凶悪 動画。 凶悪|動画を見るならdTV

凶悪 : 作品情報

凶悪 動画

史上最悪の凶悪事件。 その真相とは? ある日、雑誌『明朝24』の編集部に一通の手紙が届いた。 それは獄中の死刑囚 ピエール瀧 から届いた、まだ白日のもとにさらされていない殺人事件について の告発だった。 闇に隠れている凶悪事件 の告発に慄いた『明朝24』の記者・藤井 山田孝之 は、彼の証言の裏付けを取る うちに事件にのめり込んでいく……。 c 2013「凶悪」製作委員会 原作 新潮45編集部編『凶悪 一ある死刑囚の告発一』 新潮文庫刊 企画協力 新潮社 雑誌社で働く主人公のもとに、とある死刑囚からの告発状が届く。 調査を進めていくごとに、「先生」が主導した陰惨極まる大量殺人が明るみになってくる。 この実行犯たる死刑囚と先生役のピエール瀧とリリー・フランキーの怪演が、狂気を引き立てている。 フィクションであれど同じ人間なのにこうも残酷になれるのか。 人間の闇は深い。 ゾッとするのはクリスマス・パーティーのシーン。 愛嬌ある善人にしか見えない、ここだけ切り取るとそこら辺にいる気のいいおっさんだ。 しかし、にこやかに談笑する背景で笑いながら殺しをする。 そんな彼らの凶行に胸糞悪くするのは主人公だけではなく、我々のほとんども同様だろう。 事件を追うに連れ、「こいつらは死ぬべき人間だ」と主人公も願うようになっていく。 死を願う「凶悪」になっていった。 最後、面会室に取り残される主人公を見て、囚われているのはどっち側なのかわからなくなっていく。 主人公に共感を覚える自分もまた、囚われている「凶悪」なのかもしれない。 評価するにあたって難しさを感じました。 ストーリーや構成など映画としての要素は星5です。 ですが、気分が悪い。 何を言わんとしているのかがわかる。 わかるからこそ「うーん」と唸ってしまう。 途中主人公の奥さんが言うように暴力的な描写や犯人たちの残忍さに対して「悔しいけど楽しんでいる自分、怖いもの観たさの自分」がいるような感じを残されます。 リリーとピエールの役がどうもそういう効果を狙っているようにも思えます。 この映画、事件、主人公の家庭内不和のすべての起点が「老人」となっています。 主人公はなぜ家庭や職場を放って事件を追ったのか。 多分、自分を追っていたのだと思います。 老人を騙し、金と殺人を生む犯人を追う。 追った末に自分の家庭はどうなったか、自分はどうなったか? 自分の母(老人)をまるで犯人が被害者(老人)を騙すようにホームに入れています。 犯人たちが老人たちに会うために回っていたホームに。 最後の面会のシーン。 リリーのセリフ「僕を一番死刑にしたいと思っているのは(君)。 」 リリーの写っていたガラスに主人公が映る。 どちらがどちらなのか・・・。 そしてやっぱり奥さんの言うように「悔しいけど楽しんでいる自分、怖いもの観たさの自分」=主人公(そして観客としての自分)が映っているように感じました。

次の

凶悪 (映画)

凶悪 動画

ある日、記者の元に死刑囚から一通の手紙が届く。 それはまるで犯罪小説のような信じ難い内容の告発文であった。 記者の藤井は死刑囚須藤に面会し告発文の真相を確かめるが、 須藤の話の曖昧さや非現実な内容から不信感を抱いていた。 しかし須藤との面会を重ねる内に、藤井は事件へとのめり込んでいき… 藤井は真相に辿り着くことが出来るのか、須藤の本当の狙いとは一体。 映画『凶悪』は 2013年9月21日に公開。 監督は白石和彌で、主演は山田孝之が務めています。 この作品は1999年に起きた「上申書殺人事件」を基にしており、原作は2009年の文庫化で10万部を超えるベストセラーとなりました。 実話とは思えない程衝撃的な内容になっています。 藤井修一:山田孝之 スクープ雑誌「明潮24」の記者。 モデルは『新潮45』編集部の宮本太一。 須藤純次:ピエール瀧 死刑囚。 元暴力団組長。 木村孝雄:リリー・フランキー 「先生」と呼ばれている不動産ブローカー。 藤井洋子:池脇千鶴 藤井の妻。 認知症の姑の介護に疲れ果てている。 藤井和子:吉村実子 藤井の母。 認知症。 五十嵐邦之:小林且弥 須藤の舎弟。 須藤に心酔している。 日野佳政:斉藤悠 木村から須藤に託された舎弟。 田中順子:範田紗々 日野の交際相手。 佐々木賢一:米村亮太朗 須藤のムショ仲間。 須藤を裏切って殺される。 遠野静:松岡依都美 須藤の内縁の妻。 遠野星姫:森田眞生 木村心結: 遠野の娘。 福森孝:九十九一 木村の共犯。 身寄りのない老人を探して木村に紹介。 映画『凶悪』評判・感想【ネタバレなし】 『凶悪』 日本映画界の先頭を走る白石和彌の名を刻み込んだ、実録犯罪映画の新たなる大傑作。 リリー・フランキーが考えピエール瀧が実行した悪行に、様々な意味で興奮してしまう。 — レオナ ClockworkReona 山田孝之さん主演の「凶悪」って映画を観たのだけども。 これがかなり怖くて面白かった。 以下ネタバレ。 隠された犯罪を暴くべく正義の心で挑んだ記者。 気がつけば妻の心を殺し、犯罪者に死刑を求め、自分の中に凶悪がある事を知る。 人間の闇を感じさせる映画だ。 — チオミ tomii1 「凶悪」という映画。 かなり凶悪な内容で人間の闇が重すぎる。 実在の凶悪事件をテーマにした映画なんだが、凶悪事件の現場よりも主人公の家庭の事情のほうがみてて辛かった。 殺しを依頼する者、依頼されて実行する者、裏切った者を殺す者、家族を売る者、 その全てが凶悪で、様々な悪が入り交じった作品となっています。 物語の中心は、過去に須藤や木村が起こした事件の内容となっており、 複数の人が様々な方法によって殺されていく衝撃的な映像が続きます。 また、そんな死刑囚須藤にも残された家族がおり、妻や子供の描写も度々出てきます。 妻が須藤のことを語るシーンが出てきますが、 今でも須藤のことを悪く思っていないことには驚きました。 妻が須藤同等な人間なのかもしれませんが、 今でも妻が庇う程に須藤は本来は情に厚く仲間には優しい男だったのかと 情が沸いてしまいそうにもなりました。 これが実話と思うと、本当に恐ろしく、信じられません。 しかしこの作品の中でも最も悲しく苦しいのは藤井の妻ではないでしょうか。 仕事に夢中になり、妻に介護を押し付けた藤井もまた、凶悪以外の何者でもありません。 このシーンが本当に切なく、涙が溢れました。 現実に起きた恐ろしい事件を基にしている為、通常のヤクザ映画とは一味違う 圧倒的な緊張感と展開に惹き込まれてしまう映画です。

次の

山田孝之・ピエール瀧:映画:凶悪無料フル動画視聴!Pandora/Dailymotion

凶悪 動画

ある日、記者の元に死刑囚から一通の手紙が届く。 それはまるで犯罪小説のような信じ難い内容の告発文であった。 記者の藤井は死刑囚須藤に面会し告発文の真相を確かめるが、 須藤の話の曖昧さや非現実な内容から不信感を抱いていた。 しかし須藤との面会を重ねる内に、藤井は事件へとのめり込んでいき… 藤井は真相に辿り着くことが出来るのか、須藤の本当の狙いとは一体。 映画『凶悪』は 2013年9月21日に公開。 監督は白石和彌で、主演は山田孝之が務めています。 この作品は1999年に起きた「上申書殺人事件」を基にしており、原作は2009年の文庫化で10万部を超えるベストセラーとなりました。 実話とは思えない程衝撃的な内容になっています。 藤井修一:山田孝之 スクープ雑誌「明潮24」の記者。 モデルは『新潮45』編集部の宮本太一。 須藤純次:ピエール瀧 死刑囚。 元暴力団組長。 木村孝雄:リリー・フランキー 「先生」と呼ばれている不動産ブローカー。 藤井洋子:池脇千鶴 藤井の妻。 認知症の姑の介護に疲れ果てている。 藤井和子:吉村実子 藤井の母。 認知症。 五十嵐邦之:小林且弥 須藤の舎弟。 須藤に心酔している。 日野佳政:斉藤悠 木村から須藤に託された舎弟。 田中順子:範田紗々 日野の交際相手。 佐々木賢一:米村亮太朗 須藤のムショ仲間。 須藤を裏切って殺される。 遠野静:松岡依都美 須藤の内縁の妻。 遠野星姫:森田眞生 木村心結: 遠野の娘。 福森孝:九十九一 木村の共犯。 身寄りのない老人を探して木村に紹介。 映画『凶悪』評判・感想【ネタバレなし】 『凶悪』 日本映画界の先頭を走る白石和彌の名を刻み込んだ、実録犯罪映画の新たなる大傑作。 リリー・フランキーが考えピエール瀧が実行した悪行に、様々な意味で興奮してしまう。 — レオナ ClockworkReona 山田孝之さん主演の「凶悪」って映画を観たのだけども。 これがかなり怖くて面白かった。 以下ネタバレ。 隠された犯罪を暴くべく正義の心で挑んだ記者。 気がつけば妻の心を殺し、犯罪者に死刑を求め、自分の中に凶悪がある事を知る。 人間の闇を感じさせる映画だ。 — チオミ tomii1 「凶悪」という映画。 かなり凶悪な内容で人間の闇が重すぎる。 実在の凶悪事件をテーマにした映画なんだが、凶悪事件の現場よりも主人公の家庭の事情のほうがみてて辛かった。 殺しを依頼する者、依頼されて実行する者、裏切った者を殺す者、家族を売る者、 その全てが凶悪で、様々な悪が入り交じった作品となっています。 物語の中心は、過去に須藤や木村が起こした事件の内容となっており、 複数の人が様々な方法によって殺されていく衝撃的な映像が続きます。 また、そんな死刑囚須藤にも残された家族がおり、妻や子供の描写も度々出てきます。 妻が須藤のことを語るシーンが出てきますが、 今でも須藤のことを悪く思っていないことには驚きました。 妻が須藤同等な人間なのかもしれませんが、 今でも妻が庇う程に須藤は本来は情に厚く仲間には優しい男だったのかと 情が沸いてしまいそうにもなりました。 これが実話と思うと、本当に恐ろしく、信じられません。 しかしこの作品の中でも最も悲しく苦しいのは藤井の妻ではないでしょうか。 仕事に夢中になり、妻に介護を押し付けた藤井もまた、凶悪以外の何者でもありません。 このシーンが本当に切なく、涙が溢れました。 現実に起きた恐ろしい事件を基にしている為、通常のヤクザ映画とは一味違う 圧倒的な緊張感と展開に惹き込まれてしまう映画です。

次の