もち 米 の 水 加減。 もち米の炊き方や水の量は?炊飯器、土鍋や圧力鍋、蒸し器やセイロでも簡単に!

もう炊飯で失敗しない!米と水の量の正しい重量の割合は?

もち 米 の 水 加減

もち米とうるち米の違いは? お米には うるち米ともち米がありますが、うるち米というのは一般的に白米として食べられているお米のことで、もち米はお餅や赤飯、おこわとして食べられているお米です。 見た目の違いは、うるち米は半透明ですが、もち米は 真っ白いのが特徴で、若干うるち米よりも小さくコロッとしています。 米の成分は アミロースと アミロペクチンの 二種類のデンプンからできています。 比較してみると、こんな感じです。 うるち米ともち米は、見かけだけではなく中身の成分まで違うのですね。 そんな二つのお米の違いが分かったところで、続いてもち米の炊き方です。 もち米は、炊飯器、土鍋、圧力鍋で炊くことができますので、それぞれの炊き方や水加減、炊くときの注意点などを見てみましょう。 炊飯器でのもち米の炊き方、水の量は? まず、炊飯器でのもち米の炊き方の手順を見てみましょう。 では、今回はもち米2合の炊き方で見てみましょう。 【材料】 もち米 2合 水量 360cc (または炊飯器の水量に従ってください。 1回目は一気に水を入れ手早くすすいで、 すぐに水を捨てます。 (最初のとぎ汁には コメの臭いやほこりが大量に混ざっているので素早く捨てましょう!) 2回目、3回目も水をためながらとぎ洗いし、1回目と同様 できるだけ素早く水を捨てます。 4回目は水を入れて軽くすすぎ洗いし、水を捨てます。 予め 浸漬はせずに、炊く直前に水を360CC加えたら、できるだけ平らにして、白米と同じように炊きます。 (もち米は吸収率がいいのでここで浸漬してしまうと、炊くときに炊き水がなくなってしまいますので気を付けましょう。 蒸らし終わったら すぐにほぐし、釜の周りからお米をはがすようにしゃもじを一周させます。 十文字に4等分し、空気を入れるようにほぐします。 これでもち米を炊くことができました!もち米を炊くというと難しそうなイメージがありましたが、実はご飯を炊くのとほぼ同じで、炊飯器を使うととても簡単ですね。 もち米を炊く方法がわかったら、次はお赤飯にチャレンジしてみてください。 お誕生日などのおめでたい日に作れると重宝しますよね! 小豆はその日に準備して炊けるのをご存知ですか?和菓子の巨匠と言われる方のレシピをご紹介しています。 こちらもぜひご覧ください。 土鍋でもち米を炊く場合のポイントは、 火加減に注意して炊くことです。 また、もち米は優しく研ぎましょう。 土鍋で炊く場合、炊飯器と違うところは、 1時間ほど浸漬が必要なところです。 ずっと火加減を見ておかないといけないのですが、その点を除けば、意外と土鍋も簡単ですね。 また、手間をかけただけおいしく出来上がることは間違いなさそうです。 スポンサーリンク 圧力鍋でのもち米の炊き方は? 次は 圧力鍋での炊き方です。 こちらももち米は優しく洗ってあげてください。 こちらも炊飯の前に 1時間ほど浸漬が必要です。 お分かりになったかもしれませんが、圧力鍋では なんと5分でもち米を炊くことができるんですね!うれしい時短ですね。 土鍋も圧力鍋もどちらも慣れれば簡単に炊けそうですが、どちらかというと土鍋は火加減がちょっと難しそうですね。 圧力鍋がご家庭にあれば、圧力鍋の方が簡単そうですし、時間も大幅に短縮できるので、できれば圧力鍋で炊いてみるといいですね。 圧力鍋で黒豆も簡単に炊けますよ。 黒豆の煮方、こちらもチェックしてみてください。 炊飯器では水加減などやはり難しいようなので、おもちをつくには蒸籠や蒸し器を使って炊きましょう。 炊くときに水はすべて切りますので、 水の量はたっぷり使います。 また、水分はたっぷり含ませた方がいいので、できれば 8時間ほどの浸漬が 理想です。 蒸し器の周りから1周するようにもち米を蒸し器の淵からはがしていきます。 十文字に切ったら、底からひっくり返すように空気を入れながら、やさしくほぐしてあげます。 蒸し器でもち米を蒸すのも意外と簡単ですね。 これで 餅つき用のもち米の準備できました。 あとは杵と臼や、餅つき用の機械でお餅を作れます。 蒸し器でもち米を蒸すときの 注意点は、蒸し終わったときに すぐにほぐすことです。 放置しておくと、硬くなって周りにくっついてしまいます。 ちょうど、もち米が蒸し上がる時間には、キッチンで待機しておくといいですね。 また、夏場は気温が高いので、室内ではなく 冷蔵庫で保存しながら浸漬しましょう。 また水も数回取り替えるのがおすすめです。 まとめ 普段はあまり炊くことがないもち米の炊き方は、水加減など難しそうすが、ちゃんと見てみるとそうでもないですね。 覚えておけば料理のバリエーションも広がり、おはぎも手作りしたら美味しさがまた違ったものになりそうです。 いきなり土鍋や圧力鍋で炊こうとすると、火加減が難しく焦げてしまうかもしれないので、慣れないうちは簡単な炊飯器でチャレンジしてみてもいいですね。 是非、参考にしていただいて、もち米をおいしく炊いてみてください。 スポンサーリンク•

次の

おはぎをもち米での作り方は?水加減は?コツは? | 情報ライブ ケンタ屋

もち 米 の 水 加減

いきなりですけど、 「揚げせんべい」ってご存知ですか? お米を潰して揚げてから味付けしている、アレのことです。 なんとなくそういうのって眺めて 「ふーん」とか読み流しちゃったりするんですけど、ふと視線が止まりました。 「うるち米(国内産・米国産)」って一番最初の原材料名に載ってるんです。 早速、調べますよ! Contents• ズバリ、うるち米とは? うるち米を調べていくと 「あ、そういうことなんだ」と、当たり前のことを再確認させられました。 うるち米とは、日頃私たちが主食にしている、あの 「白米」のことなんです。 【衝撃の事実その1】 うるち米=白米 揚げせんべいがお米からできているという認識は、間違っていなかったようです。 ですけど、うるち米とか白米って、どういう違いで呼び分けているんでしょうか? 日本のお米は、大きくわけてこの2種類なんです。 ・うるち米 ・もち米 ちなみに品種でいいますと、うるち米には 230種類、もち米にも 80種類ほどの品種があります。 うるち米について、簡単にご説明しますね。 品種的には アミロースを含んでいて粘り気が少ない米を「うるち米」と呼びます。 うるち米を ・精米したものを「白米」 ・精米しないそのままのお米を「玄米」 と言います。 米袋に記載されているコシヒカリなどという銘柄は、お米の品種であり、精米するかしないかで、「白米」や「玄米」と呼び分けているということですね。 みなさんはお米の種類や精米と玄米について、どれぐらいご存知でしたか? 「うるち米」と「もち米」との違いはココ! なるほど、日本のお米には2種類あることがわかりました。 実際、この二つはどんな違いがあるのでしょうか。 (消化に時間がかかる) ・アミロペクチン…熱水に溶けないデンプンで、水分を良く吸収します。 うるち米は水に溶けるアミロースを含んでいるため、さばきがよくなり食べやすくなります。 もち米には水に溶けなく、水分を取り込む力が強いアミロペクチンがほぼ主成分なので、加熱すると粘りと弾力が強くなります。 どうですか?ここまでをまとめると 【うるち米ともち米の違い】 ・アミロースが含まれているのが「うるち米」 ・アミロペクチンだけ含まれているのが「もち米」 と、いうことですね。 それぞれのお米を美味しく炊くコツ 成分の違いが分かったところで、今度は、美味しく炊けるコツを調べましたよ! これを知らないと意味がないですよね。 それぞれのデンプンの特徴から、水分量を加減することで美味しく炊き上げることができます。 基本、炊飯器で炊かれることが多いと思いますのでその方法をご説明しますね。 ・もち米の量1合に対して、水の量は 150cc 対比でいいますと、もち米に対して 約0. 8倍の水分量を守りましょう。 ・ 水に浸す必要はありません。 (浸して時間が経つと、水分が全部吸われてなくなってしまいます!) 1分程度こするように研いだら、すぐに炊いて大丈夫です。 (力を入れすぎないようにしましょう) ・ 軟水のミネラルウォーターで炊くとより美味しくなります。 ・こちらもうるち米と同じように、すぐには蓋をあけずに15分程度蒸らしましょう。 私は味音痴だからでしょうか、おかきとあられの差がわかりません。 日本人の好みに合うように日々品種改良がされているので、ますます美味しいお米が食べられるでしょう。 現在、例えばこんな特色をもったお米があります。 これはアミノースの含有量が普通のうるち米よりも少ないという特徴があり、お米を炊く水分を少な目にして炊くと粘りのあるとても美味しいご飯になります。 冷めてもおいしいとされて、レトルト米飯や、チルドすし、冷凍ご飯などに使用されています。 こちらはアミノースの量が多いので、冷めると粘りの少なさのためにパラパラになります。 アミノースはゆっくりと分解される性質があるので「難消化デンプン」とも呼ばれており、糖尿病や血糖値の高い方にお勧めできます。 チャーハンやカレーなどの調理に向いており、「さばき」がいいので味噌やお酒などを造ったり、ビーフンやフォーなどの加工食を作るのに適していると言われています。

次の

うるち米とは?もち米&白米との違い:水加減や調理方法のココが違う!

もち 米 の 水 加減

いきなりですけど、 「揚げせんべい」ってご存知ですか? お米を潰して揚げてから味付けしている、アレのことです。 なんとなくそういうのって眺めて 「ふーん」とか読み流しちゃったりするんですけど、ふと視線が止まりました。 「うるち米(国内産・米国産)」って一番最初の原材料名に載ってるんです。 早速、調べますよ! Contents• ズバリ、うるち米とは? うるち米を調べていくと 「あ、そういうことなんだ」と、当たり前のことを再確認させられました。 うるち米とは、日頃私たちが主食にしている、あの 「白米」のことなんです。 【衝撃の事実その1】 うるち米=白米 揚げせんべいがお米からできているという認識は、間違っていなかったようです。 ですけど、うるち米とか白米って、どういう違いで呼び分けているんでしょうか? 日本のお米は、大きくわけてこの2種類なんです。 ・うるち米 ・もち米 ちなみに品種でいいますと、うるち米には 230種類、もち米にも 80種類ほどの品種があります。 うるち米について、簡単にご説明しますね。 品種的には アミロースを含んでいて粘り気が少ない米を「うるち米」と呼びます。 うるち米を ・精米したものを「白米」 ・精米しないそのままのお米を「玄米」 と言います。 米袋に記載されているコシヒカリなどという銘柄は、お米の品種であり、精米するかしないかで、「白米」や「玄米」と呼び分けているということですね。 みなさんはお米の種類や精米と玄米について、どれぐらいご存知でしたか? 「うるち米」と「もち米」との違いはココ! なるほど、日本のお米には2種類あることがわかりました。 実際、この二つはどんな違いがあるのでしょうか。 (消化に時間がかかる) ・アミロペクチン…熱水に溶けないデンプンで、水分を良く吸収します。 うるち米は水に溶けるアミロースを含んでいるため、さばきがよくなり食べやすくなります。 もち米には水に溶けなく、水分を取り込む力が強いアミロペクチンがほぼ主成分なので、加熱すると粘りと弾力が強くなります。 どうですか?ここまでをまとめると 【うるち米ともち米の違い】 ・アミロースが含まれているのが「うるち米」 ・アミロペクチンだけ含まれているのが「もち米」 と、いうことですね。 それぞれのお米を美味しく炊くコツ 成分の違いが分かったところで、今度は、美味しく炊けるコツを調べましたよ! これを知らないと意味がないですよね。 それぞれのデンプンの特徴から、水分量を加減することで美味しく炊き上げることができます。 基本、炊飯器で炊かれることが多いと思いますのでその方法をご説明しますね。 ・もち米の量1合に対して、水の量は 150cc 対比でいいますと、もち米に対して 約0. 8倍の水分量を守りましょう。 ・ 水に浸す必要はありません。 (浸して時間が経つと、水分が全部吸われてなくなってしまいます!) 1分程度こするように研いだら、すぐに炊いて大丈夫です。 (力を入れすぎないようにしましょう) ・ 軟水のミネラルウォーターで炊くとより美味しくなります。 ・こちらもうるち米と同じように、すぐには蓋をあけずに15分程度蒸らしましょう。 私は味音痴だからでしょうか、おかきとあられの差がわかりません。 日本人の好みに合うように日々品種改良がされているので、ますます美味しいお米が食べられるでしょう。 現在、例えばこんな特色をもったお米があります。 これはアミノースの含有量が普通のうるち米よりも少ないという特徴があり、お米を炊く水分を少な目にして炊くと粘りのあるとても美味しいご飯になります。 冷めてもおいしいとされて、レトルト米飯や、チルドすし、冷凍ご飯などに使用されています。 こちらはアミノースの量が多いので、冷めると粘りの少なさのためにパラパラになります。 アミノースはゆっくりと分解される性質があるので「難消化デンプン」とも呼ばれており、糖尿病や血糖値の高い方にお勧めできます。 チャーハンやカレーなどの調理に向いており、「さばき」がいいので味噌やお酒などを造ったり、ビーフンやフォーなどの加工食を作るのに適していると言われています。

次の