ハイ スクール d d ハーメルン。 experience-ccra-in.ctb.com

experience-ccra-in.ctb.com

ハイ スクール d d ハーメルン

我が家は古い武家屋敷で、裏手には土蔵と小さいながらも剣道場が建っている。 隣に幼なじみが住んでいた頃は、一緒に道場内でチャンバラごっこで遊んだりしたもんだ。 黒歌は数年前に怪我をして路上で行き倒れていた所に偶々遭遇して、俺が保護をした〝 元 ・ 悪魔〟だ。 黒歌は『猫丞』という希少な妖魔種族で、とある悪魔に強引に〝眷属〟にされていたが、なんやかんやあって〝はぐれ悪魔〟になっていた。 黒歌に〝悪性〟を感じなかった俺は、そこで〈国際警察機構〉のエキスパートである家の父さんに頼み込み、父さんの同僚である超一流の〈魔術師〉の手によって元の種族へと戻してもらったのである。 というか警察。 民衆の平和を守り、規律による正義を守り、全世界の人々の命を守る。 戦闘に関しても、〈神器所有者〉などの〝異能力者〟や〝英雄の子孫や転生体〟が所属者に多く、強大。 「そうそう」 「俺の名をくだらん洒落に使うな」 ツッコミを入れながらテーブルに人数分のお茶を置く青年。 居候その二、名前は『曹操』。 年齢十九歳。 〈中華三大国〝大魏〟〉の王家直系の子孫であり、俺の母方の親戚にあたる男(三大国王家自体が親戚関係だが)で、才能豊かな文武両道の実力者。 俺と曹操が出会ったのは、お互い小学生の頃。 当時の曹操は留学生ながらその覇気と実力とカリスマ性と若気の至りで、所謂〝 番長 ガキ大将 〟として君臨していた。 その後、曹操の方は本国に戻って心機一転で一から鍛練を積み重ねている内に〝神器〟が発現する結果を齎した。 そんな曹操が我が家に居る理由は、曹操の小学生時代の家が既に無くなっていたので、配属先の先輩である家の父さんが厚意で下宿させているのだったりする。 〝神器所有者の命を狙った堕天使〟とは、イッセーも面倒な輩に言い寄られていたものだな」 「そう言う曹操は、小学生の時には同級生の〝男〟から言い寄られていたよな?」 何でも、その男は名前を逆さから読んではいけないらしい。 「うわあああああっ!? 〝ヤツ〟の事は思い出させるなイッセー!」 頭を抱えて喚く曹操。 どうやらこの事は治療不可能なトラウマらしい。 序でだから黒歌の妹の様子も見ておくよ」 「イッセー、感謝するにゃん!」 実は黒歌には生き別れの妹が一人居て、現在はリアス=グレモリーの〝眷属〟になっている。 母さんは、現役女子高生でも通じるその若作りの容姿で、現在は『桃園モモ』という芸名で芸能界で特撮ヒーロー番組の美少女主人公やアイドル歌手として活動をしているのだ。 正体を知っている身からすると立派な詐欺である。 「これ録画?」 「リアルタイム生放送にゃ」 「あ、そうだイッセー。 先輩からの伝言で、帰ってきたら道場に顔を出すようにとの事だ」 曹操が思い出したかのように、父さんからの伝言を伝えてきた。 「了解。 曹操、伝言サンキュー」 俺は冷めたお茶を一気に飲み干して立ち上がり、道場へと向かった。 俺が道場の中に入ると、稽古着姿の父さんが中央の床の上に正座をして佇んでいた。 家伝の〈兵藤流闘殺法〉は、若い頃の父さんが『異世界(俺のとは別の)に魔王退治の為に片道召喚(帰還は自力で、幾つもの世界を経て)されて、冒険をしながら実戦の中で編み出した武術』で対魔物用の技が多数を占めている。 武器は剣を基本に槍・斧・鞭・ブーメランなどの他にも色々な物を扱う。 稽古は、朝は基本の鍛練で曹操らも参加しているが、夜は身内のみで秘伝の伝授を行っている。 しまった、見逃した!」 〝orz〟のポーズでうなだれる父さん。 俺と父さんは気持ちを切り替え、道場中央付近で右手に 木剣 ひのきの棒 、左手に 木製の円盾 お鍋のフタ を装備して左半身に構えて対峙する。 終わったら風呂に入った後、自分の部屋に戻って寝た。

次の

ハイスクールD×B

ハイ スクール d d ハーメルン

我が家は古い武家屋敷で、裏手には土蔵と小さいながらも剣道場が建っている。 隣に幼なじみが住んでいた頃は、一緒に道場内でチャンバラごっこで遊んだりしたもんだ。 黒歌は数年前に怪我をして路上で行き倒れていた所に偶々遭遇して、俺が保護をした〝 元 ・ 悪魔〟だ。 黒歌は『猫丞』という希少な妖魔種族で、とある悪魔に強引に〝眷属〟にされていたが、なんやかんやあって〝はぐれ悪魔〟になっていた。 黒歌に〝悪性〟を感じなかった俺は、そこで〈国際警察機構〉のエキスパートである家の父さんに頼み込み、父さんの同僚である超一流の〈魔術師〉の手によって元の種族へと戻してもらったのである。 というか警察。 民衆の平和を守り、規律による正義を守り、全世界の人々の命を守る。 戦闘に関しても、〈神器所有者〉などの〝異能力者〟や〝英雄の子孫や転生体〟が所属者に多く、強大。 「そうそう」 「俺の名をくだらん洒落に使うな」 ツッコミを入れながらテーブルに人数分のお茶を置く青年。 居候その二、名前は『曹操』。 年齢十九歳。 〈中華三大国〝大魏〟〉の王家直系の子孫であり、俺の母方の親戚にあたる男(三大国王家自体が親戚関係だが)で、才能豊かな文武両道の実力者。 俺と曹操が出会ったのは、お互い小学生の頃。 当時の曹操は留学生ながらその覇気と実力とカリスマ性と若気の至りで、所謂〝 番長 ガキ大将 〟として君臨していた。 その後、曹操の方は本国に戻って心機一転で一から鍛練を積み重ねている内に〝神器〟が発現する結果を齎した。 そんな曹操が我が家に居る理由は、曹操の小学生時代の家が既に無くなっていたので、配属先の先輩である家の父さんが厚意で下宿させているのだったりする。 〝神器所有者の命を狙った堕天使〟とは、イッセーも面倒な輩に言い寄られていたものだな」 「そう言う曹操は、小学生の時には同級生の〝男〟から言い寄られていたよな?」 何でも、その男は名前を逆さから読んではいけないらしい。 「うわあああああっ!? 〝ヤツ〟の事は思い出させるなイッセー!」 頭を抱えて喚く曹操。 どうやらこの事は治療不可能なトラウマらしい。 序でだから黒歌の妹の様子も見ておくよ」 「イッセー、感謝するにゃん!」 実は黒歌には生き別れの妹が一人居て、現在はリアス=グレモリーの〝眷属〟になっている。 母さんは、現役女子高生でも通じるその若作りの容姿で、現在は『桃園モモ』という芸名で芸能界で特撮ヒーロー番組の美少女主人公やアイドル歌手として活動をしているのだ。 正体を知っている身からすると立派な詐欺である。 「これ録画?」 「リアルタイム生放送にゃ」 「あ、そうだイッセー。 先輩からの伝言で、帰ってきたら道場に顔を出すようにとの事だ」 曹操が思い出したかのように、父さんからの伝言を伝えてきた。 「了解。 曹操、伝言サンキュー」 俺は冷めたお茶を一気に飲み干して立ち上がり、道場へと向かった。 俺が道場の中に入ると、稽古着姿の父さんが中央の床の上に正座をして佇んでいた。 家伝の〈兵藤流闘殺法〉は、若い頃の父さんが『異世界(俺のとは別の)に魔王退治の為に片道召喚(帰還は自力で、幾つもの世界を経て)されて、冒険をしながら実戦の中で編み出した武術』で対魔物用の技が多数を占めている。 武器は剣を基本に槍・斧・鞭・ブーメランなどの他にも色々な物を扱う。 稽古は、朝は基本の鍛練で曹操らも参加しているが、夜は身内のみで秘伝の伝授を行っている。 しまった、見逃した!」 〝orz〟のポーズでうなだれる父さん。 俺と父さんは気持ちを切り替え、道場中央付近で右手に 木剣 ひのきの棒 、左手に 木製の円盾 お鍋のフタ を装備して左半身に構えて対峙する。 終わったら風呂に入った後、自分の部屋に戻って寝た。

次の

ハイスクールD×B

ハイ スクール d d ハーメルン

《side朱乃》 私たちは木場君を探すために使い魔を放ち、探索をしているとキズだらけの紫藤イリナさんを発見した。 すぐに救助に向い治療を施していると…… はぐれ神父のフリード・セルゼンと我が堕天使の裏切り者であるコカビエルと対峙した。 そして、話しによると三つ巴の戦争が終戦したことが気に食わないためにリアスとソーナ会長を殺してサーゼクス様とセラフォルー様に新たな戦争の宣戦布告をしよう駒王学園で待ち構えるようです。 私も友人としてリアスとリアスの眷属たちを守るために、そしてカズ君が言うには七大魔王の一人である。 ルーチェモンが駒王学園に向かったと連絡があり、カズ君の眷属たちが到着するまでどうにか耐えて欲しいとのこと…… ソーナ「学園全体を結界で覆いました。 余程のことがない限り外への被害は食い止められるはずです」 リアス「ありがとう。 助かるわ、ソーナ」 ソーナ「ただし、現状が維持されていればの話しです」 リアス「そうね」 リアスとソーナ会長が話しをしていると後ろから椿姫副会長が転移魔法で現れた イッセー「副会長、イリナは?」 椿姫「命に別状はありません。 アルジェントさんの治癒のお陰です」 アーシア「よかった!」 イッセー「ゼノヴィアは一体何処に行っちまったんだ?」 匙「木場の方もまだか?」 イッセー「ああ、連絡取れねぇ。 でも無事だと信じてる」 子猫「はい」 ソーナ「できるだけ結界は維持しますが学園の崩壊は免れないかもしれませんね。 耐え難いことですが……」 リアス「そんなことはさせないわ!」 ソーナ「リアス、今からでも遅くはありません。 お兄様へ連絡を」 リアス「貴女だって……お姉様を呼ばなかったじゃない?」 ソーナ「私のところは……。 貴女のお兄様は貴女を愛しておられるでしょ?サーゼクス様なら必ず動いてくれるはずです。 ですから……」 朱乃「サーゼクス様には私の方から連絡を打診しておきましたわ」 リアス「朱乃、貴女は何を勝ってに!」 朱乃「リアス、貴女がサーゼクス様にご迷惑をおかけしたく無いのはわかるわ。 けれど、相手は堕天使の幹部よ。 貴女個人で解決するレベルを越えているわ。 それにカズ君もこちらに向かっていると仰っていましたわ」 リアス「はぁ~」 リアスは朱乃の意思の強い目と現状を理解して朱乃の提案を承諾することにした 朱乃「ご承諾ありがとうございます、部長。 サーゼクス様の軍勢はおよそ一時間程度で到着するようです」 リアス「カズマの方は?」 朱乃「私意外の眷属を早急に召集をかけているため、揃い次第こちらに向かうとのことです」 リアス「そう。 まったく貴女にはかなわないわ。 息なりの召集に集まってくれてありがとう」 シノン「仕事中の私やユウキ、白輝。 それに冥界にいたティアまで呼びつけるなんて余程のことなんでしょうね?」 カズマ「ああ。 この街に七大魔王の一人で傲慢を司るルーチェモンを見つけた」 眷属たち「「「ッ!?」」」 レオモン「それは本当なのか、カズマ?」 カズマ「ああ。 つい先ほど廃墟でジエスモンとなってルーチェモンと交戦した。 しかしグランドクロスで逃げられた。 奴は最後に駒王学園で待つと言っていた」 今俺と話したのは八神英ことバンチョーレオモンなのだが、ずっと究極体でいると疲れるらしく神様から橙色のデジヴァイスバーストをもらい通常はレオモンまたは八神英として行動している。 それとレオモンは戦車の駒を担っている ユウキ「それが本当ならカズマの友達が危ないよ!」 カズマ「だから、頼む!皆の力を俺に合わせてほしい」 俺は眷属の皆に頭を下げる シノン「はぁ~、わかったはやってあげるわよ」 ユウキ「そうだよ、カズマのお願いなら聞いてあげるよ 」 黒歌「そうにゃ、カズマには返しても返せない恩が私たちにはあるのにゃ」 白音「私も姉様と同じ意見です」 白輝「私もカズマには救ってもらったしね」 ティア「我等の王を担う。 リアス「ケロベロス!?」 イッセー「え?」 朱乃「冥界の門に生息する地獄の番犬ですわ !」 アーシア「地獄の……番犬!?」 リアス「人間界に持ち込むなんて……。 行くわよ、朱乃、子猫!」 朱・子「はい、部長!」 リアス「イッセーは神器でパワー強化を!」 イッセー「はい、部長!赤龍帝の籠手」 【Boost!】 朱乃「デジソウルチャージ、エボリューション!」 朱乃はデジヴァイスに黄色のデジソウルをチャージしてサクヤモンにエボリューションする 朱乃『陰と陽を司る、サクヤモン』 それぞれケロベロスを囲むように布陣する イッセー「アーシア、下がってろ!」 アーシア「はい!」 イッセー「大丈夫、あんなワンコーなんて直ぐに部長たちが倒してくれるから」 【Boost!】 ケロベロスは息なりリアスに向かう火炎を吐くがリアスはひらりと火炎を躱わす 朱乃『ハアッ!』 朱乃は魔力で吹雪を作りケロベロスの火炎を一瞬で凍らせる。 続いてリアスがケロベロスに破滅の魔力で攻撃する リアス「ハアアッ!!」 もう一匹のケロベロスか二人に突進するが子猫が空中で一回転して威力を増した踵落としをケロベロスの真ん中の頭に決める 子猫「えい」 朱乃『もう一撃!』 朱乃はだめ押しの雷撃をケロベロスに放ち、一匹を仕留める 【ウガアアアア!!】 しかし、リアスの攻撃を受けた方のケロベロスは未だに健在だ イッセー「クソ!なんてタフな奴なんだ!」 【Boost!】 イッセー「まだだ、譲渡するには全然足らねぇ クソ!俺がもっと強ければ、デジヴァイスがあれば…… 」 イッセーは皆が戦っている中、自分の弱さを嘆いていた アーシア「きゃああああ!?」 アーシアの悲鳴が聞こえそちらを見るとアーシアのところに新たなケロベロスがいた。 イッセーは咄嗟にアーシアを抱き抱えて、ケロベロスの火炎から回避する イッセー「もう一匹いたのかよ!」 【Boost!】 イッセー「攻撃しても、されてもパワーの倍増がリセットされちまうし。 禁手に……」 やっと駒王学園の正門が見えるとソーナたちが張っていた結界が息なり砕け散る 「「「きゃああああ!?」」」 カズマ「クソ!ソーナ大丈夫か!?」 ソーナ「八神君……まったく遅刻ですよ? 」 カズマ「遅れて悪かった。 だが、もう安心だ後は任せろ!」 ソーナ「いいえ、私たちはまだやれます!」 カズマ「そんな状体で、どうやるってんだよ!魔力だってもう無いのに!」 ソーナ「これは私がソーナ・シトリーとしての意地です!」 カズマ「わかった。 だけどサポートはさせてもらう」 ソーナ「ええ、お願いします」 カズマ「白音と白輝とティアはフルパワーでソーナたちの結界の補助をしてくれ」 白・輝・ティ「「了解!」」 三人は俺の指示を聞くとそれぞれデジヴァイスを出す 【BGM:Break Up】 三人「「「デジソウルチャージ、エボリューション!!」」」 白音は白いデジソウル、白輝は青いデジソウル、ティアは水色のデジソウルを、それぞれのデジソウルと同じ色のデジヴァイスにチャージする 白音『北を守りし聖獣、バイフーモン!』 白輝『白銀の聖竜、スレイヤードラモン!』 ティア『古代の皇帝龍、インペリアルドラモン!』 白音は四獣の一体であるバイフーモンを、白輝は四大竜の一体であるスレイヤードラモンを、ティアは同じ龍ではあるが古代の皇帝龍であるインペリアルドラモンをその身に纏う カズマ「それじゃあ、後は頼む。 アグモン、ガブモン、リアライズ!」 俺はアグモンとガブモンをリアライズして後を三人に任せて校舎の方へ足を進める 《sideソーナ》 カズマたちが校舎に向かった後、匙はカズマたちについてソーナに質問する 匙「あの……会長。 八神の奴は一体?それにあの三人は……」 ソーナ「椿姫以外は彼の正体を知りませんでしたね。 彼の正体は彼のアルファモン本人です。 そして、あの三人はアルファモンの眷属です」 シトリー眷属「「「アルファモン!?」」」 ソーナ「彼の……アルファモンの力は、三種族で語り継がれてきた。 過去の……1000年前の戦争を終戦に導いた、伝説の聖騎士『オメガモン』と同等の力を有しているとか」 匙「八神があのオメガモンと同等の力を……」 ソーナ「リアスたちのことを頼みましたよ。 朱乃たちを探すとなんと無事であったが皆、かなりボロボロだ。 朱乃に関してかろうじてサクヤモンの巫女服を維持しているが左手と右足が酷い火傷があった。 カズマ「皆!?」 朱乃「カズ君……ごめんなさい。 皆を……守ることが……できま……せん……でした」 朱乃はカズマを見て最後の言葉を残すと気を失ってしまう カズマ「朱乃!?」 リアス「大丈夫よ、気を失っただけよ。 でも早く治療しないと危ないわ」 カズマ「わかってる、ユウキと黒歌。 皆の治療を頼む」 ユウキ「了解だよ!」 黒歌「わかったにゃ!」 カズマ「シノンとレオモンは皆の護衛を頼む 」 シノン「ええ」 レオモン「了解した」 三人はそれぞれ懐からデジヴァイスを出す。 シノンは緑のデジヴァイス、ユウキは紫のデジヴァイス、レオモンは橙のデジヴァイス。 シノ・ユウ・黒「「デジソウルチャージ、エボリューション!!」」 レオモン「デジソウルチャージ、バースト!!」 黒歌は黒のデジソウル、シノンは緑のデジソウル、ユウキは紫のデジソウル、レオモンは橙のデジソウルをチャージする 黒歌『妖艶なる悪魔、リリスモン!』 シノン『鋼鉄の打ち手、セントガルゴモン! 』 ユウキ『愛と生命を育む、オファニモン!』 バンチョー『燃え上がる獣の闘士、バンチョーレオモン!』 黒歌はリリスモンに、シノンはセントガルゴに、ユウキはオファニモンに、レオモンはバンチョーレオモンへとエボリューションする カズマ「それじゃあ、俺はルーチェモンを倒してくる」 俺は朱乃たちを四人に任せてルーチェモンの元へ足を動かすと、後ろからイッセーに声をかけられる イッセー「カズマ!」 カズマ「なんだ?イッセー」 イッセー「朱乃さんは俺たちを守るためにボロボロになったんだ……」 カズマ「……」 イッセー「だから、朱乃さんの仇を頼む!」 カズマ「ああ、わかった。 朱乃の仇は俺がきっちりと決めてやるよ!」 ルーチェモンの元に行くと息なり爆発音と爆煙が生まれた。 爆煙が止むとそこには、ボロボロになった堕天使の幹部コカビエルとルーチェモンが対峙していた コカビエル「この天使擬きが!」 ルーチェ「どうした、その程度なのか?堕天使の幹部コカビエルとは」 コカビエル「ほざけ!」 コカビエルは膨大な力を凝縮した光の槍をルーチェモンに目掛けて投擲する。 ルーチェモン「フンッ!こんな玩具で俺に傷をつけようなんて」 コカビエルの光の槍はあっさりとルーチェモンにへし折られ霧散する コカビエル「そんな……バカな……」 ルーチェモン「なら、次はこちらからいくぞ?」 ルーチェモンは次は自分の番だと言って一瞬消えたようにコカビエルの背後をとる コカビエル「なっ!?何処だ、何処にいる! 」 ルーチェモン「ここだよ」 コカビエル「なに!?」 コカビエルが後ろに振り向ことした、その時ルーチェモンはコカビエルの両翼全てを無理やり引きちぎる コカビエル「ぐあああああ!?俺の翼が……」 コカビエルは両翼を全て引きちぎられ地上に向けて自由落下する。 そして、ルーチェモンは引きちぎったコカビエルの翼をデジコードに変えて取り込む ルーチェモン「俺は慈悲深い、故にお前の翼を有効活用しようじゃないか」 ルーチェモンはデジコードを完全に取り込むと、その姿をルーチェモン:フォールダウンモードに進化する ルーチェモン「さて、腕試しと行くか?喜べ、コカビエル。 お前はこの世界で初めて俺の力を受けれるんだからな?」 コカビエル「なにを……いって」 ルーチェモン「パラダイスロスト!」 ルーチェモンはコカビエルに無数の打撃を与えていく。 コカビエル「うがああああ!?」 そして、最後に空高く蹴りあげてコカビエルを空中で逆さまに掴まえて身動きが取れないように足を手でつかみ。 コカビエルの脇の下に足で腕を下げれないように固定して、そのまま地面に激突させる コカビエル「……」 コカビエルはルーチェモンのパラダイスロストにもろに喰らい、戦闘不能になる ルーチェ「フハハハハ!見たかった俺の進化した力を!次はお前だ、選ばれし子供。 八神カズマ!」 カズマ「ああ、俺はお前を許さない!」 ルーチェ「俺は慈悲深いからな、デジモンの姿に変わるのを待ってやろう」 カズマ「フッ、まさに傲慢だな」 ルーチェモンは俺がデジモンに成るのを腕を組みながら待っている カズマ「アグモン、ガブモン。 進化だ!」 アグモン「うん!」 ガブモン「ああ!」 【BGM: Brave Herat ver tri】 アグモン『アグモン!ワープ進化ぁぁぁぁ! ウォォォォグレイモン!』 ガブモン『ガブモン!ワープ進化ぁぁぁぁ! メタルッッガルルモン!』 カズマ「行くぞ!二人とも」 グレイ・ガルル『おう!』 カズマ「デジタルエボリューション!」 そう叫ぶとデジヴァイスが光、右手にメタルガルルモン、左手にウォーグレイモンが合体する。 そして、両手から白い物が伸びて俺をデジヴァイスごと包み込み光る。 やがて、光が止むと背中から白いマントが現れる カズマ『聖なる騎士、オメガモン!』 エボリューションが終わると俺をオメガモンへと変身させた ルーチェ「準備はできたか?」 カズマ『ああ。 だが、ここだと被害が大きくなる。 だから場所を移したい』 ルーチェ「いいだろ」 俺はグレイソードを出して空間に穴を開けて疑似デジタルワールドへ繋がる道を作る カズマ『こっちだ』 ルーチェ「フンッ!」 ルーチェモンは俺と一緒に疑似デジタルワールドに入るとお互い少し間合いをあける カズマ『準備はできた。 いつでもいいぞ?」 ルーチェ「フンッ!俺は慈悲深いから先手はくれてやる」 カズマ『その言葉は聞き飽きたよ!』.

次の