒ぎで逮捕者も そして昨年、ある動画がYouTubeで配信、拡散され、またしても話題となるのである。 その動画とは、リオン氏らが沖縄県で地元の不良たちとトラブルになり、乱闘騒ぎになっている映像であった。 「その頃には、俗な言い方をすれば、グレーなビジネスで財を成した元関東連合の関係者らは、都内で派手に飲み歩くとサツ(警察)に目をつけられるということなどの理由から、ススキノ(札幌)や沖縄にまで行き派手に遊んでいたと耳にしたことがある。 現にススキノでは、関東方面からやってきている若者がなぜそんな大金を持っているのかと訝しみ、サツが内偵を入れ始めたなんて話もあった」(沖縄事情に詳しい関係者) そうした中で、沖縄では、リオン氏と地元勢との間で摩擦が生じ始めていったのではないかとこの関係者は話している。 そして、5月30日。 沖縄県最大の繁華街、那覇市松山で双方に逮捕者まで出す乱闘事件が起きてしまったのだ。 この事件では、クラブで呑んでいたリオン氏グループと地元組織の組員らがトラブルとなり、金属バットやスタンガンで相手を攻撃、最後には大勢の警察官が駆けつける中で、組員のひとりが牛刀まで抜く乱闘に発展し、繁華街は一時騒然とすることとなった。 「地元組織の関係者からすると、これまでのリオン氏らの態度が目に余るものがあったのではないか。 乱闘の際には、リオン氏サイドには、別組織の組員もいたことから、大きな騒動になるのではないかと危惧された。 それに、リオン氏自体が関東の武闘派組織に在籍しているなんて話もあった。 現にその組織が事件の翌日に沖縄に飛んだという噂も出た。 ただ聞くところでは、それはリオンが在籍していたからではなく、あくまで個人的な関係で彼の身を案じて、関東の組織の人間が動いたらしい」(他団体の幹部) この事件では、地元組織である旭琉會系組員らが逮捕され、牛刀を出して応戦したとして、リオン氏側からは別の武闘派組織の組員が逮捕されている。 ただ、関係者の話によれば、上層部による話し合いはすでに終わっており、組同士の抗争などに発展することはないはずだという。 関係する組織名がどこも超がつくほどの武闘派だっただけに、一時は関係者の間で緊張が走った今回の騒動。 どれだけヤクザに対する厳罰化が進んだとしても、血気盛んな組員たちの衝動を止めることは難しく、こうした乱闘事件は今後もいつ起きてもおかしくはないといえるだろう。 2014年、所属していた組織の組長の引退に合わせて、ヤクザ社会から足を洗う。 以来、物書きとして活動を始め、『山口組分裂「六神抗」』365日の全内幕』(宝島社)などに寄稿。 著書に(共にサイゾー)。 最新刊は(同)。

次の

小沢翔の画像は?坂城町上平の銃撃現場はどこ?長男は逃亡??市川武範さん宅で直人さん、杏菜さん死亡、、

市川 いっか さ つがい 犯人

間もなくして父親の功二さん 42 が帰ってきた。 いつもより早い帰宅だった。 強姦の途中ではあったが、光彦は包丁を持って功二さんを待ち伏せ、いきなり左肩の辺りに包丁を突き刺した。 悲鳴を上げて功二さんが床に倒れる。 「現金でも通帳でもいいから200万出せ!」 倒れた功二さんを足蹴にしながら光彦が叫ぶ。 功二さんは家族を守るため、通帳と印鑑の入った引き出しを教えた。 口座に入っていたのは、銀行と郵便局を合わせて約360万。 「もっとあるだろう!」欲にまみれた光彦は更に上を要求した。 「 会社の 事務所に通帳と印鑑がある・・。 」重症を負いながらも功二さんは答えた。 「取りに行くぞ! 親父の会社に電話しろ!」 もはや抵抗する気力の失せていた少女は、言われるままに功二さんの勤務先である編集プロダクションに電話し、これから通帳を取りに行くことを告げた。 しかし少女が家に帰ってみると、無情にも功二さんはすでに殺されていた。 一足先に帰った光彦がとどめを刺していたのだ。 朝になり、少女の家の電話が鳴った。 昨日行った事務所の人が心配して電話をかけてきてくれたのだ。 電話にはいったん出たものの、光彦に強引に切られてしまった。 「余計なこと話すんじゃねえ!」と、少女を怒鳴る。 怖がった妹の宇海ちゃんが泣き始めた。 「うるせえ!黙れ!」光彦は、泣いている宇海ちゃんに腹を立て、身体をつかんで背中から包丁を突き刺した。 包丁は胸まで貫通した。 「痛い・・痛い・・」と苦しんでいる宇海ちゃんに対して、光彦は少女に「お前がとどめを刺してやれ!」と命令する。 しかし少女が硬直して動けないでいたため、光彦が首を絞めて殺した。 妹まで殺されて、少女はここで初めて光彦に抵抗したが、「お前も殺されてーか!」と、逆に包丁で腕や背中を切りつけられてしまった。

次の

穴(1957) : 作品情報

市川 いっか さ つがい 犯人

市川ストーカー殺人事件とは 平成25年11月27日、千葉県 市川市の繁華街で22歳の女性が、子供と交際中の男性の目の前で刺された凄惨な ストーカー殺人事件。 被害者の湯浅栞さん(22歳)は、20歳代の男性から復縁を迫られトラブルとなっており、9月に市川警察に相談。 30歳代の別の男性とも金銭問題でトラブルとなっており同署が二人に警告をしているにも関わらず事件を食い止めることができなかった。 また、この事件では被害者の湯浅さんの居所を知らないものの、娘の通う保育園を知っていた容疑者が、娘の保育園を張り込み、タクシーで尾行した上での犯行ということも世間に衝撃を与えた。 事件概要 平成25年11月27日午後4時35分ごろ、千葉県市川市八幡二の歩道で通行人から「女性が刺されて倒れている」との110番通報があった。 女性は駆けつけた救急隊員によって病院に搬送されたが、間もなく死亡が確認された。 亡くなったのは市川市大洲(おおす)在住の無職、湯浅栞(しおり)さん(22歳)。 現場はJR本八幡駅と京成本八幡駅に挟まれた繁華街で、目撃者によると湯浅さんは娘(3歳)と二人で宝くじ売り場の前にいたところ、近づいてきた男に突然右脇腹を包丁のようなもので刺された。 湯浅さんと娘は同居している交際中の男性(35歳)と三人で出かけている最中で、湯浅さんが刺された時、男性は近くに停車中の車内にいて湯浅さんが倒れるのを目撃し車から飛び出した。 湯浅さんと交際中の男性は近く結婚する予定だった。 目撃者によると「犯人は二十~三十センチくらいの文化包丁を持って逃げた」と話している。 刃物を持った殺人犯が逃亡中ということで、あたりはしばらく騒然となったが、翌28日に容疑者の岡逸人は逃亡先の八丈島に先回りしていた捜査員に逮捕された。 犯行に至る過程 湯浅さんが10代だった平成21年頃、当時ホステスとして勤めていた市川市のスナックに、容疑者の岡逸人(事件当時23歳)が客として訪れたことがきっかけで交際する事となる。 ところが、1年ほど後に湯浅さんが他の男性の子供を身ごもったことを機に別れ、翌平成22年に娘を出産。 その後二人は再開して同棲を始める。 しかしこの後、二人は再び別れることとなったが、復縁を求める岡容疑者との間でトラブルになった。 千葉県警市川署捜査本部によると、湯浅さんは平成25年9月に、2人の男性について計3回、「元交際相手(岡容疑者)から復縁を迫られ困っている。 別の男性とも金銭トラブルがある」と同署に相談。 千葉県警はこの二人の男性にに対し、ストーカー規制法に基づいて口頭による警告をした。 そして、事件当日。 湯浅さんは午後4時頃、同居する交際中の男性とともに車で市内の保育園に迎えに向かう。 保育園から尾行すれば湯浅さんの新居がわかるだろうとタクシーで張り込んでいた容疑者の岡は、この時点で事前に刃物を購入していたことも明らかとなっている。 湯浅さんの乗る車を発見した岡容疑者は、娘を乗せて発進する車を尾行するようにタクシー運転手に指示。 この時点で、なぜタクシー運転手はそんなことに応じたのか?といった疑問も持つ方もいらっしゃるでしょう。 後の報道関係者による取材によるとタクシー運転書は、岡容疑者に「尾行してくれ」と言われので「どうしたの?」と聞くと「離婚しちゃって、子どももとられて、子どもに会いたいんだけど会わせてくれない」と言われたそうです。 タクシー運転手もさぞ困ったことでしょうが、明確に犯罪などに関わるといった理由がなければ断ることは難しいでしょう。 湯浅さんら乗った車は、事件現場近くで停車。 湯浅さんと娘の二人だけが下車し宝くじ売り場に向かうと、岡容疑者もタクシーを下車。 岡容疑者は湯浅さんの右脇腹を刃物で刺し逃走。 事件後逃亡していた岡容疑者は、以前に情報をキャッチしていた警察が待ち伏せていた八丈島で逮捕されました。

次の