妊娠後期便秘。 【妊娠中の便秘】妊娠初期の便秘解消法

妊娠後期で便秘が悪化!保健師が教える臨月までにすっきり楽に出せるおすすめの方法

妊娠後期便秘

妊娠中はさまざまな体の不調に悩まされますが、中でも便秘に悩むママは多いのではないでしょうか? ママスタにも、妊娠中の便秘に悩むママが投稿。 実際に効果のあった便秘解消法を尋ねていました。 先輩ママたちの実際に効果のあった方法とは、どんなものがあるのでしょうか? 妊娠するまで便秘に悩むことはなかったママたちの声 妊娠するまでは便秘になったことなどないという方も、妊娠中に便秘になってしまったという声がよせられていました。 お腹が大きくなる妊娠後期に便秘に悩む方がいるようです。 臨月のときに便秘になった 『便秘辛いよね。 私も臨月に入ってから、生まれて初めて便秘になってトイレで苦しんでたな~』 妊娠後期に便秘になったママ 『私も妊娠前は便秘知らずだったのに妊娠後期に便秘に悩まされたよー』 妊娠中の便秘に効果があった食べ物は? 妊娠中のため、なるべくなら食事で便秘を改善したいと考える方もいますよね。 先輩ママの中には、便秘にはこの食材が効いたというコメントが寄せられていました。 また、食事はよく噛んで食べることが効果があったという声もありましたよ。 妊娠中の便秘に効果があった食べ物1:里芋とキャベツ 『私は里芋とキャベツが効きました! キャベツは包丁で切るんじゃなくて、手でちぎったやつを生でバリバリ食べてました!』 妊娠中の便秘に効果があった食べ物2:プルーン 『プルーンを一袋食べてやっと出たことがあります』 妊娠中の便秘に効果があった食べ物3:ヨーグルトやコーヒーにオリゴ糖を入れる 『オリゴ糖いいよ! トロトロの甘いものだからヨーグルトやコーヒーに混ぜるとちょうどいい』 『オリゴ糖。 ビックリするぐらい効く!』 妊娠中の便秘に効果があった食べ物4:オールブラン 『オールブラン食べるようにしたら毎日いい感じに出るようになったよ。 ドライフルーツが一緒に入ってる緑の袋のやつ』 妊娠中の便秘に効果があった食べ物5:オリーブオイル 『便秘薬以外で出たことなかったけど、オリーブオイルは効いたよ。 毎日大さじ1くらい摂取してみて! 柔らかいものが出るから』 『繊維だけじゃ詰まって出なくなるから海藻とかの水溶性繊維で。 あとコンニャク!』 水分補給は大切!便秘に効果のあった飲み物 毎日の水分補給は必要ですが、特に効果のあった飲み物は一体何なのでしょうか。 同じ水でも飲む時間や、質の異なる水を取るだけで効果があるのですね。 妊娠中の便秘に効果のあった飲み物1:常温水 『朝一に常温水をコップ1杯!』 妊娠中の便秘に効果のあった飲み物2:硬水 『硬水。 水分補給と便秘対策でコントレックスめっちゃ飲んでた。 慣れたら普通に飲めたし、効果もあったと思う』 妊娠中の便秘に効果のあった飲み物3:黒豆茶・黒豆ココア 『すごい便秘だったけど薬は飲みたくないので、妊娠後期で役立ったのが黒豆茶、黒豆ココア。 これオススメですよ。 お腹の中スッキリです』 妊娠中の便秘に効果のあった飲み物4:甘酒 『甘酒いいよ』 『米麹の甘酒。 産婦人科で出してもらった薬が効かなくて、いろいろやったけど駄目だったのに甘酒だけ効いた。 二人目はつわり後から飲んでたおかげで便秘知らずだった』 妊娠中の便秘に効果のあった飲み物5:豆乳ココア・とうもろこし茶 『豆乳ココアととうもろこし茶で毎日快便になった!』 『私はルイボスティー飲んでから妊娠中の便秘は解消されてるよ』 食事以外で便秘解消!運動などで便秘解消しました 食べ物や飲み物で便秘解消する方法のほかに、大事にしたいのが運動です。 さまざまな方法を試したけれど、運動が最も効果があったという声も。 妊娠中の便秘に効果のあった運動1:ウォーキング 『ウォーキング、オリゴ糖、ヨーグルト。 私は運動が一番効いた』 妊娠中の便秘に効果のあった運動2:つま先立ちをする 『たまたまテレビで、数分つま先立ちするだけで便秘解消するって特集していて、試したら私には効果絶大でした。 「便秘 つま先立ち」などでネット検索して、やり方や注意点など確認してから試してみてください』 妊娠中の便秘に効果のあった運動3:身体を冷やさない 『身体を冷やさない』 妊娠中の便秘に効果のあった運動4:便秘のツボにお灸 『昨日のお昼、便秘のツボにお灸を4箇所してもらったら夜にびっくりするぐらいドッサリ出ました。 「お灸とか本当に効果あるの?」って思ってたけど、これからはお灸にハマりそうです。 冷えもあるから足首にもしてもらったら、今日も足がポカポカ! 良ければ試してみて下さい! ちなみに私は妊娠27週です』 便秘解消には食事がポイント 便秘に悩む先輩ママたちの効果のあった便秘解消法をご紹介しました。。 便秘が解消しないときは、かかりつけの産婦人科で相談することも大切! それでもどうしても出ないというときは、かかりつけの産婦人科に相談をしましょう。 コメントにあった方法を試してみたい場合にも、病院で相談してからお試しくださいね。 文・山内ウェンディ 編集・木村亜希 イラスト・.

次の

妊娠の便秘・下痢、中期からの便秘ひどい...辛い・お腹痛い時の解消方法

妊娠後期便秘

実体験からアドバイス!薬剤師が教える妊娠中の便秘対策についての記事はこちら 妊婦が便秘になりやすい理由・原因 はじめに、妊娠すると便秘になりやすい理由についてお話しします。 妊娠すると• 「女性ホルモンの影響」• 「赤ちゃんが大きくなり子宮が膨らむことで腸を圧迫すること」• 「つわりなどで食生活が変わること」• 「運動不足」• 「心配事が増えたりストレスが多くなる」 などの理由から、便秘に悩む妊婦さんが急増します。 妊娠により女性ホルモンのプロゲステロンが出ると、内臓の筋肉である平滑筋が緩むため動きが悪くなり、それに伴い腸の動きが悪くなることで便秘になりやすくなります。 また、子宮が大きくなるにつれ物理的に腸を圧迫することでも便秘になりやすく、食生活もつわりや食べ物の好みの変化により影響がでます。 普段運動をされていた方が妊娠を期に運動量が減り、座っている時間が増えることも便秘になってしまう一因です。 特にはじめてのお子さんの場合、赤ちゃんに会える楽しみとともに、初めての育児に対する疑問や不安などがあり、スマホでわからないことを一日中検索することなどでストレスをため込む方が少なくありません。 妊娠は女性ホルモンの大変動があり心の乱れもあるのが普通で、妊娠前から比べると格段に便秘になりやすい状況なのです。 妊婦の便秘に便秘薬は利用可能なのか? 妊婦の便秘対策は、まずは 効果的な運動や食事を試したのち、効果を感じない場合は 病院で処方された便秘薬を利用してみましょう。 妊婦さんの便秘対策で 一番やめてほしいことは、 妊娠前から利用している下剤や便秘薬を医師の確認なしに飲むことです。 コーラック、ウィズワン、タケダ漢方便秘薬などの市販の便秘薬が家に残っている方もいるでしょう。 また、妊娠前に病院で処方になった便秘薬も同様です。 便秘薬の種類によっては妊娠中に自己判断で飲まないように、と薬の注意書きに書いてあるものもあります。 刺激系の便秘薬などは特に注意が必要で、子宮が収縮する可能性が否定できず、 早産や流産を招きかねません。 ご自宅に残っている便秘薬を利用する際は 必ず医師に相談してから服用しましょう。 妊婦の飲んでよい便秘薬の種類は? 飲み薬 妊婦さんへの便秘薬で病院での処方が多いのは、酸化マグネシウム「ヨシダ」(旧:マグラックス錠)やマグミット錠といった 酸化マグネシウム系の塩類下剤です。 その次に良く利用されるのが ラキソベロン液(錠)です。 妊婦さんの状態により、刺激系の便秘薬であるセンノシド(プルゼニド)やアローゼンなどの薬が処方されることもあります。 薬に対する説明を医師よりよく聞いてから服用してください。 いずれも医師の処方箋がないと購入できないものですので、病院を受診して処方してもらいましょう。 浣腸 イジチク浣腸の添付文書には「 早産の危険性があるため利用しないことがよい」と記載があります。 浣腸が使いたいくらいひどい便秘の場合は、すぐに産婦人科にかかるようにしましょう。 妊婦の便秘薬利用の口コミ 機械性下剤(酸化マグネシウム等)を処方されたケース• 30代女性• 使用薬: (病院で処方)• 妊娠前に使用していた便秘薬:なし 妊娠中期あたりから便秘になってしまい、さらに便が硬くなり排便がなかなかスムーズにいかず、痔になってしまいました。 主治医に相談すると、酸化マグネシウムは胎児に影響なく使用できるとのことで、処方してもらいました。 体質にもよると思いますが、私はこの薬が効きやすいらしく、すぐに便がゆるくなってしまい、少し量を減らしてもらったところ排便が楽になりました。 ただ、頻繁に服用するとすぐにお腹を下すので、なかなか出ない時だけ飲むようにして調節していました。 前は痔のせいで出血もあり排便がこわかったのですが、薬を飲んで良かったです。 妊娠中はどうしても薬に対抗がありますが、必要な薬だと思いました。 40代女性• 使用薬: (病院で処方)• 妊娠前に使用していた便秘薬:なし 妊娠初期の頃から中期にかけて排便が1週間無いことが多くありました。 第1子の妊娠時に排便が10日間なくその後、大量に排便した時に血圧が下がりめまいや嘔吐などの症状を経験したことがありました。 そのため、第2子の妊娠時には便秘に気を付けるようにしていました。 妊娠をすると排便コントロールがうまくつかないため薬を処方してもらいました。 医師の指示通りに下剤を内服してもスムーズに排便がないため内服時間を替えてみることにしました。 私が実施したのは、食後直後ではなく夕食後2時間以上間隔をあけた就寝前に内服をするようにしました。 すると、排便がありました。 30代女性• 使用薬: (病院で処方)• 妊娠前に使用していた便秘薬:なし 妊娠するまでは便秘になったことがなく、便秘薬も使用した経験がありませんでした。 妊娠8ヶ月目位の悪阻が終わった時期から便秘になり、病院の医師に相談したところ「マグミット」という便秘薬を処方されました。 便秘薬を飲めば、すぐに排便があるものだと思っていましたが、いっこうに効果は表れませんでした。 そこで、薬を少しずつ増やしていき、なんとか便秘から脱出することができました。 ですが、便秘は出産するまで続いたので、毎日薬を飲んでいました。 出産後はそれまでの便秘がまるでウソのように、元の快便に戻りました。 便秘があんなに辛いものだとは、知りませんでした。 20代女性• 使用薬: (母の勧めで)• 妊娠前に使用していた便秘薬:なし もともと私は便秘体質だったので妊娠したらもっと悪化するのではないかと思っていたのですが、本当妊娠初期から便秘になってきてお腹は常に苦しいですし悪阻と一緒に吐き気が止まらず本当に辛かったです。 妊娠前は一切便秘薬は使用しないようにしていました。 ですが妊娠をして苦しいのと吐き気でこのままではいけないなと思い薬を飲むことにしました。 最初はネットで調べたりしていたのですが、産婦人科医の母に相談をして薬を飲んでもいい旨伺ったので飲むことにしました。 最初は怖かったので少量から飲み始めて、やっと3日後に排便がありました。 いちばんは吐き気とおなかが苦しい感じが本当に嫌だったので薬を飲んでよかったです。 20代女性• 使用薬: (病院で処方)• 妊娠前に使用していた便秘薬:なし もともと妊娠前から便秘でしたが妊娠7ヶ月ごろから1週間ほど便秘に。 出ても小さく硬くて完全には出ませんでした。 便秘が続くようになってからお腹の張りもきつく、体重も増えました。 産婦人科の先生に相談をしたら、便秘が続くと体重も増えるしお腹の張りも張りやすくなると言われ、1日でも出なかったら飲んで下さいと言われて飲み始めました。 薬が妊婦用なので効きが弱いので1日3回飲んだら、次の日には出ました。 ただ毎回使っていると体がなれてしまうので1日3回飲んでも効かないときは、量を増やすなど調節して便秘対策していました。 いちばんは吐き気とおなかが苦しい感じが本当に嫌だったので薬を飲んでよかったです。 30代女性• 使用薬: (病院で処方)• 妊娠前に使用していた便秘薬: 妊娠前は毎日快便とまでは言えませんが、普通に出たり、便秘かなと思ったら市販の便秘薬を使用したりしていました。 妊娠してから、特に妊娠後期にはひどい便秘になってしまいました。 すぐそこに便があるのは分かるのですが、出ない・・と言った感じです。 さすがに市販の便秘薬は強すぎるだろうと思い健診時にマグネシウムを処方してもらいました。 マグネシウムは市販の便秘薬とは違い、腸を動かすのではなく便を水分で排便しやすいように柔らかくするとの事で安心して服用できました。 お腹は痛くなりませんでしたが、やはり市販の便秘薬程の効果はなく、あまりスッキリ出る事はありませんでした。 20代女性• 使用薬: (病院で処方)• 妊娠前に使用していた便秘薬:なし もともと便秘体質だったみたいですが、余り自覚はなく、気になる時はヨーグルトを食べるだけですぐ快調になる体でした。 しかし、妊娠して、つわりがあって、食生活が乱れ始めてから、1週間便が出なかったり出血を伴ったりしていたので、産婦人科の先生に相談をしました。 1週間でないのは便秘だと言われ、3日以上出ないようなら便秘薬を服用するようにとマグミットを処方してもらいました。 薬を飲んだりすると割とお通じは来ます。 しかし、マグミットが私には飲みにくく、極力飲みたくありません。 なので、できるだけ食事などでの改善を試みました。 ちょうど悪阻も終わったので、ヨーグルトなどを積極的に撮ったり、食物繊維を撮ったり、色々と工夫しました。 水分を多めにとり、適度にお散歩をし始めたことで、今では2日に一回は自然にお通じが来るようになりました。 20代女性• 使用薬: (産婦人科で処方)• 妊娠前に使用していた便秘薬:なし もともと妊娠前は便秘とは無縁でした。 妊娠前期は便秘に悩まされることなく、安定期に入って7ヶ月頃から急に排便がない日が何日かあり、苦しくてお腹が張り気味になって、食欲不振になってしまいました。 健診の時に相談したところ、便を軟らかくする目的で薬を試してみましょう、と言われ処方してもらいました。 1日3回の服用を2日ほど続けてまず様子をみてみると、服用の度にガスが溜まりやすくなり排便よりもガスを出さないと苦しくなりました。 しばし、ガスに悩まされながらも結果的には、排便がスムーズになり、苦しさとは無縁になりました。 30代女性• 使用薬: (以前にも使用したことがあったから)• 妊娠前に使用していた便秘薬:なし 元々便秘体質ではないのですが、妊娠初期つわりの為あまり食べられず頑固な便秘が始まりました。 お腹が張って夜眠れない日が何日か続き、踏ん張ってだしていました。 トイレットペーパーに血がつき痔になるのも怖かったので妊婦検診の時に相談し、以前の妊娠中に飲んだことがあった酸化マグネシウムをお願いして出して頂きました。 食後3回、多めの水分と一緒に薬を飲んだところ毎日お通じがあり便秘が解消しました。 お腹の痛みもなく自然なお通じでした。 妊娠の影響からか薬を飲まなくなると便秘になるので検診の度にお薬をもらい、妊娠中は継続して飲んでいました。 30代女性• 使用薬: (病院で処方)• 妊娠前に使用していた便秘薬:なし 妊娠前は快便というかいつも少し緩いくらいでしたが、妊娠してからは便意を催さなくなってしまい、最長で1週間くらい出なかった時もありました。 何とか自分から便意を催すように促して(温めたり、緊張しそうな動画を見たり、緊張しそうなシュチュエーションを考えたり…)、出そうかなという時にトイレにスタンバイして、頑張っていきんで出してました。 いきむのが怖かったので、ネットで検索したりもしました。 ただ、中身が硬くていつも切れ痔になってしまい、あまりにもストレスに感じたので病院で便秘薬を処方してもらいました。 薬を飲んで次の日の夜くらいに、自然に、痛みもなく、するんと出てくれました。 普段は便秘薬のお世話になってなかったので、薬が癖になってしまったら嫌だなと思い、飲んだのはその1回だけ。 あとは自分で努力して、毎日豆乳飲んだり、乳製品飲んだりして気を付けていました。 30代女性• 使用薬: (病院で処方)• 妊娠前に使用していた便秘薬:なし もともとは非常にお通じが良く、毎日出てスッキリしていました。 妊娠初期はひどい悪阻でほとんど食べられなかったので、便もほとんど出ずお腹が苦しくなることもありませんでした。 20週になり、悪阻がぴたりとおさまり通常の食事が摂れるようになると、3日から4日に1回くらいのお通じになってしまいました。 さらに硬くなった便を無理に出して痔にもなってしまい、検診時に先生に相談したところ、酸化マグネシウムを処方して頂きました。 錠剤は1粒が大きくて少し飲みづらさを感じましたが、飲み始めると、どんなに出なくても2日に1回は出るようになり、便も柔らかくなり苦しさが解消されました。 刺激性下剤(ラキソベロン、センナ等)を処方されたケース• 40代女性• 使用薬: 、 (病院で処方)• 妊娠前に使用していた便秘薬:アローゼン、ラキソベロン 妊娠6ヶ月に入り一般的には安定期に入った頃、私は子宮筋腫拡大による切迫早産により入院することになりました。 もともと便秘体質で病院からは便秘薬が処方されていました。 そして入院することにより絶対安静でベッドから一人で起き上がることすらできませんでした。 当然、食欲不振になり運動不足にもなり便秘は悪化するばかり。 しかも便器に長い時間座ることと、お腹に力を入れることを禁止されていたので三週間便が出ませんでした。 妊娠前の便秘薬の一日量はアローゼン1包とラキソベロン3滴でした。 その量を3倍に増やし、アローゼン3包とラキソベロン10滴にしたところ翌日便が出ました。 30代女性• 使用薬: (病院で処方)• 妊娠前に使用していた便秘薬:なし 妊娠8ヶ月の時に切迫早産と診断され、病院に入院し点滴をして動かない生活を続けていたら便秘になってしまいました。 4日以上排便がなく、さすがにお腹が苦しくなり、担当医師に相談するとラキソベロンを処方されました。 液体の薬を水に水滴入れて飲むのですが、飲んだその日には全く便意が感じられなかったので次の日薬の量を増やしたら、今度は逆にお腹が下ったような状態になってしまいました。 医師に相談したところ、薬を入れすぎないようにと注意されたので、少しずつ加減しながら様子を見ていると、自然に排便できるような状態になっていました。 出産後は便秘に悩むこともなくなりました。 30代女性• 使用薬:• 妊娠前に使用していた便秘薬:なし 元々便秘気味だったのですが、妊娠してから便秘がひどくなり妊娠5ヶ月の頃の検診時に便秘を指摘されてマグミットを処方されました。 始めのうちは効果があったのですが妊娠8ヶ月の頃にマグミットでは効果がなくなり、ラキソベロン液を処方してもらいました。 ラキソベロンは効果があるのですが、排便前の腹痛がすごいので外出の予定がないときに飲むようにしていました。 始めは5滴だったのですが、だんだん効果がなくなってきて最終的には12滴飲むようにしていました。 寝る前に飲んでいて、午前中には排便できていました。 出産までラキソベロンを飲まないと排便がない状態でした。 30代女性• 使用薬: (病院で処方)• 妊娠前に使用していた便秘薬:なし もともとは便秘とは縁がなかった私ですが、妊娠中期から便秘になりました。 チカラをいれて出すことも妊娠中なので怖く、痛いままどんどん固くなってきてやばいと思い、ちょうど健診があったので先生に相談したところ、妊娠中でも大丈夫な便秘薬があるということで処方していただきました。 少量ですが液状の薬を飲んでしばらくしたらゆるめの便が出てきてくれました。 それからは1度使ったのみで、食事や水分に気をつけ、食物繊維を取ったり、発酵食品を摂るようにしたので便秘で薬にたよることはなくなりました。 本当にひどかったので一回だけですがあのとき飲んでよかったです。 20代女性• 使用薬:• 妊娠前に使用していた便秘薬:なし 私はもともとは便秘体質ではなかったのですが、妊娠してからはびっくりするくらい排便がでなくなりました。 ひどいときは6日でないということはしょっちゅうになりさすがにまずいと思いました。 産婦人科の検診の時に先生に相談すると、ラキソベロンという薬を処方されました。 私は介護の仕事をしているのですが、職場の高齢者の方も服用していた薬だったので見覚えがありました。 処方された薬を飲み始めましたが効果はイマイチですっきりとは排便がでませんでした。 服用する滴数が少なかったのかもしれませんが、おなかの赤ちゃんへの副作用も心配だったのでそこから飲むことをやめました。 市販薬(コーラック等)を使用したケース• 30代女性• 使用薬: (ハーブが体に良さそうなので)• 妊娠前に使用していた便秘薬:コーラック もともと便秘体質ではなく、たまに(年に数回程度)便秘になる程度でした。 ところが妊娠後期になるにつれてひどい便秘に悩むようになり、妊娠をきっかけに、今まではコーラック(ピンク色)を飲んでいましたが、ハーブ(緑色)の方が体に良さそうなのでこちらを飲み始めました。 初めの頃は飲んで6時間後くらいにはスッキリ出すことができていたのですが、薬に慣れてきたせいなのか?3日間続けて飲んでも出なくなったので、妊婦検診の時に病院の先生に相談しました。 処方してくれた液体の便秘薬の効果は絶大で、おなかが痛くなることなく、また、余計な力をかけることなくスルッ出すことができホッとしました。 量も1滴から調節できたので、出ないときは量を増やして調節しながら飲みました。 20代女性• 使用薬: (妊娠前より使用。 医師の許可ももらえたため)• 妊娠前に使用していた便秘薬:コーラックファースト 妊娠前は便秘になることが少なく、たまに便秘になった際に便秘薬を使用していました。 妊娠中期頃が一番便秘がひどく、数日お通じが無かったりした際にこの便秘薬にお世話になりました。 便秘薬を使用してみて、妊娠前ほどの効能は得られなかったのが正直な感想です。 あまり量のあるお通じではなく、少量のお通じがやっと出来たという感じでした。 あまり薬を服用はしたくなかったので、一度薬を服用したら数日間は服用せずに食事の野菜量を多くしてみたり、毎朝同じ時間にお手洗いに行くということを併せて行ったところ、とてもお通じがよくなり、量も出るようになりました。 妊娠中の便秘対策『基礎』 生活習慣 関連ページ 薬剤師が教える!下剤の正しい選び方。 下剤の種類、効果、使用方法や副作用の下痢、腹痛まで。 間違った下剤の利用方法としてダイエット利用などの危険性なども知ってほしい セルフメディケーション税制とは、年額12,000円以上、指定の市販薬を購入すると確定申告で控除が受けられる制度です。 制度の詳細や対象となる便秘薬の商品一覧などを薬剤師がご紹介します。 子供が辛い便秘の時に利用すべき便秘薬や下剤の選び方について安全性を考えて書いていきます。 【危険!】下剤ダイエットは安全ではありません!絶対にやめましょう。 下剤ダイエットで痩せたい方へのやり方や注意点などをまとめます。 市販の酸化マグネシウム便秘薬のラインナップやおすすめ商品を、他の便秘薬との違いや効き目のメカニズム、注意点、副作用などとあわせて薬剤師が解説します。 便秘薬の気になる副作用を、便秘薬の種類別に薬剤師が詳細解説します。 便秘薬を飲んで下痢になってしまう原因についてや、便秘薬の副作用で下痢になってしまった時の対処法、下痢や腹痛になりにくい便秘薬の選び方・使い方について薬剤師が解説します。 便秘薬で実際に下痢になってしまった人の体験談も。 テレビで連用の危険性が紹介され話題となった刺激性便秘薬と、腸を刺激しない非刺激性便秘薬について、その違いや使い方の注意、便秘体質を改善するための上手な便秘薬の利用法などを薬剤師が解説します。 スルーラックは即効効果のある便秘薬です。 エスエス製薬のスルーラックの飲み方や効能、腹痛や下痢・おならなど副作用情報、注意点について解説。 種類が多いので選び方を知りましょう。 オイルデルは便に水分を集め柔らかくする働きと便が腸内を移動する潤滑剤の働きを併せ持った便秘薬で、腹痛や慣れ(耐性)の起きづらいのが特徴です。 薬剤師がオイルデルの有効成分や効果、腹痛や下痢・吐き気・嘔吐などの副作用情報、注意点などについて解説します。 小林製薬のクレンジルは薬用炭を配合した異色の便秘薬です。 下痢や腹痛、発疹などの気になる副作用情報を中心に、クレンジルの効果メカニズムや配合成分、注意点などについて薬剤師が解説します。 ロート製薬のスラーリア便秘薬は、酸化マグネシウムを主成分とした『機械性下剤』に分類される便秘薬です。 腸への刺激が少なく比較的安全性が高いことが特徴のスラーリア便秘薬について、薬剤師が効果や注意点などを解説します。 ビオフェルミン便秘薬は、整腸剤である新ビオフェルミンS錠でおなじみビオフェルミン製薬の便秘薬です。 ビオフェルミン便秘薬の効果や下痢・腹痛・吐き気などの副作用情報、新ビオフェルミンS錠などとの違いを薬剤師が解説します。 ビスラットゴールドEXは更年期の女性をターゲットとした代謝改善、便秘改善の薬です。 大柴胡湯という漢方薬が主原料のビスラットゴールドEXの便秘解消効果についてや更年期女性以外に男性にも効果が期待できるかなどについて、薬剤師が分析、解説します。 ミルマグはエムジーファーマ株式会社が販売する水酸化マグネシウムを主成分とした便秘薬・制酸剤のシリーズ。 錠剤のミルマグLX、液剤のミルマグ内服液・ミルマグ液のラインナップを揃えるミルマグのそれぞれの違いや効果、副作用などについて薬剤師が解説します。 新ウィズワンはゼリア新薬が販売する「植物性便秘薬」を謳う便秘薬。 安心なイメージが先行しますが、安全性はどうなのか?また、ダイエットに効くという噂はどうなのか?成分や効果、副作用などについて薬剤師が解説します。 ゼットイオン薬品が販売するイオナミン・イオナミンZは、酸化マグネシウムを主成分とした便秘薬。 下剤の中では比較的安全性が高いとされるイオナミンについて、薬剤師が効果や副作用を中心に解説します。 小林薬品工業株式会社が販売するウエストンサラは、生薬と乳酸菌のダブルの効果で、今辛い便秘を解消しつつ腸内環境の改善も見込める便秘薬です。 可愛いパッケージで体に優しそうなイメージが先行しがちなウエストンサラの効果や副作用、注意点について薬剤師が解説します。 株式会社アラクスが販売する刺激系便秘薬カイベールCの効果や副作用、注意点について薬剤師が解説します。 三保製薬研究所が販売する液状の塩類下剤スイマグエースは、水酸化マグネシウムを主成分としたマイルドな効き目が特徴の便秘薬。 スイマグエースの効果や副作用、注意点について、薬剤師が解説します。 ナイシトールシリーズは小林製薬が販売する肥満症の改善のための薬です。 実は便秘解消効果もあるナイシトールについて、ラインナップごとの違いや効果、注意点などを薬剤師が解説します。 武田コンシューマーヘルスケア株式会社が販売するハーブイン「タケダ」は有効成分DSSを配合した浸潤性下剤に分類される便秘薬です。 その効果や効き目のメカニズム、副作用、注意点などについて薬剤師が解説します。 翠松堂製薬が販売するリリーシェハーブ便秘薬はからだへの負担が少ないことを前面に押し出した便秘薬です。 はたして本当に体に優しい便秘薬のか、薬剤師が成分などから効果と副作用、注意点などについて分析、解説します。 大木製薬株式会社が販売する坐薬『オイレスA』は、早ければ3〜5分で効果を発揮するという即効性が特長の薬です。 その成分や効果と、副作用をはじめとした注意点を薬剤師が解説します。 日本臓器製薬株式会社が販売する医療用便秘薬『ビーマス配合錠』と市販便秘薬『ビーマスs速溶錠』の違いや効果、副作用などについて薬剤師が解説。 同じ『ビーマス』を冠していても、全く違う性質の薬なので要注意です。 酸化マグネシウムE便秘薬は健栄製薬株式会社が販売する酸化マグネシウムが主成分の市販便秘薬。 非刺激性便秘薬に分類され、安全性が特長である本製品の効果や副作用、注意点などを薬剤師が解説します。 アロエ便秘薬は株式会社ヤクルト本社が販売する市販便秘薬。 名前やパッケージのイメージとは異なり、刺激性便秘薬に分類される強い効き目を持つ本製品の効果や副作用、注意点などについて薬剤師が解説します。 ビューラックAはすぐ出したい人向け!ビューラックの飲み方や効能、腹痛や下痢、嘔吐など副作用情報、注意点について解説。 副作用の下痢、腹痛などに注意しながら服用しましょう。 3Aマグネシアは便を軟らかくし、腸の慣れ(耐性)が起きづらい薬なので安心して利用することができます。 3Aマグネシアの飲み方や効能や注意点、腹痛や下痢・おならなど副作用情報について薬剤師が解説します。 実際に3Aマグネシアを利用した人の体験談と、それに対する薬剤師のアドバイスのコンテンツもあり。 タケダ漢方便秘薬は慣れるので注意が必要?!タケダ漢方便秘薬の飲み方や効能、注意について解説 売れている人気の便秘薬の内容成分の比較と飲み合わせや飲み方の注意を薬剤師が解説します。 薬剤師たからの無料セミナー開催中!.

次の

【薬剤師解説】妊婦の便秘薬|酸化マグネシウム(マグミット)は安心?市販は?

妊娠後期便秘

妊娠中の便秘が胎児に悪影響を及ぼすかも・・・ 便秘というのは、便が排出されずにお腹に溜まってしまっている状態の事ですよね?また、便は、食材から栄養などが摂り出された後の、「生ゴミ」のような物です。 生ゴミって時間が経つとひどい臭いを放出し始めますよね?便も同じようにオナラとして放出されますが、このガスは腸からも吸収されて、血液に入り込み全身の血管を巡ります。 また、便は毒素も排出するので、この毒素も悪臭といっしょに全身を巡り、肺から出ると口臭、体から出ると体臭、肌から出ると肌荒れなどを引き起こしてしまうのです。 妊婦さんへの影響 もしも妊婦さんの体に毒素や悪臭が回ってしまったら、どうなってしまうでしょう?へその緒を通じて、毒素は 胎児にも有害な物質を巡らせてしまいます。 実際に、このような有害物質がへその緒から検出された事もあるのです。 また、便秘によって「活性酸素」が発生し、これが卵巣に影響を及ぼし、 不妊症を引き起こしてしまう事もあります。 過剰に不安がることはありませんが、妊娠後期の便秘は出産前に排出しておかないと、出産時にちょうど産道を塞がれて難産になるリスクもあるので便秘は早く治しておくに越したことはありません! 妊娠後期の便秘の原因は? 妊娠後期は便秘になりやすい原因がたくさんあります。 その中には避けることができない原因も多く、便秘になってしまうのも仕方のないことなのですが、できるだけ便秘が悪化しないような生活をするようにしましょう。 プロゲステロンによる影響 妊娠中は、プロゲステロン(黄体ホルモン)という女性ホルモンの分泌が増えます。 プロゲステロンは、妊娠の維持に深くかかわる大切なホルモンなのですが、腸の動きをにぶくしてしまう働きもあり、これが便秘の原因となります。 プロゲステロンは妊娠初期から大量に分泌されますが、妊娠後期の8~9ヶ月目にピークをむかえます。 子宮が大きくなり他の内臓を圧迫する 妊娠後期になると、赤ちゃんもかなり大きくなってきます。 赤ちゃんの成長と共に大きくなった子宮は、おなかの中で腸を圧迫し腸を動きづらくしてしまいます。 ストレスや疲労による影響 お腹の赤ちゃんに気をつかいながらの生活で疲労がたまってしまったり、出産に対する不安などによってストレスが溜まってしまう人も多いです。 ストレスや疲労がたまると、自律神経が乱れ、胃腸が正常に動かなくなってしまいます。 貧血予防の薬の副作用 妊娠中は貧血になってしまう人も少なくありません。 そんなときは病院から鉄剤を処方されると思いますが、この鉄剤は便秘になりやすくなるという副作用があります。 ということで、便秘とこれらの原因を解消するのに有効な方法をご紹介していきます! 食事の内容を見直す つわりが始まると、特定の食べ物だけを食べるようになる人や、食べ物の好みが変わる人もいますが、この影響で便秘になりやすくなってしまう事もあるんです。 わざわざ嫌いになった物を食べなくてもいいですが、なるべく精製されていない食品や以下のように便秘に良い食品を選ぶようにしましょう。 食物繊維 食物繊維は、腸内環境を整えてくれる善玉菌のエサとなります。 また、便秘のせいで荒れている腸の中をしっかり掃除してくれます。 水分を吸うと大きく膨らむという特性も持っているので、便を大きくして腸を刺激し、便を排泄しやすくしてくれます。 乳酸菌 食物繊維は善玉菌のエサになりますが、乳酸菌は善玉菌そのものとして腸の中で良い働きをしてくれます。 腸は善玉菌が増える事でより活発に動くようになるので、ストレスを解消したり、体の免疫機能を高める働きも向上します。 オリゴ糖 オリゴ糖も、腸の中で善玉菌の最高のエサになります。 ですから、オリゴ糖は腸内環境を整えるにはピッタリの食材なのです! 水分を多めに取る 妊娠中は、他の人よりたくさんのお水が必要になるので、1日だいたい2Lは摂った方がいいです。 水分不足になると、大腸が便から余分に水分を摂りこむようになるので、便が固くなって便秘になってしまいます。。 また、あまり1度に多くのお水を飲みすぎると胃に負担が掛かってしまうので、こまめに少しずつ飲むようにしましょう。 軽い運動をする つわりがひどかった人に多いのですが、つわりがひどいとあまり動けず、そのあいだに筋力が落ちてしまい、体が動かしづらくなってしまうことがあります。 また、妊娠後期になると体が重たくなり運動不足になる人が多いです。 運動不足になると、血液の循環が悪くなり、腸の活動も弱まってしまうため、できるだけ意識して身体を動かすようにしましょう。 散歩 散歩をすると全身の筋肉が動き、血液循環が良くなるので腸の働きを活発にすることができます。 歩いている間も、自分が感じている以上に腹筋を使っているので、便秘にもとても効果的です。 掃除 窓拭きや四つん這いでの拭き掃除はちょうどいい軽い運動になります。 両腕を伸ばすので、背中側に移動してしまっている腸を刺激することができます。 体がなまってしまうとストレスがたまることにもつながります。 ストレスがたまると自律神経が乱れ、それも便秘の原因になってしまいます。 ですので、軽い運動で腸を活発化させながらストレスも解消してしまうのがおすすめです。 良い生活習慣を心がけ、自律神経を乱さない 旅行中など普段と違う生活リズムの時に便秘なったことはありませんか? 不規則な生活は自律神経のバランスをくずします。 また、自律神経と腸の運動はとても密接な関係にあるのでそのようなことが起きてしまいます。 緊張したときに便秘になりやすいのも、自律神経が乱れ、交感神経が優位になるからです。 ですので、自律神経を乱さないようにできるだけ毎日同じ時間に寝る、同じ時間に起きる、同じ時間に食事を摂るなど心がけるようにしましょう。 トイレに行く習慣をつける 朝はやることが多くて忙しいという人も多いと思いますが、便秘を改善するには毎日決まった時間にトイレに行くことが重要です。 その習慣を作りやすいのが朝なので、起きて白湯を飲んだり、朝食のときに牛乳やミネラル分の多い硬水を飲むのもおすすめです。 朝食の後は、食べ物が胃に入ることで腸が刺激され便意が起こりやすくなるので、その時にトイレに行くようにすると習慣になりやすいです。 はじめは全く便意を感じないかもしれませんが、毎日トイレに入って少しお通じを待ってみることを続けていれば、すこしずつ便意を感じるようになって来ますよ! 身体を温める 真夏でもお風呂につかり身体を温めるようにしましょう。 身体が温まると、血液循環がよくなって腸の運動が活発になります。 また、入浴は自律神経を整える効果もあるので、 出来るだけ毎日お湯につかるようにしてみましょう。 また、暑い時期は冷たいものを飲みたくなりますよね。 しかし体が冷えていると腸のぜんどう運動が低下してしまうので、冷たい飲み物は避け、できるだけ暖かいものを飲むようにしましょう。 マッサージやツボ押し 妊娠中の便秘には、マッサージや ツボ押しなどもおすすめです。 特別な道具なども必要ないのでとってもお手軽ですし、マッサージの方法や ツボの場所を知っていれば、どんな場所でも実践できるのですごく便利です。 マッサージ おなかをのの字になでるように、優しくマッサージしましょう。 妊娠中は腸が背中側に来ていることが多いので背中も同じようにマッサージしましょう。 お腹側のマッサージをする時は時計回り、背中側を行う時は反時計回りに行います。 背中のマッサージは一人だと難しいので誰かにしてもらった方がよいでしょう。 便秘にとても効果的なツボを以下の記事で紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。 便秘薬などのくすりは、、、 妊婦さんの体に強い薬が入ると、赤ちゃんの体にも悪影響を与えてしまう事があります。 特に市販の薬は、妊婦さんには安全でない可能性があるので、どうしても便秘薬を使いたい時は医師の処方をず絶対に受けるようにしましょう。 赤ちゃんの体に害が出ない薬を処方してくれますよ! 妊娠中にサプリメントについて 便秘薬の他に、サプリメントを摂りたい人も多いかと思います。 しかし、サプリメントには妊婦さんが摂っても問題ない物と、悪影響のある栄養素を含んでいる物があるのです。 鉄分やカルシウム、乳酸菌、オリゴ糖、葉酸などのサプリメントは、摂ってもよいとされています。 これらのサプリメントでも「ちょっと心配だなぁ」と思う人は、妊婦さん用のサプリメントがあるので、試してみるのもオススメです。 反対に、ビタミンAを含むサプリメントを妊婦さんが摂るのは危険なので、注意してください。 妊娠後期の便秘を改善する方法 妊娠後期の便秘を改善する方法は• 食事を見直す• 軽い運動をする• 良い生活習慣を心がけ、自律神経を乱さない• 身体を温める• マッサージやツボ押し です。 今すぐ全ての方法を始めなければならない訳ではないので、まずは「続けられそう。 」「私の生活に合いそう!」思ったものを試してみて下さい。 妊娠中に便秘になり、排便のときに強くいきみすぎると、腹圧が赤ちゃんにかかってしまったり、子宮収縮をうながしてしまうこともあるので良い事ではありません。 また、便が硬いときには痔を引き起きしてしまう原因にもなります。 このように便秘はいろいろなリスクを引き起こしてしまうので、自分がつらいだけでなく赤ちゃんのためと思ってできるだけ改善しておきましょう!! 妊娠後期での便秘に苦しむ人が少しでも改善できる事を願っています。 nano はじめまして、nanoです! 私は自分と同じような悩みを持つ産後のお母さんたちの負担を少しでも軽くし、ハッピーでヘルシーなお母さんたちがもっと増えるように情報発信をしています! 私自身2度、出産を経験しており、2歳と4歳の2児の母として日々奮闘しています! 出産を終えた後は便秘や体重の急激な増加、肌荒れなど、すごく悩んでいましたが、どうすれば健康で美しいカラダを手に入れられるか猛勉強し、たくさんの方法を試し、1年ほど前にやっと便秘を解消することができました。 その後は体質がどんどん良くなって美容や健康への悩みを解消することができました。 この経験で得た知識を発信することで、同じ境遇のお母さんたちの助けに少しでもなれたら嬉しいです!.

次の