福岡 高校 野球。 硬式野球

福岡県高等学校野球連盟

福岡 高校 野球

西短旋風!西日本短期大学附属高等学校 西日本短期大学附属高等学校は、昭和23年に戦災者や引揚者の困窮学生のための勉学修養施設として福岡城内に創設された学生の街・大憲塾から始まり、昭和34年に西日本短期大学と改称した。 その3年後に附属高が開校された。 昭和61年の夏の甲子園大会に初出場すると、翌年の春のセンバツにも連続出場した。 平成2年に夏の甲子園でベスト4に勝ち上がると、平成4年に悲願の夏の甲子園優勝を達成したのだ。 昭和40年の三池工以来、27年ぶり、福岡県勢としては3校目の全国大会制覇となった。 西日本短大付属からプロ入りした選手といえば、なんといっても新庄剛志選手だろう。 日米通算1500安打・プロ通算200本塁打の成績以上に、その明るいキャラクターとパフォーマンスで、贔屓球団以外のファンからも愛される存在だった。 なぜか阪神入りが多い!?福岡工業大学附属城東高等学校 通称・福岡工大城東は、1958年に開校された福岡電波高等学校が、紆余曲折の後に1974年に福岡工業大学附属高等学校と改称、2001年に福岡工業大学附属城東高等学校となって現在に至っている。 甲子園出場は春・夏合わせて5回で、最高戦績もベスト8に留まっていますが、柳川高校に次ぐ17人のプロ野球選手を輩出している。 その中でも、阪神タイガースには、柴田講平(2008年・ドラフト2位)、西村憲(同年・ドラフト4位)、中谷将大(2010年・ドラフト3位)、梅野隆太郎(2013年・ドラフト4位)と、4人の選手が入団している。 どの選手も1軍でプレーしていますが、主力とはなっておらず、今後の活躍が期待されるところです。

次の

福岡の高校スポーツ強豪校競技別一覧(全国クラス多数)

福岡 高校 野球

[1] 3時間前 571件• [2] 3時間前 621件• [3] 4時間前 117件• [4] 15時間前 151件• [5] 19時間前 620件• [6] 30時間前 25件• [7] 30時間前 41件• [8] 30時間前 691件• [9] 30時間前 721件• [10] 33時間前 223件•

次の

監督も審判…福岡地区有志で“手作り試合”球児花道

福岡 高校 野球

概要 [ ] 福岡県は最北端と最南端、および最東端と最西端で100km以上の距離があるため、県内を「北部」(北九州地方・筑豊地方。 県立高校の第1 - 3及び4学区の東部と11 - 13学区)と「南部」(福岡地方・筑後地方。 同4学区西部と5 - 10学区)とに分け、南北の代表校を決定する。 そしてこれらの代表校によって県大会を行い、代表を争うシステムが採られている。 2008年以前は、北部南部とも各8校、計16校が県大会に進出するシステムで、北部南部の大会は4回戦まで、県大会は全校5回戦からとなっていたが、特に昭和末期以降、北部と南部の参加校数の差が拡大した(を抱える南部の方が多い)ため、北部予選では組み合わせ上3回戦から登場し2勝で県大会に出場できるチームがある一方、南部予選では1回戦から4勝しなければ県大会に出場できないチームもあり、不公平であることが問題とされていた。 そのため、北部の県大会出場校は8校と維持したまま、南部の県大会出場校を増やす事で不公平を解消することとなり、2009年の第91回大会から、北8校南11校の計19校が県大会に進出するよう、北部南部大会の組み合わせを配分するシステムとなった。 北部南部の各大会は3回戦までで、県大会の初戦は4回戦(6チーム)または5回戦(13チーム)からとなった。 なお、県大会の組み合わせは、全19校が決定してから再抽選により決定されていた、その際、北部・南部の分けは行われなかったため、県大会初戦の対戦相手が北部代表または南部代表同士となるケースもあった。 2013年の第95回大会から、・・・の10校が北部に移設され、北部65校、南部70校となった。 それを南部北部それぞれAからHの8つのパートに分け、それぞれのパートのトップが県大会進出となっている。 また、最初の抽選の段階ですべての組み合わせが決められ、なおかつ県大会の初戦で北部Aパートのトップ対南部Aパートのトップ、というように、北部のAからHパートのトップと南部のAからHパートのトップがそれぞれ対戦する形となっているため、県大会の初戦で北部同士・南部同士が対戦することはなくなった。 2008年の第90回記念大会では132校が予選に参加したが、通常1代表のみの6府県が2代表となり、府県予選が分割されたため、の144校に次ぐ全国2位の出場校数となった。 (2018年)で従来の1校から 2校へ増枠になることが2017年4月19日に決定。 九州地区では初の複数代表となる。 使用球場 [ ] 現在 [ ] 北部大会• (2年に1回、県大会でも使用)• (2014年は県大会でも使用)• (2013年 - ) 南部大会• (2003年・2009年は県大会でも使用)• (2005年・2011年・2015年・2017年は県大会でも使用)• (2007年から2年に1回、県大会でも使用。 但し2009年を除く)• (2001年まで県大会でも使用) 2010年まで県大会は1つの球場で行ってきたが、2011年は久留米(16試合)と小郡(3試合)、2014年は北九州市民球場(7試合)と筑豊(8試合)で開催された。 過去 [ ]• (2011年まで)• (2007年 - 2009年、2012年) 2018年も福岡ドームで南・北福岡大会の開会式と両大会の開幕戦を行う予定だったが、の影響を受け中止した。 大会結果 [ ] 年度(大会) 校数 優勝校 決勝スコア 準優勝校 備考 1948年() 48 1 - 0 伝習館 延長11回 1949年() 52 小倉北 5 - 2 八幡 1950年() 74 小倉 7 - 3 三池 1951年() 79 小倉 7 - 0 伝習館 1952年() 12 - 4 伝習館 1953年() 2 - 1 戸畑 1954年() 小倉 10 - 2 嘉穂東 1955年() 小倉 4 - 1 門司東 1956年() 小倉 5 - 2 戸畑 1957年() 10 - 4 修猷館 1958年() 5 - 3 小倉 1959年() 戸畑 5 - 0 東筑 1960年() 戸畑 4 - 3 柳川商 1961年() 戸畑 3 - 1 小倉 1962年() 8 - 0 小倉工 1963年() 2 - 0 博多工 1964年() 1 - 0 八幡工 1965年() 6 - 4 飯塚商 1966年() 小倉工 6 - 3 柳川商 1967年() 小倉工 3 - 0 九州工 1968年() 8 - 1 博多 1969年() 飯塚商 3 - 0 直方学園 1970年() 4 - 1 博多工 1971年() 4 - 3 八女工 1972年() 東筑 1 - 0 戸畑商 1973年() 柳川商 5 - 0 直方学園 1974年() 4 - 3 小倉南 1975年() 2 - 1 柳川商 1976年() 柳川商 10 - 1 九州工 1977年() 8 - 5 柳川商 1978年() 東筑 1 - 0 柳川 1979年() 6 - 0 嘉穂 1980年() 3 - 2 嘉穂 1981年() 10 - 4 九産大九産 1982年() 八幡大付 12 - 3 博多工 1983年() 久留米商 8 - 2 福岡 1984年() 福岡大大濠 10 - 0 八幡大付 1985年() 久留米商 6 - 3 福岡第一 1986年() 6 - 2 豊国学園 1987年() 東筑 4 - 0 柳川 1988年() 福岡第一 12 - 3 八幡大付 1989年() 福岡大大濠 6 - 4 西日本短大付 1990年() 西日本短大付 9 - 4 福岡工大付 1991年() 柳川 2 - 1 沖学園 1992年() 137 西日本短大付 4 - 1 福岡工大付 1993年() 6 - 0 小倉東 1994年() 九州工 6 - 4 九州国際大付 1995年() 柳川 6 - 4 福岡工大付 1996年() 東筑 2x - 1 東福岡 1997年() 7 - 5 柳川 1998年() 東福岡 13 - 0 東筑 1999年() 東福岡 5 - 2 九産大九州 2000年() 柳川 3 - 1 福岡工大付 2001年() 133 10 - 1 福岡工 2002年() 135 柳川 4 - 4 九州国際大付 延長15回 11 - 8 再試合 2003年() 135 13 - 8 九産大九州 2004年() 134 西日本短大付 6 - 0 福岡第一 2005年() 131 柳川 4 - 2 戸畑商 2006年() 131 福岡工大城東 14 - 1 柳川 2007年() 130 東福岡 9 - 5 沖学園 2008年() 132 6 - 1 沖学園 2009年() 133 9 - 0 筑陽学園 2010年() 133 西日本短大付 4 - 0 東福岡 2011年() 135 九州国際大付 11 - 2 東筑 2012年() 135 飯塚 4 - 2 福岡第一 2013年() 135 9 - 1 南筑 2014年() 135 九州国際大付 16 - 0 北筑 2015年() 136 九州国際大付 4 - 0 東海大五 2016年() 134 九州国際大付 4 - 3 福岡工大城東 2017年() 134 東筑 3 - 1 福岡大大濠 2018年() 北63 12 - 9 飯塚 南70 1 - 0 九産大九州 2019年() 133 筑陽学園 7 - 4 西日本短大付 2020年() (中止)• 校数は連合チームを1校とする 選手権大会 [ ] 福岡代表校の選手権大会成績については「」を参照 学校別全国大会出場回数 [ ] 出場数 校名 通算成績 優勝数 10回 小倉 15勝8敗 2回 8回 柳川 10勝8敗 小倉工 8勝8敗 7回 九州国際大付 5勝7敗 6回 東筑 3勝5敗 5回 西日本短大付 9勝4敗 1回 4回 久留米商 9勝4敗 戸畑 3勝4敗 福岡工 2勝4敗 東福岡 1勝4敗 3回 福岡大大濠 5勝3敗 2回 福岡第一 6勝2敗 豊国学園 2勝2敗 飯塚商 2勝2敗 福岡工大城東 2勝2敗 飯塚 1勝2敗 明善 0勝2敗 真颯館 0勝2敗 筑陽学園 0勝2敗 1回 三池工 5勝0敗 1回 八女 1勝1敗 筑紫台 1勝1敗 九産大九州 1勝1敗 沖学園 1勝1敗 三池 0勝1敗 小倉南 0勝1敗 九産大九産 0勝1敗 田川 0勝1敗 自由ケ丘 0勝1敗 折尾愛真 0勝1敗 中継 [ ]• ・はテレビで準決勝以降・ラジオで準々決勝以降、(2012年まではラジオで4回戦以降(県大会)、2017年まではテレビで準々決勝以降)の全試合を中継する。 は、かつては4回戦以降県大会を生中継していたが、現在は決勝戦のみ放送する(2012年は生中継は行わずダイジェストでの放送)。 2009年頃まででも決勝を中継していた。 2017年は局のホームページとバーチャル高校野球(との共同運営)で準々決勝以降、2019年は準決勝以降の試合が配信される。 2016年はJ:COM福岡・J:COM北九州で、北九州市民球場で開催される5回戦(ベスト16)8試合をJ:COMチャンネルで中継する。 2017年は準々決勝・準決勝も当日の夜に録画放送する。 2018年は開会式と北福岡大会と南福岡大会の準々決勝それぞれ4試合、合計8試合を生中継する。 2019年は5回戦・準々決勝を生中継するが、5回戦は北九州市民球場・久留米市野球場が中継対象となり、エリアに準じた球場が生中継、もう一方の球場は録画放送する。 注釈 [ ] [].

次の