モーダス 105。 NSPROモーダス3 TOUR105を試打してみての感想と評価【MODUS105】|サラリーマンゴルファーまさのゴルフ雑記帳

モーダス3を徹底比較!人気No.1アイアンシャフトモーダスの選び方

モーダス 105

ダイナミックゴールド 95・105・120 S200スペック表 シャフト フレックス シャフト長 ティップ径 バット径 カット 前重量 カット 後重量 キック ポイント DG95 S200 38. 5-35. 0 978-889. 355 inch 9. 00mm. 600 inch 15. 25mm 95g — 中元調子 DG105 S200 41. 0-37. 0 1,041 -940. 355 inch 9. 00mm. 600 inch 15. 25mm 103g — 元調子 DG120 S200 41. 0-37. 0 1,041 -940. 355 inch 9. 00mm. 600 inch 15. 25mm 118g — 元調子 作られている長さがそもそも違いました。 そういえば、DG95はあまりバットカットしませんでした。 ネックが短めのアイアンで番手をハードにする方向に、番手ズラシする場合は、注意が必要です。 そしてDG105とDG120は 2I用まで、DG95は 3I用までのラインナップになっています。 DG95とDG105のステップ位置の違い2 仕上がりのスペックは以下の通りです ダイナミックゴールド 長さ 重さ 振動数 スイングバランス 振り抵抗 装着シャフト重量 DG95 S200 36. 75インチ 418g 294cpm(A D2 2646 93g DG105 S200 36. 25インチ 420g 322cpm(SR D0 2583 94g DG120 S200 36. 50インチ 429g 326cpm (S) D0 2614 107g 数値については、測定方法・測定機器・ヘッドやグリップの重量などで変わりますので参考までに。 組み上がったスペック表を見て、DG95とDG105がネーミングから想像するよりも重量差が無いことが分かります。 同じヘッドで組み上げしておりませんし、長さも変えて作成しておりますので比較し難いかと思いますが、同じヘッドで取り付けした場合、シャフトの重量差は2~3g前後になると考えられます。 シャフトの硬さは1. 5フレックス相当DG105の方が硬く、実際に振り比べた方もDG95の方から先に振ると、DG105はシッカリ感を感じます。 モーダス3 120の時もそうでしたが、DG120もカット後のシャフト重量が120gのイメージを持ってしまいやすいですが、実際にはもう1ランク軽いイメージです。 「本家ダイナミックゴールドを長く使ってきたけど、少し軽くしたい。 」そんな方は、シャフトのクラブの重量だけ変えるイメージなのか?シャフトのしなる量も変えていくのか? そこを考えるとよりスイングにマッチしたスペックを選ぶことが出来ると思います。

次の

モーダス105が気になって5種類試打、iBlade+modus120◎!

モーダス 105

一打一打、世界の頂点へ。 国境を越えていくシャフトブランド「N. PRO」。 日本で誕生し、米国で評価され、やがて世界を席捲していく・・・。 PRO」は、使用プロがレギュラーツアーだけでなく海外メジャートーナメントでの優勝も達成するなど、近年特に輝かしい実績を重ねています。 PRO」が、今や世界のトップツアープロからアマチュアまで、そして世代も性別の違いも超えて愛用される充実のラインナップを提供しているその秘密は、『すべてのゴルファーへのジャストフィット』をコンセプトにチャレンジを続ける開発・設計・製造力にあります。 PRO」は、揺るぎない評価を確立した軽量スチールシャフトの世界的な大ヒット商品をベースに、一段と高い目標を掲げ、独自の発想力と技術力で時代の要請に応え、スチールシャフトだけでなく、個性豊かなカーボンシャフトまで、次々と新たなユーザーを獲得する製品を提案。 その製品すべてが目指すもの、それは、「N. PRO」ユーザーの誰もがゴルフへの熱意を奮い立たせ、スコアの限界を超え、さらには、スコアにこだわる心の限界さえも超えて、ゴルフとともに過ごす時間を無心に楽しむ境地を得ていただくことに他なりません。 国内唯一の総合ゴルフシャフトメーカーとして、世界へ活躍の場を広げていきます 1959年、「ばね」の世界トップメーカーであるニッパツのグループ企業のひとつとして誕生した「日本シャフト株式会社」は、N. PROブランドを中心に完全国内生産を行う、国内唯一の総合ゴルフシャフトメーカーです。 ビギナーからプロゴルファーまで幅広いゴルファーに対応するラインナップで、多くのゴルファーから信頼されるゴルフシャフトづくりを行っています。 50余年におよぶ歴史は、ユーザーの声に的確に応えるために、商品開発に全力を注ぎ、さらに一歩先の自社独自開発の商品提案の連続にほかなりません。 材料開発から商品開発、製造から品質管理に至るまでの全てのノウハウを蓄積してデータ化。 独自の設計プログラムと製造プロセス・品質の一元管理によって、他の追随を許さない精緻なゴルフシャフトづくりを実現。 数々のヒット商品を誕生させ、ご愛顧をいただいています。 これからは、社員全員が商品にかける情熱をさらにアップさせ、「誠意」「熱意」「創意」の社訓にそって、いっそう喜ばれる商品の提供とサービスに磨きをかけ、世界へと活躍の場を広げています。 そして歴史の中で築き上げた技術によって、ゴルフ業界の発展に貢献していける企業をめざします。

次の

モーダス105、120、125、130の特徴を、それぞれ教えてください。105は...

モーダス 105

モーダス105はアイアンでの直進性に優れたシャフト 軽量スチールであるモーダス105シャフトは、直進性に優れたシャフトと言えます。 体力に自信の無いゴルファーでも、軽量な分ボールを上げるのも楽で、かつ捕まったボールを打つ事ができます。 元々ダイナミックゴールドのS200を使っていたゴルファーがこのモーダス105に移行するケースが多く、ダイナミックゴールドS200ではミスショットになってしまっていたのがモーダス105だと上手くショットできる様な事も報告されています。 アイアンではシャフトの特性がもろにショットの結果につながってくる為、インパクトのズレがモーダス105だと補正できるのでしょう。 また、S200シャフトは重い為、それなりにスイングにパワーが必要となります。 その点、モーダス105ならS200に比べて軽く振れる為、ショットの結果が良くなるのもうなずけます。 そしてモーダス105はボールを真っ直ぐ飛ばすには適したシャフトで、多少ミスヒットしてもしっかりと距離と直進性を出す事ができます。 この辺は軽量シャフトであるが故のメリットという事が言えます。 ニッポンシャフトの代名詞、モーダス105の様な軽量シャフトが売り 国内数少ないスチールシャフトメーカーであるニッポンシャフトの代名詞と言えば、モーダス105に見られるような軽いスチールシャフトです。 従来、スチールシャフトと言えばアメリカトゥルーテンパー社のダイナミックゴールドが有名でしたが、体格の良い欧米人向けに作られたシャフトの為、重量がしっかりとしていました。 そこでニッポンシャフトは日本人向けに軽量スチールシャフトを販売し、スチールシャフトを敬遠していたゴルファーに受け入れられました。 カーボンからスチールに移行された方が必ず感じる事が、スチールシャフトの粘りです。 カーボンシャフトではボールを弾く様なイメージになるのですが、スチールシャフトは粘る、ボールを包み込む様なイメージのインパクトになります。 これがスチールシャフトのアイアンを使用するゴルファーが多い理由なのですが、さらにモーダス105はボールコントロール性能も優れています。 軽く触れてボールが真っ直ぐ飛んでくれるモーダス105ですので、スコアメイクがしやすくなります。 多くのスチールシャフトユーザーがモーダス105を評価する点はこういった理由からなのですね。 アイアンの振り抜きがよいモーダス105シャフトはボールが正しく飛ぶ アイアンショットでボールにコンタクトした後に芝が取れますよね。 モーダス105はこのインパクトでの振り抜きの良さにも定評があります。 通常インパクトではボールへの入射角度がきつすぎる、いわゆる深く入れ過ぎるとアイアンヘッドが芝につっかかる様な感じになり、飛距離のロスを招いてしまうのですが、モーダス105ならそんな心配は無用と言えます。 軽量シャフトな為、ダウンスイングでのタメも大きくする必要がなく、その分入射角度がなだらかになります。 すると自然にボールを打った後、薄く芝生が取れるようなインパクトとなる為、飛距離のロスがなく、番手通りの正しい飛距離を得る事が可能になるのです。 逆にモーダス105はスイングのタメが大きいタイプのゴルファーには向かないかもしれません。 これは、クラブの特性から見ると分かるのですが、ダウンスイングでのタメが大きいとインパクトでのしなり戻りも大きくなります。 この戻りが大きくなりすぎるとボールが暴れる事につながります。 その様なタイプのゴルファーは、モーダス105ではなくもっと重量のあるシャフトの方が合っていると言えます。 モーダス120と打ち比べてみましょう。 モーダス105シャフトは中心が軟らかく先に向けて硬い仕様のシャフト スチールシャフト独特のボールのつかまりの良さは、シャフトの仕様にあります。 モーダス105はダイナミックゴールドと同じ様に、シャフトの中心が柔らかく、先に向けて硬くなっていく仕様です。 これがインパクトの粘り感につながるのですが、モーダス105は軽量スチールの為ヘッドスピードがアップする効果も見込めます。 ヘッドスピードが上がれば当然飛距離も伸びる為、今までよりも番手を下げて狙う事が可能になります。 モーダス105は強く振ってもヘッドが暴れない仕様となっており、強く叩けるのも強みです。 アイアンショット、高弾道でピンをデットに狙っていく様なショットにモーダス105はマッチします。 適度な高さとスピン量でボールをグリーンにピタリと止める様なショットが可能となり、まるでプロの様なショットを可能にするのではないでしょうか。 あおり打ちさえ直せれば、モーダス105を使ってボールを上から捉える事ができ、スピンの効いたボールを打つ事は簡単になるでしょう。 軽量なのにツアープロも使うモーダス105シャフトの信頼性は高い プロはボールをハードにヒットさせるパワーとヘッドスピードがあるので、アイアンの重量もそれなりに重い物を使いますよね。 しかし、モーダス105を使用して飛距離を稼ぐプロもいます。 モーダス105は硬さXでもシャフト重量が112グラムしかなく、一見するとプロには軽すぎるシャフトではないかと思われます。 軽いという事は、ハードヒッターが使うとヘッドが暴れてボールコントロールが効かなくなるので、モーダス105は合わないと言えるのですが、このシャフトには軽量の要素以外に大きな特性があり、シャフトの剛性という特徴が1つ上のモーダス120に近いのです。 モーダス120はダイナミックゴールドと比べ少しだけ軽量なシャフトですので、モーダス105は一段上のシャフト剛性を持つ軽量シャフトであるという事が言えます。 軽いから暴れるという事ではなく、軽くてもハードに叩けるのがモーダス105なのです。 もちろん、ハードに叩けると言っても限界はあるので、スイングスピードやパワーに自信にあるゴルファーは上のシャフトを選択される事もオススメします。 スチールアイアンに革命、モーダス105などの軽量シャフトは可能性を広げる モーダス105に見られる様に、ニッポンシャフトの軽量スチールシャフトはゴルフ界に革命をもたらしました。 今まで、スチールシャフトは重くて難しい、軽いスチールシャフトは物足りないなどのイメージがあり、どちらかと言うと日本人アベレージゴルファーには敬遠されてきた感があります。 しかし、NSプロシリーズアイアンは軽量ながらしっかりとした打感の得られるシャフトとして今や多くのユーザーが使用するシャフトになりました。 モーダスシリーズを使うプロも多く、モーダス105もプロゴルファーの使用するギアとして定着しています。 信頼のおけるスチールシャフトとして、多くのゴルファーを満足させるシャフトにまで成長したニッポンシャフトですね。 また、ニッポンシャフトは国内で生産されるシャフトであり、高い品質にも定評があります。 メイドインジャパンブランドとして、今後世界で使用されるシャフトへと更に成長するシャフトだと思われます。 女性にも軽量スチールシャフトは十分に使えると思いますので、スチール独特の打感を感じてみてはいかがでしょうか。 モーダス105はスチールシャフトに限界を感じるゴルファー向け ダイナミックゴールドS200などの重いスチールシャフトを使ってきたゴルファーが成長の限界を感じた時、このモーダス105は強い味方となってくれるシャフトです。 軽量ながらしっかりと捕まるボールを打つ事ができ、かつ飛距離のロスも減らす事ができるのがモーダス105です。 年齢と共に体力の衰えは避けようがありませんので、モーダス105でカバーする事はゴルフを生涯続けていく上でも大きな助けになる事は間違いありません。

次の