帯状疱疹 原因。 「帯状疱疹」で注意したいこと

【医師監修】50歳以上の方は要注意!「帯状疱疹」ってどんな病気?

帯状疱疹 原因

概要 帯状疱疹とは? 帯状疱疹(たいじょうほうしん)は水ぼうそうと同じ原因ウイルスにより発症し、症状も似ています。 違う点は、帯状疱疹には「強い痛み」が伴うことです。 水ぼうそうはほぼ1週間で症状がおさまるのに対して、帯状疱疹は約3週間から1ヶ月程度長引きます。 水ぼうそうは一度かかると生涯に渡ってウイルスに対する免疫がつくため、再発する可能性は低くなります。 しかし、ウイルス自体は体(神経)の中に残っており、免疫力が低下したときに帯状疱疹として再発する人もいます。 水痘・帯状疱疹ウイルスは「ヘルペスウイルス科」に属しています。 そのあとに紅斑(こうはん)と呼ばれる少し盛り上がったような赤い湿疹があらわれます。 紅斑は体の左右どちらか片側の神経に沿って、痛みを感じた場所にあらわれます。 その上に透明な水ぶくれができ、帯状に広がっていきます。 水ぶくれの中には膿がたまっており、時間が経つにつれてだんだんと黄色の水ぶくれへと変化します。 その後、数週間ほどでかさぶたとなり、かさぶたが取れれば治ります。 特に胸から背中、腹部に発疹が出ることが多くあります。 ほかには、顔や手足にも発疹が出る場合があります。 帯状疱疹の症状が出るのは体の左右どちらか片側の場合が多く、一度に2か所以上の場所にあらわれることはほとんどありません。 初期の段階ではかゆみだけで痛みが出ない場合もありますが、症状が進んでいくにつれて痛みも強くなっていきます。 かさぶたが取れて皮膚がきれいになるまでは感染のリスクがあります。 帯状疱疹の重症度 帯状疱疹には後遺症や合併症のリスクもあり、安易に放置してしまうと体や顔のさまざまな機能に影響を及ぼしていきます。 そのため、皮膚の痛みや発疹などの異常を感じた段階で放置せず早めに病院を受診して治療をはじめ、重症化を防ぐことが重要です。 帯状疱疹の特徴的な痛み 症状の初期段階ではチクチクとした痛みからはじまり、しだいに衣服と触れるだけでも痛みを感じるようになることがあります。 我慢できるような比較的軽い痛みで済むケースもあるものの、皮膚と神経の両方でウイルスが増えて炎症を引きおこしているため、発症から数日後には夜も眠れないような強い痛みに悩まされる場合も少なくありません。 水ぼうそうとの違い 帯状疱疹と水ぼうそうは同じウイルスによっておこる病気です。 初めてウイルスに感染した場合を水ぼうそうと呼び、年齢を重ねて再発した場合を帯状疱疹と呼びます。 体の左右どちらかに症状が集中して水ぶくれや痛みが出る帯状疱疹に対して、全身に水ぶくれができてかゆみを伴うのが水ぼうそうです。 そして、日頃の疲労や睡眠不足などで免疫力が低下してしまうと、ウイルスが活性化し帯状疱疹として発症することがあります。 帯状疱疹は小さい頃に水ぼうそうにかかったことがあるかどうかが、重要な判断基準になります。 また、一度も水ぼうそうになったことがなくとも、まれに帯状疱疹になることがあります。 親が子どもの頃に水ぼうそうに感染したことがある場合、妊娠中にウイルス自体が胎児に移行している可能性があるためです。 免疫力が低下時は要注意 普段は細胞がウイルスの活性化を抑えていますが、免疫力の低下によって帯状疱疹の原因となるウイルスは神経節から出て活動を再開し、皮膚に帯状の水ぶくれをつくっていきます。 精神的にも肉体的にも疲れていて、免疫力が低下しているときは注意が必要です。 加齢によって高まる発症リスク 帯状疱疹は、加齢によって発症することがあります。 小さい頃に水ぼうそうに1度かかれば終わりという場合が大半ですが、水ぼうそうが治ったあとも、潜伏感染といい、ウイルスは体内の神経節に潜んでいます。 ストレスや疲労、加齢が引き金となりウイルスが再び活動をおこし帯状疱疹として発症します。 検査内容と主な診療科目 帯状疱疹は痛みや発疹など、初期段階で病院に通うことが重要です。 早いうちから治療を進めることで重症化や後遺症・合併症のリスクを軽減させ、治療期間を短くすることにもつながります。 初期の痛みだけがある段階では診断が難しいですが、片側だけに帯状の発疹や痛みがあらわれることが診断への手がかりになります。 診療科目 水ぶくれや痛みなどが皮膚の症状が主なため、内科ではなく皮膚科を受診します。 症状がはっきりせず帯状疱疹なのか疑問がある場合は、内科でも診てもらえます。 検査 検査の大半は問診と視診で済む場合が多く、状況に応じて水疱(すいほう)を採取し、顕微鏡でウイルスを詳しく調べることもあります。 皮膚科で診てもらうときは、以下の2点を説明します。 過去に水ぼうそうになったことがあるか 水疱自体にかゆみや痛みがあるか この2つを話すことで医師も診断しやすく、治療をスムーズに進めることができます。 また、症状が顔や頭部にある場合は合併症を伴う危険もあるので、眼科や耳鼻科もあわせて受診することが推奨されます。 治療方法と治療期間 帯状疱疹の原因となるウイルスに対して有効な抗ウイルス薬を使用します。 抗ウイルス薬は皮膚の表面に発疹があらわれてから3日以内、遅くとも5日以内に投与することでウイルスの増殖を抑えられます。 早い段階から抗ウイルス薬を使うことで症状の悪化を防ぎ、皮膚や神経が受けるダメージを少なくすることが可能です。 治療期間の短縮にもつながります。 主な薬は塩酸バラシクロビル、アシクロビル、ファムシクロビルの3点が使われます。 重症化した場合は入院する必要もあります。 アシクロビル、ビダラビンを点滴投与します。 また、2017年7月に、帯状疱疹の治療に有効な薬「アメナメビル」が新たに承認されました。 アメナメビルの特徴は、 ・1日1回の服用で効く ・腎臓機能への影響を考慮して薬の量を調節しなくても良い ・高齢者でも服用しやすい小さい錠剤 ・従来の薬とは異なる作用メカニズムを持っている という点ですが、リスクもないわけではありません。 副作用には下痢や胃炎、嘔気などが報告されています。 服薬により体調が悪化した場合は医師に相談します。 抗生物質であるリファンピシンとの併用は禁忌です。 同時に服用すると、両方の薬の効果が薄まるためです。 痛みに対して処方される薬 帯状疱疹の痛みに対しては、消炎鎮痛薬を使用します。 痛みを我慢すると、普通は痛みとして感じない程度の刺激にも敏感になり、治りにくい痛みへと変化してしまいます。 病院では医師に痛みの度合いを細かく説明し、症状に応じた消炎鎮痛薬を処方してもらう必要があります。 また、患部が冷えていると痛みが強くなってしまうので、できるだけ温めるよう心がけることが大切です。 帯状疱疹後神経痛になった場合 麻酔科にペインクリニックを併設している病院で、神経ブロック療法を受けるのがよいといわれています。 神経ブロック療法は、痛みの原因となっている神経自体を局所麻酔薬で遮断し、痛みや刺激を鎮める治療法です。 帯状疱疹後神経痛は、帯状疱疹の皮膚症状が消えたにも関わらず、3ヶ月以上も継続的に神経痛に悩まされることを指します。 痛みは絶え間なく続いたり、夜間や寒暖差で痛みが強くなったりすることがあります。 患部はなるべく触らず、冷やさない 患部を冷やさないよう温めることが重要です。 患部が冷えてしまうと血行が悪くなり、かえって痛みが悪化することがあるためです。 水ぶくれを潰さないように気をつける必要もあります。 水ぶくれが破けてしまうと、別の細菌による感染がおこりやすくなります。 破けたところが化膿したり跡が残ったりしてしまうため、できるだけ患部に触らずに過ごします。 帯状疱疹ワクチン 帯状疱疹ワクチンは、弱毒化した水ぼうそうウイルスを体内に注入し、抗体を作ることで発症率を下げつつ重症化を予防します。 帯状疱疹ワクチンを接種することが現在では有効な予防法だと考えられています。 2014年10月から、乳幼児を対象に水痘ワクチンの定期接種が受けられるようになっています。 定期接種とは国が予防接種を受けるよう推奨しているワクチンで、基本的には無料で受けられます。 自治体によっては有料のところもあるため、お住まいの自治体HPなどで事前に確認してください。 また、2016年3月には、「水痘ワクチンの効能効果に、50歳以上の者に対する帯状疱疹予防」が追加され、50歳以上の人が新しく予防ワクチンの接種対象になりました。 対象外の人が帯状疱疹の予防接種を受ける場合は、全額自費となります。 しかし、帯状疱疹ワクチンを接種しても発症する可能性はゼロではありません。 日頃から規則正しい生活を心がけて免疫力を下げないことも重要です。 また、妊娠している場合は胎児に影響を及ぼす可能性があるため、妊娠中の予防接種は避けます。 予防接種の回数 帯状疱疹ワクチンの接種は1回でも効果があるものの、より強固な免疫を得るためにワクチンの2回接種法が望ましいです。 帯状疱疹ワクチンは接種後3~11年ほどで効果が低下していくといわれています。 そのため、効果が低下してきたタイミングで再度ワクチン接種を検討する必要があります。 また、帯状疱疹ワクチンの予防接種は自費負担となるため、病院によって金額が異なります。 治療の展望と予後 帯状疱疹はそれとわかった段階から注意が必要です。 帯状疱疹から帯状疱疹としてうつることはありませんが、水ぼうそうになったことがない子どもや免疫力が低い乳児、妊婦がいる場合は、患部に触れたり、一緒のお風呂(湯船)に入ってしまうと、水ぼうそうとして感染、発症する可能性があります。 発疹の部分がかさぶたになるまでは接触を控え、患部をガーゼなどで覆い、直接触れられないよう配慮します。 自分専用のタオルを用意し、細菌がうつらないよう常に気を配る必要もあります。 水ぼうそうにかかったことがある場合は抗体を持っているのでうつることはほぼありません。 帯状疱疹後神経痛 皮膚症状が回復しても3ヶ月以上に渡って持続的に痛みだけが残る場合があります。 これを「帯状疱疹後神経痛」といいます。 痛みの種類は異なるものの、「焼けるような・締めつけるような」と例えられるような強い痛みに悩まされることが特徴です。 年齢が若ければウイルスによって神経が破壊されてしまっても回復が進みますが、50~60代以上では神経の回復が難しく、帯状疱疹後神経痛が残りやすいといわれています。 さらに、帯状疱疹の症状が顔や目、耳の場合、合併症を引きおこす可能性もあるので、耳鼻科や眼科を受診する必要も出てきます。 合併症 帯状疱疹があらわれる箇所によって、合併症のリスクが高まります。 神経が集まった部分にウイルスが潜んでいるため、顔や頭部に出てしまうと脳梗塞や髄膜炎などの脳への影響や、結膜炎や角膜炎などの目の合併症を併発する場合もあります。 高齢者や免疫不全の方は症状が重篤化する危険性があるので、異変を感じた段階で病院に通い、早期の治療が必要になります。

次の

帯状疱疹(たいじょうほうしん)とは ~ 原因・症状・治療について

帯状疱疹 原因

帯状疱疹の原因 帯状疱疹(ヘルペス)と水疱瘡は同じ水疱瘡ウイルスが原因で、初めて水疱瘡にかかった時に、水疱瘡ウイルスが神経に入り込み潜伏します。 潜伏しているだけなら特に症状は出ませんが、ウイルスが活性化することで発症します。 1度目の発症が水疱瘡、2度目の発症が帯状疱疹ということになります。 ウイルスが活性化する要因には次のようなものがあります。 ・加齢 ・疲労 ・ストレス ・悪性腫瘍 ・感染症 ・放射線 ・紫外線 ・免疫低下など 帯状疱疹の症状 活性化した水疱瘡ウイルスは増殖を始め、神経を伝わって皮膚に到達します。 個人差はありますが、チクチク・ピリピリした痛みを感じ、赤い斑点や水ぶくれができます。 水ぶくれが破れたり、かさぶたになるまでの間、痛みが軽い人もいれば眠れないほど激しい痛みを感じる人もいます。 一般的に体の左右どちらか片方の神経に沿って帯状にみられることが特徴で、ほとんどの場合は上半身に発症することが多いようです。 合併症や後遺症が起こる可能性もあります。 ・合併症 発熱や頭痛を伴うことがありますが、顔面の帯状疱疹では角膜炎や結膜炎、その他の合併症として耳鳴り、難聴、顔面神経麻痺などが生じることもあります。 ・後遺症 赤い斑点や水ぶくれがきれいに治ってもピリピリとした痛みが持続することがあり、これを帯状疱疹後神経痛といいます。 帯状疱疹はうつるの? 帯状疱疹の人と接して、帯状疱疹になることはありません。 しかし帯状疱疹と水疱瘡は同じ水疱瘡ウイルスが原因なので、水疱瘡にかかったことのない人が帯状疱疹の人と接して水疱瘡を発症する可能性はあります。 帯状疱疹におすすめの薬は何ですか? 基本的にウイルスの増殖を抑える抗ウイルス薬による治療を行います。 抗ウイルス薬の飲み薬は、早く飲み始めた方が治療の効果が期待できます。 効果があらわれるまで時間がかかることがありますが途中で飲むのをやめたり、たくさん飲んだりせず、医師や薬剤師の指示に従ってください。 抗ウイルス薬には次のようなものがあります。 ・内服薬 アシクロビル、バラシクロビル、ファムシクロビルなど ・注射薬 アシクロビル、ビタラビンなど 帯状疱疹の治療方法 帯状疱疹の治療では、主に全身の治療、皮膚の治療、痛みの治療を行います。 ・全身の治療 ウイルスの増殖を押させるために抗ウイルス薬の内服もしくは点滴を行います。 神経の再生に必要なビタミンB12の補充もします。 ・皮膚の治療 皮膚を清潔に保ち、水ぶくれにバイ菌が付かないようにします。 水ぶくれが破れて感染を伴う場合は、抗生物質の投与も必要になります。 ・痛みの治療 痛みに対して鎮痛薬、抗うつ薬や抗けいれん薬の内服や神経ブロック療法を行います。 カテゴリー•

次の

帯状疱疹(たいじょうほうしん)とは ~ 原因・症状・治療について

帯状疱疹 原因

帯状疱疹とはどんな病気?|症状・発症しやすい場所・原因 「帯状疱疹」という病名を耳にしたことはありますが、実際どういった病気なのか帯状疱疹の代表的な症状など基本的なことを教えていただけますか。 「ピリピリと刺すような痛みと、これに続いて赤い斑点と小さな水ぶくれが現れます。 それが数日で増えて、身体の左右どちらか一方の神経に沿って、帯状に広がるという特徴があります」(渡邊先生) ピリピリと刺すような痛み、赤い斑点や水ぶくれが着物の帯のように広がっていくのが特徴なのですね。 このような症状は、体のどういった場所に発症しやすいのですか? 「半数以上が上半身に発症します。 顔面、特に眼の周囲も発症しやすい部位です」(渡邊先生) そのような帯状疱疹を発症してしまう原因について、詳しく教えていただけますか? 「帯状疱疹の原因は、多くの人が子供の頃にかかる『水ぼうそうウイルス』です。 『えっ、子供の時にちゃんと治したよ』と思われるかもしれませんが、子供の時に体内に入ったウイルスは実は消滅していません。 体内に居座り、神経節(顔面の三叉神経、脊髄神経、坐骨神経など)に数十年間も潜伏するのです。 しかし、健康で免疫力が強い間はウイルスの活動は抑えられています。 ところが、加齢やストレス、過労、病気などによって『免疫力が低下』すると再び活動を始め『帯状疱疹』として発症します。 つまり、『水ぼうそう』にかかったことがあれば、誰でも『帯状疱疹』になる可能性があるのです」(渡邊先生) 「帯状疱疹はうつる」という噂を聞いたことがあります。 帯状疱疹のこういった面に関して、正しい知識を教えていただけますか。 「では、帯状疱疹がうつるのかといった側面から、正しく解説していきましょう。 「帯状疱疹の症状が出ているときは、『赤ちゃんにウイルスをうつす可能性があります』。 赤ちゃんが『水痘・帯状疱疹ウイルス』に感染すると『水ぼうそう』になってしまいます。 ・うつさないように予防策をとること ・1歳になったら『水ぼうそうの予防接種を2回打つ』こと などが予防には有効です。 特に、まだワクチンを打つことができない0歳の乳児には、帯状疱疹が出た人は『近づかない』ようにしてください。 また、授乳中の女性に帯状疱疹が出たら『授乳はストップ』して、早めに医療機関を受診しましょう。 その際、授乳しながらだと使えない薬があるので、必ず医師に相談してくださいね」(渡邊先生) 子供の頃の水ぼうそうのウイルスが何十年も生きていて復活するとはとても怖いですよね。 渡邊先生によると、帯状疱疹は早期発見することで、重症化を防ぐことができるそう。 いつもと違う発疹や水ぶくれに気がついたら、早めに医療機関に相談することが大切なようです。

次の