アズール wiki。 アズールレーン(アズレン)攻略Wiki|ゲームエイト

アズール

アズール wiki

CV 阿部里果 「概要」になれなれしく触ってんじゃねぇ!! 米海軍ノースカロライナ級二番艦ワシントンを擬人化したキャラクター。 作中ではアズールレーン所属の国家のとして登場する。 おかえりなさいませ!この「キャラクター像」どう? かなり荒っぽい口調ので、一人称は「アタシ」。 「勝利をそう簡単には譲らねぇぞ!」 「どけ!あたしがやるわ!」といった勝気なセリフが多い反面、よりかわいいかの確認やスマイルを見てほしいといった女の子らしい面も持ち合わせている。 ちなみに指揮官によるセクハラに対しては「死にてぇか!? 冷笑 」と厳しい態度をとる。 「容姿」をそう簡単には譲らねぇぞ!! の女性で、ノースリーブジャケットに白いコートを袖を通さずに羽織っている。 長袋をはめているのは左腕のみで、ペンダントをつけている。 金属ビスのついたタイトスカートにを付けており、脚のラインが際立っている。 なに?「性能」がどれくらい強いか見てみたい? スキル 攻撃スキル「勇敢なる砲撃」 最大強化時20秒ごとに70%で強力な弾幕を発射できる。 この弾幕は大きな弾丸が敵に、 細かい弾丸多数が周囲に拡散していくため、旗艦に編成することでより多くの敵を撃破でき る。 「BIGSEVEN」のように主砲の発射速度に依存しないため、主砲はぜひ強力なものを装 備してあげよう。 防御スキル「アイアンボトムナイト」 最大強化時味方のサウスダコタのHPが30%以下になったとき自身の与えるダメージが20% 上昇し、サウスダコタの受けるダメージを30%身代わりし、さらにサウスダコタが5秒間戦 闘不能にならない。 ただし「最強の盾」で肩代わりするダメージは含まれないので注意。 これら強力なスキルを持ちながら火力A耐久Sの高性能の持ち主。 入手できた指揮官はぜひ彼女をサウスダコタと組ませてあげよう。 史実 史実はを参照されたし。 関連イラスト 関連タグ 関連記事 親記事 pixivision• 2020-07-18 18:00:00• 2020-07-18 17:00:00• 2020-07-18 12:00:00• 2020-07-17 17:00:00• 2020-07-17 14:00:00 人気の記事• 更新された記事• 2020-07-18 18:06:34• 2020-07-18 18:06:25• 2020-07-18 18:04:58• 2020-07-18 18:04:23• 2020-07-18 18:03:47 新しく作成された記事• 2020-07-18 18:03:25• 2020-07-18 17:48:29• 2020-07-18 17:57:30• 2020-07-18 17:20:12• 2020-07-18 17:57:08•

次の

アズールレーン

アズール wiki

掲示板• 最新情報• イベント攻略• 開催中 現在開催中のイベントはありません 常設• 最新キャラクター• 最強ランキング• 初心者ガイド リセマラランキング• 初心者向けお役立ち情報• ピックアップ• 不具合・メンテ• キャラ(艦船) キャラ一覧• おすすめキャラ• スキル• ドロップ• ボイス関連• 装備品 おすすめ• 装備品別• ドロップ• その他システム• 海域攻略(出撃) ストーリー• レアドロップ海域• 毎日(曜日クエスト)• 艦隊編成• その他システム• 母港 寮舎• その他システム• 素材・資源(アイテム)•

次の

アズールレーン(アズレン)攻略 Wiki

アズール wiki

イベントでは多くの新情報が公開され、会場に詰めかけた900人のファンたちからは度々歓声が沸き起こった。 この記事では熱気あふれるイベント当日の様子と、記念館三笠で開催された200人限定の二次会トークも内容の一部をレポートする。 目次 開場前には『アズレン』痛車が飾られ、多くのギャラリーを集めていた。 マフィア梶田氏にはスポーツカーが実によく似合う。 「コラボトークイベント in YOKOSUKA」 この日に来場したのは事前応募に当選した900人の指揮官たち。 MCはマフィア梶田氏、ゲストとしてはアズレン愛に溢れる声優の立花慎之介さんとネプチューン役の井澤美香子さん。 更にYostarからはおなじみの運営Mさん、WargamingJapanからは畑井翔氏が登壇し、イベントはスタートした。 『アズールレーン』計画艦第二弾は4月18日実装予定! 計画艦第一弾が実装されてから約1年。 待望の第二弾の情報がついに公開されたので、順を追って解説する。 北風 北風は計画艦としては初めてとなる駆逐艦。 CVは丹下桜さん。 秋月型駆逐艦の計画案の1つで、対空能力に秀でる。 運営Mさんによると「小さい戦国武将をイメージしたキャラクター」なのだそうだ。 シアトル シアトルはユニオン陣営所属の初の計画艦。 CVは楠木ともりさん。 『WoWS』では15. 2mmの両用砲を海戦及び対空戦闘に使用することを前提に設計されたクリーブランド級の強化型として実装されている。 『アズレン』では人懐っこい陽気なキャラとして登場する予定だ。 フリードリヒ・デア・グローセ 鉄血陣営からはフリードリヒ・デア・グローセが実装される。 CVは生田目仁美さん。 ビスマルク級の発展型として設計されたが開戦には間に合わず建造はされなかった。 ビスマルクよりも強いという設定だそうだが、まだ『アズレン』にはビスマルクは実装されていないとツッコミが入り、会場からは笑い声が上がっていた。 実は計画艦1期の頃からキービジュアルの後ろの方に描かれており、今回は満を持しての登場となった。 ガスコーニュ ヴィシア陣営初の計画艦となるガスコーニュはリシュリュー級戦艦の強化計画型。 CVは小松未可子さん。 リシュリューの後ろの弱さを補うために後方にも砲を取りつける予定となっていた。 クール系キャラだが、好感度を上げると……? 吾妻 重桜の新計画艦は吾妻。 CVは安野希世乃さん。 『WoWS』と『アズレン』の両タイトルにほぼ同時の実装となる。 B65型超甲型巡洋艦として2隻の建造が予定されていたが、航空母艦強化のため廃案となった。 吾妻というネーミングについても正式名称ではなく、『WoWS』側で日露戦争時代に使用されていた装甲巡洋艦より命名したもの。 『アズレン』では優しいけどポンコツという面白いキャラ付けがされているようだ。 ジョージア ユニオンの計画艦ジョージアのCVは、下地紫野さん。 アイオワ級戦艦の計画案の1つで、日本の大和型の46mm砲に匹敵する457mm砲を装備する予定だった。 ジョージアも『WoWS』にほぼ同時に実装される。 ちなみにコーラが大好きらしいので、沢山コーラを与えてあげよう。 なおジョージアに関しては『WoWS』の画像も公開された。 実装は5月以降が予定されている。 新機能「陣営技術システム」が実装予定 艦船の練度を上げて技術ポイントを入手し、技術ポイントと資源を消費して艦隊全体を強化するシステム。 まだ開発中なので詳細は不明とのことだった。 PS4版『アズールレーン クロスウェーブ』 続々と登場艦が発表されているPS4版『アズールレーン クロスウェーブ』についても詳細情報が公開された。 発売予定日は2019年8月29日で絶賛予約受付中。 予定価格は12800円(税抜)。 限定版購入特典として ・島風 デフォルメフィギュア ・描き下ろしイラスト使用のオリジナル収納BOX ・設定資料ビジュアルブック ・プチドラマ&ミニサウンドトラックCD が付属する。 『アズールレーン クロスウェーブ』新キャラクターとして島風と駿河が登場! 『アズールレーン クロスウェーブ』の新キャラクターとして島風(CV:早見沙織)と駿河(CV:遠藤綾)が追加されることも発表された。 島風と駿河が巻き込まれた騒動がきっかけとなり、四大陣営で「合同大演習」が開催されることになってしまう。 強敵たちとの戦いを迎えた島風と駿河の運命やいかに。 メディアミックス関連情報! 公式ノベライズ『アズールレーン Wpisode of Belfast』の3巻の制作が決定 ベルファストを始めとするロイヤル陣営が活躍する『アズールレーン Wpisode of Belfast』3巻の制作が決定した。 彼女たちの新たなる活躍に期待してもらいたい。 公式4コマ『アズールレーン びそくぜんしんっ!』コミックス化決定! 公式Twitterで連載中の公式4コマ漫画『アズールレーン びそくぜんしんっ!』のコミック化が決定した。 ホリ先生の描き下ろしも収録されるのでファンはぜひ購入しよう。 なお、5月26日まで記念艦「三笠」内で開催されているコラボ展で配布されているリーフレットに出張版が掲載されているので、三笠まで出向いた指揮官は入手しておこう。 ただしなくなり次第終了となっているので早めに行動した方がいいだろう。 こちらも描き下し収録で、2019年初夏発売予定となっている。 三笠先輩と学ぶ世界の艦船 新コンテンツとして「三笠大先輩と学ぶ世界の艦船」が公開されると発表された。 動画コンテンツとのことで、近日改めて詳細が明らかになる。 アズレンステーション ユニコーン、高雄、エクセター 役の加隈亜衣さんと、汎用型ブリ、試作型ブリMkII 役の下田麻美さんがお届けする新動画コンテンツ「アズレンすて~しょん」が新登場する。 4月26日(金)に、番組HPとプレ配信の更新が予定されているので指揮官は要チェックだ。 新コラボも発表! 果たして影の正体は? あるバーチャルユーチューバーとの新コラボ企画が現在進行中との発表があった。 まだコラボ相手の正体は不明だが、どこかで見たことがあるような気がする指揮官は多いはずだ。 確か一度、アズールレーン世界に足を踏み入れている、とあるキャラクターではないだろうか……。 「萌えと匠」アズールレーンコラボ法被 大正7年創業の老舗染物屋 京屋がアズールレンコラボ法被の受注販売を決定した。 詳細については今後『アズレン』公式Twitterで発表される予定だ。 大鳳の愛が重いトランク ルイ・ヴィトンに正式発注して誕生した究極のトランクが抽選で1名様に当たる特別ツイートキャンペーンが開催されていた。 既に終了しているが、果たして大鳳の愛を手にするのは誰なのか興味は尽きない。 三笠大先輩の横須賀散策スタンプラリー また、4月6日から5月26日にかけて、横須賀市内では「三笠大先輩の横須賀スタンプラリー」が開催されている。 記念館三笠では案内音声が三笠役の声優、大原さやかさんのものになっており、艦内では「三笠大先輩のコラボ展」が開催されている。 スタンプラリーについてはこちらの記事で紹介しているので是非ご覧いただきたい。 Yostar新作情報3連発! 『アークナイツ』の発表以来沈黙を守っていたYostarから、新たに新作スマホアプリが発表されたので順に紹介していく。 公式テイザーPも公開されたので紹介しておく。 『WoWS』コラボ情報! 『WoWS』ファンにとっても『アズレン』ファンにとっても、新艦の情報は気になるところ。 畑野氏からは、『WoWS』で『アズレン』のキャラを新艦長として使用できる 「コラボ艦長」として新規実装される8キャラクターについて発表があった。 追加されるのは愛宕、加賀、雪風、ダンケルク、プリンツ・オイゲン、モントピリア、ネプチューン、そして新たに計画艦として加わる吾妻の8隻。 ボイスもすべて新録となる。 マフィア梶田氏は『WoWS』で愛用している愛宕が追加されたことをことのほか喜んでいた。 井澤さんによると『アズレン』よりもセリフが多く、専門用語も多いので緊張したとのこと。 畑井氏によると第一弾コラボでフッドやネルソンなどロイヤル陣営が多く実装されていたため、『ネプチューン』の実装は難しい面もあったようだが、井澤さんが『WoWS』でMCを担当しているということもあり、どうにか実現にこぎつけたというエピソードが語られた。 モントピリアと雪風の特殊迷彩も実装 この2点はYostarのデザイナーの力作だそうで、雪風については艦前部のペイントは、雪風のチャームポイントをあしらったリボンになっている。 『WoWS』側にはまだ艦が実装されていなかったため、モントピリアは姉艦のクリーブランド、雪風も陽炎を改造してリリースすることも明かされた。 アズールレーンコラボレーション港が実装 『WoWS』の母港画面に、『アズールレーン』風のコラボレーション港が実装される。 艦の模型が飾られ、BGMもアズレン風に変更されるとのこと。 アズールレーンコレクションが実装 肝心のコラボ艦長の入手方法だが、戦闘を行いコレクションを集めることによりゲットできる。 また、この画面にはSDキャラが表示されているが、最初は本来の投身のキャラクターを実装する予定だったが、とある事情で変更になっている。 この理由は2次トークで明かされたので、記事を最後まで見ていただけると謎は解けるだろう。 これらのコラボコンテンツの実装予定は5月1日となっている。 詳細情報については今後公式サイトおよびTwitterなどで公開されるとのことなので、チェックを怠らないようにしよう。 突発企画! Wargaming vs Yostar 対戦コーナー イベント内では『WoWS』による対戦会も行われた。 『WoWS』陣営は畑井氏と井澤さん、『アズレン』陣営は立花さんと運営Mさんに分かれての対戦となった。 『WoWS』熟練者の畑井氏はハンデとして三笠を使用し奮戦したが、運営Mさんの突撃を受けて追いこまれ、最後は立花さんと運営Mさんに囲まれ十字砲火を受けて万事休す。 『アズレン』陣営の勝利となった。 エンディング わずか1時間程度のトークショーでは膨大な情報が怒涛のように送り出され、あっという間にエンディングの時間を迎えた。 立花さんは事務所の入所式の日程をずらしてまで駆けつけて下さっていたそうで、「楽しかったです! ありがとうございました!」と爽やかに挨拶をしていた。 なお立花さんは一次トーク会終了後、出演予定のない二次トーク会の現場に立ち寄り、スタッフを激励してくださっていた。 井澤さんは「このあと三笠で二次会トークに出演するのでよろしくお願いします。 1年前のコラボイベントでは私がMCを務めさせていただいたので、ネプチューンがついに『WoWS』に登場するのは感慨深いです。 みなさん『アズレン』も『WoWS』も沢山プレイしてください」と語り深々と頭を下げた。 畑井氏は「『WoWS』を遊びたくなるような情報がたくさん出たと思うので、みなさんインストールして遊んでくださいね」と語りかけ、笑いを誘うと、最後に運営Mさんは「本日は本当にありがとうございました。 『アズレン』以外にも新タイトルを発表できるところまで持って行けてほっとしています。 今後ともどうかよろしくお願い致します」と挨拶し、「コラボトークイベント in YOKOSUKA」は満場の拍手と共に幕を閉じた。 「二次会トークイベント in 三笠」 一次会トークイベントの終了後、会場は横須賀湾の記念館三笠へと移動。 抽選会で当選した200名を対象として二次会トークイベントが開催された。 一次会から引き続いて井澤美香子さんが今度はMCとして参加し、「Wargaming Japan」からも畑井氏が、「Yostar」からは運営Mさんに加えマーケティング部部長の三輪木大氏と天の声として徐氏が参加し、イベントの裏事情などを赤裸々に語った。 今回のイベントの仕掛け人である三輪木氏は以前は「Wargaming Japan」に勤めており、去年のWoWSとアズレンのコラボの際には畑井氏と2人で「Yostar」に打診し、実現にこぎつけていたことを明かした。 三輪木氏が「1年たったら会社が変わっていた」と語ると、運営Mさんからはすかさず 「やってることは変わらない」とツッコミが入り、会場は笑い声で包まれた。 畑井氏によると、『WoWS』と『アズレン』コラボの第2弾が動き始めたのは昨年の10月頃からとのこと。 両者に導入するタイミングを一緒にしたいという考えがあったそうで、「吾妻」と「ジョージア」は艦種の選定の際に同時投入が可能という理由で実装が決まったと語られた。 ジョージアは元々別の名前だったそうだが、最初の名前が何だったのかは明かされなかった。 計画艦についてはかなりタイトなスケジュールで動いていたそうで、井澤さんも『WoWS』側のネプチューンの声を収録したのは 「先週の頭」くらいだったと語り、今日のイベントで声が流れたことに驚いていた。 また、イベント前日のテストプレイの際に畑井氏が雪風を使い魚雷を発射したところ、何故か ベルファストの声で「魚雷発射!」と音声が流れてしまったことが語られ、会場は爆笑の渦に包まれた。 コラボコンテンツ作りには思わぬ苦労もあったそうで、本実装での『WoWS』のコレクション機能の画面に表示される『アズレン』のキャラクターはSDとなっているが、当初は通常のキャラクター画像を使う予定だったとのこと。 しかし欧州やアメリカの基準では 「エロすぎる」ために却下されてしまったそうで、三輪木氏が「何をいまさら!」と叫ぶと、会場からは笑い声と何故か拍手が沸き起こった。 また三輪木氏からは、今回のコラボが横須賀の街を巻き込むほど大規模になった経緯や裏話も明かされた。 企画が動き始めたのはなんと今年に入ってからとごく最近で、たまたま横須賀市の観光課の方に連絡したらその日に都内で会うことになり、「こういうのやりたいけどいいですか?」と持ちかけたところ「やりましょう!」とトントン拍子で話がまとまったとのこと。 その後は三笠保存会やスタンプラリーに参加して下さる店舗に説明に回ったりと忙しく駆け回っていたそうだ。 スタンプラリー参加店舗の中でも特に積極的だったのは大正時代から続く老舗の 「 菊秀刃物店」さんだったそうで、これには観衆から意外そうな声が挙がっていた。 「横須賀に縁があり」「料理上手だから包丁も使うだろう」と言う理由でキャラクターが比叡に決まった際には 「いいね! うちの子は可愛いね! 一番可愛いね! 黒髪がいいよね!」と大変に気にいってくれたというエピソードが語られ、会場は大いに盛り上がった。 他にも 「魚藍亭」さんの店主のお爺様は三段甲板時代の赤城の厨房に勤めていたり、 「居酒屋 空母信濃」ではインディペンデンスを提示したところ、オーナーが5代目インディペンデンス(アズレンに実装されたのは4代目)の工事に関わっていたことが判明? するなど、歴史ある軍港ならではのエピソードが次々と語られ、聴衆をうならせていた。 「三笠」艦内の特設スペースで開催されている企画展 「三笠大先輩のコラボ展」については、平成最後の三笠艦内での展示とあって、かなり気合を入れていたそうだが、アズレンの三笠のエピソードに登場する自爆ボタンは流石に不謹慎ということで展示をあきらめたとのこと。 しかし台詞の収録は終えており、この機会にということで特別に流され、会場の笑いを誘っていた。 「三笠大先輩のコラボ展」は期間中に展示内容を一部入れ替えを考えているので、期待していてほしいそうだ。 最後はこの日のために特別に用意された限定Tシャツの抽選会が開かれ、幸運にも当選した指揮官たちに、Mさんが会場を走り回って直接手渡し、大好評のうちに二次会トークは終了した。 今後のイベントについては、追加情報などがTwitterで公開されるそうなので、こまめにチェックをしておこう。 Wargaming. net. ltd All Rights Reserved. All Rights Reserved. ,Ltd. ,Ltd. net.

次の