天王寺 川 中学校。 大阪市天王寺区:大阪市天王寺区学校選択制について (…>教育>就学・学校選択制)

天王寺川

天王寺 川 中学校

いじめは一切ない。 もし、友人間で、トラブルが起きた場合、先生が、双方しっかりと話を聞くことにより、解決できている。 和をもって貴しとなすという、学園訓によって、トラブルは回避している。 人間関係のトラブルで、不登校といった生徒は一人もいない。 (ジャイアンのような、いじめっ子気質の子が入学してきたとしても、思い通りにいじめることができないから自ら、すぐに退校していくだろう) 放課後学習として、チューターがいる。 その日に学習したことなどでわからない勉強を教えてくれる。 チューターが不在の時は、正教員が、代わりに教えてくれる。 チューターは、四天王寺高卒の女性たちで、京大阪大などの優秀な大学卒の方たちである。 大体が、校長・教頭・主任先生の教え子。 勉強の仕方、毎日の過ごし方なども、卒業生として教えてくれるのでありがたい。 高校生がそばにいたら、高校生も教えてくれる。 一人っ子の子などは、きょうだい感覚で、教えてもらっていて、楽しそうに学習している。 教師が、西大和、四天王寺、東大寺、などの優秀な学校で働いていた方たちばかり。 校長先生も教頭先生も、勤務先が、四天王寺中高校出身である。 四天王寺中高の、進学校ノウハウを知っている。 四天王寺大学教育学部(偏差値が低い大学)の教師は、一人もいないので安心。 このような、学力不足の教師が入社してきたら、周りの教師とのレベル差に愕然とするだろう。 四天王寺学園中の、教師自身は、国立大卒で優秀。 指導した経験を、惜しみなく披露してくれている。 毎朝、基礎テストをしているのも、優秀な学校で行っていたことをとりいれているためである。 スマホは、学校内で触るのは禁止(ロッカーに保管)だが、行き帰りは持たせても構わない。 ロッカーは、一人一人、個人のロッカーがある。 (暗証番号管理の最新式)重い辞書や、副教科の教科書や道具など、何でも入れておける。 今まで盗難事件は一度も発生したことはない。 和の精神が浸透していて、高校生も先輩も、いじわるをする者はいない。 そのため、後輩は先輩方を尊敬している。 そのため、先輩は後輩をかわいがる。 運動部でも、土曜に活動なしがたくさんあるし、週2. 3回活動のみの運動部もある。 休みたい場合、顧問や部長に言えばOK。 成績が悪い場合は、担任の先生が部活へ行かせず、放課後学習で、学習指導をする。 (剣道部は、大会で賞をとるくらいなので、猛練習しているが)世間で問題になっている、ブラック部活というのは、無縁の学校である。 中学生活を楽しく、安心して満喫できる。 何か、不安なことがあれば、いつでも担任の先生に電話すれば良い。 優秀な方ばかりなので、大体即解決できる。 入学したらはいおしまいという学校ではない。 私立らしく、しっかりと、サポートしてくれる。 四天王寺小からの内部進学者とも、難なく仲良くなれる。 彼らは、四天王寺小6年間、同じ友人としか過ごしていないので、他に友人を、むしろ欲しがっているくらいである。 四天王寺小の子から、話しかけてくれて仲良くなれるので、おとなしい子も全く心配ご無用。 駅から学校までの道のりには、交番があるし、小学校の保護者による、交通安全(旗をもって見守り)があるのでとても安心。 優秀な子は、難なく、四天王寺中・高・他進学校のノウハウにより、どんどんできる子になる。 普通レベルの子は、上記ノウハウと、チューター、担任の指導、特別宿題により、できるようになる。 勉強につまづいたら、やはり、優秀な子と比べて、努力は必要だが、学校がしっかり面倒を見てくれるので、落ちこぼれることはない。 学校内では普通レベルの子なのに、五木のテストでは、偏差値が高く出ているところを見ると、努力が実り、いい結果になったのだろうと思う。 隣の、四天王寺学園小(現在は改名して、違う名前)の悪影響で、生徒数が少ないのだろうか。 この学校以外に面倒見のいい学校、先生がいい学校はあるだろうか、と思う。 元、近鉄バファローズの本拠地である藤井寺球場跡という聖地で子供を学ばせることができるなんて、近鉄フアン冥利に尽きる。 玄関には、中村紀洋選手のヘルメットが飾られている。 (球場を壊す時、選手ロッカーに忘れられて入っていたものらしい) 時々、テレビ局が、近鉄のスター選手を連れて学校へ来ることがある。 やはりここは聖地なんだなと思った。 中学校高校は、球場でいうと3塁側、小学校は1塁側にある。

次の

真剣に悩んでいます。

天王寺 川 中学校

>あまり大学入試に熱心ではない 大阪教育大学附属天王寺中学校を考えるということは、高校は大阪教育大学附属高等学校天王寺校舎を考えているのでしょう。 そこは大学受験に熱心ではないです。 公式HPでそのへんはしっかりと書かれています。 なお、学校説明会でも配られたそうです。 独自の100キロ徒歩に惹かれたというのなら、私立の高校にするべきだ。 似たようなイベントだらけだぞ。 教育大附属なので実習生が教えることもありますが、学校にいる先生は親切且つ分かりやすいです。 「まず、授業やテストでは提出物は中学校と比べるとかなり少なく感じると思います。 だからと言って、楽をするとテストの点が崩壊します。 日々の授業からしっかりと聞いて、予習や復習をしっかりすることをお勧めします。 「高校からは義務教育ではありません。 あなたは何のために高校に進学しますか?大学受験のためだけなら高校に通うより塾に通う方が効率がいいですよね?私は受験のためだけではない本質的な勉強や「社会を生き抜く力」を学ぶために附高に来ました。 一度しかない高校生活を過ごすのに附高ほど良いところはありません!少しでも附高に興味があるなら受験してみてください。 割合を計算すると 国立大学進学者のうち、現役:56. 1% 浪人:43. 9% 公立大学進学者のうち、現役:62. 5% 浪人:37. 5% ここは、校風にほれ込んだ人が行くところという印象があります。 ただ、優秀な人がここに進学したら問題あるかというと、それはないと思われます。 本人の学力次第でしょう。

次の

伊丹市立天王寺川中学校

天王寺 川 中学校

分散登校も残りわずかとなり、いよいよ来週から全員そろって学習することができます。 梅雨に入りましたが、規則正しい生活を心がけ元気に登校してください。 雨に咲く、紫陽花(あじさい)の美しい季節となりました。 (プール横) 6月15日(月)から、通常の登校(授業)が再開し、給食や部活動も始まります。 新たな学校生活について、新型コロナウイルス感染症対策を検討しました。 6月12日(金)に、生徒の皆さんに「コロナに負けるな!通信」にて、お知らせいたします。 07:58 ~校舎外の様子~ 〈池〉 天王寺川中学校の名物といえば、南館と体育館の間にある、美しい池です。 常に水を流していて、中には鯉がたくさん泳いでいます。 小さな鯉だけでなく、大きな鯉もいます。 1年5組の教室は池の隣にあるので、教室から池がよく見えます。 そして、窓を開けて換気を徹底している教室には、池に注がれる水の音が聞こえ、風通しも良いので、1年5組はオアシスのようです。 鮮やかなピンク色のサツキが咲いています。 反対側には赤・ピンク・白色のベゴニアを植えています。 明るい色の花を見ると、気分も明るくなりますね。 満開の時期になると、主に紫や水色のきれいな花を見ることができます。 雨が降るなかで美しく咲くあじさいを早く見たいですね。 〈見つけてください。 〉 見ザル・聞かザル・言わザルの石像です。 どこにあるでしょう。 お時間があれば、校内で探してみてくださいね。 16:41 <学校再開後の今後の対応について> 伊丹市教育委員会から、新型コロナウイルス感染症に対応した伊丹市立学校の再開後の対応について、お知らせがありました。 明日、お子様を通じて、配付いたします。 <給食の開始について> 伊丹市教育委員会から、学校給食の開始について、お知らせがありました。 弁当を持参する場合は、欠食の手続きが必要となりますので、6月8日(月)までに、学校にご相談ください。 <本日の様子> 感染症対策として、生徒が向かい合った活動や班活動は避け、全員が前を向いた授業を行っています。 電子黒板を活用し、授業の充実を図っています。 18:38 〈登校時の様子〉 校門を通ってすぐのところで、生徒が持参した健康観察表を一人ずつ確認しています。 〈手洗い場での様子〉 教室に入る前に、ハンドソープを使っての手洗いを必ず行います。 手洗い忘れ防止のために、各クラスの担任の先生が教室前に「手洗いはおわったかな?」「手洗い必ず!」等の掲示をしました。 〈クラスでの様子〉 教室では、担任の先生が、配布物について1つずつ説明しながら確認をしました。 たくさんのプリント、たくさんの副教材があったため、びっくりしたかもしれません。 副教材の使い方は、6月1日から始まる授業で各教科の先生から説明します。 楽しみにしていてください。 分散登校なので、写真の通り、生徒が座る座席の前後と隣にはだれも座っていません。 少し寂しく、変な感じがしますが、安全・安心な学校生活を送るために、しばらくは奇数A・偶数Bそれぞれのメンバーで頑張っていきましょう。 09:38.

次の