本 木 雅弘 ドラマ。 出演ドラマ一覧

出演ドラマ一覧

本 木 雅弘 ドラマ

第2回「道三の罠」は、京で知り合った医者の望月東庵(堺正章さん)と、東庵の助手の駒(門脇麦さん)を連れ、光秀(長谷川さん)が美濃へ帰ってくるところから始まる。 その頃、美濃の国境には、侵略をもくろむ尾張の織田信秀(高橋克典さん)の大軍が迫っており、兵の数は美濃側の約5倍。 多勢に無勢の中、籠城(ろうじょう)を決め込む道三に、光秀と道三の嫡男・高政(伊藤英明さん)は不満を抱くが、それこそが敵を欺く道三の作戦だった……。 籠城を決め込むと見せかけ、一気に反撃に出て、信秀を敗走へと追い込んだ道三。 夜、土岐頼純と対面すると、尾張側と裏で通じていた証拠を突きつけられ、怒りに震える頼純を前にし、その場でお茶を立て始める。 道三が歌をくちずさむ中、頼純が差し出されたお茶に口をつけると、やがて苦しみだし……と展開した。 さらに、本木さんがサントリーの緑茶飲料「伊右衛門」のCMキャラクターを長年、務めていることから、SNS上では「毒入り伊右衛門怖い」「モックンの伊右衛門CMの今後が危ぶまれる展開」「モックンがお茶に毒を盛るってCM的に大丈夫なん!?」と心配する声も上がっていた。 「麒麟がくる」は59作目の大河ドラマ。 1991年放送の「太平記」などで知られる池端俊策さんのオリジナル脚本。 若い頃、下剋上の代名詞・美濃の斎藤道三を主君として勇猛果敢に戦場を駆け抜け、その教えを胸に、やがて織田信長の盟友となり、多くの群雄と天下をめぐって争う智将・明智光秀が主人公。 ドラマでは謎めいた光秀の前半生に光を当て、戦国の英傑たちの運命も描く、エネルギッシュな群像劇となる。

次の

本木雅弘(Men'sArt)(Masahiro Motoki) FROM FIRST

本 木 雅弘 ドラマ

実家の場所は埼玉県桶川市で農家? 父親・母親・兄弟は? ハーフ説は? 本木雅弘さん! シブがき隊では、 布川敏和さん、薬丸裕英さんとともに、 大変な人気をほこりました。 元アイドルで、 現在は俳優として、 テレビドラマや映画などで、 活躍しています。 本木雅弘さんといえば、 年を重ねるごとに、 いろんな役柄に積極的に、 チャレンジしていっているようで、 司馬遼太郎原作の、 「坂の上の雲」では、 主人公の秋山真之を演じたことで、 とても高い評価をえましたね。 今回は、 そんな本木雅弘さんの 「実家は農家で、埼玉県桶川市?父親・母親・兄弟や実家の家族構成は?」 についてお送りします! 本木雅弘の出身地は埼玉県桶川市? では、 本木雅弘さんの実家や出身地、 家族構成といったものについて、 あらゆる方面から、 多角的に見ていきたいと思います。 まずは、 本木雅弘さんの実家の場所について、 確認しておきましょう。 本木雅弘さんの実家は、 埼玉県桶川市にあります。 本木雅弘の出身地、埼玉県桶川市は… 本木雅弘さんの実家のある、 埼玉県桶川市は、 どこにあるのかというと、 埼玉県の中東部に位置します。 埼玉県というと、 東京に近い住宅街といった、 イメージがありますが、 埼玉県には、 実に多くの自治体があるんですね。 本木雅弘さんの出身地、 埼玉県桶川市は、 人口もそれほど多くなく、 田園風景の残る土地のようで、 のどかな環境で、 本木雅弘さんは、 子供時代を過ごしたようですね。 本木雅弘さんが、 子供の頃は、 まだ埼玉県桶川市ではなくて、 北足立郡桶川町という住所だった、 ようですね。 本木雅弘の実家は先祖代々の農家! さて、 そんな桶川市にある、 本木雅弘さんの実家ですが、 とても 歴史のある家系のようですね。 本木雅弘さんの実家は、 埼玉県桶川市で、 15代にわたって続いてきた、 農家なのだそうです。 15代というと、 江戸時代の初めくらいから、 本木雅弘さんの実家は、 続いていることになりますね。 地方には、 歴史のある農家が、 残っていることも多いですが、 さすがに、 15代も続いている、 という農家はそれほど、 多くはないでしょうね。 ちなみに、 芸能人で 実家が農家だという人は、 お笑いタレントの、 ウド鈴木さんや、大島美幸さん、 アナウンサーの加藤綾子さん、 といった方がいます。 本木雅弘の実家の家族や兄弟の構成は? それでは、 本木雅弘さんの実家の家族構成を、 整理しておきましょう。 本木雅弘さんの実家は、 父親・母親・兄・本木雅弘・弟 という家族で、 本木雅弘さんは、 三人兄弟の次男にあたるようですね。 本木雅弘さんの兄弟については、 それほど多くの情報はないようですが、 おそらく、 実家の農家を継いでいるのでないか、 といった見方をするのは、 自然かもしれませんね。 本木雅弘の父親・母親の名前は?ハーフのうわさは? 本木雅弘さんの、 父親や母親の名前は、 ネット上の情報を総合すると、 父親の名前は、 本木昭さんで、 母親の名前は、 本木さき子さんというようです。 本木雅弘さんについては、 顔立ちが、 彫(ほり)が深いということもあって、 ハーフではないか、 といったうわさも見られますが、 父親・母親の名前や、 実家の歴史を見ると、 ハーフではないようですね。 本木雅弘の両親の年齢は?お米農家? そして、 本木雅弘さんの両親の年齢は、 ともに、 1939年くらいの生まれのようですね。 そして、 本木雅弘さんの両親の職業は、 先ほど見てきた通り、 農家なわけですが、 より細かく言うと、 お米を作っている、 稲作農家のようですね。 お米農家というと、 東北地方のイメージがありますが、 埼玉県にもお米農家は、 意外にあるようです。 というわけで、 本木雅弘さんの 「実家は農家で、埼玉県桶川市?父親・母親・兄弟や実家の家族構成は?」 についてお送りしました。 最近の投稿• アーカイブ アーカイブ カテゴリー• 1,732• 131• 142• 971• 111• 145• 204• 87 メタ情報•

次の

本木雅弘 初密着番組で見せた“素顔”が話題に 自身は「嫌な人間」、妻・也哉子さんからは「異星人」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

本 木 雅弘 ドラマ

最新のラテックス(液状の特殊ゴム素材)を用い、テレビの時代劇としては「麒麟がくる」が初導入となった特殊メイク。 インターネット上には「本木雅弘の頭の形の良さに惚れ惚れする。 本当に剃髪したかの如き斎藤道三」などと絶賛の声が相次ぎ、反響を呼んだ。 俳優の長谷川博己(43)が主演を務める大河ドラマ59作目。 第29作「太平記」を手掛けた名手・池端俊策氏(74)のオリジナル脚本で、智将・明智光秀を大河初の主役に据え、その謎めいた半生にスポットを照らす。 物語は1540年代、まだ多くの英傑たちが「英傑以前」だった時代から始まり、それぞれの誕生を丹念に紡ぐ。 本木が演じるのは、光秀の主君・斎藤道三。 出家前の「斎藤利政」時代から描かれている。 第15話は「道三、わが父に非(あら)ず」。 1554年(天文23年)、道三は仏門に入り、ついに長男・高政(伊藤英明)に家督を譲った。 本木は冒頭から美しい剃髪姿を披露。 SNS上には「僧形の本木雅弘の美しさにビビっておるよ」「黒着物に赤袈裟、大河はまた美坊主を生み出した」「本木雅弘さんの入道姿、100点満点の上に赤ペンのインクが切れるまで花マルを付け続けるわ。 黒を基調とした、でも落ち着きとギラギラ感が両立している道三の装い、いいぞー!」などの書き込みが続出した。 修行僧に扮した1989年の主演映画「ファンシイダンス」(監督周防正行)でも剃髪姿になった本木は「世の中の皆さんがイメージする入道姿の斉藤道三に、ようやく変貌することができました。 何だか、さなぎから出た蝶のような気分です。 これから、ますます道三パワーをまき散らしていきたいと思っています!多少の老けメイクも施されていますが、監督さんからは『にもかかわらず、あくまでも精気を失わない道三でいてほしい』との指示を頂き、一筋縄ではいかない道三に磨きをかけました!」と手応え。 ただ、増量したヒゲをつける時間も含め、この特殊メイクを施すには毎回3時間かかる。 落とす作業も「1時間以上かかります(泣)」と漏らした。 昨年11月に行われた合同インタビューの最後、道三役の今後の楽しみを問われると「ハゲかつら。 4K撮影にも耐え得る、継ぎ目の見えにくい特殊メイクで、ツルッとさせて60代を演じます」と笑いを誘っていたが、その実は「誰よりも早い入り時間が連日続いた時もあり、ロケの撮影日は日の出前から準備し、その日1日、頭の中だけサウナ状態で過ごすのは結構、悲惨でした(泣笑)」と涙ながらに(?)明かした。 1556年(弘治2年)、高政との父子による合戦「長良川の戦い」がドラマ序盤最大のヤマ場。 本木は「このささやかな影の苦労が報われるよう、皆さん、『麒麟がくる』を引き続き見守っていただけますと、ありがたく思います」と懇願した。

次の