統合失調症 ブログ ランキング。 統合失調症 おすすめの本 ランキング

統合失調症がやってきた ハウス加賀谷 松本キック

統合失調症 ブログ ランキング

私の母は、認知症 田舎で80歳の父が老老介護している。 認知症とは言っても、私の事もわかるし、その瞬間の事はわかる。 けれど、数分前の事は忘れてしまう。 認知症である上に、透析もしているから、大好きなお茶も制限あり、食事制限もある。 けれど母は、忘れてしまうから、どんどん飲んじゃうし、食べてしまう。 父は、母に長生きをして欲しいと思っているようで、あれは食べるな、これは飲むな!と言う。 しかも、私がそのように言ってたよというと、説得力があると思っているのか、最近は毎日のように電話が来る。 母はいつも怒っている。 なんで、〇〇食べちゃいけないの!? 私は、丁寧に透析してるからねと説明していたけれど、数分前の事を忘れてしまうから、1度の電話で同じ話を数回する上に、最後は、具合が悪くなってもいいから食べたい!と母は叫ぶ。 妄想なのか幻聴なのか、寝ている父の首を締めようとした事もあるらしいし、昨日は父が、オレは刺されるとか、言い出すし。 統合失調症だったら、薬や対応の仕方で良くなるけれど、認知症+透析は、キツイ。 良くなるかもしれないという未来もない。 私は父に、母の好きにさせてあげようと伝えた。 好きなものを食べさせて、飲ませて、いつもニコニコしていた方が良いと話した。 父も、そうだなと、その時は納得するものの、食べさせるとからだが浮腫んで痒がり、夜中に何度も起こされるとか、透析室の職員に迷惑をかけるとか、このままじゃ、からだが破裂する 誰から聞いたのだろう、そのガセネタ などと言い、制限しようとする。 なので、また母は怒る。 昨日はついに、父が私にこう言った。 「覚悟が足りないんだ!お前の」 ???なんの覚悟? 私は仕事をしながら、月に2回、高速で2時間半の実家へ帰っている。 帰ると掃除や食事を作り、父を1人にするために母をドライブに連れ出したりしている。 妹も、月に1度は帰っている。 父にその事を話したら、ぜんぜん足りないと言われた。 数年前、うちの近くに来ないかと言った時は、俺の人生をめちゃくちゃにする気かと、がんとして田舎を離れることを嫌がった父。 私は、仕事を辞めて子ども達を残して介護のために田舎に帰らないといけないんだろうか。。。 父の限界に、どう対応すれば良いのか。 ショートステイを見学に行ったけど、絶対にいかないと怒り出す母。 私の取るべき道はなんだろう。 考えて考えて考えてみようと思う。 そしたら、大地の時みたいに、何かがふっと浮かぶかもしれない。 犬大好きさん ブログ読んでいただきありがとうございます。 母は認知症+透析中 父は転倒して右肩腱断裂で動かせず痛みも消えず 長女は社会不安障害のような症状が時々でながら会社勤め 長男は統合失調症 次男は過眠症+過敏性腸症候群 三男は、おそらくパーソナリティ障害かなと思われる言動があります 今一番心配 飼い犬は免疫疾患でステロイドを内服しないといけなくて。 夫は単身赴任中 これは良かったかも、笑 というわけで、 大変さを数えると、そうそう周りにいませんが、 ここまで色々あると、なんだか、なるようになるかな~と、やや投げやりにもなります。 LINE家族会の方に、介護の辛さを聞いてもらいました。 みなさんからのアドバイスもさることながら、書くことで、どうすれば良いのか整理がつくこともあります。 息子の統合失調症の場合は、今現在、心地よく過ごしながらも、遠い未来も考えなければならない。 その上での行動や言葉がけを考えないといけない。 認知症の場合は、今現在、両親が心地よく過ごす事だけ考えていけば良いのかなと、思い始めました。 そのために、自分がどうするのか。。。 またまた考えなければぁー(笑) 犬大好きさんも看護と介護、頑張っているんですね。 励みになります。 私たちも、からだを壊さない程度に頑張りましょうね。 こんばんは。 はじめまして。 統合失調症の当事者でつぼみといいます。 ブログの更新をいつも楽しみにしています。 私は二児の母でフルタイムで仕事をさせてもらっています。 何で仕事が続いているのかというと、育児を両親に丸投げしているからです。 両親には、葛藤もたくさんありますが、多大な恩もあります。 森の民さんの直面している介護の問題は他人事ではない気持ちで読ませていただいていました。 私は個人的には、ご両親が嫌がっていても介護の制度をできる限り使ってもらって、森の民さんのペースを崩さないで生活された方が良いのではないかと思います。 失礼な言い方だったらすいません。 それでも森の民さんのお仕事を犠牲にしてまで介護をするのは皆不幸になりはしないかと心配してしまいます。 最終的には状況次第かも知れませんが。 何もしていないのにわかったような書き方をしてしまいすいません。 影ながら応援しています。 つぼみさん、 当事者の方で、ご両親に子育て丸投げなどと言いながらも、感謝して仕事もされているんですね。 がんばっていますね。 そういった当事者の方のがんばりは希望になります。 私の事を気遣って下さりありがとうございます。 長い目で見たら、仕事を辞めてまで介護に専念するというのは、かえって両親を恨みそうです。 私には私の生活があり、子どもたちを1番に考えながらも少しづつ、自分の事も大切にしようと思っていたので、両親の今の状態には、かなり参ってます。 つぼみさんの仰るように、社会的な資源をもっともっと利用して、父の負担を軽くする事。 そして私もできる限り、自分の事も大切にしながら、両親が心地良くなる過ごし方を探して、後悔しないような介護のスタイルを見つけたいなと思います。 コメントありがとうございました。

次の

統合失調症とスピリチュアル

統合失調症 ブログ ランキング

私の母は、認知症 田舎で80歳の父が老老介護している。 認知症とは言っても、私の事もわかるし、その瞬間の事はわかる。 けれど、数分前の事は忘れてしまう。 認知症である上に、透析もしているから、大好きなお茶も制限あり、食事制限もある。 けれど母は、忘れてしまうから、どんどん飲んじゃうし、食べてしまう。 父は、母に長生きをして欲しいと思っているようで、あれは食べるな、これは飲むな!と言う。 しかも、私がそのように言ってたよというと、説得力があると思っているのか、最近は毎日のように電話が来る。 母はいつも怒っている。 なんで、〇〇食べちゃいけないの!? 私は、丁寧に透析してるからねと説明していたけれど、数分前の事を忘れてしまうから、1度の電話で同じ話を数回する上に、最後は、具合が悪くなってもいいから食べたい!と母は叫ぶ。 妄想なのか幻聴なのか、寝ている父の首を締めようとした事もあるらしいし、昨日は父が、オレは刺されるとか、言い出すし。 統合失調症だったら、薬や対応の仕方で良くなるけれど、認知症+透析は、キツイ。 良くなるかもしれないという未来もない。 私は父に、母の好きにさせてあげようと伝えた。 好きなものを食べさせて、飲ませて、いつもニコニコしていた方が良いと話した。 父も、そうだなと、その時は納得するものの、食べさせるとからだが浮腫んで痒がり、夜中に何度も起こされるとか、透析室の職員に迷惑をかけるとか、このままじゃ、からだが破裂する 誰から聞いたのだろう、そのガセネタ などと言い、制限しようとする。 なので、また母は怒る。 昨日はついに、父が私にこう言った。 「覚悟が足りないんだ!お前の」 ???なんの覚悟? 私は仕事をしながら、月に2回、高速で2時間半の実家へ帰っている。 帰ると掃除や食事を作り、父を1人にするために母をドライブに連れ出したりしている。 妹も、月に1度は帰っている。 父にその事を話したら、ぜんぜん足りないと言われた。 数年前、うちの近くに来ないかと言った時は、俺の人生をめちゃくちゃにする気かと、がんとして田舎を離れることを嫌がった父。 私は、仕事を辞めて子ども達を残して介護のために田舎に帰らないといけないんだろうか。。。 父の限界に、どう対応すれば良いのか。 ショートステイを見学に行ったけど、絶対にいかないと怒り出す母。 私の取るべき道はなんだろう。 考えて考えて考えてみようと思う。 そしたら、大地の時みたいに、何かがふっと浮かぶかもしれない。 犬大好きさん ブログ読んでいただきありがとうございます。 母は認知症+透析中 父は転倒して右肩腱断裂で動かせず痛みも消えず 長女は社会不安障害のような症状が時々でながら会社勤め 長男は統合失調症 次男は過眠症+過敏性腸症候群 三男は、おそらくパーソナリティ障害かなと思われる言動があります 今一番心配 飼い犬は免疫疾患でステロイドを内服しないといけなくて。 夫は単身赴任中 これは良かったかも、笑 というわけで、 大変さを数えると、そうそう周りにいませんが、 ここまで色々あると、なんだか、なるようになるかな~と、やや投げやりにもなります。 LINE家族会の方に、介護の辛さを聞いてもらいました。 みなさんからのアドバイスもさることながら、書くことで、どうすれば良いのか整理がつくこともあります。 息子の統合失調症の場合は、今現在、心地よく過ごしながらも、遠い未来も考えなければならない。 その上での行動や言葉がけを考えないといけない。 認知症の場合は、今現在、両親が心地よく過ごす事だけ考えていけば良いのかなと、思い始めました。 そのために、自分がどうするのか。。。 またまた考えなければぁー(笑) 犬大好きさんも看護と介護、頑張っているんですね。 励みになります。 私たちも、からだを壊さない程度に頑張りましょうね。 こんばんは。 はじめまして。 統合失調症の当事者でつぼみといいます。 ブログの更新をいつも楽しみにしています。 私は二児の母でフルタイムで仕事をさせてもらっています。 何で仕事が続いているのかというと、育児を両親に丸投げしているからです。 両親には、葛藤もたくさんありますが、多大な恩もあります。 森の民さんの直面している介護の問題は他人事ではない気持ちで読ませていただいていました。 私は個人的には、ご両親が嫌がっていても介護の制度をできる限り使ってもらって、森の民さんのペースを崩さないで生活された方が良いのではないかと思います。 失礼な言い方だったらすいません。 それでも森の民さんのお仕事を犠牲にしてまで介護をするのは皆不幸になりはしないかと心配してしまいます。 最終的には状況次第かも知れませんが。 何もしていないのにわかったような書き方をしてしまいすいません。 影ながら応援しています。 つぼみさん、 当事者の方で、ご両親に子育て丸投げなどと言いながらも、感謝して仕事もされているんですね。 がんばっていますね。 そういった当事者の方のがんばりは希望になります。 私の事を気遣って下さりありがとうございます。 長い目で見たら、仕事を辞めてまで介護に専念するというのは、かえって両親を恨みそうです。 私には私の生活があり、子どもたちを1番に考えながらも少しづつ、自分の事も大切にしようと思っていたので、両親の今の状態には、かなり参ってます。 つぼみさんの仰るように、社会的な資源をもっともっと利用して、父の負担を軽くする事。 そして私もできる限り、自分の事も大切にしながら、両親が心地良くなる過ごし方を探して、後悔しないような介護のスタイルを見つけたいなと思います。 コメントありがとうございました。

次の

サトラレ・統合失調症|サトラレとスピリチュアルのブログ

統合失調症 ブログ ランキング

僕が統合失調症を発症した22年前は、精神分裂病と呼ばれていて、今に比べると偏見が強い時代で、精神分裂病に関する書籍というのは今のように多くなかった。 最近は統合失調症に関する本が数多く出版されている。 以下、統合失調症おすすめの本 統合失調症 おすすめの本 ランキング 「統合失調症がよく分かる本」 E.フラー・トリー 僕が発症した20年前は、今のように統合失調症に関する本というのは本当に少なかった。 その中でこの「統合失調症がよくわかる本」は僕のバイブルとなった。 著者の妹が統合失調症ということもあり著者の人生をかけた渾身の一冊という印象。 綿密なデータに基づき、「あ、統合失調症は不治の病ではなく、治るんだ!」という希望が生まれた。 何回読んだか分からないぐらい。 統合失調症の内的な世界観 「統合失調症がやってきた」 ハウス加賀谷 松本キック 自身が統合失調症になり、現在では講演会などで統合失調症の啓蒙活動をしているお笑い芸人のハウス加賀谷とその相方松本キックの著書。 これほど分かりやすく統合失調症の内的世界観を表現している本はないと思う。 天才的な文才。 ただ、僕自身共感出来るところが多く、発症前や入院時のことを思い出して辛くなってしまいなかなか読み進めることが出来なかった。 特に家族や看護する立場の人に是非読んで貰いたい本。 結論としては、自分に合った薬を医師の指示通り適切に服薬していれば、統合失調症は治る病気で、怖いことはない、といったことを伝える名著。 その他 精神疾患に関する書籍 「仕事休んでうつ地獄に行ってきた」丸岡いずみ 地方の局アナから、キー局の看板ニュースキャスターへ華麗に転身。 その容姿は「奇跡の38歳」と騒がれるほどだった著者。 キャリアと美貌、だれもが羨む人生の階段を上っていたある日、突如、始まったうつ地獄への転落…。 元日本テレビのニュースキャスター・丸岡いずみが、重度のうつ病を発症し、奈落の底を這いつくばり、命がけで生還するまでを、赤裸々に語った自伝的エッセイ。 毎日をがんばるすべての女性に読んでほしい一冊。 主婦と生活社刊。 「食事に毒が盛られている」などの妄想もあったようで、もしかしたら統合失調症と診断されてもおかしくないと思った。

次の