マンガ に 編集 っ て 必要 です か。 雑誌・書籍・マンガ編集者になるには・目指し方や必要な学歴・全国の求人|スタンバイ

マンガ編集者になるために必要な事【質問・疑問・相談

マンガ に 編集 っ て 必要 です か

19番目のカルテ 徳重晃の問診• ゼノン編集部• 博士とわたしの暗殺日誌• コミクリ!• 渡り鳥とカタツムリ• コミックガム• 院長選挙• comicブースト• ペスト• コミックバンチweb• 隔離都市• マンガボックス• あめつちだれかれそこかしこ• MAGCOMI• 左ききのエレン• 少年ジャンプ+• ちぃちゃんのおしながき 繁盛記• ストーリアダッシュ• ニュースの現場から!• Comic Walker• やったねたえちゃん!• Comic Walker• Poker Millions• スキマ 最新話更新!今日おすすめのWEB漫画 もっと見る• 無限コンティニューで目指す最強…• 裏サンデー• 捨てられた転生賢者~魔物の森で…• マガポケ• 彼女、人見知ります• マガポケ• 俺を好きなのはお前だけかよ• 少年ジャンプ+• 邪剣さんはすぐブレる• 裏サンデー• 終末のハーレム ファンタジア• 少年ジャンプ+• きるる KILL ME• 少年ジャンプ+• 生者の行進 Revenge• 少年ジャンプ+• ようかい居酒屋 のんべれケ。 マガポケ• 魔王です。 女勇者の母親と再婚し…• 裏サンデー• お願い、脱がシて。 マガポケ• アクターダンス• 裏サンデー• 幸せな恋、集めました。 裏サンデー• 恋と嘘• マンガボックス 月曜日更新!今週の人気のWEB漫画ランキング• 女の子が抱いちゃだめですか?• 裏サンデー• セックス&ダンジョン!!~我が…• Comic Walker• うしろの正面カムイさん• 裏サンデー• アカイリンゴ• コミックDAYS• 復讐の教科書• マガポケ• クラス転移で俺だけハブられたの…• がうがうモンスター• デスティニーラバーズ• マガポケ• 絶望集落• マガポケ• 乙女ゲームの破滅フラグ スピンオ…• ゼロサムオンライン• 転生貴族の異世界冒険録 〜自重を…• MAGCOMI• 私の夫は冷凍庫に眠っている• 裏サンデー• 転生してから40年。 そろそろ、お…• コミック アース・スター• 悪役令嬢、庶民に堕ちる• comicブースト• 巻き込まれて異世界転移する奴は…• マンガボックス• 暗殺者である俺のステータスが勇…• コミックガルド• 異世界建国記• ヤングエースUP• ガチ恋粘着獣 ~ネット配信者の彼…• ゼノン編集部• 不徳のギルド• ガンガンONLINE• とんでもスキルで異世界放浪メシ• コミックガルド• 冒険者をクビになったので、錬金…• ガンガンONLINE.

次の

『マンガに、編集って必要ですか?』をどう紹介していいかわからないが紹介せざるを得ない

マンガ に 編集 っ て 必要 です か

漫画って主観と客観のバランス取りが難しいと思うんです。 ある程度は作者に「主観的過ぎて」飛びぬけているものがあって 普通じゃなくて驚く部分がないと作品はつまらない。 かといってあまりにも「主観的過ぎて」だと、 なんだよこれ、わけわかんねーよ、となって 読者に受け入れられない。 そこらへんを編集の方が適度に客観的に修正して 万人に受け入れられる作品に仕上げる。 これが、少し前までの漫画編集のスタイルだったのでは ないかと思ったりしています。 その逆もあるかもしれませんが。 その上で現実には、作者と編集者、主観と客観、 それぞれの定義すらが場合によっては 180度違ったりする場合もあるような感じもします。 さらに「面白い」と「売れる」とが一致するとも限らない。 面白い漫画、もしくは売れる漫画を作る作業ってのは 大変なんでしょうね。 だったらとにかくその大変さを漫画にしてやろう、 っていう漫画なのかな、とも感じました。 本当に私もそう思います。 主観と客観のバランス取り難しい…。 若くて勢いがある作家は「主観的すぎる」部分が飛び抜けてて、編集さんがうまいこと舵取りすれば売れる、重版、に繋がった気がします。 でもこれも少し前までの話。 今は若い段階で、ネットなど他と比べて売れそうなものを考える機会が多い。 「面白い」自体も、100年山に篭って人と全く違う古文を読んでた、なんて人はそうそう出てこないから浅い。 作者の客観と編集の客観が同一じゃない不満を持ったまま作品を作らなくてもいいかもしれない。 その他色々…。 編集って必要なのか…?自分自身何回も考えました。 大変だと思います。 少なくてもヒト二人分は意見があって必ず対立する、もしくは同調する。 マンガに編集って必要なのか私もわからんのですが、この漫画は今必要と思いました。 作者目線、編集者目線、どちらも共感できます。 いや、共感したいんですよね〜。 SNS等の発達で、旧来の読者アンケート等による 読者の作品批評以外の作品評価の手段は生まれつつある。 けれども、生の意見がダイレクトに受発信されるように なったからといって、それが正しい評価だとは限らない。 今更に「声なき声が聞こえる」などと言うつもりもないが 多数意見や熱意の高い意見が正解だとは限らないのだから。 一つの漫画に対して正しく批評し改善点を指摘する意見は 必ず生まれて発信されるとは限らない。 だからこそフィルターを通すことの意味が重要なのだと思う。 結局は少数意見や伝達力に劣る意見の中からも 有益な意見を汲み取る能力が必要となる。 ただ、そのフィルター機能が必ずしも編集者である必要はない。 創作者である作家が編集者機能をも兼ね備えていることもありえる。 ただ、常識的に考えれば創作活動でイッパイイッパイの作者に 編集能力の発揮まで求めるのは難しい。 そういう意味で、今しばらくは現代的なSNSなどを うまく活用したうえで作家に対する的確なアドバイスを 出来る能力のある編集者が必要とされる状況は ここ数年は続くのではないだろうか。

次の

マンガに、編集って必要ですか? 1 (BUNCH COMICS)

マンガ に 編集 っ て 必要 です か

マンガ編集者とは マンガ家と一緒に作品を作り上げるパートナー 世界で人気のマンガですが、その人気の裏にはマンガ家と共に悪戦苦闘するマンガ編集者の存在があります。 マンガ編集者はマンガ家の作品を客観的に読者目線で見て、面白いと思うものをマンガ家に伝えます。 マンガのストーリーやキャラクター設定など、マンガ家と一緒にマンガの構成から話し合い、読者に伝わりやすいように校正を加え、 完成度の高い作品へと仕上げていきます。 作品づくりにも大きく関わる編集者は、マンガ家にとって心強いパートナーであり 欠かせない存在です。 一般的にマンガ編集者は、ひとりで数本の連載マンガを担当するので、マンガ家のタイプに合わせてサポートの仕方も臨機応変に変える必要があります。 デビューから二人三脚で歩んできたマンガ家の作品がヒットした時、何物にも代えがたい喜びを感じることができるでしょう。 マンガ編集者の仕事内容 読者を惹きつけるマンガを世に送り出す マンガ編集者の仕事は締切りに間に合うように原稿を上げてもらうだけでなく、ネームの打合せや資料収集、原稿チェックや改善要望、心身のケアなど多岐にわたります。 そんなマンガ編集者の仕事内容を紹介します。 構想を練る マンガ家と共に登場人物の設定やストーリーの 構想を練ります。 多くの読者に指示してもらえるように、作品タイトルやキャラクターの名前、性格などをマンガ家と一緒に考えることもあります。 マンガ編集者は制作段階から深く作品づくりに関わっています。 ネームをチェック 作家が書いた「ネーム」を編集者がチェックし、セリフやコマ割り、吹き出しと文字のバランスなどを確認します。 この段階でほぼストーリーが決まるため マンガ制作で最も大切な作業と言われています。 ここで編集者のOKが出てはじめてストーリーが決定し、ようやくマンガ家は原稿用紙に絵を描くことができます。 校正・校了 マンガ家が描き上げた原稿を受取り、誤字脱字はないか確認し、印刷所へ回します。 マンガ家にとって 担当編集者は最初の読者です。 編集者を納得させられない限りその作品が世に出ることはないのでマンガを作る上で編集者の役割はとても重要だといえます。 スケジュール管理・取材の手配 スケジュール通りに原稿を上げてもらわないと印刷や発行に影響が出てしまいます。 マンガ家と連絡を取り合って 進行状況を確認し、万が一締切に遅れそうな場合は印刷所との調整を取るなどスケジュール管理を行います。 読者アンケートの確認 読者アンケートの結果に一喜一憂するのは編集者も同じです。 結果が思わしくない時は改善点を一緒に考えアドバイスをし、読者からの「面白い!」という言葉は やりがいや次の作品への原動力になります。 読者から支持される作品に携われた時の喜びは、何物にも代えがたいものがあります。 新人マンガ家の発掘と育成 新人マンガ家を発掘するのも編集者の重要な役割です。 数多く編集部に持ち込まれる原稿やweb作品などにも目を通し、可能性を秘めたマンガ家を見出します。 自ら発掘した新人がプロになって初めて、マンガ編集者として一人前と認められます。 マンガ編集者になるには マンガ編集者への道のり マンガ編集者になるのに学歴は必要ありませんが、マンガ家に納得して修正をしてもらうには説得力のある専門知識が求められます。 ページやコマ割り、吹き出しと文字のバランスなどマンガならではの表現方法を知っていなければ、ネームのチェックもできません。 まずはマンガ系専門学校や美術系大学でマンガの基礎や アイデア・ストーリーの生み出し方などを学び、出版社や編集プロダクションへの就職を目指します。 求められる知識・資質を磨く コミュニケーション能力 マンガ家と常に向き合い二人三脚で作品を作り上げていくにはマンガ家との 円滑なコミュニケーションは不可欠です。 日頃の関係性が作品づくりにも大きな影響を与えるので、 深い信頼関係を築きあげることが重要です。 気分を盛り上げ、気持ちよく制作活動に邁進してもらう 環境作りも大切です。 スケジュール管理能力 作品には必ず締切があります。 そしてマンガ編集者は、ひとりで数本の連載マンガを担当しているので、その全ての原稿の進捗状況を確認しながら、締切り迄に原稿を上げてもらう 管理能力は欠かせません。 発想力 マンガ家の作品をより面白いものにするために、読者が没頭できるストーリー展開やキャラクターの感情表現など、読者目線で面白さを追求できる 柔軟な発想力が大切です。 マンガの専門知識 編集者は、担当するマンガ家の原稿に対してアドバイスや修正を指示しなければなりません。 マンガ家の作品を客観的かつ適切に判断し、改善点を伝えるためには、マンガ家を納得させるだけの 説得力ある専門知識が必要です。 必要な資格・試験情報 マンガ編集者になるために特別求められる資格はありませんが、マンガ家と共にストーリーや構成を考える上で流行や読者のニーズを掴む必要があります。 時代の流れやトレンドをいち早く察知し、日頃からドラマや映画、小説などあらゆるものに触れ、 最新情報を取り入れる努力が必要です。

次の