ひゃっほう。 うひゃっほう!とは (ウヒャッホウとは) [単語記事]

『大人向きに変わった??』by ひゃっほう : 京とうふ藤野本店/TOFU CAFE FUJINO (キョウトウフフジノトウフカフェフジノ)

ひゃっほう

部員たちは主将が大好きです。 主将も部員大好きです。 主将はいろんな人から愛されてます。 捏造甚だしい音駒高校ばっちこい!な方は次のページからどぞ! [newpage] 1:名無しの猫神様 異世界だよ異世かぃゃっほう 2:名無しの猫神様 おい待て語尾 3:名無しの猫神様 スレタイも最後おい 4:名無しの猫神様 釣りかおい釣りなのか 5:名無しの猫神様 こんなにツッコミどころ溢れるスタート初めて 6:名無しの猫神様 ひゃっほうって、おもくそはしゃいでんじゃねえかよおい 7:名無しの猫神様 おい1出てこい。 おい 8:名無しの猫神様 悪い。 助けてほしいとは思ってる。 だがこの状況ははしゃがざるを得ない 9:名無しの猫神様 だから待てよおいwwww 10:名無しの猫神様 何ではしゃぐんだよwwwww 11:名無しの猫神様 はしゃがざるを得ないって、何故喜ぶ 12:名無しの猫神様 まずコテハンと一言紹介をするからちょっと待て 13:名無しの猫神様 いきなり 14:名無しの猫神様 自由か 15:名無しの猫神様 マイペースな1だな 16:虎 主将…俺たちの主将!うちの主将!俺たちの!主将! 副主将…主将大好き。 三年 オカン…主将大好き。 三年 虎…俺。 主将大好き。 二年 プリン…主将の幼馴染み。 主将大好き。 二年 招き猫…主将大好き。 大型犬…主将大好き。 一年 小型犬…主将大好き。 一年 巨神兵…主将大好き。 一年 17:名無しの猫神様 18:名無しの猫神様 19:名無しの猫神様 20:名無しの猫神様 21:名無しの猫神様 おっふぅ……… 22:名無しの猫神様 お、おうっ…… 23:名無しの猫神様 こいつぁやばいwwwwwwwww 24:名無しの猫神様 一言紹介全部主将大好きじゃねえかwwwwwwwwwww 25:名無しの猫神様 やばい。 やばいとしか感想が出て来ねえwwwwwwwwwww 26:名無しの猫神様 スペックが主将大好きしか分からねえwwwwww 27:名無しの猫神様 主将好かれすぎwwwwwwwww 28:名無しの猫神様 何したらこんな好かれんだよwwwwwwwwww 29:虎 今他校と合宿中なんだけど、合宿と練習試合中って他校の主将とか後輩にうちの主将取られ気味だから、俺たちはいつも仕方ないこととはいえ不満に思っていた。 今回の合宿でももちろんそうだ。 そんなところへ何故か異世界?異空間?に格納された俺ら。 ここから脱出を図らなきゃいけねえのは分かっている。 とりあえず机固めて休憩しようぜ。 もともとこれ広げようと思ってさっさと食堂引き上げたんだし」 主将以外「主将のお饅頭ー!!!」 机をガタガタと移動させ、俺たちは異常事態を無視して主将手作りの饅頭にかぶりついた。 うまかった 36:名無しの猫神様 ……何でだよ!!! 37:名無しの猫神様 ていうか何故饅頭!?!? 38:名無しの猫神様 全員動じなさすぎだ!!! 39:名無しの猫神様 おかしいと思ってるんだろ!?見た目は普通の教室に見えるけど、とか言ってる辺り分かってるんだろ?!?! 40:虎 うちの主将いわゆる零感なんだけど、人間お守りだから大抵の霊障は弾き飛ばしちまうんだ 41:名無しの猫神様 42:名無しの猫神様 43:名無しの猫神様 44:名無しの猫神様 45:名無しの猫神様 え? 46:名無しの猫神様 ごめん。 何て? 47:名無しの猫神様 人間お守り? 48:名無しの猫神様 すまんが言ってる意味が理解できない 49:虎 ここから脱出できるかどうかはともかく、そんな危険な事にはなんねぇんじゃねえかって楽観的な観測。 っつーわけで!!主将に順番に構ってもらうことになったので!その順番待ちをする間俺たちの主将自慢に付き合ってもらおうかと思う! 1. 主将と猫 2. うちの三年生 3. ……おい。 猫が多すぎて目線を入れる必要すらないとか… 93:虎 うちの主将もともと猫に好かれやすくてさ、何か猫限定のフェロモン出てんじゃないかってもっぱらの噂 94:名無しの猫神様 フェロモン出てるとしても、何であんな襲われてんの? 95:プリン 副主将とオカンの悪戯の結果 96:名無しの猫神様 wwwwwwwwwwww 97:名無しの猫神様 wwwwwwwwwwwwwwww 98:名無しの猫神様 悪戯って、何したんだwwwww 99:プリン もともと猫に好かれやすい人間にマタタビを装備させる暴挙に出た 100:名無しの猫神様 あ、なるほど。 マタタビ。 101:名無しの猫神様 っていやいやいや! 102:名無しの猫神様 マタタビ装備させただけであんなんなるか!? 103:プリン なっちゃったんだよ。 放課後になって悪戯決行。 校舎を出る。 部室棟に向かう。 何か猫たちから視線を感じるような…と思う主将。 笑いを堪えて平静を装う副主将とオカン。 その三人を見つけた俺ら。 主将を見つけて起き上がる部室の前でゴロゴロしてたにゃんころども。 ハンティング体勢に入るにゃんころども。 主将が襲われるまであと十秒 104:名無しの猫神様 にゃんころどもwwwwwwwwwww 105:名無しの猫神様 主将が襲われるまであと十秒wwwwwwwwwwww 106:プリン で。 主将がこっちの度肝を抜く襲われ方をしたのを見て、唖然とするおれら。 尻餅をつく主将。 にゃんころどもはごろごろにゃんにゃん異常なレベルで主将に懐いて纏わりついてかぶりつく。 そして到着するは補充部隊。 まさか…という目で補充部隊を見つめた後、慌てて立ち上がろうとする主将に飛びかかる補充部隊。 主将は「ぎゃー!」と悲鳴を上げていた。 つ【猫に埋もれる主将にさらに襲い掛かる十数匹の猫の写真】 107:名無しの猫神様 う、うわあああああ 108:名無しの猫神様 えらいこっちゃ…… 109:名無しの猫神様 まじかwwwww 110:名無しの猫神様 ていうかその写真すげえ。 それな。 俺も思ったwwwwwwwww 112:プリン 主将「ちょっ、やめっ、お前らストッ、ぶあっ、ちょ、まっ、だ、だれかたすけ、うぎゃー!」 叫ぶうちにまたまた増えるにゃんこ部隊。 そこに至ってようやくハッとなった副主将とオカンが慌てて主将に駆け寄って、主将の発掘に勤しんだ 113:名無しの猫神様 発掘wwwwwwwww 114:名無しの猫神様 ていうか待ってwwwにゃんこはどこまで増えるの?お前らの学校どんだけにゃんこがいるの?wwwww 115:プリン 野良猫の宝庫と近隣住民からは有名。 避妊手術終えてる野良猫が大半だし、うちの学校の周り猫好き多いからクレームが来たこともなければトラブルになったこともないらしい 116:名無しの猫神様 うわすげえ。 トラブル起きたことねえとかマジ裏山 117:名無しの猫神様 夕方のニュースとかでよくやったりするよなぁ。 野良に餌をやるなーとか発情期にうっせえとか 118:プリン まあそんなんだから、主将に集る猫が増える増える。 副主将とオカンがせっせと猫をどかしても、退かした傍からまたくっつきに行くからキリがない。 キリがないから、オカンは最終手段に出た。 ちょっと待ってろ!と言ってどこかに駆け出し戻ってきたその手にはバケツが一つ 119:名無しの猫神様 あー 120:名無しの猫神様 やっちゃうのね 121:プリン やっちゃった。 「すまん主将!」と言ってなみなみに注がれたバケツの中身を容赦なく主将とにゃんころどもにぶちまけた 122:名無しの猫神様 災難としか言いようがない 123:名無しの猫神様 主将が不憫 124:プリン 慌てて逃げ出す猫や地面に転がってにゃふにゃふ言ってる猫の間からむくりと起き上がる主将。 大丈夫か?!と駆け寄る副主将とオカン。 にっこり笑う主将。 額に浮かぶ青筋を発見して固まる副主将とオカン。 平謝りからの土下座コーススタート 125:名無しの猫神様 wwwwwwwwwwwwwwww 126:名無しの猫神様 wwwwwwwwwww 127:名無しの猫神様 主将はもう察してるんだな?こうなった原因はこの二人にあるとwwwwwwww 128:名無しの猫神様 猫に襲い掛かられたあげく水をぶちまけられて、これはキレてもしょうがない 129:プリン 頭から水をぽたぽた滴らせながら。 主将「俺も悪戯はよくするよ?よくするからされるのはまあいいとしても、していい悪戯とダメな悪戯とあるの、分かるよな?」 副主将「分かる」 オカン「ゴメン」 主将「猫の反応からしてマタタビだよな。 俺死ぬよな。 家帰っても襲われたらどうしてくれんの?うちが近所から猫屋敷って呼ばれてるの知ってるよな?」 副主将「知ってます。 本当ごめんなさい」 オカン「俺らが浅慮でした。 ごめんなさい」 以下主将が何か言っては一切反論することなくごめんなさいとすみませんを繰り返す副主将とオカンからさっきの土下座写真に移行する。 130:名無しの猫神様 wwwwwwwwwwwwwwww 131:名無しの猫神様 これはしょうがないwww土下座コースもしょうがないwwwww 132:名無しの猫神様 俺は猫屋敷ってどういうことかが気になるんだけど 133:名無しの猫神様 主将の家猫屋敷なのか? 134:プリン 猫屋敷。 飼ってる猫の数も多ければ、家に寄りつく野良猫の数も半端ない。 主将家にいると人間キャットタワーと化すから 135:名無しの猫神様 なにそれすげえwwwwwww 136:名無しの猫神様 さっきの話の顛末も気になるけど、人間キャットタワーの話も気になるwww 137:プリン 主将の淡々としてるのが逆に怖いお説教が終わった後、主将は一旦シャワーを浴びてマタタビの匂いを落としに行った。 副主将とオカンはペナルティで約束してたお泊りが延期になったせいでしょんぼりしてた。 138:名無しの猫神様 待って。 しょんぼりする理由待ってwwwww 139:名無しの猫神様 ペナルティおかしいだろwwwwwwwww 140:名無しの猫神様 いや待て。 スペック思い出せ。 143:名無しの猫神様 ホント歪みなさすぎだろお前らwwwwwww 144:名無しの猫神様 約束してたお泊りが延期になってしょんぼりって、小学生かwwwwwww 145:名無しの猫神様 そんだけ楽しみにしてたんだろwwwwww 146:プリン つ【ソファに座る主将の頭、肩と言わず全身に張り付かんとする猫たちの写真】 147:名無しの猫神様 おおおおおお 148:名無しの猫神様 うわすっげ 149:プリン ちなみに立ち上がるときには主将は猫たちに「動くぞー」とお知らせしてから動き始める。 でもってとにかく主将大好きだったり根性たくましい猫はそのまま主将に張り付き続ける。 つ【主将の背中にぶら下がる意地でも離れてなるものかという執念が感じられる猫の写真】 150:名無しの猫神様 wwwwwwwwwwwww 151:名無しの猫神様 猫wwww 152:名無しの猫神様 根性だな 153:名無しの猫神様 いや愛だよwwwwww 154:名無しの猫神様 ていうか猫に好かれすぎだろ主将wwwwwwww 155:大型犬 俺のベストショット! つ【カルガモ親子のような状況の主将と猫数匹】 156:小型犬 僕はこれ!主将がちょっと困惑した顔で「いやいや何でお前さん俺に子ども預けてくのよ」って言ってたのがもう! つ【親猫が子猫を銜えて主将の膝に置いていく】【今度は別の猫が】【また別の猫】【あぐらをかいた膝の上でじゃれ合う子猫】 157:名無しの猫神様 くっそ!かわいい!! 158:名無しの猫神様 いろいろ卑怯だ!! 159:虎 次は俺だな! つ【何故か顔に猫を張り付けている主将】【必死に猫を剥がそうと奮闘する主将】 160:名無しの猫神様 ファーwwwwww 161:名無しの猫神様 主将も必死だけど猫も必死wwwwwwwwwwww 162:名無しの猫神様 どういう経緯があれば顔に猫が張り付くんだwwwwwwww 163:名無しの猫神様 そういえばマタタビ事件でも顔に張り付かれてたよなwwwwwwww 164:名無しの猫神様 そういえばwwwww 165:招き猫 つ【猫じゃらしを無視して主将に懐く猫】 166:名無しの猫神様 本能より主将か!? 167:名無しの猫神様 いやでもそういう性格の猫だっただけじゃね? 168:招き猫 つ【主将の持つ猫じゃらしも周囲が持つ猫用玩具も全てガン無視。 主将にだっこを迫る猫複数匹】 169:名無しの猫神様 ………マジだわ 170:名無しの猫神様 うん。 そういう性格の猫じゃなくてもこの主将なら本能無視させるな 171:オカン これは思わずビビった後笑ったやつ。 つ【お昼寝中の猫だまり】【かと思いきや主将が埋もれている】 172:名無しの猫神様 ファーwwwwwwwwwww 173:名無しの猫神様 こwwwれwwwはwwwww 174:名無しの猫神様 わー、猫だー!と思って近寄ったら主将と目が合うんだな? 175:名無しの猫神様 何それビビる。 そして笑うwwwwwww 176:副主将 ちょっと枚数多いけど。 これは珍しい事故。 つ【猫缶パキャッと開けてる主将】【凄い勢いで即座に突っ込んできた猫】【鳩尾に猫の頭突きを食らうミラクル】【悶絶する主将とおろおろうろうろする猫】 177:名無しの猫神様 かわいいけどwwwwww 178:名無しの猫神様 そんなに痛かったのかwwww 179:名無しの猫神様 猫の頭突きなんて大したことなさそうだけど、こんなミラクル起きるくらいだもんな多分痛いんだろうなwwww 180:巨神兵 はいはい!最後俺!これされんのうちの主将だけ! つ【校門にてずらっと並ぶ猫にお見送りされる主将】 181:名無しの猫神様 うおおおおおお!! 182:名無しの猫神様 何それ壮観!!! 183:名無しの猫神様 ちょっと怖いけどすげぇええええ!!!! 184:名無しの猫神様 え?え?!お前らんとこ全校生徒どんくらいよ!?これされんの主将だけなの!? 185:巨神兵 1000人くらい?そんなにはいないかな?取り敢えず全校生徒教員合わせても猫たちがお見送りすんのは主将だけ! 186:名無しの猫神様 主将パないわあ 187:名無しの猫神様 こっちの想像を軽く超えてくな、主将 188:名無しの猫神様 こんな人いるんだなぁ 189:虎 うっしゃ!じゃ、次の話行くぜ!残りは2. うちの三年生、3. まあお菓子とか差し入れを渡す先が三年生なだけで、ちゃんと俺らにも差し入れは回ってくるぞ。 201:名無しの猫神様 ならよかった。 っても、何で三年生に渡すの? 202:名無しの猫神様 こいつらなら別に独り占めすることもなさそうなのになぁ? 203:虎 いや三年生たちさ、ぶっちゃけハムスターっぽいっていうか 204:名無しの猫神様 ハムスター? 205:名無しの猫神様 頬袋? 206:名無しの猫神様 いやでもさ、写真見る限り主将でけえぞ。 平均は優に超えてんだろ。 ハムスター? 207:虎 言葉でどこまで伝わるか分かんねえけど、例えばとして。 「主将ー!副主将ー!監督とコーチがお菓子くれたぞー!」 真っ先に同じ三年の元に駆け寄るのなあの人たち 208:名無しの猫神様 ハムスターっぽさはまだ分かんねえけど、可愛いのは伝わったwwww 209:名無しの猫神様 そうだな。 確かに可愛いというか、和むわwww 210:虎 で。 お菓子を貰った三年生は、その場で三人だけで丸くなってもしゃもしゃ食い始めるんだ。 頬袋作りながら。 211:名無しの猫神様 三人して頬袋作って食べる系なのか?wwwwwww 212:名無しの猫神様 丸くなるって辺りで俺ロボフスキー浮かんだ。 なるほどハムスターだwwwwww 213:虎 でもって三年生が頬袋作りながら丸くなってもしゃもしゃ食ってる間に俺たち一、二年はその周りに寄っていく。 そうすると主将たち全員して「あ」って顔するんだよ。 そんで口の中には物が入ってるからって、もしゃもしゃ口を動かしながら、無言で俺たちにお菓子配り出すんだよな。 ここまでの一連の流れが毎回繰り返されてる。 214:名無しの猫神様 wwwwwwwww 215:名無しの猫神様 現役男子高校生かわいいわーwwww 216:虎 言っとくが、先輩たち別に独占する気は全くねえんだ。 余ったときとか俺たちに優先して回してくれるし。 ただ、どうしてもその場で先に食べ始めちまうんだよな、あの人たち。 絶対毎回「「「あ」」」って顔しながら無言で配るんだよ。 物凄くぶっちゃけるけど、そのときの先輩たちかわいいと思う。 年上だけどかわいいと思う。 から、三年生に先にお菓子を渡す監督とコーチに文句を付ける下級生は一人もいない。 監督「主将ー」 主将「うぃーす」 監督「ほれ」 主将「ウェーイ」 オカンと副主将のところに戻って第一声。 主将「ウェーイ」 オカン「え、なに?」 副主将「ああ、監督からお菓子貰ったのか」 主将「ウェーイ」 オカン「www」 副主将「嬉しいのは分かったから、人語を話せwww」 222:名無しの猫神様 人語を話せwwwwwwwww 223:名無しの猫神様 主将wwwウェーイしか言ってないwwwww 224:名無しの猫神様 かわいいけどwwwこれは笑えるwwwwww 225:巨神兵 うわー、それ生で見たかった! 226:小型犬 今はそれ見れませんもんね! 227:大型犬 いいなー! 228:名無しの猫神様 一年生たちが一気に出てきたぞwwwwwww 229:名無しの猫神様 何か固まって出てくるよな一年生wwwwwwwww 230:名無しの猫神様 ……なあ、俺今来たんだけどお前ら何してんの? 231:名無しの猫神様 ロムれ 232:名無しの猫神様 遡ってこい 233:名無しの猫神様 こいつらに緊張感を求めることほど馬鹿らしいことはない。 理由は遡って自分で確かめろ 234:名無しの猫神様 ここはオカ版だがこのスレは現役男子高校生に和むスレだ。 ロムってくるよwwwwwwww 239:名無しの猫神様 こいつイケる口だぞ。 追いついてこいよwwww 240:招き猫 つ【写っている三人のうち二人がシュールなポーズの写真】 241:名無しの猫神様 お前らホント自由な! 242:名無しの猫神様 ていうか何これ? 243:名無しの猫神様 wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 244:名無しの猫神様 俺、俺これ分かったwwwwwwwwwwwwww 245:名無しの猫神様 すたwwwwスタイリッシュいちまんじゃくだろこれwwwwwwwwwwwwww 246:名無しの猫神様 ファーwwwwwwwwwwwwwwwwww 247:名無しの猫神様 やだもう三年生何やってんの?wwwwwwwww 248:名無しの猫神様 主将は分かるけど、どっちがどっち?wwwwwwwwwww 249:名無しの猫神様 スタイリッシュいちまんじゃくwwwwwwwwwwwwwwwwww 250:虎 坊主頭が副主将で、真ん中で歌ってるのがオカン 251:名無しの猫神様 待って。 真ん中の子は何やってんのかと思ったら歌ってんの?wwwwwwwwwwwww 252:名無しの猫神様 二人が踊って、一人が歌う係りwwwwwwwww 253:巨神兵 先輩たち超キレッキレでふっきってた。 俺笑いすぎでお腹痛くって最後うずくまってた 254:プリン 動画撮ったり連写で撮りまくったりはたまた蹲って笑い転げてたり見てる側の方が忙しかった 255:小型犬 後でたまたま見かけたらしい子に「バレー部何やってんの?wwwww」と言われましたが楽しかったです! 256:大型犬 俺もロードワーク中だったらしい部の子に言われた! 257:オカン この数日後、俺はバスケ部がスタイリッシュいちまんじゃくを踊っているのを確かに見た 258:副主将 俺はサッカー部が踊っているのを見たな 259:名無しの猫神様 wwwwwwwwwwwwwwwwwwww 260:名無しの猫神様 部活やれよwwwwwww 261:名無しの猫神様 皆して何やってんのwwwwwwwwww 262:名無しの猫神様 確実に校内で流行し始めてるじゃねえかwwwwwwww 263:プリン ちょっと続けるよ。 この間の昼休み。 放送委員会が飽きずに主将をゲストで呼んだんだけど。 主将『はーいお昼の放送の時間がやってまいりましたー。 ここんとここいつら俺呼び過ぎだからてめえらでやれよって言ったんだけど、強制連行かまされましたー。 ぱふぱふー』 オカン『はい皆さんこんにちはー。 強制連行かまされる主将からのアイコンタクトを受け、うちの副主将と一緒に主将奪還ついでに放送委員会ジャックを敢行いたしましたバレー部でーす』 副主将『ちょっとの間付き合ってね』 おれ、虎、招き猫は、「……何やってんの三年生」という顔で無言でスピーカーを見上げてた 264:名無しの猫神様 三ww年ww生wwww 265:名無しの猫神様 放送委員会ジャックってwwwwwwwww 266:名無しの猫神様 ロムってきたけどお前らかぁああああああ!!!!文化祭MVP三連覇の爆笑マーメイド!主将大好きでコテハンも同じって確実にお前らこの間のやつらじゃねえか!!!!! 267:名無しの猫神様 おお?どうしたお前。 さっきロムれ言われた奴か? 268:名無しの猫神様 爆笑マーメイドって何だ。 何があったwwwwwww 269:名無しの猫神様 こいつら前も主将自慢するためのスレ立ててたんだよ!今と全く変わらないノリで!俺草を生やした記憶しかないwwwwwwwwwww 270:名無しの猫神様 今と全く変わらないノリ。 分かったwww楽しいことだけは把握したwwwwww 271:名無しの猫神様 できればそのスレ教えてくれwwwwwwww 272:プリン つ【うちの主将】三年生はフリーダム【自由人】 続き。 オカン『おいこら放送委員会。 これからもうちの主将借りたいならさっさと用意しろや』 副主将『適当に機材弄ってもいいかな?だめ?ならなるべく早くね。 お昼食べる時間なくなっちゃうから』 主将『放送委員会が手間取ってる間に皆はお弁当仕舞って飲み物も机に置いてスタンダーップ!なるべく二人ペアになれよー。 集団でもオッケーだしぼっちでも行けるって強いやつはぼっちでもオッケーな』 オカン『主将ー、準備できたぞー』 主将『よっしゃ。 じゃ、みんな準備はいいかー?』 副主将『今からお送りしますはスタイリッシュいちまんじゃく。 歌うのは我らがバレー部のオカン。 それでは皆さんご一緒に』 主将『踊りましょう!それではスタートーーー!!!』 クラスメイトが素直に踊り始めたのが何よりも恐怖。 273:名無しの猫神様 wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 274:名無しの猫神様 だからwwwwwお前らは何をやってんだよwwwwwwwwww 275:名無しの猫神様 今度は、全校レベルでwwwwwwwww 276:プリン ちなみに虎と招き猫は机に突っ伏してプルプル震えてた。 声も出ないほど笑ってた 277:名無しの猫神様 プリンは恐ろしいのに一緒にいる二人は声も出ないほど爆笑すんのかwwwwwwwwww 278:名無しの猫神様 ていうかシュール。 シュールすぎるwwwwwwww 279:名無しの猫神様 其処彼処で音楽にのせてスタイリッシュいちまんじゃくやってんだろ?この上なくシュールwwwwwwwwww 280:巨神兵 俺遅れた課題提出に職員室寄ってたんだけど、先生たちも踊ってた 281:名無しの猫神様 ファーwwwwwwwwwwwwwwwwww 282:名無しの猫神様 なんwwwだと?Wwwwww 283:名無しの猫神様 先生たちまでwwwwwwwwwwww 284:巨神兵 定年近いんだけど背筋シャキッとしててジェントルマンって感じの先生いるんだけど、その先生凄い輝いてたwww 285:名無しの猫神様 ジェントル先生何やってるのwwwwwwwwwwwwwwwwww 286:名無しの猫神様 ダメだwwwwこの学校ダメだwwwwwwwwwwwww 287:巨神兵 ちなみに一番キレッキレだったのはメタボ先生という愛称で呼ばれてる先生 288:大型犬 メタボリック先生見かけに反してすっごい軽やかにダッシュするよな! 289:小型犬 体育祭のリレーは赴任以来ずっとアンカーだって僕聞いたよ! 290:名無しの猫神様 ダメだwwwwこの学校先生たちまでホントダメだwwwwwwwwwww 291:名無しの猫神様 俺もこの学校に通いたいwwwwwwwww 292:名無しの猫神様 先生たちノリ良すぎwwwwwwwwwwww 293:プリン で。 オカンが三番までちょいちょい替え歌しながら歌いきった後、三人は放送室を出て行った。 主将『ウェーイ。 さっすがオカン!』 副主将『アドリブで替え歌とか流石』 オカン『もっと褒めていいんだぜ』 主将『褒めてやるから取り敢えず飯食い行こうぜ』 副主将『賛成』 オカン『おい放送委員会。 今日は俺らの方が先に主将とメシ食うって約束してたんだからな。 こっちの予定無視して次同じことしてみろ。 今度はバレー部全員で本当にジャックした後延々般若心経流してやるからな』 副主将『たまたま家に音源があってよかったよ』 放送委員会『やめてぇえええええ!!!調子に乗ってましたごめんなさぃいいいい!!!!』 オカン&副主将『分かればよろしい』 次はおれたちも召集か。 何か面白い音源あったかな。 294:名無しの猫神様 wwwwwwwwwwwwwwwwww 295:名無しの猫神様 バレー部強いwwwwwwwwwww 296:名無しの猫神様 何でたまたま家に般若心経があるんだよwwwwwwwwwwww 297:名無しの猫神様 アルプス一万尺を延々流すのかと思ったら、まさかのwwwwwwww 298:名無しの猫神様 流石に般若心経聞きながらのお昼は嫌だなwwwwwwww 299:名無しの猫神様 ていうかプリン。 自分たちまで召集されることは当たり前のように受け入れてないか?wwwwww 300:名無しの猫神様 おいおい愚問だろう。 こいつらのスペック思い出せよwww 301:名無しの猫神様 おっといけねえそうだった。 愚問だったなwwwwwwww 302:虎 他にもいろいろあるっちゃあるけど、話してたらキリねえから次行くぜ!主将がおさんどん係に就任した話だ! 303:名無しの猫神様 おーし、待ってました! 304:名無しの猫神様 もっと聞きたいけど、了解www 305:名無しの猫神様 ていうかおさんどん係って何すんだ?お前らお昼って弁当か学食とかだろ?部活関連ってもスポドリぐらいだろうし…? 306:主将 普段じゃなくて合宿の時の話な。 全員分のメシを俺が作らされる 307:名無しの猫神様 !!! 308:名無しの猫神様 おおおおおおおおお!!!! 309:名無しの猫神様 主将!! 310:名無しの猫神様 主将だ!!!! 311:名無しの猫神様 主将が遂に来なすったぞ!!!! 312:名無しの猫神様 ようこそ主将!!!!! 313:名無しの猫神様 いらっしゃい主将!!!! 314:名無しの猫神様 ささっ、どうぞこちらへ!!! 315:主将 やべえwww俺すげえ歓迎されてるwwwwwwwww 316:名無しの猫神様 歓迎するさ!!!するに決まってんだろ!!! 317:名無しの猫神様 顔出してくれるかな?してほしいなって期待してたんだからな!!! 318:名無しの猫神様 お前らキャラ濃すぎなんだよ!! 319:名無しの猫神様 もう下にも置かぬ扱いで大歓迎だ!! 320:オカン 言っておくが!!主将は俺たちの主将です!!! 321:名無しの猫神様 322:名無しの猫神様 323:名無しの猫神様 324:名無しの猫神様 おう。 サクサク行くぞー。 俺が合宿時にこいつらの飯の面倒見るようになった経緯を話せばいいんだろ? 333:名無しの猫神様 そのとおりです主将! 334:名無しの猫神様 移動するの?!しちゃうの?! 335:名無しの猫神様 あ、そういえばお前ら今異世界だか異空間だかだっけ 336:名無しの猫神様 …そういえばそうだった 337:名無しの猫神様 そうだった。 ここオカ板にたったスレだったwww 338:主将 そう。 外見ると月が二個あるから。 で、まず俺が初めて飯作ったときな。 自校だけの合宿時のときだったんだけど、何かいろいろ不運が重なって、自分たちでその日の飯を作らなきゃいけなくなったのな。 男子高校生で料理できる奴なんて当然少ない。 けど俺出来ちゃった。 当然頼られる。 まずオカンと副主将を全員で全力で追い出しにかかる。 そして俺が中心になってその日の飯はクリアした。 とこまでは良かっただけど、何かそれ以降も俺の作ったのが食いたいとかで、オカンと副主将にゴリ押し食らって、根負けしたのが飯炊き係就任理由 339:名無しの猫神様 ゴメン二、三ツッコんでいい? 340:名無しの猫神様 俺もツッコみたい。 341:名無しの猫神様 オカンと副主将を全員で追い出したって何で? 342:名無しの猫神様 俺もそれが聞きたい 343:主将 オカンと副主将は料理ができないとかいう次元じゃなくて、料理をしてはいけない系。 調理実習とか凄いぞ。 同じ班になったやつらが鬼の形相で実習に臨むから。 344:名無しの猫神様 調理実習で鬼の形相 345:名無しの猫神様 そんなひでえのか? 346:主将 まず同じクラスだと教師は絶対にオカンと副主将を俺と組ませる。 今一緒のクラスなのはオカンなんだけど、タイムリーにこの間調理実習をやったばっかりだ。 352:オカン レンジでチンすることと、やかんを火にかけることは許可されてる。 353:プリン ……この間、「俺の許可なく料理をしたら、今後一切生涯にわたって俺はお前らに料理を作らない」と宣言されてる場面に立ち会った。 354:名無しの猫神様 355:名無しの猫神様 356:副主将 357:オカン 358:名無しの猫神様 359:名無しの猫神様 ……主将。 お話の続き、どうぞ?進めて? 360:名無しの猫神様 うん。 そうだな。 進めてください。 361:主将 オッケー。 んでだな、一回作って以降、オカンと副主将の目のキラキラ具合が半端ない。 無言の期待オーラが全く隠せてない。 今回はもういいんじゃね?とか思っても、もうキラキラキラキラ輝いた眼が俺に向く。 何かもうな、しょうがねえなあ思って、合宿時のおさんどん係引き受けたわ 362:名無しの猫神様 主将優しい…! 363:名無しの猫神様 全員分の飯作るって相当だよな!? 364:名無しの猫神様 トゥンク 365:招き猫 壁|皿゚) 366:名無しの猫神様 あっ 367:名無しの猫神様 おい364。 他意はないと謝っておけ 368:名無しの猫神様 364です。 主将の包容力に思わずときめいてしまっただけで他意はありません。 先生からは調理の道に進むのもありだって言われたこともあるみたいだし 383:名無しの猫神様 うっわあー、一回でいいから食べてみたい 384:名無しの猫神様 禿同 385:招き猫 主将「おかわりする分もちゃんと作ってあっから、ゆっくりちゃんと食えお前ら」 『うぃーす!』 プリン「……主将ってさ、」 主将「ん?お前ちゃんと食ってるか?」 プリン「食べてるけど…、主将さ、何だかんだで副主将とオカンに弱いよね」 主将「…そうか?」 プリン「うん。 逆も言えるけど」 主将「プリンに甘いってんなら、いろんな奴から言われるから自覚あったけど……。 …まあ、お前にそう見えんなら、そうなんだろうな」 386:虎 おかわり争奪戦になりかけた直後にこういう会話もあったって招き猫が言ってるぞ。 ちなみに合宿時の食材を用意してくるのはオカンと副主将だから 390:名無しの猫神様 え、マジで?その二人料理禁止だろ? 391:名無しの猫神様 いや料理禁止だからこそその二人が用意してくるんじゃねえの? 392:主将 391正解。 あいつら主に合宿中に俺に作らせたいものの材料を買ってくんだよな。 初日すげえぞ。 通常の荷物に加えて食材がごっそり入った荷物をやりきった感あふれる清々しい笑顔でこれ見ろよ!と見せびらかしてくるから 393:名無しの猫神様 清々しい笑顔wwwwwwwww 394:名無しの猫神様 料理できないから以外に、リクエスト権が自然と生じるからこその調達係だったりしねえ?wwww 395:主将 いや、あいつらすげえぞ。 予算の範囲内に収めるために、できる主婦並に安いスーパーやら八百屋やらを把握してるから。 合宿近くなるとさ、教室でキャベツはあのスーパーが安かったぜ。 人参ならあっちの八百屋が…。 とかいう会話を真剣な顔で繰り広げる。 教室で、男子高校生が。 396:名無しの猫神様 wwwwwwwwwwwwwww 397:名無しの猫神様 主夫だwwwwwwwww 398:名無しの猫神様 ちなみに主将はその会話には? 399:主将 加わらない。 400:虎 さらにちなみに。 「「何か手伝、」」 「お前らが手伝うなら俺は飯を作らない。 お前らと台所に立つなら俺は飯を作らない。 お前らが作った飯を、俺は体内に摂取していいものとは認めない」 「「………」」 二人はシュタッと敬礼した。 オカン「わかりました」 副主将「大人しくしています」 というやりとりが過去に合った 401:名無しの猫神様 wwwwwwwwwwwwwwww 402:名無しの猫神様 主将wwww徹底排除wwwwwwwww 403:名無しの猫神様 何かトラウマあんじゃねえのかこれはwwwwwwwwwwww 404:主将 聞きたい人寄っといでー. ゚ 405:名無しの猫神様 ごめんなさい 406:名無しの猫神様 すいません 407:名無しの猫神様 申し訳ありません 408:名無しの猫神様 勘弁してください 409:主将 お前ら危機察知能力高すぎ。 嫌な空気醸し出してたからwwwwwww 411:名無しの猫神様 次。 話を次に進ませて! 412:名無しの猫神様 あれ?でももうなくね?大体話し終わっちゃってね? 413:主将 ウェーイ! あれは二年前の六月のことでした。 オカンと副主将と一緒の班で調理実習。 この二人と一緒なら楽勝だろうと誰もが感じてて、逆に俺は足引っ張るなよーとか言われて、いやいや俺料理できるからーなんて軽口を叩きあっていられたのは、実習開始十分後まででした。 俺らの班は全員固まって、様子をおかしく思って見に来た先生も固まって、野次馬根性の他班も固まって、その日の調理実習は中止。 燃えてくれてよかった。 灰になってくれて良かった。 元が食材だったからかな。 先生と一緒に手を取り合って喜んだあの日を俺は忘れない。 クルクル回すのは普通に問題なかったってことだ 441:名無しの猫神様 ごめん、そもそもバームクーヘンってどう作ってんの? 442:名無しの猫神様 ていうかバーベキューのくだりプリーズ! 443:名無しの猫神様 俺も聞きたい! 444:オカン そろそろ脱出しようって話纏まってきたから、さくっと話すぜ。 まず一年が夏休み中あれしたいこれしたいと騒ぎ出し、二年もそれに乗っかり、三年も少しくらいいいんじゃねえのと言いながら主将を見、主将は焼きトウモロコシ作りたいと言い出した 445:名無しの猫神様 待って。 主将の発言だけちょっとおかしくない?www 446:名無しの猫神様 何故焼きトウモロコシ作りたい発言が出てくるんだwwwwwwwwwww 447:オカン バーベキューに心惹かれたらしいwww で、バーベキューいいですね!となった俺たちは予定を立てて、高校生だけでバーベキューってちょっとキツイか?いや平気じゃないか?とか話してた。 俺が車出せばいいんだろ?」 「さっすがコーチ!話が早い!」 主将とコーチのおかげでサクサクとバーベキューの日取りが決まった 448:名無しの猫神様 コーチぐっじょぶ! 449:名無しの猫神様 ていうかコーチの返事早いwwww 450:名無しの猫神様 コーチ二つ返事wwwwwww 451:虎 お前らコーチ馬鹿にすんなよ!ちょっと奮発したって笑いながらうめえ肉持ってきてくれた上にコーチの焼きそばすっげえ絶品だった!! 452:巨神兵 今まで食べた焼きそばの中で一番うまかった!! 453:主将 焼きそばはコーチののが美味い 454:名無しの猫神様 あああああ!!シチュエーションも相俟ってその焼きそば超うまそう!! 455:名無しの猫神様 部員全員から太鼓判押される主将すら認める焼きそば!食いたい! 456:オカン コーチの焼きそばマジ絶品。 用意したの普通にスーパーで売ってるやつなのに、コーチが作ると全然違うのな。 来年はもっと麺を多く用意していこうって副主将と真顔で話し合ったから 457:名無しの猫神様 うああああ食いてぇええええ!!!! 458:名無しの猫神様 コーチの焼きそばいいなぁああああ!!! 459:名無しの猫神様 ていうかナチュラルに来年もバーベキューする気満々だぞこいつらwwwwwwww 460:名無しの猫神様 ホントだwwwwwww 461:名無しの猫神様 しかも来年もコーチ巻き込む気だぞwwwwwwww 462:名無しの猫神様 だがこのコーチならまた二つ返事でいい返事をくれるだろうwwwwwwwww 463:オカン コーチの予定優先で絶対巻き込むって部員全員で決意したぐらいだからwww で、話し戻すぞ。 バーベキュー場着いて、まず俺と副主将は当然のように遠ざけられた。 俺らは素直に従った。 まあ俺と副主将はテーブルの用意したりとかそういうことしてたんだけど、コーチと主将がすげえ手馴れてた。 他の奴らが手出しする必要性がないくらいテキパキと鉄板組み立てたり炭に火付けたりしてた。 あの二人完璧にアウトドア男子だった 464:名無しの猫神様 wwwwwwwwwwwwww 465:名無しの猫神様 コーチはともかくとして、主将、ここにきても大活躍wwwwwwwwwww 466:名無しの猫神様 ていうかアッシー兼引率役だけかと思ったコーチがすげえできる男なんだけどwwwwwwwww 467:主将 ちなみにうちのコーチ若いから!ぴっちぴちの二十代! 468:副主将 見た目に反してお酒に弱いって言われるのが悩みだそうです 469:名無しの猫神様 コーチわっか!!!!! 470:名無しの猫神様 想像より全然若いんだけど!? 471:オカン うちのコーチすげえいいだろ。 んでバーベキュー初めて半分くらい過ぎた辺りで、主将がウキウキしながら焼きトウモロコシ作る準備を始めた。 めっちゃあいつうきうきしてた 472:名無しの猫神様 ウキウキwwwwwwww 473:名無しの猫神様 かわいいなwwwwwwwwwwwww 474:名無しの猫神様 ずっと楽しみにしてたんだろうなwwwwwwwwwwww 475:オカン ある程度腹を満たして、遊びに一旦抜けたりしてた奴とかいたんだけどさ、主将の作る焼きトウモロコシの香ばしい匂いが辺りに流れるにつれ、ふらふらとうちの連中が全員戻ってきたのにはウケたwwww 476:名無しの猫神様 wwwwwwwww 477:名無しの猫神様 wwwwwwwwwwwww 478:名無しの猫神様 男子高校生だもんな。 まだまだイケるよなwwwwwwwwww 479:名無しの猫神様 遊んでる間に消化が進んで、俺まだまだイケますよ状態なんだろ?わかるwwwwwwwwwww 480:名無しの猫神様 バームクーヘンは食材粗方片づけた後? 481:オカン いや、主将が焼きトウモロコシ作ってる横でかな? 主将とコーチが「そうだ、バームクーヘン作ろう」ってどういうわけか思い立って竹用意してたから。 俺と副主将以外で生地作って、炭の上で二人ペアで生地を垂らしてはクルクルクルって。 主将はその横で醤油を塗ってはトウモロコシを回し、大型犬に「今作ってるのは俺による俺のための俺のトウモロコシだ。 491:名無しの猫神様 刈ってきた?買ってきたじゃなくて? 492:主将 いや斧使ってカーン!っと。 自力調達だから元手ゼロ 493:大型犬 そうだったんですか!? 494:小型犬 どこで用意したのかなぁ、とは思ってましたけど! 495:オカン 言えよ! 496:副主将 一緒に行ったのに。 こいつらだぞ 518:名無しの猫神様 緊張感は……、ないだろうな 519:名無しの猫神様 意気揚々と脱出しますって言ってるやつらだぞ 520:名無しの猫神様 にしてもどうやって戻るわけ? 521:主将 とりあえず教室出るわ。 523:名無しの猫神様 むしろ何でいらないと思った? 524:名無しの猫神様 いる以外の答え言う奴いるわけねえだろ! 525:主将 あー、はいはい。 分かりました。 じゃあ適宜投下してくわ。 俺は一旦落ちるから、まあ適当に他の奴らが書いてくだろ 526:名無しの猫神様 お前らなら心配いらないだろうけど、一応気を付けろよ! 527:名無しの猫神様 そだな!絶対大丈夫な感じしかしないけど注意しながら進め! 528:名無しの猫神様 気を付けてなー! 529:虎 よっしゃ!そんじゃ異世界?異空間?脱出作戦開始だぜ! 続………かないんですごめんなさい。

次の

「KKPokerって何?PPPokerとの違いは?どっちがパクリ?」|ひゃっほう(池内一樹)|note

ひゃっほう

京都御苑近く、京都平安ホテルの中の和食レストランです。 京都御苑に近いし、いつも、まあ納得の値段なので、こちらを利用しました。 しかし、京都御所一般公開のときは、限定メニューになるとは知らず・・・。 でも、あちこち探すのもおっくうなので、こちらにしました。 1500円のメニューにするか、 それに、「蒸し物」、「揚げもの」を二つたして1000円アップの 御所膳2500円にするか、どちらか悩みましたが、せっかくなので2500円のにしました。 でも・・・。 蒸し物は、茶碗蒸しのことで、具は白魚が4匹ほど。 揚げものは、小さめの海老の天ぷら2匹、ししとう。 うーん、これで1000円アップ? 割高すぎない!? これなら、1500円のにすれば良かった。 それでも、割高だけど。 他のホテルにしようかと思ったけど、他のホテルも京都御所公開限定メニューで同じくらいの値段。 うーん、うーん。 この時期に、このあたりで食事はどうなんでしょうね。 [夜] ¥6,000~¥7,999 [昼] ¥2,000~¥2,999 支払い方法 カード可 (VISA、Master、JCB、AMEX、Diners) 電子マネー不可 席・設備 席数 50席 個室 無 貸切 不可 禁煙・喫煙 全席禁煙 駐車場 有 御食事ご利用で2hサービス(通常30分毎200円) 空間・設備 落ち着いた空間 携帯電話 docomo、au、SoftBank、Y! mobile メニュー ドリンク 日本酒あり、焼酎あり 料理 魚料理にこだわる 特徴・関連情報 利用シーン ロケーション ホテルのレストラン ホームページ 備考 京都平安ホテル内の和食処。 ランチ営業のみ。 ディナーは同ホテル内「カフェアルボワ」にて和食を提供。 初投稿者 最近の編集者• 和食処 帆舟 関連ランキング:京料理 今出川駅、丸太町駅(京都市営).

次の

「(ストラトス)ひゃっほう、やっと届いた!」ドウガネブイブイのブログ | ドウガネブイブイの秘湯ドライブ

ひゃっほう

535:虎 そんじゃ異界の学校探検スタートぉおおお!!! 536:名無しの猫神様 おいだから緊張感 537:名無しの猫神様 お前もうそんな無茶言ってやるなよ 538:名無しの猫神様 無茶www 539:名無しの猫神様 無茶か、無茶なレベルなのかこいつらに緊張感を持たせるのはwww 540:名無しの猫神様 さて、とりあえず教室出た。 主将「トイレ行っておきたい奴いるかー?」 一年「ハイ!念のため!」 ということでこういうときはやっぱり安価?とか俺ら二年が話している間にひとまずの移動先が決まった。 笑うwwwwwwwww 552:名無しの猫神様 そこ?ツッコむのそこ?wwwwwwwwww 553:名無しの猫神様 オカ板らしくなってきたのに一向に怖くならないwwwwwwww 554:名無しの猫神様 少しは俺らを怖がらせようよ。 何で笑かしてくるのwwwwww 555:虎 花子さん「あの、あの、サインください!そしたら男子トイレから出て行きます!くれなかったら出て行きません!」 主将「おおう。 男子トイレが人質に取られた」 副主将「それは大変だ」 オカン「ああ、男子トイレを人質に取られちゃあしょうがない。 サインくらいくれてやれよ主将」 556:名無しの猫神様 ちっとも困った様子じゃないwwwwwwwww 557:名無しの猫神様 三年生優しいwwwwwwww 558:虎 主将「って言われても、俺サインなんて書いたことないから普通に楷書で自分の名前書くことになるぞ」 虎「主将。 それなんか違うと思うっす」 小型犬「ただの署名?」 虎「それだ」 559:名無しの猫神様 そうだよなwww普通の高校生は自分のサインなんて持ってないよなwww 560:名無しの猫神様 遊びで考えることはあっても本気のはないわなwww 561:虎 ここで副主将がナイス提案。 副主将「そうだ。 せめて筆で書いたらいいんじゃないかな?主将書道はいけただろ」 オカン「お。 それいいじゃん。 行書体とか草書体とかさ、いろいろ書体あるし、何かカッコよく見えるやつで書けばいいんじゃないか?」 プリン「そういう辞書とか書道室に全部置いてあったよね。 道具もどっか探せばあるんじゃないの?」 主将「じゃあ書道室行くか?花子さんはそれでいい?」 花子さん「うん!」 花子さんの目めっちゃきらきらしてて可愛かった。 ということで書道室に移動することになりました。 562:名無しの猫神様 どうしよう。 の流れがスムーズすぎるwwwww 565:名無しの猫神様 花子さんが最初からただの主将ファンだしwwwwwwwww 566:名無しの猫神様 ていうかそうだよ何で花子さんは主将のサイン欲しがってるんだよwwwwwwww 567:名無しの猫神様 ゴメンもう一個俺聞きたい。 お前らトイレはどうした? 568:名無しの猫神様 wwwwwwwwwww 569:名無しの猫神様 トイレ事情を気にするのかよwwwwwwwwwww 570:虎 書道室到着!トイレは花子さんに外出てもらって普通に済ませたぜ。 主将「よーし。 まずは道具探せー。 筆と硯と墨汁と、あと半紙と、えー、書道道具一式探せー」 巨神兵「書道室初めて来たー!辞書とかどこにあるんすか?」 プリン「机の中に入ってる」 オカン「よし。 そしたら道具の準備してる間に、花子さんはどの書体で書いてほしいか選ぼうぜ」 571:名無しの猫神様 本気で習字する気だこいつらwwwwww 572:名無しの猫神様 そして俺の質問には答えてもらえないという 573:名無しの猫神様 wwwwwwwww 574:名無しの猫神様 ていうかお前ら霊感があるかないかの一言でもいいからスペックあげてくれよ。 主将が名前書いてる間みんな暇だろ?主将見るのに忙しいかもだけど、暇だろ? 575:名無しの猫神様 wwwwwwwwwww 576:名無しの猫神様 スレ民分かってきてるwwww 577:名無しの猫神様 主将見るのに忙しいwwwww 578:名無しの猫神様 そうだよな。 こいつらからしたら貴重な主将の書道シーンだもんなwwwwwwww 579:大型犬 そのとおりなんですよ! 580:巨神兵 主将が書道やってるところ初めて見る! 581:招き猫 つ【椅子に座る主将の周りに集る赤ジャージ】 582:名無しの猫神様 おお!?これ今撮ったやつだよな?! 583:名無しの猫神様 うっはwwwぶれねえなお前らwwwww 584:副主将 スペックお待たせしました。 主将…零感。 ただし人間御守りにつきある意味チート。 副主将…善良な相手なら成仏させられる。 オカン…話せる(物理含む)。 虎…本人の自覚が一切ないという意味で零感 プリン…寄るな触るな聞きたくない。 招き猫…見える見える見える。 大型犬…聞こえる。 多分祓えてるけどその後寒気がする。 小型犬…触れる。 多分祓えてるけどその後気持ち悪い。 巨神兵…見える。 多分祓えてるけどその後鳥肌が収まらない。 585:名無しの猫神様 ちょっと待ってもらえます? 586:名無しの猫神様 一年生はまあ心配な部分があるからいいとして、二年生以上ちょっとおかしくありません? 587:名無しの猫神様 ていうか三年生が一番おかしいよ。 オカンの「話せる(物理含む)」って何だよ 588:名無しの猫神様 副主将の善良な相手ならってのも何どういうこと? 589:名無しの猫神様 つーか主将だよ主将。 人間御守りっておい。 590:名無しの猫神様 いやもう全員だよ。 全員ツッコミどころ溢れてるから。 591:大型犬 主将の試し書き! つ【達筆だろうことは分かる】 592:名無しの猫神様 ………ツッコミは受付不可ですかそうですか。 こいつら案外遅れて拾ってくれたりするときあるぞ 595:名無しの猫神様 ていうかツッコミ入れずにはいられないやつらを俺らは相手にしてるんだ。 まで想像できたww 615:名無しの猫神様 それはだめだwwwwwww 616:虎 主将書き終わった!花子さんすげえ嬉しそう。 617:名無しの猫神様 お。 そしたら虎。 花子さんに何で主将のサイン欲しがったのか聞いてみようよ。 知りたいんだよ 618:名無しの猫神様 ここまでスルーされっ放しの俺たちの疑問一個でもいいから答えて? 619:虎 …答えてなかったっけ? 620:名無しの猫神様 気付いてない…だと? 621:名無しの猫神様 いや、他のことに夢中ですぐに忘れ去られたんだろう。 きっとそうだ 622:名無しの猫神様 いや、絶対そうだ 623:名無しの猫神様 こんだけ人数いるから誰か答えただろってなってた可能性もなきにしもあらずだな 624:名無しの猫神様 あー、それもあるか 625:虎 悪い悪い。 それで、何聞きたいんだ? 626:名無しの猫神様 花子さんは何で主将のこと知ってるの? 627:名無しの猫神様 何で花子さん主将のサイン欲しがってるの? 628:名無しの猫神様 お前らのスペックもうちょい詳しく 629:名無しの猫神様 花子さん何で主将そんな好きなんかね? 630:虎 あ、ちょうど主将が質問してる。 主将「ところで花子さん?」 花子さん「なぁに?」 主将「何で俺のサインなんて欲しがったの?ていうか俺のこと知ってる、んだよな?何で?」 主将が首を傾げたら花子さんも同じ方向に首傾けて、見ててほのぼのする。 花子さん「主将、有名だよ?私たちみたいな弱い妖怪に」 主将「……へ?」 主将がフリーズしたので副主将が代わりに口開いた。 631:虎 副主将「主将、有名なのかい?」 花子さん「うん。 えっとね、なんていうか、一時避難場所、みたいな?」 オカン「………え。 弾き飛ばされない?それ」 花子さん「害意がなければ大丈夫みたい。 学校の妖怪は、主将が卒業するのすっごい惜しみながら送りだしたりしてたし」 巨神兵「主将すっげー…」 大型犬「そういえば、骨格標本が手助けしてくれたことがあったようななかったような」 小型犬「あ。 そういえば、そんなことあったね。 あ、もしかして主将のおかげ?!」 花子さん「主将が大事に思ってる人たちだし、困ってたならそういうこともあるかも」 632:名無しの猫神様 和むわぁ。 でも一年生ズ?その話ちょっとkwsk? 633:名無しの猫神様 何かさらっと体験談零してる? 634:虎 あー、とりあえず実況続けるぜ。 副主将「なるほど。 それで、サインを欲しがったのは人間御守りにあやかりたいとか、そんな感じかな?」 花子さん「うん。 でもね、それだけじゃなくって、単純に……、えっと…」 巨神兵「好きなんだな!俺もそれ分かる!」 巨神兵オブラート。 相手は有名なトイレの妖怪花子さんと言えど女の子だ。 口籠った理由を察してさしあげろ。 635:名無しの猫神様 ごもっともwwwww 636:名無しの猫神様 最後ツッコミwwwwwww 637:名無しの猫神様 途中までほのぼのしてたのにwwwww 638:虎 オカンが巨神兵のケツ目掛けて蹴り叩きこんでる。 その間に主将復活。 花子さんの頭撫でながらありがとなーとか言ってる。 花子さんもじもじして照れてる可愛い 639:小型犬 前遭遇したことのある花子さんは怖かったけど、この花子さんは僕も可愛いと思います。 それに俺が対処できる範囲内の相手だったからな、一年たちに怪我がなくて良かったよ 651:名無しの猫神様 オカンかっこいい! 652:名無しの猫神様 抱いて! 653:プリン 阻止 654:虎 阻止 655:招き猫 壁|゚皿゚) 656:名無しの猫神様 ごめんなさい 657:名無しの猫神様 調子乗りました 658:名無しの猫神様 思わずという言葉をご存じでいらっしゃいますでしょうか。 それくらいあなた方の先輩はかっこよかったのです。 つ【人体模型から逃げ回る長身の銀髪とツンツン頭】 670:名無しの猫神様 え 671:名無しの猫神様 ちょ、なにこれ? 672:プリン 銀髪が巨神兵でツンツン頭が大型犬ね。 二人とも泣きそうな顔で走り回って、小型犬は咄嗟に隣にいた招き猫の背中に張り付いた。 主将とオカンは爆笑してる。 673:名無しの猫神様 え。 爆笑してるの? 674:名無しの猫神様 ってことは別に緊急事態でも何でもない? 675:名無しの猫神様 ていうか何で二人は人体模型に追っかけられてるんだよ 676:名無しの猫神様 爆笑してないで助けてやれよ 677:虎 大型犬「いつぞやはありがとおぉぉぉ!!!」 巨神兵「でも追っかけるのはやめてぇえええ!!!」 小型犬「じっ、人体模型さんストップぅううううう!!!」 やべえ超楽しい。 678:名無しの猫神様 おい虎。 最後wwww 679:名無しの猫神様 そういうお前も笑ってるぞwwwww 680:名無しの猫神様 結局どういう状況なんだよwww 681:副主将 書道室を出て花子さんと別れた後、廊下の角を曲がったところでばったり遭遇。 「「「あ」」」と零した一年生ズにじりじりとにじり寄っていく人体模型。 悪意はないだろうけど不気味というか取り敢えず怖い。 で、まず巨神兵が堪えられなくなって逃げ出した。 その際道連れにされた大型犬も走り出す。 小型犬は逃げるより先に招き猫に張り付いた。 そして始まる鬼ごっこ。 人体模型はとても楽しそうだ。 682:名無しの猫神様 とても楽しそうだっておい 683:名無しの猫神様 人体模型ェ… 684:プリン つ【腰に手を当ててスキップする人体模型】 685:名無しの猫神様 wwwwwwwwwwwww 686:名無しの猫神様 楽しそうだwwwwwww 687:名無しの猫神様 ああ。 間違いなく楽しそうだwwwwww 688:名無しの猫神様 何なんだよww何なんだよwwwww 689:虎 骨格標本が合流したwwwwwwww 690:名無しの猫神様 は? 691:名無しの猫神様 合流?wwww 692:プリン つ【人体模型と肩を組んでスキップする骨格標本】 693:名無しの猫神様 wwwwwwwwwwwwwwwwwwww 694:名無しの猫神様 仲良しwwwwwwwww 695:虎 大型犬「骨格標本もいつぞやはありがとう!!」 巨神兵「でもスキップやめて!!」 小型犬「怖いから!!」 主将&オカン「ファーwwwwwwwwwww」 696:名無しの猫神様 wwwwwwwwwwwwwwwwww 697:名無しの猫神様 wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 698:名無しの猫神様 ひどいwwwwwwwwwwww 699:名無しの猫神様 オカンと主将ひでえwwwwそろそろ助けてやれよwwww 700:虎 副主将「役に立たない二人は置いておいて、ハイ全員ストップ!鬼ごっこ終わり!」 手をパンパンと叩いて副主将が一声かけるだけで人体模型と骨格標本ピタッと止まって大人しくなった。 流石副主将。 701:名無しの猫神様 おお 702:名無しの猫神様 何かよく分からんがすごそうだな 703:虎 副主将「ほら。 主将とオカンもいい加減笑いやめ。 こうしてる間にもどんどん寝る時間が少なくなるぞ」 主将「わり」 オカン「つい」 謝りながらも顔はまだ笑いの余韻引きずってるww 704:名無しの猫神様 ひどい先輩もいたもんだwwwww 705:名無しの猫神様 それで結局どういう事態なんだよwwww 706:名無しの猫神様 一年生たちはどういう状況下で人体模型と骨格標本と知り合ったの? 707:名無しの猫神様 知り合ったのwwwwww 708:名無しの猫神様 そこツッコむなよwwwww 709:名無しの猫神様 確かに常識と照らし合わせたらおかしな質問だけどwwwww 710:大型犬 部活終わって、先輩たちとも別れた後三人で帰ってたときだったかな。 巨神兵が明日提出しなかったら居残りさせるって言われてた課題のプリント忘れたって思い出して、学校に戻ったのが間違いだったっていうのか。 711:小型犬 間違いだったね。 早起きして学校向かってやった方が結果的に良かった顛末だったもん。 というところで。 大型犬「何か聞こえない?」 巨神兵「………ゴメン。 目合わせちゃった」 僕「………何がいるの」 大型犬「やばいよコレ何かすっごい呪詛が聞こえるすっごいぶつぶつ呪ってるっぽいって」 巨神兵「ちみどろすぷらった……うしろのどあから、いこう」 無事廊下に出たはずが僕と大型犬にも見える血みどろスプラッタな髪の毛うにょうにょな女性。 死ぬ気で鬼ごっこスタート 715:名無しの猫神様 716:名無しの猫神様 717:名無しの猫神様 ……ど、どんまい 718:名無しの猫神様 な、なにはともあれ、無事で良かったな! 719:名無しの猫神様 えっと、その鬼ごっこから、人体模型と骨格標本が助けてくれた的な? 720:巨神兵 そう。 人体模型と骨格標本にトキメキを覚える日が来るとは思わなかった。 721:名無しの猫神様 wwwwwwwwwwwww 722:名無しの猫神様 それはwww思わないなwwwwww 723:名無しの猫神様 無事に終わった話だから安心して聞けるのがいいわー 724:名無しの猫神様 それな 725:名無しの猫神様 具体的にどういう状況で助けてくれたんだ?wwwwwwww 726:小型犬 まず一番体力のない僕が遅れ始めて、二人が気を使ってくれて、一旦休もうってなりました。 それがちょうど理科室の前で、教室入ろうとドア開けたら人体模型とこんにちはしました。 727:名無しの猫神様 728:名無しの猫神様 729:名無しの猫神様 開けてすぐ? 730:大型犬 開けてすぐ。 思わず固まったら人体模型さん綺麗にお辞儀して、俺らも釣られてお辞儀して、人体模型さんは俺らの後ろを指差した。 731:巨神兵 血みどろスプラッタな上に触手みたいに髪の毛こっち伸ばしてくる女が迫ってきてて、俺らきゃー!って言いながら即ダッシュ。 する横を何故か人体模型が並走してくれた。 732:名無しの猫神様 ほのぼのと恐怖が同時にやってきてるんだけど。 733:名無しの猫神様 お辞儀の辺り可愛いよな。 釣られてお辞儀し返しちゃってるし並走してるしwww 734:名無しの猫神様 でも背後から恐らく相当な恐怖映像だろ? 735:小型犬 はい!めっちゃ恐怖映像です!背後の廊下は女性から伸びた髪の毛で埋め尽くされてましたから!! 736:名無しの猫神様 うおえ 737:名無しの猫神様 あ、ごめん。 想像以上の事態だった。 738:巨神兵 そんな状況下で小型犬が遅れだしちゃって、やばい!って思ってたら人体模型が小型犬抱え上げた。 739:名無しの猫神様 ……へ? 740:大型犬 俺らがそれに驚いてたら、今度は廊下の先で骨格標本が「げっつ!」みたいなポーズで待ち構えてた。 741:名無しの猫神様 は? 742:小型犬 勘だったんですけど、悪意とか感じなかったし、骨格標本さん俺に付いてこいみたいに親指くいってして僕たち先導しだしたんで、それに付いてくことにしたら大正解でした! 743:大型犬 気付いたらいつもの学校の昇降口付近にいたんだよな!ぜえぜえ息切らして顔見合せてる俺ら以外何もなくって、とにかく助かった!ってことだけは理解した! 744:巨神兵 何がどうなって助かったのかは俺らも分かんない!だから説明はできないんだけど、俺らは助かったって理解したところで大声で「人体模型と骨格標本のふたっ、二人?二人でいいの?」「いいんじゃないかな?」「いいと思う」「じゃあその二人!助けてくれてありがとう!!」「お礼は今度!」「機会があったら!」「「「じゃ!!」」」って言って、最後の体力振り絞って主将の家まで猛ダッシュした。 745:名無しの猫神様 いろいろ端折ってるし突っ込みどころあるけど、本人たちも分からないっつってるし、これだけ言っておこう。 無事で良かったな!! 746:名無しの猫神様 終わった話だけど無事で良かったよ!けど最後の主将の家に猛ダッシュはどういうことかな? 747:巨神兵 助かったのは確かなんだけどぞわぞわ感残ってたから!主将に厄払いしてもらおうと思って! 748:小型犬 そしたらその日、勉強会する予定で副主将とオカンも主将の家にいたんです!プリンさんは主将の家のお隣なので、プリンさんも! 749:大型犬 全員にお祓いしてもらった的な状況になって、暫く変な声聞くこともなくなって結果オーライ! 750:名無しの猫神様 ……お前ら端折りすぎだ。 751:名無しの猫神様 確かにいろいろはしょってる部分多そうだな 752:小型犬 そうは言われても、体力の限界まで鬼ごっこ。 をしてただけなので、語ることと言ったら四階の廊下を全力疾走し階段を駆け下り一階の廊下を全力疾走し階段を駆け上がり三階の廊下を全力疾走し……みたいなことしかないんです。 753:名無しの猫神様 はしょる以外ないなそれは。 754:名無しの猫神様 うむ。 学校中を駆け回った以外言うことないな。 755:副主将 まあ後日談的補足をするなら、数日後に理科室忍び込んで、主将手作りのお団子を人体模型と骨格標本にお供えしたくらいかな 756:オカン つ【人体模型と骨格標本に合掌している銀髪、ツンツン頭、二人と比べてしまうとえらく小柄。 の三人の写真】 757:名無しの猫神様 wwwwwwwwwwwwwwwww 758:名無しの猫神様 そんな光景初めて見たwwwwwwwww 759:名無しの猫神様 仏像じゃないんだからwwwwww 760:名無しの猫神様 何だろうww一気にいろいろどうでもよくなったwwwwwww 761:虎 そんなこんなで人体模型と骨格標本のテリトリー理科室に到着したぜ! 762:名無しの猫神様 お。 話してる間に移動したのか。 763:名無しの猫神様 やべ。 すっかり状況忘れてた。 お前ら異世界から脱出する最中だったな。 764:虎 そうだぜー。 安価も何もなく流れのまま理科室来たけどな。 場所移動してるだけで状況的には何にも進展ないけどな。 765:名無しの猫神様 そんでもお前らのことだからどうせ緊張感なんぞ皆無なんだろ? 766:プリン つ【正座で向かい合い湯呑を持って和むマロ眉と骨格標本】 767:虎 気付いたら招き猫が骨格標本と仲良くなってる。 768:プリン つ【外れてしまったらしき心臓持った副主将と照れた仕草の人体模型】 769:オカン 立った?これフラグ立った場面? 770:名無しの猫神様 招き猫はともかく副主将wwww 771:名無しの猫神様 いや招き猫も相当だろww何でそこそこ人数いるのに招き猫だけ骨格標本とお茶してんだよwwww 772:虎 主将「なあなあ。 こういうときの定番って塩だっけ?理科で塩作んなかったっけ?」 オカン「あー。 んー?塩って作れるっけ?抽出?とかじゃなかったか?てかここで実験やるよりか家庭科室漁ってみた方が効率いいんじゃねえか?別に塩なくっても何とかなるだろうし」 主将「それもそうかー。 じゃあ家庭科室行こうぜ」 次の移動場所決まったぜ。 773:名無しの猫神様 ………。 お前らはつくづく場当たり的ね 774:名無しの猫神様 つーかフリーダムというか 775:虎 主将「よーし。 そんじゃお前ら家庭科室に移動、の、前に。 記念撮影?暗室併設されてるからそこで現像する?……えー、お前らせいれーつ。 集合写真撮るぞー」 ということで記念撮影してから移動になった。 ちなみに現像したのは俺らの机に入れておいてくれるらしい。 取り出すとき周りに見られないように注意しないとだな。 776:名無しの猫神様 人体模型と骨格標本と記念撮影して? 777:名無しの猫神様 さらに人体模型と骨格標本が暗室で現像してくれるの? 778:プリン おれの携帯でも撮った。 つ【一部人外もピースで混ざっているが全員楽しそうな集合写真】 779:名無しの猫神様 よ、よかったねー! 780:名無しの猫神様 楽しそうで何よりだわー! 781:名無しの猫神様 お茶で濁す以外コメントしようがねえわなー! 782:大型犬 っしゃぁあああああああああああ!!!!!!!!!! 783:名無しの猫神様 おあ?!何だ?! 784:名無しの猫神様 大型犬?!急にどうした!? 785:巨神兵 ざまあ!!!!!!!!! 786:名無しの猫神様 ざまあ?!巨神兵もどうした?! 787:名無しの猫神様 何だ何が起きてる!? 788:虎 wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 789:名無しの猫神様 おい。 だから何が起きてるんだよ!! 790:名無しの猫神様 心配するような事態は何一つ起きてないのは分かった。 それ以外を説明しろ!! 791:名無しの猫神様 虎が草しか生やしてねえ。 他のやつ説明しに来てくれよ!! 792:小型犬 立ってたらしいフラグが回収されて見事なオチまで付きました!!! 793:名無しの猫神様 フラグ?!副主将と人体模型の目くるめく恋模様!? 794:副主将 違います。 795:名無しの猫神様 人体模け……おっふ、即レスが… 796:名無しの猫神様 小型犬、相変わらず説明してくれてるようでしてくれてない。 何かが起きたのは把握できてるから、もっと具体的に頼むよぉ 797:プリン 1、家庭科室に向かう廊下にて。 人体模型と骨格標本に助けられた話に出てきた髪の毛うにょうにょ女が前方から現れた。 798:名無しの猫神様 マジでか! 799:名無しの猫神様 おお!それでそれで? 800:プリン 2、女が迫る。 オカン立ち向かう。 と見せかけて女の横をすり抜けて逃げ、るのではなく背後から強烈なドロップキックを女の背中に叩き込む。 801:名無しの猫神様 wwww待ってwwwいろいろ待ってwwwwwwww 802:招き猫 つ【フォームを始め何から何まで華麗に決まったドロップキック】 803:名無しの猫神様 wwwwwwwwwwwwwwwwwww 804:名無しの猫神様 wwwwwwwwwwwwwwww 805:名無しの猫神様 決定的瞬間wwwwwwwwwww 806:名無しの猫神様 なにこれすごいwwwwwwww 807:プリン 3、強烈なドロップキックで女が俺たち目がけて吹っ飛んでくる。 808:名無しの猫神様 え?! 809:名無しの猫神様 オカン?! 810:名無しの猫神様 ちょ、それダメじゃない?! 811:プリン 大丈夫。 おれたちの先頭歩いてたの主将だったから。 4、目を真ん丸にする主将。 腕をクロスさせて衝撃に備える主将。 あわや直撃という瞬間、明後日の方向にさらに吹っ飛ぶ女。 窓ガラスを突き破り、憐れ女はお星さま。 812:招き猫 つ【髪の毛で顔どころか全身隠れそうな女がガラスを突き破る瞬間の写真】 つ【穴の開いた窓ガラスと女が吹っ飛んで行った方を唖然と見る主将】 813:名無しの猫神様 どっからツッコんだらいいのか分からないから俺笑っとくわ。 ファーwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 814:名無しの猫神様 wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 815:名無しの猫神様 すwwごwwいwwwwww 816:名無しの猫神様 もしかして、人間御守りってこういうこと?wwwwwwwwwwwwww 817:名無しの猫神様 俺、俺プリンの言い方がwwwwwwww憐れ女はお星さま。 ファーwwwwwwwwwwwwwwwww 818:名無しの猫神様 一年生たちがあんな必死で逃げた相手がwwwwwwwww 819:名無しの猫神様 そうだよwww一年生たちは命の危機だったのに、何この違いwww 820:名無しの猫神様 雑魚過ぎるwwwwwwww 821:招き猫 つ【サムズアップし合う副主将とオカン】【一糸乱れぬガッツポーズの一年生】【膝から崩れ落ちてバイブレーションするモヒカン】 822:名無しの猫神様 崩れ落ちてお腹押さえてるのが虎だな?そうだな?ツボったんだな? 823:名無しの猫神様 一年生の力の限りというか心の底からというガッツポーズが凄い心境伝わってくる 824:名無しの猫神様 ていうかサムズアップし合う副主将とオカンは確実に慣れてらっしゃるwwwwwwwwww 825:名無しの猫神様 さらに言うならこの状況で唖然としたの主将だけってwwwwwwwwww 826:招き猫 つ【いいのあれ?的に指差す主将にグッジョブするプリン】 827:名無しの猫神様 wwwwwwwwwwwwwwwwwww 828:名無しの猫神様 何で主将だけ普通の反応なんだよwwwwwwwwww 829:プリン 主将零感だから。 幽霊とか妖怪とか見たことほとんどないんだよ。 例えるなら、本当の本当に気付かなかった轢き逃げ。 みたいな。 830:名無しの猫神様 轢き逃げwwwwwwwwwww 831:副主将 さっきのは主将の人間御守りを可視化するとああなるみたいな例です。 846:名無しの猫神様 何のために家庭科室行ったのかwwwwww 847:名無しの猫神様 ていうか今更な質問かもだけど、お前らさ、どうやって元の世界に戻るつもりなんだ?適当に学校探検してるだけでどうにかなるのか? 848:名無しの猫神様 ここにきてまともな質問が! 849:名無しの猫神様 ごもっともなご指摘! 850:虎 虎「主将ー、探検してるだけでどうにかなるのかって質問が」 主将「何とかなると思ってたんだけど、え。 なんないの?」 オカン「え?副主将?」 副主将「大丈夫だと思うよ」 主将&オカン「じゃあ大丈夫だな!よし。 このまま探検続行!」 一同「おー!」 ということだ。 どこかで脱出口みたいなのに遭遇すればめっけものだし」 主将「それいいかもな。 自由気ままに動き回るから。 861:名無しの猫神様 あー。 猫かー。 猫ねー。 犬ほどいうこと聞いてはくれないよねー。 862:虎 さて。 あれに見えるは善か悪か。 863:名無しの猫神様 は? 864:虎 つ【仁王立ちする妙に雄々しい二宮金次郎】 865:名無しの猫神様 …………ぜ、善、かな 866:名無しの猫神様 いや…仁王立ちしてるし、悪の可能性も… 867:名無しの猫神様 ていうか何でその二宮金次郎妙に雄々しいの? 868:虎 分かんねえ。 ところでその妙に雄々しい二宮金次郎が手招きしてるんだが… 869:名無しの猫神様 行け!! 870:名無しの猫神様 ここは行っとくべきだろ! 871:名無しの猫神様 いやお前ら無責任だろそれ!念のため慎重に行った方が! 872:プリン つ【妙に雄々しい二宮金次郎と握手する主将】 873:名無しの猫神様 俺らに聞いた意味は!!! 874:名無しの猫神様 既に行ってた!! 875:虎 校内の見取り図ゲットだぜ! 876:名無しの猫神様 はあ?! 877:名無しの猫神様 何がどうなってそうなった!? 878:名無しの猫神様 二宮金次郎は何なんだよ!? 879:副主将 二宮金次郎さん曰く、警備員みたいなものだとのこと。 ときどき俺たちのように迷い込んだり、はたまた悪い霊やなんかに引きずり込まれる人がいるそうで、そういった人たちを保護するために校内を見回っているそうです。 880:虎 副主将すげえぞ。 喋れないらしい二宮金次郎といとも簡単に意思疎通図ったかと思ったら校内の見取り図ゲットした。 881:名無しの猫神様 え?! 882:名無しの猫神様 ちょっと副主将?! 883:名無しの猫神様 もうちょっと詳しく! 884:虎 分かった。 まず主将が何か大丈夫な気がするー。 と言って手招きする二宮金次郎にとことこ近付いてって、にこやかに握手。 で、二宮金次郎どうやら喋れないらしい。 さてこれはジェスチャーで意思疎通図るしかないかな?と思ったところで副主将が前に出た。 副主将「こんにちは。 俺は副主将と言います。 あ、これはご丁寧にどうも。 二宮さん、とお呼びすればいいですか?はい。 ありがとうございます。 早速で難ですが、二宮さんはこちらで何を?俺たちを待っていたようにも見えましたが…」 いったん切るな。 俺たちは一瞬ポカンとした後見守り体勢に入った。 885:名無しの猫神様 ………え? 886:名無しの猫神様 えっと、二宮金次郎は一言も発してないんだよな? 887:オカン ここで副主将の霊的スペックおさらいの時間だぜ! 888:主将 副主将:善良な相手なら成仏させられる。 891:名無しの猫神様 え。 菩薩と悩んだの?そのコテハンすげくね? 892:オカン この前さ、副主将に最近の悩みって何かある?って聞いたらさ、「そうだね。 些細な気がかりはあるけど、でも生きていれば、大抵のことはどうにかなると思ってるよ」って返ってきた。 俺、「お、おうっ」としか返せなかった。 893:主将 文化祭で各種仮装することになったときに、試着段階で副主将には当然のようにお坊さんの格好してもらった。 似合いすぎてて本物にしか見えなかった。 そのときクラスメイトの心は一つになり、当日、副主将にはもっと俗世間に塗れた仮装をしてもらった。 894:名無しの猫神様 お、おお。 ありがとう」 微笑する副主将にニーと笑う主将とオカン。 くそっ、三年生。 三 年 生 !!! 897:名無しの猫神様 大丈夫だ虎。 いろいろ伝わった。 898:名無しの猫神様 ああ。 三年生!!!と叫ぶ気持ちよく分かった。 899:名無しの猫神様 この言葉少なでも通じ合ってる感な!たまんねえな…!! 900:小型犬 つ【三人輪になって笑いあう三年生とそれを見て何かを堪える二年生】 901:名無しの猫神様 wwwwwwwwwwwwwwwwwww 902:名無しの猫神様 おいwwwwwwwwwwwwww 903:大型犬 つ【目頭を押さえている妙に雄々しい二宮金次郎】 904:名無しの猫神様 ファーwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 905:名無しの猫神様 待ってwww二宮金次郎待ってwwwwwww 906:名無しの猫神様 二年生の反応は分かるけど、二宮金次郎は何でだよwwwww涙腺刺激されるレベルじゃなかっただろwwwwww 907:巨神兵 このやりとり挟んだおかげで二宮金次郎が途中まで一緒に行動してくれるって!! 908:名無しの猫神様 え?! 909:名無しの猫神様 だから何でだよ! 910:名無しの猫神様 お前ら何でもかんでも唐突なんだよ! 911:名無しの猫神様 笑っては驚き、驚いては笑い、この繰り返しで叫んでばっかだな。 912:名無しの猫神様 ていうかよく考えたら話途中だよな。 まだ副主将と二宮金次郎のやり取りの話全部話終わってないよな? 913:名無しの猫神様 あ。 914:名無しの猫神様 そういえばそうだった。 915:虎 わり!続き行くな! オカン「副主将。 二宮金次郎何て?」 副主将「警備員みたいなものだって」 虎「は?どういう意味っすか?」 副主将「時折、ここに迷い込んだり、引きずり込まれたりする人がいるみたいでな。 そういう人を保護しようと、校内を見回りして回ってるそうだ」 小型犬「じゃあこの人はいい妖怪さんなんですね!」 副主将「ああ。 でも哀しいかな。 外見から逃げられることが大半だそうだ。 目と目が合うどころか、視界を掠った瞬間回れ右されるらしい」 こっちの話のが目頭押さえるよな。 916:名無しの猫神様 おう。 妙に雄々しいとかツッコミどころあるけど、いい妖怪みたいなのにな。 917:名無しの猫神様 保護しようとしてくれてるとかめっちゃいい奴じゃん。 918:虎 主将「んじゃ何か?俺らが迷い込んだのを察して、こいつはここで待っててくれたってこと?」 副主将「そうみたいだね。 最近は迷い込んだ人を発見したら、追いかけるんじゃなくて待ち伏せスタイルで待つことにしてるそうだよ。 逃げられたらそのときはそのときだ。 仕方ないって」 オカン「なるほどな。 でも何で仁王立ち?怖がってるやつは仁王立ちしてる妙に雄々しい二宮金次郎何て見たら逃げ出すと思うけ、ど……、あ、何かゴメン」 二宮金次郎落ち込んだ。 仁王立ちが見る人に与えるイメージを考えてなかったみてえ。 919:名無しの猫神様 wwwwwwwwwwwwwwwww 920:名無しの猫神様 妙に雄々しいのに、妙にかわいいな、この二宮金次郎wwww 921:名無しの猫神様 善良なオーラが醸し出されてるよなwwwwwwwww 922:プリン つ【まあ元気出せ。 と主将に肩ポンされる二宮金次郎】 923:名無しの猫神様 二宮金次郎が一気に親しみわく存在にwwwwwwww 924:虎 この後、肩に手を置かれたまんま、二宮金次郎は主将をジ、と見た。 ジッと見られた主将は、アドバイスはあっちに頼む。 と副主将にパス。 パスを受けた副主将が一つ二つこうしたらいいんじゃないか?と提案したあと、二宮金次郎は提案を吟味するように考え込んだ。 それから考え終わったのか顔を上げると、ありがとう、というように礼儀正しくお辞儀して、ス、と綺麗に折り畳まれた紙をくれた。 何だ何だと覗きに行ったら校内の見取り図だったってわけだ。 925:虎 うし。 こんなもんか? 926:名無しの猫神様 おう。 サンキュー 927:名無しの猫神様 これでやっと追いついたな。 928:名無しの猫神様 今はもう移動中だったりするのか? 929:名無しの猫神様 そういや今更過ぎる話だけど、合宿してる学校ってお前らの学校じゃないんだよな? 930:虎 まだ二宮金次郎と出会った廊下に留まってるぜ。 それから合宿してる学校は俺らの学校じゃない。 ついでに言うと、この俺らが飛ばされた異世界の学校は、今俺らが合宿してる学校でもないから、どこにどんな教室があるんだかさっぱりだったんだよ。 931:名無しの猫神様 なるほどな。 じゃあ校内の見取り図手に入れたアドバンテージはかなりでかいんじゃないか? 932:虎 おう。 トレースしようって話だったんだけど、校内の見取り図手に入れたから、当初の予定通りトレースするか、それとも見取り図片手に元の世界に戻れる可能性の高い場所割り出して、そこに向かおうかって主に三年生とプリンで相談中。 933:大型犬 つ【妙に雄々しい二宮金次郎に襟首を掴まれている巨神兵】 つ【相談の輪の中に入ってる虎に服の裾を掴まれてる招き猫】 934:名無しの猫神様 待ってwwwwwww 935:名無しの猫神様 二人はどういう状況?wwwwwwww 936:小型犬 巨神兵はオカンに「はしゃぐな!二宮像は嫌じゃなかったら巨神兵捕まえといてくれ」って言われた結果で、あの状態で僕らとお喋り中です。 937:プリン 招き猫は、なんていうか、「あ、ちょうちょ」みたいなノリでふらりとどっか行っちゃうタイプで、その癖が出そうになったから虎が捕まえてる。 938:名無しの猫神様 wwwwwwwwwwwwwwwwwww 939:名無しの猫神様 wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww 940:名無しの猫神様 かわいいなwwwwwwwww 941:名無しの猫神様 ホント緊張感ねえよなwwwwww 942:名無しの猫神様 ていうか手のかからないタイプかと思った招き猫が意外とwwwwwwwww 943:名無しの猫神様 なあ 944:名無しの猫神様 それなwwwwwwwwww 945:名無しの猫神様 ん?943どうした? 946:名無しの猫神様 急に何だ? 947:名無しの猫神様 誰か指摘するかなって思って黙ってたんだけど、一ついい? 948:名無しの猫神様 何だ? 949:虎 何かあったか? 950:名無しの猫神様 遠慮とかいらねえから、言ってみろよ。 951:名無しの猫神様 じゃあ言うけどさ、もう、スレ終わるんだけど。 952:名無しの猫神様 953:名無しの猫神様 954:プリン 955:虎 956:名無しの猫神様 957:名無しの猫神様 958:巨神兵 959:小型犬 960:名無しの猫神様 あああああ。 まったく気にしてなかった!!! 963:名無しの猫神様 完全に失念してたよそんなもん!! 964:名無しの猫神様 え。 普通に考えて。 974:名無しの猫神様 だから無駄に使うなっての!!どうする。 次スレ立てとくか? 975:虎 虎「主将ー。 まさかのスレが足りません」 主将「あー。 だろうなぁ。 俺は別に次スレ立てても立てなくてもどっちでもいいけど」 プリン「俺もどうでもいい」 オカン「最終的に元の世界に戻るのは確定事項だからな」 副主将「スレ民も顛末が気になるだけで、特段俺たちの心配はしてないだろうしねえ」 巨神兵「あ!なあなあ大型犬小型犬!」 大型犬「あっ。 そっか!」 小型犬「えっ?なに?」 大型犬「ほら!こういうときこそ!」 巨神兵「安価!」 小型犬「ああ!」 招き猫は賛成。 というかのように挙手してた。 くっそ!!!!wwwwwwwwwwwww 980:名無しの猫神様 こんなくっそ下らないところで初安価とかバカだよ!!wwwwwwwww 981:名無しの猫神様 次スレは当然立てる。 995:名無しの猫神様 ふー。 一安心だぜ 996:名無しの猫神様 ホンットこいつらフリーダムwwwwwwwww 997:名無しの猫神様 じゃ、一応いつものやっとくか? 998:名無しの猫神様 そだな。 1000なら主将たち無事脱出!! 999:名無しの猫神様 1000なら主将たち全員異世界脱出!! 1000:名無しの猫神様 1000なら主将たちが全員無事に異世界脱出して合宿続行できる!!! 1001:名無しの猫神様 このスレは1000を越えました。 新しいスレを立ててください。

次の