河村光彦。 ITE第66回定時社員総会 丹羽高柳賞功績賞は静大・川人教授 フェローはNHKテクノロジーズ・池田氏など4名|電波タイムズ

平成31年4月1日付県 辞 令

河村光彦

所属 玉川大学脳科学研究所 (2013年4月より東京情報大学総合情報学部・助教) 役職 グローバルCOE研究員 専門分野 神経心理学 研究キーワード 情動, 行動選択, 社会性 所属学会 Society for Neuroscience、神経心理学会、日本高次脳機能障害学会 研究概要 パーキンソン病などの変性性疾患を対象として、表情認知や行動選択などの情動機能を検討しています。 原著論文• , Tsuruya N, Kobayakawa M, Futamura A, Sugimoto A, Kawamura M. , Neurology and clinical neuroscience, 2013, in press• Theory of mind impairment in adult-onset myotonic dystrophy type 1, Kobayakawa M, Tsuruya N, Kawamura M. , Neurosci Res, 2012, 72, 341 - 346• Neuropsychological and Radiological Assessments of Two Cases of Apparent Idiopathic Rapid Eye Movement Sleep Behaviour Disorder, Koyama S, Kobayakawa M, Tachibana N, Masaoka Y, Homma I, Ishii K, Kawamura M, European Neurology, 2012, 67, 18 - 25• Impairment of odor recognition and odor-induced emotions in type 1 myotonic dystrophy , Masaoka Y, Kawamura M, Takeda A, Kobayakawa M, Homma I, Neuroscience Letters, 2011, 503 3 , 163 - 6• Decision-making in temporal lobe epilepsy examined with the Iowa Gambling Task, Yamano M, Akamatsu N, Tsuji S, Kobayakawa M, Kawamura M, Epilepsy Research, 2011, 93 1 , 33 - 8• 意味記憶障害,物品使用障害を呈した変性性認知症例の検討, 近藤正樹,小早川睦貴,井堀奈美,荒木重夫,河村満, 神経心理学, 2011, 27, 233 - 243• , Journal of the Neurological Sciences, 2010, 290, 48 - 51• An analysis of behavioral patterns using a modified version of the Iowa Gambling Task, Kobayakawa M, Tsuruya N, Kawamura M. Lowered sensitivity to facial emotions in myotonic dystrophy type 1, Takeda A, Kobayakawa M, Suzuki A, Tsuruya N, Kawamura M. Emotional impairment in Parkinson's disease, Kawamura M, Kobayakawa M, Parkinsonism Relat Disord, 2009, 15 Supplement 1 , S47 - S52• Decision making in Parkinson's disease: Analysis of behavioral and physiological patterns in the Iowa gambling task, Kobayakawa M, Koyama S, Mimura M, Kawamura M. メディカルスタッフのための神経内科学, 河村満 編. (分担執筆)小早川睦貴. 2章13節 精神症候. 83-87, 医歯薬出版, 2012• 認知症-神経心理学的アプローチ アクチュアル 脳・神経疾患の臨床 IV.認知症で起こる神経心理学的症候 社会的認知障害. pp339-42, 小早川睦貴(分担執筆),専門編集 河村満,総編集 辻省次, 中山書店, 2012• 身体性コミュニケーションとその障害. Neurological Autism -神経疾患におけるコミュニケーションの変化. in 発達と脳 -コミュニケーション・スキルの獲得過程,57-78, 河村満, 武田景敏, 鶴谷奈津子, 小早川睦貴 eds. Shioda S, Homma I, Kato N, eds , Tokyo: Springer , 2009• Kobayakawa M, Tsuruya N, Murakami H, Kawamura M, Infering mental state from eye gaze in Parkinson's disease, World Federation of Neurology Aphasia and Cognitive Disorders Research Group 2010, 2010• Kobayakawa M, Koyama S, Mimura M, Kawamura M, Risk-taking tendencies in patients with Parkinson's disease: analysis of the behaviour al patterns in the Iowa gambling task. 小早川睦貴, 鶴谷奈津子, 河村満, Broca野周辺の病変による失行:誤反応パターンと病巣の対応, 第36回日本高次脳機能障害学会 p. 鶴谷奈津子, 小早川睦貴, 河村満, Broca野病変例における物品使用パントマイム障害, 第32回 日本高次脳機能障害学会(旧 日本失語症学会)学術総会. 小早川睦貴, 鶴谷奈津子, 朝比奈正人, 河村満, 両側扁桃体限局病変例における情動感度の「上昇」, 第32回 日本高次脳機能障害学会(旧 日本失語症学会)学術総会 p. 鶴谷奈津子, 小早川睦貴, 河村満, 左右差を呈したBroca野病変による観念運動性失行の1例, 第32回 日本神経心理学会総会. 小早川睦貴, ギャンブルする脳:神経疾患における社会的認知機構, 第32回日本神経心理学会(シンポジウム講演), 品川, 2008 受賞• 優秀発表賞. 第19回 脳機能とリハビリテーション研究会. Broca野周辺の病変による行為障害, 小早川睦貴, 鶴谷奈津子, 河村満, 2012• 3rd International Symposium on Dopaminergic and Nondopaminergic Mechanisms in Parkinson's Disease best poster award. プレス発表.

次の

岡山大学5期生 河村光彦

河村光彦

こんにちは! 小田歯科・矯正歯科 河村光彦と申します。 数多くの歯でお悩みの方々を当医院で元気にさせて頂き、大阪のイオン高槻で 21年間、1万人を超える多くの患者さんにお越し頂いた経験を最大限に活かし、 広島市安佐南区大町で僕の考える最善の歯科治療を行う所存です。 岡山大学を90年に卒業し、94年3月にイオン高槻で開業し、2015年まで21年間の長きに渡り高槻の地で土日診療をこなし、僕なりに目一杯、保険治療をメインに地域医療に携わってきました。 今まで通って頂いている患者さんの歯に関するお悩みを解決すべく尽力いたしますし、初めてお越しになる患者さんにも精一杯のご奉仕をさせて頂く所存です。 彼と僕とは歯科における価値観も同じですし、タッグを組んで広島市安佐南区大町の患者さんの幸せのためにのみ、 誠意を持って良質な歯科医療をご提供しようと願ってやみません。 保険治療をメインにして、余裕があれば自費診療の情報もご提供し、 様々に対応しようと考えております。 僕の得意分野は保存治療=歯と同じ色の詰め物・歯の根っこの治療、入れ歯の治療、親知らず抜歯です。 歯を残すことを一番に考えて診療してきましたし、 今後もその方針に変わりはありません。 勿論、無理やり押し付けることはしませんのでご安心下さい。 ご納得頂けたら 保険外の治療で今以上の素晴らしいお口の状況は達成できるというご説明をしますので、ご納得いただけたら、誠心誠意診療させて頂きます。 僕の本心を書かせて頂きました。 誠心誠意、真心込めて精一杯頑張ります。 何卒よろしくお願い申し上げます。 小田歯科・矯正歯科 河村光彦.

次の

workshop

河村光彦

解説 [ ] 続編を匂わせるようなエンディングや「浅見光彦・事件簿ファイル第一号」と書かれていること、一時「第2弾製作決定」が報じられたことがあり、シリーズ化を意図していたようであるが、 その後のの逮捕に始まる一連の内部の混乱の影響を受けたこともあってか [ ]、現在において「シリーズ」で唯一の映画化作品となっている。 やが出演し、が監督を務めており、『』に始まるのテイストが出ていると指摘され、また映画の広報や宣伝もそれを意識的に意図させたものである。 公開当時、『』では主題歌のサビ部分を使用したCMが盛んに放送された他、『』などの深夜番組内でも盛んに取り上げられ宣伝が行われた。 そのためにTVCMにおけるは「 金田一耕助から十五年……天河に浅見光彦、走る」となっている。 フジテレビ版との関係 [ ] は、系の『』の第1作(1995年)から第14作(2002年)で、本作と同じ浅見光彦役を演じ、第15作以降は、光彦の兄の浅見陽一郎を演じている(光彦役は)。 同シリーズ第30作(2008年)では本作品と同じ『天河伝説殺人事件』を原作とした『浅見光彦シリーズ30・天河伝説殺人事件』が放送された。 版の浅見光彦シリーズにおける『天河伝説殺人事件』には、上述の榎木の他、高崎役の神山繁は水上和憲役、剣持役の伊東四朗は「軽井沢のセンセ」こと内田康夫役で、本作の出演者の一部がそれぞれ出演している。 ストーリー [ ] 新宿高層ビル群でサラリーマン川島が急死、手にはの御守り「五十鈴」が握られていた。 毒殺と断定した仙波警部補はへ向かう。 天川村に近い吉野の町はずれで、浅見光彦が駐在から密猟の疑いをかけられるが、旅館・天河館の女将・敏子に助けられる。 東京へ帰った浅見は先輩の依頼で能についての旅情ルポを手掛けることになり、再び天川村へ向かう。 ところが、林道で出会った老人が殺され、拘留される。 高崎老人は能楽の名家・水上流の長老だった。 水上流の後継者候補は和鷹・秀美の異母兄妹だ。 71歳の宗家・和憲は二人の祖父にあたり、父である和春は12年前に他界。 和憲は和春の追善能を機に引退を決意していた。 長子継続が能の世界だが、二人の母・菜津は秀美を宗家にと推す。 和鷹は腹違いの子だったからだ。 アリバイが成立して釈放された浅見は秀美から高崎の死の真相を探ってくれと頼まれる。 今度は和憲が演じるはずの『』の見せ場「釣鐘落とし」の能舞台で和鷹が急死。 毒殺の小道具に『雨降らしの面』が使われたと直感するが、証拠品の面は消えてしまう。 和鷹の実母・敏子が犯人として浮かぶ。 生後間もない和鷹を宗家にするという約束で水上家に奪われた敏子はその証しにと「五十鈴」をもらう。 これを知った中学時代の同級生の川島が高崎を恐喝すると、敏子は和鷹を思うあまり川島を殺してしまう。 敏子の犯行に気づき、「和鷹を推していたのにとんでもないことをしてくれた」「和鷹を宗家には出来ない」と激昂した高崎をも殺し、敏子の次の殺意は和憲に向かった。 ところが、和憲の踏むはずだった舞台を和鷹が踏んだことで、最愛のわが子を殺してしまったのだ。 天河神社で行われるの夜、和憲が敏子に秀美を後継と考えた自分が悪かったと詫び、敏子は和鷹を手放すべきではなかったと悔やむ。 そして、宗家が隠していた面を持って敏子は自殺する。 キャスト [ ]• 長原敏子 -• 水上和憲 -• 水上秀美 -• 水上和鷹 -• 水上和春 -• 道伝正一 -• 高崎義則 -• 権藤綾 -• 仁礼神官 -• 中村(巡査) -• 石渡五郎 -• 石渡ユリ -• 福本幸吉 -• 福本くめ -• 福本千代栄 -• 気賀沢(刑事) -• 川島幸司 -• 川島妙子 -• 松山(医師) -• 倉田(刑事) -• 橘(署長) -• 仙波(警部補) -• 水上菜津 -• 剣持譲介 -• 浅見陽一郎 - スタッフ [ ]• 監督 -• 原作 -• 脚本 - 、、• 撮影 -• 音楽 - 、• 美術 -• 編集 -• 録音 -• スクリプター -• 助監督 - 、• 音響効果 -• 照明 -• 衣装 -• タイトルアート -• 能監修 -• 医事指導 -• 現像 -• スタジオ -• 製作者 -• プロデューサー - 、• 製作委員会 - 、、、、、、、、、、、、、、、 主題歌 [ ]• 「天河伝説殺人事件」() - 本編に使用• 「」() - テレビCMの宣伝でのみ使用 「 天河伝説殺人事件」 の 初出アルバム『悪戯』 宝島 リリース チャート最高順位• 16位()• 1991年度年間99位(オリコン) シングル 年表 () 天河伝説殺人事件 () (1991年)• (1950年)• (1950年)• (1950年)• (1951年)• (1951年)• (1951年)• (1951年)• (1951年)• (1951年)• (1952年)• (1952年)• (1952年)• (1952年)• (1953年)• (1953年)• (1953年)• (1953年)• (1954年)• (1954年)• (1954年)• (1955年)• (1955年)• (第一部・第二部)(1956年)• (1956年)• (1956年)• (1957年)• (1957年)• (1957年)• (1958年)• (1959年)• (1959年)• (1959年) 1960年代.

次の