膵臓 癌 ブログ。 すい臓がん 人気ブログランキングとブログ検索

腫瘍マーカーCA19

膵臓 癌 ブログ

膵臓癌ステージ4bになってしまった妻の闘病ブログです。 2015年2月、妻の膵臓癌が発覚。 景色は一変。 全く予期しないいきなりの闘病生活。 ステージ4b 手術不能。 膵臓癌患者の夫という立場でブログを記しております。 誰かのお役に立てれば幸いです。 コメントはお気軽にお寄せください。 SeesaaBLOGに登録しなくてもコメントは出来ますので。 肝臓に転移あり。 胃空腸バイパス手術と経過観察の為、44日間の入院を経て退院。 浣腸して便と共にアンモニアを体外に排出し改善。 同時に輸血。 3月 胆管ステントが詰まり新しいステントに交換。 以前より細いステントになった。 5月 初めての腹水穿刺で4リットルの腹水を抜く。 同時にアルブミンの点滴も。 6月 腫瘍からの出血で胆管が詰まり胆管炎で入院。 内視鏡で胆管の詰まりを取り除き、留置中のステントの内側にもう1本ステントを追加で留置。 9月 また胆管が詰まり入院。 6月に追加したステントを交換。 その際の内視鏡で食道静脈瘤が複数ある事を確認。 退院3日後に高アンモニア血症による意識障害で再度入院。 点滴で改善。 10月 三度目の胆管炎で入院。 ステントを更に1本追加で留置。 これで胆管に留置されたステントは3本。 12月 またステントが詰まり肝機能悪化。 6月に留置したステントを交換。 ステント処置はこれで6回目。 抗生剤点滴するも炎症治まらず、7回目のステント処置。 2月 胆管炎でまた入院。 8回目のステント処置。 内側の2本のステントを交換。 4月21日 吐血 4月23日 下血 4月28日 食道静脈瘤破裂による出血性ショックで永眠。 享年60歳 最近の記事.

次の

うそ! 膵臓がん!!

膵臓 癌 ブログ

膵液瘻(すいえきろう) 一般の人にはまず縁がないこの言葉、 このブログをお読みの方は、ひょっとしたらどこかで聞いたかもしれません。 膵液瘻(または膵液漏)というのは、 の手術後の合併症(トラブル)の一つです。 よくの手術は難しい、ということを聞くことがありますが、の手術が難しいことの最大の理由は、この膵液瘻という合併症の危険性があるからです。 膵液というのは、もともと非常に強力な消化液で、や脂肪といった、食事由来の栄養を分解するのがそもそもの役割です。 ヒトの体というのは、そもそもがや脂肪でできていますので、この強力な消化液が漏れてしまうと、漏れた膵液が自分の体の一部を分解してしまって傷つく、というのがこの膵液瘻の正体と考えられています。 膵液瘻は、の手術後、もっとも問題になる合併症と考えられていますので、の手術を行う前の説明では、この合併症について、必ず患者さんに説明があると思います。 こんなところでしょうか。 ろくなことがありません。 というわけで、患者さんにこの合併症の危険性についてくどくどと説明したら、 多くの患者さんはびびってしまって、 やっぱり手術やめようかな、、、、 と思ってしまう人もいるかもしれません。 その辺を考慮して、結構あっさり説明する医者もいますし、昨今やい医療訴訟のことなども考慮して、本当に厳しく(過剰に)説明する医者もいるように思います。 余談ですが、筆者は外科医ですが、研究活動では特にこの膵液瘻の研究に力をいれています。 (ここには自分の信念があります。 また説明できたらと思います。 一般的には 膵頭十二指腸切除術で10-20% 膵体尾部切除術で20-30% くらい、と報告されていることが世界的にみても多いように思います。 ちなみに私が所属している大きな大学病院(日本人なら誰でも知っている有名な大学だと思います)でも、だいたいこのくらいです。 この数字、多いと思いますか? 私はめちゃくちゃ多いと思っています。 これでもここ10年くらいでいろいろな治療の進歩があって、だいぶ減っていると思いますが、 昨今様々な手術方法の向上があって、私の所属する消化器外科の領域では、多くの疾患で、通常の予定手術はトラブルなく受けられるのが普通、といった空気感になってきています。 (もちろんないわけではありません。 術後トラブルが起きたケースでは多くが医療ミス、というのは、全くもってあたりませんので、この勘違いはぜひやめてもらいたいです。 お互いのために) そのなかで、10人に1人以上は、この厄介な合併症になる、というのはかなり高い数字という印象をもっています。 この膵液瘻の発生率は、施設によって差があります。 大きな病院のHPでは、発生率を紹介して宣伝しているような病院もあります。 発生率が低い(高い)理由として考えられるのは A 手術がうまい(へた) B 膵液瘻の判定基準が厳しい(甘い) C 膵液瘻の危険性が高い患者さんが少ない(多い) などの理由が考えられます。 Aはだれでも考え付くと思いますが、B,Cの要素なども考えられるのは、知っておいてもよいかもしれません。 (そこまで手術前に説明する医者は全国さがしても多分いないと思いますので、、、) いずれにしても、高いか低いかによらず、膵液瘻の発生率まで開示しているような病院は、基本的にちゃんとした手術のセンターであることが多いので、そういうところで手術を受けることを考えるのは悪くない考えだと考えています。 (多くの病院ではそもそも発生率なんて計算していないと思います) なんで、発生率が高いのか。 (腸管などの管腔臓器の反対、という意味で) 膵液は、豆腐(膵実質)みだしてくるように分泌されるイメージです。 ただし、顕微鏡的には、の中には膵管、という非常に細い管があり、しみだした膵液は膵管のなかをとおって腸へ輸送されます。 を手術する場合、ざっくりいってを真っ二つにすることになります。 真っ二つにした断面はこんな感じ。 この断面、ほうっておくと膵液が漏れてきてえらいことになります。 どうするか、というと手術の種類でやり方が違います。 主膵管は、1-2mmと細いですが、あくまで管状の構造なので、昨今の手術技術の向上で、結構安全に縫って腸につけることができます。 しかし、実質(豆腐の断面)を縫う、というのはなかなか大変で、完璧に封鎖することは難しいです。 基本的に、膵被膜(イメージ図黒線でしめした、外を囲んでいる部分、厚揚げの茶色い部分、って感じでしょうか)で実質をつつむようなイメージにするのですが、この被膜はめちゃくちゃ薄くて簡単に裂けます。 膵実質を完全にwater-tightに封鎖してしまうのは、現状技術的に困難です。 (厚揚げの断面を縫って、茶色で覆う) また、膵液自体に組織障害性があるので、一度漏れて周りを傷つけだすと、どんどんひどくなってしまう、ということも考えられています。 (一度バケツの底に穴があくと空いた穴がどんどん広がる) 膵液瘻の発生率が高いのは、だいたい上記のような理由によります。 ただしややこしいことに、実は膵液が漏れ出る=膵液瘻ではありません。 膵体尾部切除術においては、実際に全員をCT検査したら、80-90%の患者さんで、何らかの膵液漏れが発生していると考えられています。 膵液瘻の診断判定の厳しい、甘いについても、長くなってしまうのでこの項では割愛します。 最後に、前述のCについて、膵液瘻は危険性が高い患者さんと低い患者さんがいます。 種々の膵疾患のなかで、の患者さんは一般に膵液瘻のリスクは低い、と考えられています。 病気に関連して、幸か不幸かの機能(=膵液を分泌する能力)が低下していることなどがその理由と考えられていますが、疫学的に明らかに低リスクです。 したがって、で手術を受ける場合に、上記の発生率を参考にすると、それはそれで誤解と言えるかもしれません。 膵液瘻、ビビりすぎはよくありませんが、決して軽んじていい問題ではありません。 正しい知識を身に着けて考えてほしいと思います。 ご意見などお待ちしております。 Elly26.

次の

闘病: 膵臓癌ステージ4b

膵臓 癌 ブログ

「朝が弱い」「低血圧でもないのに・・・」 ひょっとするとそれは、睡眠障害かもしれません。 私も当初は自分が睡眠障害だとは思いもしませんでした。 大学時代、不規則な生活を送っていたような人が結構この症状に悩まされていたりする人が多いようです。 受験生などにも稀にいるようですね。 【概日リズム睡眠障害】 体内の活動と休息のリズムが、昼夜のリズムや社会の活動リズムと一致しないために起こる睡眠障害です。 「時差ぼけ」や、夜勤や遅寝遅起きを繰り返した結果、昼夜が逆転してしまう「睡眠相後退症候群」などがあります。 これらは体内時計との関わりが大変深く、時計遺伝子に変化が起こって体内時計がうまく働かなくなったために起きるのではないかと考られます。 ズレのリズムによって下記のパターンがあります。 「病気ブログ」 カテゴリー一覧 参加人数順• 「病に大小はなし、皆で共有し向き合って生きてゆく。 」 病気に大きい小さいは無いと思います。 どんな病気であれど、希望を失い、そこに光を見出せないことがあります…。 不安に後ずさりをしたり、絶望感に視界を失ったり、 安易で簡単な道や、たった一つの道しか見えなくなったりします…。 人間は、決して強くはありません。 いくら強がることはできても、強さではありません。 そんなとき、様々な病を経験してきた人の体験、経験、 そして何より、心が気持ちが想いがあればどうでしょうか…? さらに、病をした自身だけでない、 周りの気持ち・医療に携わる人の気持ち、 そういった周りの心や気持ち・想いがあればどうでしょうか? 病気は時として、しばしば周囲を見えなくしてしまいます。 ですが、医療に必要なのはなによりも心であり、信頼だと思います。 だからこそ、ここがその気持ちの心の発信地となり、 いろいろな立場の方が参加され、医療への信頼を深め、 誰かの心を、照らせることを切に願い、 コミュニティーを設立します。 ここに、同じ想いを抱いてくれた皆様がご参加くださっていることに、 いつも感謝を申し上げます。

次の