ペイペイ 加盟店。 paypay(ペイペイ)導入したら加盟店手数料(決済・入金)はいくら?

PayPay(ペイペイ)加盟店のメリットとデメリット

ペイペイ 加盟店

3つのメリット• 初期導入費・手数料等が無料• 最大5%還元で集客につながる• キャッシュレス決済を導入する上で気になるのは初期導入費と手数料であり、クレジットカードに関しては手数料の高さで導入を諦めた人もいるかと思います。 PayPayなら初期導入費は無料、決済手数料が条件付きで無料になります。 決済手数料は、店舗にPayPayのQRコードを設置して、QRコードをお客様に読み取ってもらう方式で決済することによって無料になります。 ただしこの手数料が無料になるのは、 2021年の9月30日までです。 9月30日以降は手数料がかかってしまうので、手数料無料の期間を少しでも長く享受するのであれば、今加盟店になる必要があるのです。 PayPayは経済産業省が推進する「キャッシュレス・消費者還元事業」のキャッシュレス発行事業者とキャッシュレス加盟店支援事業者に登録されています。 キャッシュレス・消費者還元事業とは、消費税が引き上げられる2019年10月1日から9カ月後の2020年6月30日までの間、中小・小規模事業者が営む飲食店や小売店、サービス事業者などで消費者がキャッシュレス決済を利用した場合、ポイント還元を国が支援する事業のことです。 また、個人事業主の小規模な店舗でも加盟店登録の申込みが可能なので、まだ申し込んでいない方は検討してみてはいかがでしょうか。 中国では日本以上にスマホ決済の普及が進んでいるので、AlipayまたはWeChat Payに対応しているだけでも中国人観光客が利用しやすくなります。 また、PayPayの加盟店になると、AlipayもPayPayと同様に手数料無料で決済することができます。 こちらの手数料無料は 2020年9月30日までなので、PayPayの導入を検討してみてはいかがでしょうか。 PayPay ペイペイ を導入して加盟店になる2つのデメリット 一方、PayPayの加盟店になる際には気をつけるべきこともあります。 PayPayの加盟店になるデメリットは2つあります。 2つのデメリット• 手数料無料には期限がある• また、その後の手数料は未定となっているため、期限後の手数料がどれくらいかかるのかわからない点も不安要素になります。 ただし、導入費・手数料は今後無料でなくなるので、今加盟店になるのがお得である可能性が高いです。 いずれ導入しようと考えているのであれば今導入することをおすすめします。 店舗にQRコードを設置してお客様に読み取ってもらう決済方式では、読み取ったあとにお客様に金額を入力してもらう手間が発生します。 本来であればQRコードを読み取るだけで決済が終了するスマホ決済で手間をかけさせてしまうのはユーザーから見ても便利とは言えません。 また、この仕組みを理解していないとお客様から決済についてどうすればいいのか尋ねられたときに答えることができずに信用を失ってしまう可能性もあります。 もちろん、PayPayもユーザーがQRコードを提示して店舗側が読み取る決済方式をとることはできますし、この場合はユーザーに手間はかかりません。 しかし、この決算方式では、決算手数料が発生してしまうので注意が必要です。 PayPayの導入は意外と難しくないと感じられたのではないでしょうか。 是非PayPayの導入を検討してみてください。 PayPay ペイペイ の入金の仕組み 次に、PayPayの入金について解説します。 PayPayの決済締め日は月末となっており、入金タイミングは基本的に翌々営業日です。 PayPayの入金手数料はもともと 2019年9月30日まで無料の予定でしたが、 2020年6月までに期限が延長されました。 PayPayの入金口座におすすめの銀行は「 ジャパンネット銀行」になります。 入金口座をジャパンネット銀行にした場合は、 入金タイミングが翌営業日になり、入金手数料が2020年6月を過ぎても無料になります。 決済手数料も含めて期間を過ぎた後の手数料が分かっていないので、PayPayの入金にはジャパンネット銀行の口座を用意しておくといいでしょう。 PayPay ペイペイ の導入実績は100万店以上!加盟店一覧 ここからは具体的にPayPayの導入実績ついて見ていきましょう。 PayPayは現在100万店以上が導入しており、有名な店舗も続々と加盟店になっております。 本章では、PayPayの加盟店を以下のに分けてご紹介します。 PayPayが利用できるファッション店はまだ少ないです。 スーパーマーケット、ドラッグストアもそうですが、女性の利用の多い店舗から女性のユーザーを増やせるかどうかがスマホ決済の普及の鍵となります。 このようにPayPayは加盟店が多いことから利用者も多く、どんどん増えてきています。 PayPayを導入すれば、新規ユーザーを獲得できるのではないでしょうか。 PayPay ペイペイ を導入して加盟店になる方法のまとめ PayPayの加盟店になる方法やメリット・デメリットについて理解していただけたでしょうか? PayPayの導入は消費者還元事業により、お得になっているので加盟店になりたいと考えるなら2020年の今がチャンスです。 また100万店以上の導入実績があるので、マイナーなスマホ決済の場合、利用者がいない可能性もありますが、PayPayであれば利用してもらえる可能性も高いです。

次の

PayPay(ペイペイ)加盟店のメリットとデメリット

ペイペイ 加盟店

PayPay ペイペイ とは、ソフトバンクとヤフーが出資した合弁会社 PayPay株式会社 が提供しているスマホ決済です。 新規登録で500円相当の還元キャンペーンや「100億円あげちゃうキャンペーン」など大規模なキャンペーンで一気にユーザーを獲得しているPayPay ペイペイ 今まで現金やクレジットカードを使っていた人に「スマホで決済してみようかな」と思わせるぐらいのキャンペーンだと思います。 私も今までクレジットカードをメインに使っていましたが、PayPay ペイペイ の便利さを知り、これからの支払いはPayPay ペイペイ 中心になりそうな気がします。 これだけPayPay ペイペイ が話題になっているとお店側も「PayPay ペイペイ を導入してみようかな?」と考えたり、「PayPay ペイペイ を導入しなければライバル店に遅れをとってしまう」と危機感を抱いていることろもあるのではないでしょうか? 今回は、PayPay ペイペイ を検討中のお店のオーナーにPayPay ペイペイ に加盟した場合の手数料やデメリット、PayPay ペイペイ への登録方法をまとめました。 お客さんがお店のQRコードを読み取る方法:無料• お店の人がお客さんのバーコードを読み取る方法:有料 「お客さんがお店のQRコードを読み取る方法」は、お店側がQRコードを用意するだけで済みますが、「お店の人がお客さんのバーコードを読み取る方法」ではお店側にバーコードの読み取り機が必要となります。 PayPayのQRコード そのため、 「PayPayは初期費用無料で導入できる」というのは「お客さんがお店のQRコードを読み取る方法」に限ります。 「お客さんがお店のQRコードを読み取る方法」はお客さん側に少し手間がかかりますが、初期費用が無料なので、お店側では気軽に導入できる大きな理由となっているようです。 決済手数料 PayPayの決済手数料は2021年9月30日まで無料です。 これは2018年10月1日にPayPayのサービスが開始して、「最初の3年間は決済手数料が無料」というキャンペーンがあるからです。 PayPayの公式サイトやアプリによると、2021年10月1日以降は手数料が発生する可能性があり、手数料が発生する場合は半年前までに連絡が来るそうです。 2021年10月1日以降は手数料が発生しそうな気がしますが、それでもお店側にとっては3年間は無料でPayPayを導入できるので、「2021年10月1日以降の手数料が発生するようになったら、PayPayをやめるかどうか考える」という感じで、こちらも気軽に導入できる理由になっているようです 入金手数料 PayPayの入金手数料は入金方法によって、無料になる期間が異なります。 初期導入費: お客さんがお店のQRコードを読み取る方法は無料• 決済手数料: 2021年9月30日まで無料• 入金手数料: ジャパンネット銀行は永年無料、それ以外は2019年9月30日まで無料 これらの条件が当てはまれば、少なくともPayPayの手数料が2019年9月30日までは無料、長くて2021年9月30日まで無料ということになります。 基本的にPayPayの手数料が無料なのは嬉しいと思いますが、PayPayにデメリットはあるのでしょうか? 次はお店にPayPayを導入する際のデメリットについてまとめてみました。 PayPay ペイペイ の加盟店のデメリットは? 「100億円あげちゃうキャンペーン」など大規模なキャンペーンの影響で、PayPayを使う人が増えていますので、手数料が無料の期間はお店側にPayPayを導入するデメリットはないと思います。 ただ、PayPayを導入する上での理解しておいた方がいいことはあります。 まずは「100億円あげちゃうキャンペーン」が始まって発生した不具合です。 2018年12月4日 火 、PayPayサービスが繋がりにくくなったり、1回の決済で間違って複数回の決済になってしまったことがありました。 さらに運が悪いことに2018年12月6日 木 にはソフトバンクの通信障害が発生した影響で、ソフトバンクユーザーの一部がPayPayで支払いできない状況になりました PayPayで決済するにはインターネット環境が必要なため、このような状況になるとお客さんのPayPayアプリが使えなくなってしまいます。 これはPayPayだけに限らず、他のスマホ決済でも同じことが言えますが、「スマホ決済にはこういったことが起きる可能性がある」ということを知っておくと万が一のときに対応がしやすいんじゃないでしょうか。 次はPayPayの加盟店の登録方法についてお伝えします。 PayPay ペイペイ の加盟店の登録方法は? PayPayの加盟店の登録方法は主に2つあります。 PayPayの営業マンが来たときに登録の申し込みをする• PayPayアプリから登録の申し込みをする それぞれについてお伝えしますね。 PayPayの営業マンが来たときに登録の申し込みをする 私がいつもカットをしてもらっている美容院のオーナーさんが「ちょっと前にPayPayの営業マンが来て、説明の後に申し込みをしてほしいと言われたよ」と言っていました。 その美容院は夫婦だけで経営しているのですが、こういった個人店にもPayPayの営業マンが来ているとは思わなかったので驚きました。 PayPayはいろいろと代理店を使って営業をしているようですが、個人店や小規模店にもPayPayの営業マンが来る可能性がありますので、その場合は営業マンと話し合って登録すると簡単にPayPayに登録できると思います。 PayPayアプリから登録の申し込みをする 加盟店の登録の申し込みはPayPayアプリからもできます。 アプリの画面を使って加盟店の登録の申し込み方法をお伝えしますね。 キャンペーンコードを持っている場合は入力してください。 この後は、法人または個人の情報、口座、店舗に関する情報を入力し、PayPayの加盟店への登録の申し込みが完了します。 加盟店への登録には審査があります。 審査は最短で1営業日で結果が出ますが、場合によってはヒアリングや書類提出があったり、他の情報センターへの紹介があるため、時間がかかることもあるそうです。 審査が通ったら、加盟店のみが利用できるツール「PayPay for business」で下記の3つを設定します。 ブランドロゴの追加• 店舗営業時間や定休日の追加• 店舗写真の追加 そして、PayPayコードキットが送付されるので、QRコードを店頭に設置します。 これでPayPayの営業マンがお店に来ていなくても、加盟店への登録の申し込みができますね。 次はPayPayの加盟店に関する問い合わせ先についてお伝えします。 PayPay ペイペイ の加盟店の問い合わせ先は? PayPayの加盟店についての問い合わせ先は2つあります。 電話番号:0120-957-640• 受付時間:10時~19時、年中無休 メンテナンス日を除く• 電話番号:0120-990-640• 受付時間:24時間、年中無休 どちらの問い合わせ先も年中無休なので、いつでも問い合わせができますね。 今回はPayPay ペイペイ の加盟店に手数料やデメリット、そして登録方法についてお伝えしました。 ジャパンネット銀行で入金口座を持てば、2021年9月30日までPayPayの手数料は無料です。 初期導入費:お客さんがお店のQRコードを読み取る方法は無料• 決済手数料:2021年9月30日まで無料• 入金手数料:ジャパンネット銀行は永年無料、それ以外は2019年9月30日まで無料 PayPayを導入することによるデメリットは見当たりませんが、PayPayアプリの不具合やスマホの通信障害があるとPayPayが利用できなくなることがあります。 PayPayへの登録は営業マンが来てくれれば営業マンに登録を任せることができますが、それ以外でもPayPayアプリを使って自分で登録の申し込みができますよ。 PayPayは2021年9月30日まで手数料が無料で、デメリットも見当たらないので、まずはお試しで導入するのもいいかもしれませんね。

次の

PayPay(ペイペイ)アプリの使い方や使える店のまとめ!スマホ決済のメリット・デメリットも徹底解説。|キャッシュレス.com

ペイペイ 加盟店

最近はキャッシュレス決済のと言うのがだんだん主流になっていきそうな気配をしていますね!。 覚えなければならないことが多くて大変といえば大変ですが、今日はそんな私でも簡単に使える方法と、あっと驚くお得なキャンペーンがあります。 それが何かと言うと、あるサービスが 買い物をした代金の2割を還元するという驚きの キャンペーンを始めたからですね。 消費税が10パーセントに上がろうとしている今日です。 スポンサーリンク 目次• PayPay ペイペイ をコンビニで使う方法! ソフトバンクとヤフーの共同出資会社 PayPay株式会社が記者発表会を開催。 PayPayはコンビニエンスストアでも使えますが、 お買い物をする前にやっぱり使い方を知って置かなければなりませんよね!。 そこで今回は、PayPayを使ってコンビニエンスストアでお買い物する方法をご紹介します!実際にファミリーマートで買い物をしてきたので 、画像で詳しくご説明します。 2018年12月5日現在、PayPayを使えるコンビニはファミリマートのみです。 2018年12月17日からはミニストップでも使えるようになりますし、ポプラもPayPay近日対応予定となっています。 セブンイレブンやローソンなどのほかの 大手コンビニエンスストアでは現在利用できませんが、PayPayの加盟店の増加具合を考えると、 利用できる日も近いと思います。 PayPayを使ってファミリーマートで買い物をする方法! それでは実際にファミリーマートでPayPayを使ってお買い物してみましょう! 買いたい商品を決めたら、まずはPayPayアプリを立ち上げます。 PayPayアプリトップ画面の「この画面を提示してすぐお支払い」をタップしてください。 そうすると、下記のQRコードとバーコードが表示された画面になります。 デフォルトのお支払い方法は「PayPay残高」になっていますね。 Yahoo! マネー決済やクレジットカードなどの ほかのお支払い方法を設定している方は変更することもできます。 変更する場合は 「お支払い方法」をタップすると下記のような画面になるので、ここでお支払い方法を選択してください。 MEMO このQRコード&バーコード画面では スマホの明るさが勝手に最大になります。 少し眩しいですが、そういう挙動なので 安心してくださいね! あとはこの画面をファミリーマートのレジで店員さんに見せて、 PayPay ペイペイ でお願いします!そして 店員さんがスマホ画面のバーコードを読み取って、お支払い完了となります!。 読み取る際は 「PayPay ペイペイ 」とスマホから音が鳴るようです。 支払いが完了するとアプリの画面が下記のようになります。 とても簡単で、スムーズにお支払いをすることができました! しかも2018年12月6日現在は「 100億円あげちゃうキャンペーン」中なので、20%キャッシュバックされて31円がPayPay残高に付与されています。 めちゃくちゃお得ですね! PayPay ペイペイ 使える店・加盟店〔これを見ればOK〕 PayPayのキャンペーン『100億円あげちゃうキャンペーン』がすごい! さて、PayPayを使って コンビニで簡単にお買い物できるということがわかりました。 こんなに簡単にレジでお支払いができて、しかもキャッシュバックされるなんて とてもお得ですよね! これを機に、 PayPayをぜひ始めてみてはいかがでしょうか? コンビニ以外で 使えるお店を知りたい方はこちらから続きをどうぞ!! スポンサーリンク ビックカメラやローソンやファミマなどはいつから使えるの? 由紀先生のスマホでお買い物の様子です。 その中でもソフトバンクとヤフーが出資した合弁会社が提供している「PayPay ペイペイ 」は、大規模なキャンペーンを実施しているので、 注目度が高いと思います。 筆者は今まで モバイル決済は使ったことがありませんでしたが、 キャンペーン目当てにアプリのインストールや銀行口座からのチャージ、クレジットカードの登録をして、 PayPayで支払いができる状態にしました。 そこで気になるのが 「PayPayはどのお店で使えるか」ということなのでPayPayの 加盟店一覧を調べてみました。 ファミマやビックカメラ、ローソンなどたくさんの身近なお店で、PayPayが使えるようになるみたいですよ。 PayPay ペイペイ の加盟店一覧を紹介! 2018年12月5日現在、公式サイトで発表されているPayPayの加盟店一覧はこちら。 近日中にPayPayが使えるようになるお店も多くあるようです。 次は ファミマやビックカメラなど、近日PayPayが使えるようになる 加盟店をご紹介しますね。 スポンサーリンク PayPay ペイペイ の加盟店 「iPad Pro」購入額が全額戻ってきた当選客。 一方で決済に手間取ったり、サーバーダウンに見舞われたりした店も。 スマホ決済PayPay(ペイペイ)の還元キャンペーン初日の様子です。 — 日本経済新聞 電子版 nikkei インターネットでは「ファミマやビックカメラでPayPayが使えるかどうか?」ということがよく検索されているようです。 公式サイトを確認すると ファミマもビックカメラは2018年12月4日から 使えるようになりました! PayPayが使える加盟店一覧はこちら。 PayPayはお店側にとっても導入しやすい理由が3つあります。 初期導入費:0円• 決算手数料:0円 最初の3年間は0円、その後は有償になる可能性あり• 入金手数料:0円 ジャパンネット銀行は永年0円、その他の銀行は2019年9月末まで0円 ジャパンネット銀行の口座を利用すれば、 最初の3年間はすべて0円なので、お店にとって気軽に導入できる。 これが大きいですね。 PayPay ペイペイ の加盟店を確認する方法 次はPayPayの 加盟店を確認する方法をお伝えします。 PayPayの公式サイトでは 大手の加盟店一覧はありますが、 個人店舗や小規模店舗は確認できません。 自宅周辺やお出かけ先に PayPayで支払いができるお店が、あるかどうかって 気になると思います。 そんなとき、 PayPayアプリで近くのPayPayが使えるお店を見ることができるんですよ。 私はiPhoneを使っていますので、 ここではiPhoneでの操作方法をお伝えしますね。 1 PayPayアプリを起動します。 2 インフォメーション「全国のお店一覧」をタップします。 3 「位置情報の利用を許可しましょう」の「許可する」をタップします。 4 「PayPayの使用中に位置情報の利用を許可しますか?」の「許可」をタップします。 5 現在地周辺のPayPayで支払うことができるお店が表示されます。 6 お店のマークをタップするとお店の名前が表示されます。 PayPayアプリのお店の名前が表示 7 お店の名前をタップするとお店の詳細が表示されます。 PayPayアプリのお店の名前が表示 8 表示されている電話番号をタップすると電話をかけることもできますよ。 PayPayアプリの電話番号 9 PayPayアプリの電話番号へかける PayPayのアプリで 簡単に加盟店を探せるので便利ですね。 PayPayでは既に多くの加盟店がありますが、ファミマやビックカメラは2018年12月4日から、PayPayに 対応するそうです。 PayPayアプリでは、PayPayで支払うことができる 店舗を探すこともできますので、 アプリをダウンロードすれば簡単にお買い物が出来て 更にボーナスゲットですね。 最後まで読んで頂き有難うございます。 もし宜しければコメントなど頂ければ幸いです。

次の