スミ 入れ ペン。 スミ入れがきれいにできるコツ

スミ入れがきれいにできるコツ

スミ 入れ ペン

スミ入れの基本!筋彫りをなぞれ スミ入れとは パーツの筋彫りに暗い色を入れて メリハリをつける手法です。 実際の例がこちらです。 ガンダムは架空の機械ですが、 車や家電などをよく見ると 部品と部品の間に影ができてますよね。 実在するものに近づけることで、架空の機械であるガンダムも リアリティを持たせることができるのです。 画像では ブラックを使っています。 基本的な使い方は画像のように 筋彫りをペンでなぞります。 修正はできますが、慌てずゆっくりとなぞると良いです。 腕のパーツにスミ入れしたのがこちらです。 リアリティが出てきましたね! しかし 所々線が歪んでしまっていますね。 次の項ではその修正方法をご紹介します。 消しペンと綿棒を使った修正方法 Sponsored Link 前回紹介したこちらの 消しペン。 ペン先をそのまま部品に押し当てて使うこともできますが、 コントロールがなかなか難しく、使い慣れていても失敗してしまうことがあります。 そこで、このように ペン先を綿棒に押し当て、 液体を綿棒に染み込ませましょう。 この時に、 あまり染み込ませ過ぎないことがポイントです。 筋彫りの中に液体が入っていかないので、歪んでしまった部分だけを キレイに修正することができます。 マニキュアの除光液や、プラモデル用のうすめ液でも 同様の効果を得られますが、より人体に害が少ない こちらの方法をオススメします。 3色を使い分けてナチュラルに仕上げる 前項までの例では画像で言う中央の ブラックを使っていました。 しかし同様のペンがあと2色あります。 これは何故なのでしょうか。 実際に比べてみるのが早いので画像を見てみましょう。 向かって左側が ブラック、右側が グレーでスミ入れしたものです。 どちらがより自然に見えるでしょうか。 その人の感覚や好みにもよるので、 一概に「これでなくちゃダメ!」というわけではありませんが、 グレーの方が ナチュラルに見えると思います。 ガンダムに使われている色を見ると• ホワイト• ブルー• レッド• イエロー• グレー が使われていますね。 ホワイトやイエローといった 薄い色に対し 濃い色でスミ入れすると浮いて見えてしまうんです。 試しにイエローとレッドに対して ブラウン、 ブルーに対して ブラックを使ってみましょう。 スミが自然にパーツに溶け込んでいるのがわかるでしょうか。 正面から。 襟部分のイエローの部品が分かりやすいと思います。 より リアルに見せるにはこのように ナチュラルに 仕上げていくのが私は良いと思っています。 頭部に関してはより メリハリがあった方がいいと思ったので、 フェイス部のスリットと 側頭部のダクトは ブラックでスミ入れしました。 基本のスミ入れまとめ 今回は一番ベーシックなガンダムマーカースミ入れ用を例にして スミ入れの基本をご紹介しました。 ガンプラに決まりごとはなく、 自由に楽しむのが一番ですが、 自由な中にも ある程度節度がなければ下品に見えてしまうこともあります。 次回はより実戦的なスミ入れペンの活用方法をご紹介していきます。 より自然に、よりカッコ良く見えるテクニック紹介できれば と思っていますのでお楽しみに! 関連記事 Sponsored Link.

次の

素組みでガンプラ!【基礎】ガンダムマーカーでスミ入れ!

スミ 入れ ペン

こんにちは。 すてでぃです。 前回は、 ゲート処理についてご紹介しました。 今回は、私の作成方法のひとつである 『スミ入れ』についてご紹介します。 はじめに まず私のを作成するにあたってのコンセプトですが、 "お金と時間をかけず、それなりに作る" を心掛けていますので、独自の作成方法で手を抜くとこは抜いている為、本格的にを作成したい方は、参考にならないかもしれません… スミ入れとは の各パーツの表面には、モールド(溝や段差など)があり、そこにインクを塗ったり流し込む事を スミ入れといいます。 スミ入れをする事により、モールドが強調され、鮮明になるのでの精密度が上がりカッコよくなります。 スミ入れの種類 スミ入れには、 3種類のペンのタイプがあります。 しかし、を吹き付けると 滲むらしいので、私は使用しません。 (だから商品名に〈素組み用〉と書かれているのでしょうか。 しかし、このタイプはいかにも "描きました感"が出てしまうので、これも私は使用しません。 これが1番自然な仕上がりで簡単にできるので、私はこれを使用しています。 どのタイプを使用するかは 本人が使いやすいタイプを選んでいただければと思います。 スミ入れの方法(筆タイプ-基本-) モールドに沿って塗っていくのですが、パーツの色や材質によってインクの付着が悪いので、何度か重ねて塗ります。 はみ出ても拭き取る事ができるので安心してください。 拭き取り方は、や消しゴムで消えますが、私は綿棒でこすりながら消しています。 綿棒で拭き取っても、外側に少しインクが残る(伸びる)場合は消しゴムで消すとさらに綺麗に仕上がります。 左側がスミ入れをしたもので、右側がスミ入れをしていないものです。 左側の腕の方がモールドのラインが浮き出ています。 スミ入れの方法(筆タイプ-応用-) スミ入れ作業をしていると、何箇所か拭き取るとモールド内のインクも拭き取られてしまう場合があります。 その場合は、モールドを デザインナイフでなぞると、溝が深くなります。 スミ入れの色の使い分け スミ入れ用のペンは、 ブラック・グレー・ブラウンの3種類の色があります。 の各パーツの色によって使い分けをします。 パーツ色によってペンの色の使い分けをしないと、モールドが強調され過ぎてしまったり、逆にほとんどモールドが見えなくなってしまいます。 さいごに スミ入れ作業は、ゲート処理同様めんどくさい作業ですが、仕上がりはするのとしないのとで全然 完成度が違いますので、是非オススメです。 正式なスミ入れの方法については、公式HPをご覧下さい。 すてでぃでした。

次の

鉄道模型車輌への「スミ入れ」に適した「ペン」は無いものか。。。 ?: グリーンベアな日々

スミ 入れ ペン

スミ入れペンとは? スミ入れペンには大きく• 流し込みタイプ• マーカータイプ• 筆タイプ の3種類があり、それぞれ使い方も違えば、得意不得意もあります。 もちろん、どのスミ入れペンでも「スジボリを塗装する」という用途は同じなので、全種類のペンを手に入れないといけないということはありません。 1種類だけでもスミ入れ作業は十分可能です。 それぞれのペンが持つ特徴を活かして使い分けることで、スミ入れがより上手にできるようになります。 紹介するのはコチラの5本です。 右から順に、• ガンダムマーカー流し込みタイプ• ガンダムマーカーマーカータイプ• ガンダムマーカー筆ペンタイプ• コピックモデラー0. 02mm• コピックマルチライナー0. 03mm となります。 Amazonの情報を掲載しています こちらの「流し込みタイプ」は、ペンの中にサラサラな塗料が入っているモデルです。 ミゾにペン先を当てると、「毛細管現象」によって塗料がミゾに流れて込んでいくのが特徴です。 また、スミ入れペンのインクがはみ出した場合でも、 消しゴムで擦れば塗料を落とせるので安心して使用できます。 流し込みタイプのメリット 流し込みタイプなので広いスジボリを一気に塗ったり、 ペン先の入らない深いモールドい塗料を流し込むことが出来ます。 また、ペン先で墨入れしたい部分をなぞらなくていいので、スミ入れのはみ出しを最小限に抑えて作業ができます。 流し込みタイプのデメリット 不得意なところは、塗料が流れにくい浅いVの字の溝です。 流し込みタイプのスミいれペンは、塗料が綺麗に流れてくれないスジボリだとパーツが汚くなるばっかりです。 流し込みタイプでスミ入れしにくい箇所は、「マーカータイプ」のスミいれペンを使用しましょう。 スミ入れペン マーカータイプ Amazonの情報を掲載しています 写真の 1番左が定番の「スミ入れ用ガンダムマーカー」と右2つが「コピックマルチライナー」「コピックモデラー 」です。 スミ入れペン マーカータイプの特徴は、ペン先が「極細マーカーのような形状」になっており、スジ彫りにシャープで細い線を簡単に入れることができます。 マーカータイプの使い方 使い方としては、ペンで直接パーツの溝をなぞって線を入れていきます。 パーツを直接なぞるので、なぞっている途中で手元がブレたりすると、そのブレと同じようにスミ入れの線もはみ出します。 慣れるまで少しコツがいりますが、一度慣れてしまえばかなり使いやすいスミ入れペンです。 コチラのマーカータイプも、 はみ出したインクは消しゴムで消すことが出来ます。 マーカータイプのメリット 他のペンとは違い、 浅いスジ彫りや、緩いV字の逆エッジでも綺麗なスミいれが可能です。 また、どこに描いてもスミ入れの線が一定の太さなので統一感が出て綺麗に見えます。 マーカータイプ:デメリット スミ入れするラインをなぞらないといけないので、 広い面積を墨入れするのに時間がかかってしまいます。 また、ペン先が届かないような深いパーツにはスミ入れが行えないので、流し込みタイプや次に紹介する筆ペンタイプを使用しましょう。 Amazonの情報を掲載しています コチラは 「ガンダムマーカースミ入れ筆ペン」です。 流し込み スミ入れペンとマーカーペンを足して2で割ったような使い方をするペンで、使い慣れればいちばん簡単にスミ入れができるペンかもしれません。 筆ペンタイプの使い方 スミ入れをする溝を筆ペンの先でなぞります。 そうすると溝の部分だけ色が濃く乗るので、周りにはみ出た塗料をティッシュで素早く拭き取ります。 そうすると溝の部分だけ残ってスミ入れが完了です。 筆ペンタイプ:メリット 何と言っても作業性の良さです。 スミ入れペンで一気に塗って一気に拭き取る、というなんとも大雑把な作業で綺麗なスミ入れが出来てしまいます。 他のタイプでは絶対にできないスピード感で上手に作業ができるので、モデラーを退屈させません。 筆ペンタイプ:デメリット ティッシュ、綿棒を使用して塗料を拭き取るので沢山のゴミがでます。 指を使って拭き取りも出来るのですが、パーツに手の油分が付き、塗料を拭いた指で別のところを触ると、そのパーツも汚れるのでおすすめできません。 まとめ いかがだったでしょうか。 スミ入れペン一つとっても様々な種類があり、良い所、悪い所、があります。 綺麗な作品を仕上げるためには、パーツに合った道具を使い分ける必要があるので、是非ともこの記事を参考に色々なスミ入れペンを使い分けてみてはどうでしょうか。 それでは。

次の