身内が亡くなった人にかける言葉 メール。 亡くなった人にかける言葉って?身内や友人を亡くした人へ何て言う?

お悔やみの言葉を上司に言うこと|出勤・例文・会社・忌引き・葬式|終活ねっと

身内が亡くなった人にかける言葉 メール

人が亡くなった時にかける言葉は良く選ばないと、お互いの関係を悪くする事もあります。 メールなどで亡くなった時にかける言葉は、頭語を置く事を避け、まずお悔やみの言葉から始めましょう。 上司の場合でも、親戚の場合でも、人が亡くなった事実は変わりません。 友人に贈る言葉とは違う言葉をメールで贈りましょう。 ご家族の方に関しましては心よりのお悔やみを申し上げます。 何か私にできることがあれば遠慮なくおっしゃってくださいませ。 」と伝えましょう。 友人へお悔やみの言葉を贈る場合は、「大変な時に連絡をくれてありがとう。 何か手伝える事があれば遠慮なく言ってください。 」などと伝えましょう。 相手別に見た亡くなった時にかける言葉とは 人が亡くなった場合は本人しか分からない心労や悲しみ、虚しさがあります。 周りの人はどれだけ亡くなった時にかける言葉を適切な言葉として伝えるかで、悲しみを和らげたり、後悔を失くす事が出来ます。 周りの人は、出来るだけ言葉や行動で悲しみを癒せるようにしましょう。 相手別に見ても、亡くなった時にかける言葉は基本的に大きく変わる事はないです。 気持ちが伝われば、どのような言葉でも構いません。 亡くなった時にかける言葉は、相手をいたわることができれば伝え方は一つとは限りません。 友達の場合 友達の家族が亡くなった場合は、メールや電話、実際に会っても、まずお悔やみの言葉を述べるようにしましょう。 「大変だったと思います。 今はまずゆっくり休養をとってください。 」などと伝えましょう。 友達の場合でも、お悔やみの言葉は一つではないです。 大変な闘病をした場合は、そのことも称えるようにしましょう。 またどれだけ亡くなった人や家族が頑張ったのかを言ってあげる事も大切です。 亡くなった時にかける言葉は一つではないです。 闘病や亡くなった経緯を踏まえてお悔やみの言葉を伝えましょう。 部下の場合 部下の家族が亡くなった時にかける言葉は、友達に伝える場合と同じく、一つではないです。 看病をしながら、仕事をしていた事や、仕事への心配などをしないで済むようなことも言ってあげるようにしましょう。 ご家族に関しましては心よりのお悔やみを申し上げます。 」などと、亡くなった時にかける言葉を選ぶようにしましょう。 手紙で亡くなった時にかける言葉もメールの場合とあまり変わりません。 上司やお客様の場合は、喪中の手紙が届く場合もあるので、その手紙にふさわしい便箋と封筒を選びましょう。 頭語を避けて、まずはお悔やみの言葉を述べて、それから自分に何が出来るかを伝えましょう。 女性ならば、最後に「かしこ」という言葉を置いて文章を締めてもよいでしょう。 亡くなった人の闘病の様子や看病をしている人が親しい人の場合はそのことにも触れましょう。 とにかく亡くなった時にかける言葉は悲しみから立ち直るほどの勇気のある言葉をかけるようにしましょう。 ビジネスシーンなどで使う場合はどうなるのか ビジネスシーンでも亡くなった時にかける言葉は立場別や亡くなった人が自分にとってどのような関係にあるのかで変わってきます。 ビジネスシーンでは主に、身内にかける言葉よりも、丁寧な気持ちのこもった言葉を選ぶようにしましょう。 ビジネスシーンで使う場合は、基本的なことを間違えていなければ、亡くなった時にかける言葉はそんなに臆病にならなくてもよいです。 勇気がでる言葉をかけられて、勇気づけられる場合もあるので、自分が亡くなった人の家族とどのように関わってきたのかを考えて、言葉を選ぶようにすれば、それほど場違いな言葉にはなりません。 人や動物が亡くなると言う事 今まで当たり前に生活していて、人やペットが亡くなる事は当人からすれば、辛い事です。 その事も踏まえて、周りの人は接する事を考えましょう。 死を連想させる言葉を使わない、死因や病因を聞かないだけでもかなり、当人の負担を減らす事が出来ます。 また、 死因や病因を聞いてくる人がいれば、それらの人から守ってあげるような気持ちを持って接しましょう。 亡くなった時にかける言葉をあれこれ選ぶよりも普段通りに接する事が必要になってきます。 そっとしておいてあげることが大切である 亡くなった時にかける言葉をあれこれ考えるよりも、そっとしておいてあげましょう。 変に周りが神経質になったり、いつも通りの雰囲気を作れなくなる事の方が当人にとって辛い事です。 死の悲しみを早く忘れる為にも、そっとしてあげましょう。 闘病のことや亡くなった人と自分との関係で、お悔やみの言葉は変わってきます。 基本的なお悔やみの言葉を知っていれば、そんなに間違った言葉を相手にかける事はないでしょう。 相手の立場になり、死を悼む心があれば亡くなった時にかける言葉も多種多様です。 また死因や病因を聞いてくる人から、守ってあげる事も必要なのでできるだけいつも通りに振る舞い接してあげるようにしましょう。 ドライバーの転職先はドライバーワークスへ! トラック業界は人手不足が深刻で 初心者の方でも応募できる案件が非常に多いです。 トラックドライバーの業務内容は、初心者の方だと不明確な点があると思います。 業務内容がわからなくても、免許や資格や経験を問わないのはもちろん、 大型免許取得費用の補助から引っ越し代の補助までしてくれる会社も存在します。 未経験でも年収が 500万を超える案件もあるので、チェックしてみましょう! 豊富なドライバー求人を案件を持つドライバーワークスなら今より好条件な案件が見つかります!.

次の

親が亡くなった人にかける言葉

身内が亡くなった人にかける言葉 メール

身内の不幸のときの報告は、前の項目でもご紹介しましたが、口頭で報告することが基本です。 亡くなった身内が誰なのかということにもよりますが、身内の不幸があった場合は、1週間程度の忌引休暇の申請を出す必要があります。 そのため、業務に支障が出ないように必要な仕事の引継ぎなどを依頼しなければならない場合もあります。 業務内容の連絡をする場合に口頭では間違えやすい場合や、書類など添付の必要がある場合、また、遠方で深夜や早朝に家を出発する必要がある場合などは、メール連絡をしたあとに、電話ができるようになった時点で口頭で連絡をすることが大切です。 実家などが遠方なため始業前に家を出発してしまい、始業開始直後に会社に連絡することが難しい場合は、身内の不幸があったこと、実家が遠方なため現在移動中であること、改めて何時頃電話で連絡するという内容を上司に事前にメールで連絡しておくと良いでしょう。 身内の不幸の連絡を受けた場合、会社にはできるだけ早く報告することが大切です。 会社にいる時間に連絡があった場合は、その場ですぐに上司などに報告するようにしましょう。 家にいる時間に身内の不幸の連絡を受けた場合は、深夜や早朝に連絡があった場合などはとりあえずメールなどで上司に連絡するようにしましょう。 その際は、以下の内容も併せて伝えると良いでしょう。 【身内の不幸があったときに会社に報告する内容】 ・誰がいつ亡くなったのか(本人と亡くなった人の関係) ・喪主(喪主が本人ではない場合、喪主の氏名) ・通夜と告別式について(日時・会場名・住所・会場連絡先) 会社などからお花や弔電を送る場合がありますので、これらの内容をメールで伝えておきますと、連絡先の聞き間違いや喪主の漢字の間違えなどを防ぐことができます。 身内の不幸を会社や上司などに連絡する場合、口頭で連絡することが基本ですが、連絡を受けた時間が早朝や深夜だった場合は、電話連絡は逆に上司などに迷惑をかけてしまうこともあります。 その場合は、身内の不幸があり忌引休暇の申請をしたい旨と、仕事上連絡しておかなければならない内容などは、口頭よりもメールで連絡することにより文章で残すことで間違いを防ぐことができます。 しかし、メールだけで連絡を済ませることは避けましょう。 時間帯などの関係でやむを得ずメールで連絡する場合は、改めて電話で報告するようにしましょう。 また、口頭で連絡した場合も上記の項目でご紹介した葬儀の日程や、仕事の途中経過などはメールで連絡をしておくと会社もスムーズに対応することができるので、必要な内容は改めてメールで連絡しておくと良いでしょう。 忌引休暇を書類で申請できない場合は、メールで休暇願いを送り、後日会社の書類を提出するようにしましょう。 内容は以下のとおりです。 以上、よろしくお願いいたします。 山田太郎 休暇申請の内容は、総務などで処理に必要がある場合もありますので、メールが担当部署に転送される場合があります。 仕事などの引継ぎがある場合は、別便で業務連絡の内容のみを送るようにすると良いでしょう。 結婚する本人の身内の不幸の場合は、亡くなった人が親だった場合は、延期せざるを得ない場合もあるでしょう。 しかし、祖父母が亡くなった場合は、両親のどちらの親が亡くなったのかにより、自分の親の気持ちを聞いてみると良いでしょう。 延期してほしいということであれば、自分の親の気持ちを尊重してあげることが望ましいですが、結婚式を楽しみにしていたので延期せずに式をあげてほしいという気持ちであれば、亡くなった方にとっても供養になるでしょう。 身内の不幸は、結婚式をする本人だけではなく、周りの家族にとっても身内の不幸ということになります。 本人同士だけで悩んでしまうのではなく、まずは自分の家族に相談してみるということが大切なのではないでしょうか。 結婚式の出席者に身内の不幸があった場合、当日欠席しなければならないような状況ではないのであれば、喪中という理由で必ずキャンセルしなければならないということはありません。 おめでたい席なので、喪中ということはわざわざ伝えて欠席するよりも、そのまま出席した方が良い場合もあります。 しかし、出席する側の親や子どもといった近い身内の不幸があった場合で、当日葬儀の予定などが入ってしまった場合は欠席する必要があります。 結婚する本人たちは、当日は時間で行動していますので、本人に直接連絡取ることが難しい場合があります。 このような場合は、式場に連絡をして欠席する旨を伝え、当人に連絡をお願いするという方法が一番望ましいでしょう。 突然の欠席は、結婚する本人に心配をかけてしまうことがありますが、理由については新郎新婦との関係や亡くなった人との関係などを考慮し、当日話すかどうかを判断すると良いでしょう。 身内の不幸の連絡はどのようにすれば良いのでしょうか。 身内の不幸の連絡を会社などにする場合は、メールではなく口頭で連絡することが必要です。 身内の不幸がわかった時間帯が深夜や早朝だった場合は、メールなどで連絡をしてから、時間を見て電話で連絡するようにしましょう。 取引先などに事前にアポイントがあった場合は、まずはメールで約束の日時の変更をお願いするようにしましょう。 急ぎでなるべく早く会う必要がある場合は、上司に相談をしてから、こちらの希望日の候補を伝え、代わりに上司が伺うことを伝えると良いでしょう。 友達の場合は、自分が知らせたいと思ったタイミングでメールや電話などで伝えると良いでしょう。 親やきょうだいなどが亡くなった場合、文章が残ることがつらい場合は、電話で伝えても良いのではないでしょうか。 身内の不幸があった人に対して香典を出す場合、金額の目安はいくらくらいが一般的なのでしょうか。 会社の代表で香典を出す場合は、会社の規則などで金額が決められている場合がありますので、会社に確認するようにしましょう。 また、会社の同僚として参列する場合や友人として参列する場合は、一緒に参列する人と相談して金額を合わせると良いでしょう。 身内の不幸があった場合の香典の金額の相場は、亡くなった方や相手の方との関係によって変わりますが、3,000円~10,000円の間の金額が一般的です。 しかし、香典の金額は多ければ多いほど良いというものではありません。 亡くなった方とあなたとの関係によっては、あまり高額な香典は遺族の方に負担をかけてしまう場合もありますので、そういった配慮をすることも大切です。 自分の周りの人に身内の不幸があった場合も、自分に身内の不幸があった場合も、周りの人に伝えることで、どんな言葉をかけてあげたら良いか悩んでしまうことがあります。 このような場合、多くの言葉をかけることはあまりよくありません。 まずは簡潔にお悔やみの言葉を伝えるようにしましょう。 伝える側も伝えられた側もデリケートな話題なので、お互いに気を使ってしまうことがありますが、お互いに相手の思いを汲んで思いやりの気持ちを持つことが大切です。 身内が亡くなったときは、なかなか気持ちの整理がつかず相手に感謝の気持ちをすぐに伝えられないこともありますが、気持ちが落ち着いたら相手に感謝の気持ちを伝えるように心がけましょう。

次の

お悔やみの言葉 例文】ビジネス・上司・同僚・部下・会社・弔電・友人・友達

身内が亡くなった人にかける言葉 メール

こんにちは。 30代オンナです。 私は5年前に実母を癌で亡くしました。 そのときに会社の皆さん、友人たちにいろいろな言葉をかけてもらいました。 「大変だったね」「何かできることあったら言ってね」等々なぐさめやねぎらい(お通夜・お葬式は大変だった!)の言葉はどれもありがたいものでした。 ただ、うちの母親の場合56歳という若さで亡くなったのでそれは私自身とても残念で悲しいことでした。 唯一「まだ、若かったのに残念ね・・」という言葉には正直辛く感じました。 わたくしごとをゴタゴタ並べてしまいましたが、やはり何か言葉をかけてあげたほうが良いと思います。 腫れ物を触るように気をつかっていただいたことがあり逆にこっちが気をつかっちゃったりしたことがありました。 ただ、なくなった直後は葬式やら事務手続き等でとても忙しくて亡くなったんだ実感というものが感じられません。 できたら、落ち着いた頃に 49日が終わり、2か月くらいたったころ)食事にでも誘ってお話を聞いてあげてみてください。 A ベストアンサー 私は、友人からメールをもらえて嬉しかったですよ。 私は、この5年間に3人の家族を送っていますが、一番最初に亡くなったのが私の母でした。 今でも毎月のように会っている短大以来の仲間数名がいるのですが、母が亡くなった時に「母が亡くなってしまったので、当分集まりには顔を出せないかもしれない。 」と連絡したところ、「お母さまのご冥福をお祈りします。 葬儀には参列させてもらうけれど、少しでも早くお悔やみの言葉を伝えたくてメールをしました。 電話だと忙しいところにかえって失礼かと思って、メールにしてしまいました。 もし、私でお手伝いできることがあったら連絡してください。 」と返信をしてくれました。 それでよろしいかと思いますよ。 少しでも早く、お悔やみの言葉だけでも伝えて差し上げたい-というご質問者さまのお気持ちは伝わっていると思います。 私の友人の中には、「あら、ごしゅうしょうさま。 」というメールを送ってきた人もいます(文面の軽さに、なんて非常識…と感じました。 「ご愁傷様」は本当にひらがなだったんです)。 それに比べれば、「ご冥福をお祈りします」は、立派なお悔やみの言葉だと思います。 そんな時に届いたメールを見て、こんな人が気にかけてくれているんだ-と思うこともありますよ。 それが慰めになります。 私は、友人からメールをもらえて嬉しかったですよ。 私は、この5年間に3人の家族を送っていますが、一番最初に亡くなったのが私の母でした。 今でも毎月のように会っている短大以来の仲間数名がいるのですが、母が亡くなった時に「母が亡くなってしまったので、当分集まりには顔を出せないかもしれない。 」と連絡したところ、「お母さまのご冥福をお祈りします。 葬儀には参列させてもらうけれど、少しでも早くお悔やみの言葉を伝えたくてメールをしました。 電話だと忙しいところにかえって失礼かと思って、メ... A ベストアンサー No. 再回答のお願いがありましたので、回答させて頂きます。 >うまくいえませんがAさんの家族が死んだ事をそれほど残念にはおもってなくてAさんだけを心配してるだけみたいにおもわれないでしょうか? >(この人、自分の家族(Aさんの家族)が死んだ事は悲しくないんだな。 私のことだけしか考えてくれてないんだな) あなたが懸念されているような事を思う余裕など、私には全くありませんでした。 実際に親を亡くされた事がないと当事者の気持ちは分からないと思いますが、 残された家族は、慰めの言葉なんか耳に入らないほどショックを受けているものです。 訃報を電話で聞いた時に、すぐ体裁のいい慰めの言葉をかけられる方が 不自然な気がします。 お通夜は真っ黒な喪服で行ってはいけない、というのはご存知でしょうか。 訃報を知らされて、お葬式前に慌てて駆けつけるお通夜に喪服で行くという事は、 「相手の死を待っていた、いつ死んでもいいように準備していた」という事に なってしまうんです。 だからお通夜は、喪章を付けただけの平服(とはいえ派手なのは不可ですが)を 着ていくものなんです。 それと同じで、うまい慰めの言葉をあらかじめ用意しておくなんて、不吉で 不自然な事だと思いませんか? >私はAさんの家族にあった事がないのでAさんが可哀想っていうきもちなのですが・・これって親身になってませんか? そんな事ないと思います。 あなたはAさんとお友達であるのですから、Aさんが可哀想っていう気持ちで あるのはごもっともな事です。 一度でもお会いした事があれば「あんなにお元気そうだったのに・・・」とか 言えると思いますが、 お会いした事も無い友達の家族の死を悼む言葉がすっと出て来ないのは、 当然の事なんですよ。 何度も書きますが、あなたのできる事、あなたがすべき事は、この先Aさんの お力になってあげられるように努力する事です。 >「私にできることがあったら言ってね」というのもできることなんかないですし・・ 「できる事がない」なんて思わず、こういった言葉をかけてあげる事が、Aさんの 心の支えになると思いますよ。 ご参考になれば幸いです。 再回答のお願いがありましたので、回答させて頂きます。 >うまくいえませんがAさんの家族が死んだ事をそれほど残念にはおもってなくてAさんだけを心配してるだけみたいにおもわれないでしょうか? >(この人、自分の家族(Aさんの家族)が死んだ事は悲しくないんだな。 私のことだけしか考えてくれてないんだな) あなたが懸念されているような事を思う余裕など、私には全くありませんでした。 実際に親を亡くされた事がないと当事者の気持ちは分からないと思いますが、 残された家... A ベストアンサー 同僚って一緒に働いている方ですよね。 その方の親が亡くなったら通夜か葬式両方かせめて片方はでますよ。 もちろん父上と面識がなくてもです。 田舎でその地域の人間の顔が全てわかるって地域でもなければ、その方が普通です。 院長は御花を贈ったのですね。 それ以外にも香典を準備されていると思いますよ。 お通夜のときに持っていかれるでしょう。 御花はそれまでに間に合うように手配するもの、通夜葬式の会場を聞いたら早々にその会場に連絡して手配するものですから。 そして香典の額ですが、同僚であれば3000~5000円、上司は1万円・・・香典に関しては多く包みすぎるのもよくないとか。 そしてまとめておくるのは、例えば隣の課の人の親が亡くなった場合とかですね。 まとめて1万円で包みます。 常に顔を合わせて一緒に働いている同僚の親であれば、個々で包み全員でどちらかに参列されるものでしょう。 通夜や葬儀の時間治療院をしているのであれば、どちらかに交互でいくとか、通夜の終わったあとに行くとかいずれにしても、行ける距離であれば同僚の親の通夜葬式には普通参列します。 行かない場合があるとしたら、電車で3時間以上かかるとか飛行機で行かないと行けない様な遠方である場合ですね。 それでも上司か誰か一人代表でいったりする場合もあるくらいです。 もちろん、父上に面識がなくてもです。 同僚って一緒に働いている方ですよね。 その方の親が亡くなったら通夜か葬式両方かせめて片方はでますよ。 もちろん父上と面識がなくてもです。 田舎でその地域の人間の顔が全てわかるって地域でもなければ、その方が普通です。 院長は御花を贈ったのですね。 それ以外にも香典を準備されていると思いますよ。 お通夜のときに持っていかれるでしょう。 御花はそれまでに間に合うように手配するもの、通夜葬式の会場を聞いたら早々にその会場に連絡して手配するものですから。 そして香典の額ですが、同僚... A ベストアンサー 随分昔の話ですが私の友人のお父様が亡くなりました。 私もそのお父様には良くしていただいていたりして、病院にお見舞いも行っていたので……お葬式にも参列しました。 ただ、私はその友人に声をかけられませんでした。 なんて声をかけていいか、わからなかったんです。 どうしたらいいかわからなくて、私なら放っておいて欲しいって思うかな……とか思って、近づけずにいました。 別の友人は、その子に声をかけていましたが私はできませんでした。 友人も落ち着いて普通に話せるようになった頃、言われました。 「あの時、そばに来て欲しかった」と。 別の友人が声をかけてくれたのは本当に嬉しかったと。 私はその時にようやく後悔しました。 「なんて言葉をかけていいかわからない」から声をかけない……なんて、私が友人から逃げてるのと同じことだったんですよね……。 友人を逆に傷つけてしまうのが怖くて、逃げてたんですよね。 声はかけてあげられなくても、そばにいてあげることくらいできたし、そばにいてあげれば友人が泣き出しそうなとき胸を貸すことも出来たはずなのに。 とっても不安定な時だから、色んな感情の波があって、落ち着いているときもあればフラフラと泣き崩れそうなときもあると思うんです。 そういう時、そばにいてあげたら支えてあげることが出来ますよね。 私は今度同じようなことがあったら、黙ってそばについていてあげようって思いました。 そうしていたら逆に、一人にしてほしそうにしてたら離れることだって出来ますもの。 今は、あなた自身がしっかりとした柱になって、彼が倒れそうなとき寄りかかれる位置についていてあげるのが一番良いんじゃないかなって思います。 相手は男性なのであなたに寄りかかるかどうかわかりませんけど、そばにいてくれるだけで違うと思いますよ。 特に大切な彼女ならなおさら。 美味しい料理を振舞ってあげたり、ただ黙ってそばにいてあげたり……今はそれだけで充分じゃないでしょうか。 何かして欲しいことがあったら、きっと何か向こうから言ってきますよ。 残念ながら誰だって親の死に目には合わなければいけないものです。 だからこそ、必ず乗り越えられるものなんです。 中学生のときにお父様をなくした友人でさえ、乗り越えて今では強く生きていますよ。 大人の彼が乗り越えられないはずありません。 そう思って、あまり過保護にならずにそばで見守ってあげてください。 随分昔の話ですが私の友人のお父様が亡くなりました。 私もそのお父様には良くしていただいていたりして、病院にお見舞いも行っていたので……お葬式にも参列しました。 ただ、私はその友人に声をかけられませんでした。 なんて声をかけていいか、わからなかったんです。 どうしたらいいかわからなくて、私なら放っておいて欲しいって思うかな……とか思って、近づけずにいました。 別の友人は、その子に声をかけていましたが私はできませんでした。 友人も落ち着いて普通に話せるようになった頃... A ベストアンサー しばらくはそっとしておいてあげるのがいいんじゃないかなと思いました。 自分の気持ちを整理するのでいっぱいいっぱいだと思うから。 私は親友ではないけど、友人を亡くしたことがあります。 一人は自殺で、一人はガンでした。 どんな言葉をかけられても、なんて答えていいかわからなかったと思います。 ただ、びっくりして、信じられなくて、悲しかったです。 どんな言葉をかけてもたぶん、「気を使ってくれてるんだな。 心配してくれてるんだな」って気持ちは伝わると思います。 つらいときって、やさしい言葉は身にしみると言うか、ありがとうって思うと思う。 でも、すぐに元気にはなれないし、メールをもらっても、なんて返して良いか、相手も言葉に困るかもしれないなあって気がします。 「誰かの心を慰められるような大げさなことはできない」そういう謙虚な気持ちでいるほうが、相手の重荷にならずに済むかもしれません。 こういうときって、余計な心配をさせないこともやさしさかもしれないなあって思います。 「あなたはつらいかもしれないけど、私はつらくないからいくらでも私のことを頼っていいし、元気になるまで私のことは気にしないで大丈夫だよ」って感じのメールになればいいんじゃないかなって思いました。 メールを送って返事が来なくても気にしないでいてあげてください。 彼が元気になったときに「本当はすごく心配だったんだよ。 どういう言葉をかけたらいいのかわからなくって。 でも、元気になってくれて良かった」って話してみると、彼もあなたのやさしさに感謝すると思います。 その頃には気持ちの整理もできているだろうから、いろんなことも話せる状態だと思うので、それまでは少し控えめな連絡がいいかもしれません。 しばらくはそっとしておいてあげるのがいいんじゃないかなと思いました。 自分の気持ちを整理するのでいっぱいいっぱいだと思うから。 私は親友ではないけど、友人を亡くしたことがあります。 一人は自殺で、一人はガンでした。 どんな言葉をかけられても、なんて答えていいかわからなかったと思います。 ただ、びっくりして、信じられなくて、悲しかったです。 どんな言葉をかけてもたぶん、「気を使ってくれてるんだな。 心配してくれてるんだな」って気持ちは伝わると思います。 つらいときって、やさしい言葉は身...

次の