年賀状印刷 ランキング。 年賀状宛名印刷会社比較 | 年賀状印刷格安ランキング【2020年】

【2020年】年賀状印刷おすすめ比較ランキング。実際に頼んで値段やデザインを比較しました

年賀状印刷 ランキング

損しないために、期間限定の早割キャンペーンを上手に利用しましょうね! 【スマホで作成するなら】安い年賀状アプリ5選 簡単にスマホで作成できて安い年賀状アプリを5選ご紹介します。 【1位】しまうま年賀状 CMでもおなじみ 1枚30円~年賀状が印刷できる は、非常に安い年賀状アプリとして人気です。 なんと印刷料金は 1枚あたり30円~と激安で利用することができます。 格安ですが デザイン数も2000種類以上と、オリジナルのおしゃれなデザインがたくさんあります。 また通常価格ですら安いのに、早割キャンペーンまで行っています。 基本料金や宛名は無料で印刷することができますので、少量の枚数を頼みたい方におすすめできます。 頼む枚数が多くなれば割引率が高くなるキャンペーンも行っているので、少量注文でも大量注文でも安く利用できます。 「デザイン500種類以上」「スタンプは2000種類以上」を自由にカスタマイズすることができます。 基本料や宛名印刷が無料なので、安く抑えることも可能です。 また 自宅印刷も可能ですので、自宅にプリンターがある方は自宅でそのまま印刷できます。 デザインは「ディズニー」や「スヌーピー」といった人気のキャラクターなどは全350種類。 富士フィルムのプリントを使用しているため、高品質な仕上がりになります。 お試し印刷が何回でも利用できるので心配な方は仕上がりを試してみてはいかがでしょうか。 簡単に作成できる編集画面なので、はじめてアプリで作成されるかたでも簡単に作成することができます。 4000以上のスタンプなど、オリジナルのデザインがたくさんあります。 宛名印刷や基本料金、お試し注文が無料です。 【1位】おたより本舗 4 年連続ネット受注数No. 1 は、2015年から 4年連続でネット受注件数No. 1の年賀状印刷サービスです。 広い年代の方に人気で おしゃれなデザインや豪華なデザインまで1200種類とデザイン性にこだわった年賀状印刷でしょう。 また「直接仕上げ」「光沢仕上げ」「プレミアム写真仕上げ」と3種類の仕上げ方が選択できます。 早割キャンペーンを期間限定で開催中です。 デザインは約1,000種類(オリジナル約300種類、フレーム約200種類)とオリジナリティのある年賀状が楽しめます。 スマホアプリ専用なしでも気楽に作れて、なおかつデザイン性もあるという、安いだけではない年賀状印刷です。 早割で最大50%OFFの割引率は業界NO. 1と言えるでしょう。 定番の子年デザインから、クリエイターが作ったフェルト・木彫りデザイン 写真 などユニークなものまで揃います。 綺麗な印刷・丁寧な梱包にこだわるきめ細やかさが人気です。 早割キャンペーンを利用することで安い価格で年賀状印刷を頼むことができます。 安いにもかかわらず、かわいいものから豪華な見た目のものまで、さまざま見つかります。 宛名印刷は0円で非常にお得ですし、気軽に年賀状作成できる上、投函代行も行うのでまさに楽々印刷です。 早割で最大70%OFFになるキャンペーンも期間限定で実施しております。 人気クリエイターによるデザイン年賀状多数、貰った方も驚くような素敵な年賀状を作りたい方におすすめ。 カタログから選択し、直感的にサクサク編集を進められ、あとは注文するだけの簡単操作です。 スタンプも含めると2000種類以上と豊富なデザインが魅力。 スマホ・パソコンから切り抜きも簡単にできて、さらに年賀状に合うよう色補正もバッチリです。 銀塩プリントでは鮮やかな光沢タイプ、しっとりしたマットタイプが選べます。 通常デザインと写真フレーム、どちらもおしゃれなものばかりで、簡単に綺麗で安い年賀状を作成できます。 また、デザインデータはご自分でWord・Photoshopなどで作ったものを利用することも可能です。 やはりカメラ屋ということもあり、写真付き年賀状には品質の高いものばかり揃っています。 店舗を構えていることもあり、ネットのみの安い年賀状印刷にはかないません。 有名デザイナーが書き下ろしたデザイナーズ年賀状、ミッフィーなどキャラクターがかわいいコダック年賀状など、バリエーション豊富です。 ほのぼの和み系や文字アート、ポエム・絵葉書風など、選択肢が沢山です。 また、かんたんプレビュー機能というシステムを使えば、パソコンが苦手な人でも非常に簡単に作成を進めることができておすすめですが安いとは言い難いです。 写真を用意し、テンプレートを選ぶだけで高品質な年賀状が作れます。 また、ご自分の画像編集ソフトで作ったデザインもそのまま利用可能。 さらにLINEアルバムの画像を、そのまま利用できるシステムも備わっています。 安いからこそ不安に思う方はチェックしてみてください。 まさに激安と言える年賀状印刷サービスでしょう。 2019年から2020年に変わるより前にキャンペーンは終了するのでお早めに。 投函代行自体はどこも無料となっているのですが、宛名印刷が必要です。 つまり宛名印刷も0円となっていれば、完全無料で投函代行可能となります。 このランキングの中では、 8位で紹介したと9位で紹介したが店舗も営業しており、持ち込みが可能です。 郵便局でも持ち込みが可能なサービスがある店舗もありますよ。 しかしPhotoshopなどの、ソフト作ったデータに対応しているところもあります。 オリジナルのデザイン自体は自分でしたい、という方におすすめです。 例えば 6位で紹介したにはスマホアプリがあり、スマホ内の写真と 2,000種類以上のデザインから簡単に年賀状を作り、そのまま注文可能です。 プロのデザイン、高い品質にこだわっており、おしゃれな年賀状を作りたい方に高評価となっています。 料金の安さやデザイン性も評判ですが、最短で当日には完成し、発送できるというスピーディーさも魅力となっています。 8位で紹介したと9位で紹介したが、店舗もあるのでそれに該当します。 特に料金に関する口コミが多く、デザイン性も十分に高く満足度でもかなり上々です。 納期がスピーディーなので、そこもポイントが高いでしょう。 中にはパソコンいらずで作成できるものもございます。 パソコン導入実績No. 1と人気の商品なので迷った方はそちらを使用してみることをオススメします。 画質にこだわりがなければ、ネットスクウェアを使用すると簡単に写真入りの年賀状印刷ができますよ。 持ち込みも可能ですので、悩まれた方は一度試してみてください。 安い年賀状印刷のまとめ 年賀状印刷サービスはネット普及とともに非常に広がり、より安い価格(料金)で作成できるようになりました。 デザイン性が高い上に安く作れるところばかりなので、ぜひ興味が出て来た方は2020年正月に向けて利用を考えてみるのも良いかもしれません。

次の

【2020年】年賀状アプリのおすすめ比較人気ランキング10選【無料・安い・自宅印刷OK】

年賀状印刷 ランキング

年賀状はネット注文がオトクな理由 いまどき年賀状は、価格面はもちろん、作る効率を考えてもネットで注文するのが圧倒的にオトクである、と断言します。 その理由は…… 【理由1】質がグッと高くなる 年賀状のデザインは自分でするからOK! それなりの心得があるよ……という人でも、ネット注文の方が高クオリティとなる場合がほとんどです。 印刷会社が小ロットの印刷に使うのは、主にオンデマンド印刷やレーザー印刷。 家庭用プリンターに比べると仕上がりのキレイさは歴然です。 デザインもテンプレートが豊富に用意されていて、あとは自分の住所や写真を当て込むだけ、と手間なし。 手づくりにこだわりたい……という人以外は、印刷会社に頼まない手はありません! 【理由2】年賀状はネットで頼むのが現代の常識 リアルな店舗で買うより、ネット上でのサービスを利用する方が安い……これは年賀状に限らない商品全般に言える、現代の常識と言えるでしょう。 今や年賀状も百貨店や写真店でもネット経由での注文を促しています。 つまり、ネット印刷がスタンダードになっています。 【理由3】自宅プリンターは高くつくことも 最近は家庭用プリンターの性能も上がりました。 節約のため年賀状印刷も自前で……と考える人は少なくないかと思いますが、ちょっと待った! インク代を考えると、必ずしも安いとは言えないのです。 筆者が使っているプリンターの場合、年賀状を50枚以上印刷すると新品のインクカートリッジが空に。 純正インクは5千円以上もします。 これに、はがき代を加えると…格安の印刷会社に外注した方が、確実にオトクなのです。 安い年賀状の印刷会社の選び方 さて、ネットで年賀状を注文するときに、押さえておくべきポイントを簡単におさらいしておきしょう。 【 POINT1】印刷会社の仕組みに要注目 年賀状の価格は、印刷会社によってまちまち。 ただ、多くの会社は「基本料金+印刷代+はがき代+送料+宛名印刷などのオプション料金」という仕組みを採用しています。 早割などが適用されるのはこれらのうち基本料金や印刷代に適用されます。 ごく一部の印刷会社では、はがき代まで含めた総額から割り引いてくれるところもあります。 傾向としては基本料金が設けられている会社は大量印刷が安く、設けられていない会社は少数印刷に向いています。 基本料 一件の注文ごとに発生する費用。 格安の印刷会社では無料のところが多くなっています。 複数件発注で安くなることも。 イラスト、写真入りなど印刷の種類やデザインによって変わります。 はがき代 お年玉つき年賀はがきは通常、一枚63円。 オリジナルの年賀はがきで作製したり、四面連刷のものを仕入れたりして、はがき代を安くしている印刷会社もあります。 送料 宅急便、ゆうパケット、DM便など印刷会社が採用している手段によって値段はさまざまですが、最近は無料にしているところも多くなっています。 オプション料金 宛名印刷、宛名代行入力などは基本的にオプション。 これらのサービスを頼もうと思っている人は基本料や印刷費用だけでなく、送料やオプション料金も含めたトータルの金額で考えましょう。 【 POINT2】ネットの年賀状づくりは手間なく 宛名印刷などはそもそもオプションのメニュー。 印刷会社によっては対応していないところもあれば、刷り上がり後、投函までしてくれるところも。 また写真にこだわる人は、写真屋さんで現像するのと同じ印画紙品質に対応しているかどうかもポイントです。 まずは自分が求めるサービスを明確にした上で、対応している印刷会社を選びましょう。 【 POINT3】安さだけでなくデザインも考慮すべし 最近、ネット印刷のデザイン・テンプレートは、以前と比べものにならないほどバリエーション豊かに、しかもオシャレになってきました。 デザインの豊富さやセンスを基準に、印刷会社を選ぶのも良いでしょう。 オトクな印刷会社ランキング TOP10 それでは、年賀状印刷会社40社を調査した結果をもとに「ここはオトクだ!」と感じた印刷会社をランキングで紹介していきます。 価格だけでなく、デザイン数や印刷の質、宛名印字・投函代行の有無なども考慮。 総合的なコスパで選出しました。 そのため、主観も多分に含まれています(笑)。 掲載している情報は全て10月30日現在のもの、価格は割引適用後のもので、すべて税込みです。 【1位】しまうまプリント/トータルコストで勝負! 画像: 単純な価格の安さでだけなく、デザインのセンス、注文時の手間、宛名印刷などのサービスなどを考えたとき、ナンバーワンと感じるのがコチラ、「しまうまプリント」。 筆者イチ押しの印刷会社です。 しまうまプリントの特徴 デザイン・テンプレートは700種類以上。 しかも、そのどれもがオシャレ。 イラストのみ、写真入りともリーズナブルな価格設定で、しかも送料や宛名印刷、投函代行も無料。 トータルなコスパに優れていると評判の印刷会社です。 「写真年賀状」は写真屋さんと同じ銀塩方式で写真印画紙にプリントして、はがきに貼り付ける仕上げ。 写真プリント、フォトブックでも人気のある印刷会社だけに、写真には力を入れています。 ・イラストも写真入りも安い! ・送料、宛名印刷、投函代行すべて無料 ・テンプレートがオシャレ コストの安さと品質、どちらも譲れない……という人にピッタリ。 しまうまプリントに負けず劣らずなコスパですが、デザインなど個人的な好みで2位としました(笑)。 ネットスクウェアの特徴 1000点以上ある豊富なデザイン・テンプレート、選べる印刷品質、選べる書体、文章、リーズナブルな価格設定、送料も無料と、非の打ち所なし! コスパとサービスに優れた印刷会社です。 印刷は通常のフルカー印刷以外にプレミアム写真印刷(光沢仕上げ)とプレミアム写真印刷(写真画質仕上げ)と同じ写真入り年賀状でも2種類から選べるようになっています。 ・デザインの自由度が圧倒的に高い ・カラー印刷も写真印刷も安い ・写真印刷にも2種類を用意 【3位】Digipri年賀状/幅広いニーズに対応 画像: きめ細かな商品ラインナップで3位にランクイン。 年賀状のデザインは自分で作るよ、という人なら、もっと上位に入るかも。 Digipri年賀状の特徴 注文から最短2日で発送と納期が早く、デザイン・テンプレートは1000種類以上。 デザインもオシャレなものが数多く用意されています。 さらに写真年賀状はテンプレートを利用すると基本料金880円ですが、自分でデータ入稿する「そのまま写真年賀状」なら550円と、あらゆるニーズをカバーできる商品ラインナップとなっています。 印刷代は発注枚数によって異なり、当然多く発注するほど安くなる設定となっています。 基本料金が比較的安めなので、少ない発注枚数でも割安です。 宛名印刷は有料ですが、こちらも1枚22円とリーズナブル。 求める品質やサービスによって細かく価格を変えおり、ニーズに適した料金体系となっています。 5円 投函代行 対応していない 受け取り方法 宅配 決済方法 クレジットカード 無料 代金引換 銀行振り込み 振込手数料 キャリア決済 260円 Rakpoの料金 費用についても業界最安水準と言って良いでしょう。 特に 10~ 30枚の比較的少ない印刷枚数で、写真入りを選んだ場合には他社より優位となる価格設定です 【 5位】年賀職人/もう間に合わない! ってときでも安心 画像: 価格だけでなく、サービスの良さも追求する人には年賀職人も候補の一つ。 人によっては最も使い勝手が良い印刷会社かも。 年賀職人の特徴 価格の安さもさることながら、午前中に発注すると最短で当日出荷に対応。 しかも宛名印刷を頼んでも最短24時間以内に納品してくれるという驚きのスピードを実現しています。 テンプレートデザインのバリエーションもまずまず。 特筆すべきは、デザイン上の文字位置やサイズなどを注文画面上で自由に編集できること。 テンプレートを使っても、オリジナリティが出せるのは、他にない特色です。 DPE宅配便の特徴 DPE宅配便は写真プリントやフォトブックの制作など、写真の現像を専門としている印刷会社。 年賀状においても、「写真仕上げ」では抜群の安さを実現しています。 銀塩写真プリントで、1枚30円きっかりという印刷代を実現している印刷会社は他にありません。 ただ、テンプレートデザインの種類があまり多くないこと、宛名印刷に対応していない上、写真仕上げの場合は紙が厚手なので家庭用プリンターで印字しにくいことがネック。 そのあたりをクリアできる方なら、美しい写真入り年賀状を激安価格で作ることができるでしょう。 ・フジカラー純正印画紙使用で印刷代が1枚30円 ・写真の明るさ補正にも対応 【8位】プリントパック/イラスト中心で OKなら激安 画像: ネット印刷の草分けと言えるプリントパックは8位にランクイン。 下位ですが、その安さは折り紙つきです。 プリントパックの特徴 イラストのみ、写真入りでも通常印刷で良いなら、とにかく安いのが特長です。 注文できる単位は4枚区切り限定のため、年賀状が余ってしまう可能性がありますが、もともとの価格設定が激安なので気になりません。 テンプレートはイラストも写真を入れられるデザインもまずまずの豊富さ。 ただし印画紙仕様には対応しておらず、写真を入れた場合でもイラストのみの場合でも料金は一律です。 片面カラーの場合は、表面に宛名印刷をしてもらっても料金は共通です。 しかも送料無料、投函代行にも対応しています。 価格体系は発注数の大小を問わずリーズナブル。 トータルコストで群を抜いたコスパの良さです。 年賀状をより安く印刷する方法 年賀状を少しでも安く作るためには、安い印刷会社を選ぶことが大切。 でも、それ以外にもポイントがあります。 早期割引を上手く活用する ほとんど全ての年賀状ネット印刷会社で、「早期割引」を実施しています。 割引率や適用期間は様々ですが、中には印刷代から60%割り引いてくれるところも……。 これを利用しない手はありません! 当然ながら、割引率は年末に近づくほど低くなっていきます。 つまり早めの発注がオトクということ。 早期割引だけでなく、会員割引などを組み合わせると、さらに安くなることもあります。 同居している家族の分をまとめて発注したりすれば、もっとオトクになる可能性があるということ。 割引対象は印刷会社ごとに異なるので、隈なくチェックしましょう!.

次の

年賀状宛名印刷会社比較 | 年賀状印刷格安ランキング【2020年】

年賀状印刷 ランキング

年賀状印刷の選び方 はじめに、年賀状印刷の選びかたについて紹介していきます。 最近では 安価で作成している業者も増えているので、家のプリンターで印刷するよりも安く仕上げることも可能。 また、業者ならではの高品質な年賀状も可能です。 そのため、 予算とクオリティについてのイメージを定めておくと、業者を選びやすいでしょう。 予め決まったパターンの印刷にのみ対応しているところもあれば、自分のデザインを利用できるところなども。 そのため、 自分がデザインやカスタマイズにどの程度こだわりがあるかを考えると選びやすいでしょう。 宛名印刷を利用すれば、ほぼ完成形の年賀状を送付してもらうことが可能。 宛名は手間がかかるところなので、時間を短縮できるとよいと考える人も多いはず。 なかには 宛名印刷を無料で行ってくれる業者もあるので、宛名印刷の有無も選ぶポイントにするのがおすすめです。 年賀状印刷のおすすめ人気ランキング【2020年】 ここでは、2020年の年賀状印刷おすすめ人気ランキングを紹介します。 2020年の年賀状送付に備えて、業者を10選しました。 どの業者も特徴があるので、ランキングや比較表で情報を整理しています。 参考にしていただけると幸いです。 【1位】おたより本舗 受注件数第一位の人気サービス!割引や電話サポートが充実の年賀状印刷 は、ネット通販での 受注件数が3年連続第1位という人気の年賀状印刷。 人気の秘密は 電話サポートやキャンペーンの充実度でしょう。 他サービスではあまりない電話サポートを利用すれば、はじめて年賀状印刷を利用する場合でも安心して利用可能。 疑問を解決してから利用できるので、トラブルも少ないでしょう。 はじめて利用する方には特におすすめの年賀状印刷です。 そのため、 早くから年賀状印刷について検討している人にはオトクなサービスとなります。 そして、デザインが豊富なのも特徴。 1,000種類以上のデザインから好みのデザインを選べるため、デザインが人とかぶる心配も少ないでしょう。 そのため、サイト上に住所録を登録してしまえば、年賀状が完成した状態で送られてきます。 また、 宛名印刷をしない場合には翌営業日に出荷されるため、急ぎの場合にも安心です。 またキャンペーンもこまめに実施されているようなので、タイミングが合えばオトクに利用できます。 上の写真にあるような、 ポップでかわいいデザインが多数取り揃えられています。 写真なしのデザインも豊富にあるので、誰でも利用することができるでしょう。 デザインで個性を出したい方にもおすすめです。 インクジェットではなく 銀塩印刷を利用することで、高画質を実現しています。 また、写真のデータを補正することで、年賀状に映えるよう調整もしてくれます。 家族の写真などを高画質で届けたい場合に最適です。 そのため、年賀状以外の印刷物でも多数の実績があります。 年賀状印刷での特徴は、 最大10,000部までの印刷が発注できること。 企業で利用する場合にも最適です。 もちろん 個人の場合でも4部から対応してくれるので、少人数に送りたい場合でも利用できるようになっています。 そのため、年賀状で写真を印刷する場合にも安心でしょう。 また、 スマホアプリが使えるのも利点。 いつでも簡単に注文できるので、忙しい方にも最適です。 Twitterの相互フォローの友人に年賀状を送ることができるので、SNSを頻繁に利用する方にもおすすめ。 スマホアプリで簡単に年賀状が作成でき、1枚から発注可能なので、気軽に利用することができるでしょう。 大阪か東京の支店で受け取る場合には、最短6時間で年賀状が受け取れます。 そのため、急ぎの場合のも安心です。 一方、 納期に余裕がある場合は料金も下がるので、希望納期が短期の方にも長期の方にもおすすめです。 改装中の店舗などを除き 全国で受け取ることができるため、家をあけがちな方でも安心です。 ネットから注文すれば店頭以上に割引があるのでおすすめ。 スマホアプリもあるので、いつでも気軽に注文できるのもポイントです。 10月以降にサービスを開始するところが多いので、それ以降であれば早割等の割引があるところも多いでしょう。 ただし、 持ち込みできるはがきに制限があったり、持ち込んだはがきに印刷ができないこともあるので注意が必要です。 オリジナルデータの入稿方式はサービスによって異なるため、サイトを確認するか問い合わせをすることをおすすめします。 そのため、スマホから簡単に年賀状の注文ができるでしょう。 Twitterから口コミを引用したので、参考にしてください。 最短で注文の翌日に届くのは大きなメリットでしょう。 この方は12月26日にツイートをしているので、年末のギリギリでも快適に利用できたようです。 専門の業者を利用すれば、手間がかからず便利ですよね。 おたより本舗さんに注文した喪中ハガキがもう届いた。 上がりも綺麗。 とても助かる。 早よ宛名書こ。 では喪中はがきも対応しているので、とても便利でしょう。 家に到着するのも早く良かったとツイートしています。 早期注文の早割があったようで、オトクにを利用しているようです。 以上のように、 は非常に口コミ評判がよいという結果になりました。 年賀状印刷のまとめ 今回は、年賀状印刷について紹介しました。 各業者によって料金やデザイン等が異なるので、自分に合うものを探してみてください。 この記事でも紹介したように、住所不要で送れる年賀状サービスも登場しています。 興味のあるサービスにアクセスし、利用を検討してみてはいかがでしょうか。

次の